メニューを開く
アスタリフト;

30代は化粧下地を見直すべき!化粧下地ランキング30代編

shutterstock_360349958
肌の色ムラ、日焼けによるシミ、乾燥…20代では感じなかったさまざまな肌の変化がどんどん現れてくる30代の肌。

「最近なんだかファンデーションの色が浮いている…?」「カサカサ粉をふくようになってきた…」
そんなあなたは、20代の頃と同じ化粧下地をずっと使用していませんか?

化粧下地は肌を美しく見せるための様々な役割を備えており、メイクの印象を左右する重要な土台部分です。年齢によって変化する肌の状態に合わせ、変えていく必要があります。

今回は30代の化粧下地の選び方と、おすすめの化粧下地をランキングでご紹介します。

astalift
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ポーラ最高峰ブランド「B.A」のうるおい化粧下地
B.A ザ デイセラム

B.A ザ デイセラム販売会社:株式会社 ポーラ

肌のキメを整える、独自開発「発光11層パウダー」とカプセル状保湿成分「エッセンスインナノルートカプセル」を配合した化粧下地美容液です。

上質なコク感とまろやかなのびで広がり、肌をうるおし整えながら透明感を演出、白磁のようなすべらかな肌質感を目指します。

株式会社ポーラ


1.30代の化粧下地の選び方

毛穴_化粧下地

30代の化粧下地を選ぶ際は、“美容成分・カバー力・UV対策”の3つのポイントに着目して選びましょう。

①美容成分

30代で徐々に減少し始めるのが肌にもともと存在している保湿成分「セラミド」や「ヒアルロン酸」です。

乾燥しやすくなる30代の肌は、保湿力のある成分(セラミド・レチシン・コラーゲン・ヒアルロン酸など)配合で肌をカバーしながらうるおいをしっかり保つ化粧下地を選びましょう。

②カバー力

しっかり肌に密着し、シミ・しわなどの気になる部分をカバーしながらメイク崩れを抑える、年齢による肌の変化に負けないカバー力あるものを選びましょう。

伸びの良いなめらかなテクスチャーを選ぶと、肌になじませやすく、より密着度が上がるのでおすすめです。

さらに、30代の肌は20代の肌に比べ、肌全体のトーンが暗くなりがちなので、肌のトーンを均一に整えながら明るく導き、ツヤ・透明感を演出できる化粧下地を選びましょう。

③UV対策

水分が減り肌がデリケートな状態になっている30代の肌は、紫外線の影響を受けやすいので、UV対策できるものを選びましょう。

強すぎるものは肌を乾燥しやすくするため、SPF20~30/PA+~++前後に留めることをおすすめします。

2.30代おすすめ化粧下地ランキング

1位:CAMERON&GABRIEL(キャメロン&ガブリエル)
Heaven Veil(ヘヴンヴェール)

CAMERON&GABRIEL(キャメロン&ガブリエル) Heaven Veil(ヘヴンヴェール)販売会社:株式会社キャメロン&ガブリエル

価格
3,200円(税抜)/30g
美容成分
クリスマムマリチマムカルス培養液、エリンギウムマリチムムカルス培養液、フランスカイガンショウ樹皮エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC)、トコフェロール(ビタミンE)、セラミドNP(セラミド3)、スクワラン、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子脂など
カバー力
独自のマイルドコンディションシステム、ウォータープルーフ、3段階のテクスチャー変化
UV対策
SPF45・PA++++ 紫外線吸収剤フリー

【肌らぶ編集部コメント】
白浮きすることなくなめらかに密着し、皮脂や汗で崩れにくい、明るい肌を演出する日焼け止め化粧下地です。

肌にのせると同時にクリーム状が乳液状に、広げていくにつれて化粧水状に変化するテクスチャーが肌になじみ、内側から弾むようなうるおいを感じることができます。

植物由来のエイジングケア※成分を配合しているため、メイクしながらお手入れを行う事ができます。
※年齢に応じたお手入れ

界面活性剤、ナノ粒子散乱剤、シリコン、合成着色料、タルク、エタノール、パラベン、鉱物油、合成香料は不使用です。

【全成分】水、ラウリン酸メチルヘプチル、酸化亜鉛、BG、グリセリン、スクワラン、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、酸化チタン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、セラミドNP、クリスマムマリチマムカルス培養液、エリンギウムマリチムムカルス培養液、フランスカイガンショウ樹皮エキス、トコフェロール、ニオイテンジクアオイ油、アーチチョーク葉エキス、オレンジ油、水酸化Al、ペンチレングリコール、ホホバエステル、イソステアリン酸、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、酸化鉄、t-ブタノール、ポリヒドロキシステアリン酸、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、フェノキシエタノール

2位:
bareMinerals(ベアミネラル)
CR ティンテッド ジェル クリーム

bareMinerals(ベアミネラル) CR ティンテッド ジェル クリーム株式会社:ベアエッセンシャル株式会社

価格
3,800円(税抜)/35ml
美容成分
植物性スクワラン、アッケシソウ、クロブラリアコルジホリアカルス培養エキス、ヒアルロン酸Naなど
カバー力
ミネラル イオン ジェル
UV対策
SPF30・PA+++ 紫外線吸収剤フリー

【肌らぶ編集部コメント】
下地、ファンデーション、UV対策、スキンケアの4つの役割を担ってくれます。

素肌のように自然なのに、輝きに満ちたうるおい肌に仕上げることができます。

色味は5つに分かれており、自分の肌に合うものを選びやすくなっています。

【全成分】水・ヤシアルカン・プロパンジオール・スクワラン・トレハロース・イソステアリン酸・グリセリン・シリカ・カンテン・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・グロブラリアコルジホリアカルス培養エキス・アッケシソウエキス・メリロートエキス・(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル・BG・ラウロイルリシン・ヒアルロン酸Na・サクシノグリカン・ポリソルベート60・セルロースガム・(ラウリン酸/コハク酸)ポリグリセリル-4・セスキイソステアリン酸ソルビタン・ステアリン酸Mg・水酸化Mg・塩化Mg・塩化K・塩化Ca・ソルビン酸K・フェノキシエタノール・(+/-)・酸化チタン・酸化鉄

3位:
b.glen(ビーグレン)
ヌーディーヴェール

ヌーディーヴェール販売会社:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

価格
4,700円(税抜)/20g
美容成分
ヒアルロン酸、コラーゲン
カバー力
ジメチコンクロスポリマー、ストレッチヴェール、シャイニングパール
UV対策
SPF36 PA++ ブロード・スペクトラム対応※UVA/UVBレベルFDA認可製品

保湿成分ヒアルロン酸やコラーゲン配合で肌をうるおしながら化粧崩れを防ぎ、素肌を自然に美しく見せる化粧下地です。

顔に当たる光をコントロールし肌をナチュラルにカバーする「シャイニングパール」と、ぴったりフィットして化粧崩れを防ぐ「ストレッチヴェール」により、凹凸のないなめらかな状態が続きます。

⇒ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社公式HPはこちら

【全成分】シクロペンタシロキサン・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル・ ジメチコンクロスポリマー・ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン・BG・ トリメチルシロキシケイ酸・(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー・ (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー・ ジメチコノール・PEG‐9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン・ PEG‐10ジメチコン・ ヒアルロン酸Na・水溶性コラーゲン・ステアリン酸・ミリスチン酸・ ジミリスチン酸PEG-12グリセリル・ 水・フェノキシエタノール・ メチルパラベン・(+/-)酸化チタン・ 酸化亜鉛・酸化鉄・水酸化Al・シリカ・マイカ・ジメチコン・ハイドロゲンジメチコン

3.30代におすすめの化粧下地の使い方

この章では、美しく綺麗に仕上がる化粧下地の使い方をご紹介します。
仕上げにフェイスパウダーを重ねると、さらに崩れにくくなるのでおすすめです。

下準備

(1)化粧水を乾いた手にとり顔全体になじませた後、両手の平で包み込みなじませる
(2)乳液も使用する場合は薄めに使用
(3)ティッシュで押さえるように余分な油分を拭き取る※
※皮脂を取り過ぎないように注意してください。

化粧下地の手順

(1)化粧下地をパール粒大の大きさで手に取る(適量はメーカーによって異なる場合有り)
(2)額・両目の下・あご先・鼻筋の計5点に化粧下地をおく
ファンデーション 塗り方 手順
(3)顔の中心→外側→あご先→額→鼻筋→両目の下の順番で塗り広げる
※皮膚が薄い目元・脂の出やすい小鼻は指に残った下地を軽くたたくようにポンポンとなじませる
化粧下地手順2

化粧下地手順3
(4)伸ばし終わったらそのまま1〜2分程置いて、肌に密着させる
(5)フェイスパウダーを軽く全体にのせる(フェイスパウダーをのせることにより、持ちが良くなります)
フェイスパウダー 塗り方

おすすめフェイスパウダー

B.A ザ フィニッシングパウダー
B.A ザ フィニッシングパウダー販売会社:株式会社 ポーラ

粉雪のように繊細なパウダーが、肌にすんなりと馴染み、自然な形でふんわりとした質感にしてくれます。

光の反射を利用し、どこから見ても立体感のある隙のないフェイスラインを表現します。

ファンデーションとしっかり馴染んで、肌のベタツキを抑えてくれます。

⇒株式会社ポーラ公式HPはこちら

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
30代におすすめの化粧下地を1位から3位までのランキングでご紹介しました。
30代の肌をいつまでもいきいき美しく保つには、うるおいとツヤ感を演出する化粧下地が欠かせませんね。

このランキングを参考に、是非あなたにぴったりの化粧下地を見つけて魅力溢れる毎日を過ごしてください。

この記事は2016年8月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る