メニューを開く
アスタリフト;

30代の肌はこう洗う!タイプ別、洗顔料の選び方&洗顔ポイント

30代 洗顔

30代になったけど、今までと同じ洗顔料を使っていても大丈夫かな?とお考えではありませんか?

30代は一般的に「肌の曲がり角」とも言われる年代で、それまでよりも肌悩みが起きやすくなるといわれています。

20代のスキンケアに加えて、保湿を意識した洗顔のお手入れに変えていくのもいいでしょう。

いつまでもすこやかな肌でいたい30代女性に知ってほしい、洗顔の基礎知識をまとめてご紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1. 30代の肌へおすすめの洗顔料

まずは、自分の肌状態をふまえて、どんな洗顔料を選べばいいのか考えてみましょう。

一口に30代の肌といっても肌の状態はさまざまなので、洗顔料に対して自分が期待することを明確にしながら選んでいくことをおすすめします。

ここからは、洗顔料にどのような目的があるのか整理しながら、洗顔料の選び方をお伝えします。

1-1. 洗顔料の選び方|古い角質を洗い流す

30代 洗顔②

30代の肌に悩みが起きやすい、古い角質による肌のくすみや、毛穴の黒ずみ汚れなどを対策したい場合は、古い角質を洗い流すことを目的にして洗顔料を選んでみましょう。

古い角質がはがれないままに残ってしまうと、余分な皮脂と混ざって毛穴に詰まり、毛穴悩みにつながりやすくなってしまいます。

また、古い角質が肌に残ったままだと、この古い角質によって肌がくすんで見えてしまうことがあります。

そのため、このようなことを対策したい30代の肌におすすめなのは、きちんと古い角質を洗い流し、取り除ける洗顔料です。

普段はしっかりと泡立てた洗顔料で洗い上げ、スペシャルなお手入れとしてクレイパックや酵素洗顔を取り入れてみましょう。

クレイパックに含まれる泥は、一般的に泥に粘着性があるといわれているため、汚れを吸着して洗い流す役割が期待できます。

また、酵素洗顔はタンパク質汚れを落としやすいといわれているため、余分な皮脂や角質を洗い落としやすいといわれているのです。

使用頻度はメーカーの指定に沿い、自分の肌状態と相談しながら、様子を見て取り入れるのがおすすめです。

1-2. 洗顔料の選び方|保湿成分を含む

30代 洗顔③

30代になってから乾燥への対策が気になるな、と感じるならば、保湿成分を含むタイプの洗顔料がおすすめです。

保湿成分を含むタイプの洗顔料は、洗い上がりがしっとりとしていることが多いのが特徴です。

また、テクスチャーが柔らかめであったり、キメの細かい泡が作りやすいといったことも選び方のポイントです。

弾力のある泡で洗い上げることによって、肌への摩擦による負担を減らし、マイルドに洗い上げることができるでしょう。

そのあとは、化粧水や乳液、クリームなどで保湿のお手入れをたっぷりと行うことが重要です。

1-3. 洗顔料の選び方|余分な皮脂を洗い流す

30代 洗顔④

オイリーがちな30代の肌の場合、余分な皮脂を洗い流すことに着目した洗顔料を選びましょう。

このとき、古い角質や毛穴などの汚れを落としながら、必要な肌のうるおいまで洗い流しすぎないものであることが重要です。

洗い流すことばかりに焦点をあててしまうと、肌が乾燥しやすくなり、さらに皮脂量が多くなってしまう場合もあります。

また、洗顔で汚れを洗い落とした後は、肌に水分と油分を補う、バランスのいいお手入れを意識しましょう。

2. 30代の肌悩みの原因とは?

30代の女性の肌には一般的にどんな変化が起きていて、どんな肌悩みが起きやすくなるのでしょう。また、その原因にはどんなことがあるのでしょうか?

30代女性が感じやすいといわれている、肌悩みの原因について見ていきます。

2-1. 皮脂の量が減少する

30代になるとそれまでより皮脂量が少なくなって、乾燥や、乾燥によるカサつきを感じやすい状態になりやすいといわれています。

20代までは顔のベタつきや皮脂汚れが気になっていた方でも、部分的に乾燥によるカサつきを感じるようになる場合もあります。

これは、肌を乾燥から保護する役割をしている皮脂量が少なくなり、肌のうるおいが不足している可能性があります。

20代と同じように洗浄力の強い洗顔料などを続けていると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥しやすくなることもあります。

そのため、現在の自分の肌状態によって洗顔料を見直してみることがおすすめです。

2-2. セラミドが減少する

皮膚内部で作られているセラミドは、20歳をピークに減少しはじめるといわれています。

セラミドは肌にうるおいを保つうえで重要な成分です。

そのため、肌に必要な水分と油分を補うような、保湿のお手入れが大切なのです。

ソフトタッチで丁寧に洗顔することはもちろん、うるおいを与えるお手入れも見直してみましょう。

3. 30代から意識したい、洗顔からのスキンケア

毛穴 スキンケア ランキング3

30代からのスキンケアでは、丁寧なお手入れを意識しましょう。

それぞれのスキンケアのポイントを再確認していきます。

3-1.洗顔のポイント

30代からの洗顔のコツは、洗顔料をよく泡立ててから使うことと、ゴシゴシこすらず、泡でなでるようにお手入れをすることです。

洗顔料を泡立てずにそのまま顔につけると、摩擦によって肌に負担をかけやすくなってしまいます。

片手をくの字に曲げて洗顔料をのせ、適度な水分を含ませながら泡立てましょう。泡立て用のネットを使うと、簡単に濃密な泡をつくることができます。

密度が濃くモチモチした状態が肌の負担を減らす理想の泡です。弾力のある泡で洗顔をすると、泡が肌と手との間でクッションとなり、肌への摩擦による負担を減らしながら洗い上げることができます。

こうして作った泡をTゾーンの皮脂量が多い部分からのせていき、泡で汚れを落とすイメージで、泡を転がしていきます。

泡を顔全体になじませたら、ぬるま湯ですすいでおとします。

このとき、20回〜30回くらいぬるま湯をかけて、洗顔料が肌に残らないようにすすぎましょう。

髪の生え際やフェイスラインはとくにすすぎ残しが多い部分なので、意識して洗い流すようにしてください。

洗顔が終わったら、清潔なタオルで優しく抑えるようにして水分を拭き取ります。

古い角質が落ちた肌は無防備な状態なので、保湿をしっかりして洗顔ケアを終えましょう。

3-2.保湿のお手入れ

30代 洗顔⑥

洗顔後のお手入れには、保湿成分が配合されたアイテムを使いましょう。

化粧水はたっぷりと使い、顔になじませた後はハンドプレスをするなどして、丁寧なお手入れをします。

乳液、クリームなどを使用した、水分だけではなく油分を補うスキンケアをすることも重要です。

自分の肌状態を判断しながら、部分的にクリームをつける、乾燥が気になる部分にのみ重ね付けするなどのお手入れもいいでしょう。

肌の状態にあわせて使用するアイテムを工夫して、肌と会話しながらお手入れをしていくのがおすすめです。

4. まとめ

肌の調子が整わないことを年齢のせいにしがちですが、洗顔料選びやケア方法を工夫して、年齢に応じた潤いのあるすこやかな肌をキープすることが大切です。

エステや美容クリニックで特別なケアを受ける方法もありますが、自分でできる部分からの見直しをしてみましょう。

丁寧なケアを心がけることによって、なめらかな肌を目指すことができますよ!

この記事は2016年8月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る