メニューを開く

生えない眉毛を生やす方法はある?意識してほしい4つのこと

眉毛 生やす

「なかなか生えてこない眉毛を生やす方法はあるの?」
「眉毛を生やすには、どんなことをすればいいの?」
眉毛が物足りなくて、お困りではありませんか?

時代のトレンドによって大きく変化する眉毛の形。
流行に合わせて眉毛を抜いた結果、「眉毛が生えてこなくなってしまった!」なんて方もいるのではないでしょうか。

今回は、眉毛を豊富に見せたい方に意識してほしいことなどをご紹介します。

眉毛を整えるためには、地肌と眉毛のお手入れを日々行うことが大切です。
あなたも日々のお手入れ方法を見直して、自然なナチュラル眉を目指しましょう。


1.眉毛が生えていない部分の対処法

眉毛を生やしたい!と思っている方は多いと思いますが、基本的に眉毛を生やす方法はないと言われています。
すぐにできる対処法として、眉毛が生えているように見せる方法はあります。
そこで、まずは眉毛が生えているように見せる方法をご紹介します。

対処法①眉毛エクステ

眉毛 生やす

眉毛が生えているように見せる方法として、眉毛エクステをつけるという手があります。

眉毛エクステとは、まつげエクステと同様に眉毛に毛を足していく方法です。
専用のグルーで1本の眉毛に対して1 本ずつつけていくため、ある程度の自眉毛が必要です。

ただ、こまめなメンテナンスが必要なサロンや、眉毛カラーや眉マスカラが使えない場合もあるようなので、眉毛サロンに直接相談してみると良いでしょう。

実際に毛を足していくので、近くで見ても本当の眉毛なのか眉毛エクステでつけたものなのかわからないほどの自然な仕上がりです。

対処法②眉ティント

眉毛 生やす
実際に眉毛は生えませんが、色がつくことで眉毛のように見せることができる眉ティントもおすすめです。
眉ティントの言葉の意味は「ティント」=「染める」である通り、色素を肌に沈着させて自然な眉毛に見せるという方法です。

眉ティントは、手頃な価格で眉毛が生えているように見せられる方法でしょう。

定期的な塗り直しが必要になります。

対処法③メイク

眉毛 生やす

あまりお金をかけずに、生えない眉毛を生えているように見せる基本的な方法は、メイクで毎日眉毛を描くということです。

トレンドに合わせて色や形を自由に変えることができるので、メイクを楽しむことができます。

最近では描いた眉毛が消えないように、眉毛を描いた後に表面をコーティングするアイテムも販売されているので、汗をかきやすい日や水場に行く際に活用するのもおすすめです。

2.眉毛を早く生やす方法はない?意識してほしいポイント

眉毛 生やす眉毛を確実に早く生やすことができる方法は、残念ながらありません。

眉毛に何かを働きかけて、翌日いきなり生えてくることは、まずないとされています。
つまり対策としてできるのは、これから生えてくる眉毛のために地肌を整えることです。

ここでは日常生活の中でできる、地肌を整える方法についてまとめました。

眉毛のお手入れ方法①肌を清潔に保つ

眉毛 生やす

これから生えてくる眉毛を整えるためには、肌を清潔に保つことが大切です。
眉毛部分の地肌は皮脂が出やすいTゾーンに近く、意識してお手入れしないと肌悩みが起こりやすくなっています。

まずはクレンジング洗顔によって余分な皮脂や汚れを洗い流し、肌を清潔な状態に保つことが大切です。

特に男性はホルモンの影響により、顔の皮脂が出やすいと言われ、過剰な皮脂によって毛穴をふさいでしまっている可能性があります。
また、女性もメイクの洗い残しによって、毛穴をふさいでしまっていることがあるので、毎日クレンジングで丁寧にメイクを落とすことが大切です。

ゴシゴシと強く肌を擦って洗ってしまうと、皮膚が傷つき余計に負担をかけてしまうことがありますので、肌を傷つけないように優しい力加減で洗いましょう。

眉毛のお手入れ方法②保湿をする

眉毛 生やす

保湿をして地肌と眉毛をすこやかな状態に保つことも大切です。

化粧水や乳液、美容液で地肌と眉毛に潤いを与えましょう。
化粧水はつけた後にハンドプレスをし、肌にしっかりなじませてください。

化粧水や乳液、美容液は香りやテクスチャー、使用感などを確かめながら、自分に合うものを選びましょう。

ここでは眉毛をすこやかな状態に保つために使用したいおすすめ眉毛美容液を、ご紹介します。
眉毛美容液選びの参考にしてみて下さい。

■肌らぶ編集部おすすめ美容液

今回は、眉毛だけでなく、頭皮、まつげなどの育毛で良く知られているメーカーの美容液を選びました。

angfa(アンファー) スカルプDボーテ ピュアフリーアイブロウ
眉毛 生やす

販売会社:アンファー株式会社
販売価格:1,600円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
毎日のスキンケアに取り入れることによって、眉毛にハリ、コシを与えます。
筆の先端が細くなっており、気になる部分をピンポイントでお手入れしやすいです。
塗ったところはうっすらと色がつくので、塗り残しがないかわかりやすいのも魅力です。

アンファー公式HPはこちら

眉毛のお手入れ方法③マッサージで血行を良くする

眉毛 生やす

これから生えてくる眉毛のために、目元の血行を良くすることは、大切なことです。

目元のマッサージの方法は、次の章でご紹介しています。
参考にしてみてください。

3.眉毛のマッサージ方法

ここでは前述にもあったように、眉毛のマッサージ方法をご紹介します。
鏡を見ながら行うと、マッサージする位置について確認できるのでおすすめです。

①図の点がある位置に親指を添え、ぐっと押す

この時の強さは気持ちいいと感じるくらいの強さで押しましょう。

眉毛 生やす

②眉頭を片方の指で押さえ、もう片方の指で伸ばす

眉頭を片方の指で押さえ、もう片方の指で眉尻を引っ張るように伸ばします。

眉毛 生やす

眉毛の生えている部分の肌を温めることによって、血行がスムーズになるといわれています。
蒸しタオルは簡単に肌を温めることができるのでおすすめです。
入浴中などにもマッサージを取り入れて血行を良くしましょう。

4.まとめ

眉毛 生やす

今回は眉毛を整える方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

冒頭でもお伝えしましたが、基本的に眉毛を生やす方法は、残念ながらありません。
しかし、眉毛と地肌のお手入れをすれば、今生えている眉毛とこれから生えてくる眉毛を健やかに保つことのサポートにはなるでしょう。

また、水の中に入っても落ちにくい眉ティントなど、眉毛関連商品は続々と販売されています。

眉毛の形をメイクによって変えるのも、今の細眉を楽しむひとつの方法です。
ナチュラルなメイクのときはたれ眉風にしてふんわりとした優しい雰囲気を演出するなど、今の眉毛を活かしてメイクを楽しみましょう♡

眉毛が生えないことに焦らず、日々の眉毛のお手入れをしっかりしていきましょうね!

この記事は2017年4月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る