2016年11月22日 更新

40代になったら洗顔を再確認!40代の肌に適した洗顔とは?

40代 洗顔

加齢とともに肌は衰えてきてしまうものですが、40代になって急にさまざまな肌悩みを感じるようになった、という方も多いのではないでしょうか?

40代になると女性は、女性ホルモンが減っていくといわれ、これによって肌の状態も変化しやすくなるといわれています。

では、40代になったら、どのようなスキンケアをすればいいのでしょうか?今回はスキンケアの中でも洗顔に焦点をあてて、40代のための洗顔についてご紹介していきます。


1. 40代の肌が選ぶべき洗顔料の特徴

40代 洗顔②
40代になってから肌が乾燥しやすくなった、肌のハリが気になるなど、今までにない肌悩みを感じる方も少なくないといわれています。

洗顔料の中には、40代からはこの洗顔料、とうたっている商品もあります。では、40代におすすめな洗顔料は、どのように選べばいいのでしょうか?

1-1. 成分

一般的に40代になると、皮脂の量が減っていくといわれています。40代になったら乾燥しやすくなったと感じる方は、このように皮脂量が減ったことが原因のひとつかもしれません。

そのような40代の方におすすめなのが、保湿成分を配合した洗顔料です。

保湿成分を配合した洗顔料は、洗い上がりがマイルドなものが多いのが特徴です。

たっぷりとした泡でマイルドに洗い上げることができるタイプの洗顔料であれば、肌への摩擦による負担を減らしながら、肌の汚れを洗い落とし、肌を整えることができるでしょう。

1-2. テクスチャー

40代になってから選ぶ洗顔料は、テクスチャーがやわらかいものをおすすめします。

40代の肌は、今までの肌よりも乾燥しやすくなっているのが特徴です。

そのため、洗顔料のテクスチャーが固く、摩擦が起きやすかったりすると、肌に負担を与えてしまい、肌が乾燥しやすくなる場合があります。

また、洗顔料はよく泡立てて使用するのが基本です。

もちもちとした弾力のある泡ができる洗顔料を選びましょう。キメの細かいもっちりとした泡であれば、乾燥が気になりやすい40代の肌にも、摩擦による肌への負担を減らしながら洗顔ができるでしょう。

2. 40代から意識したい、洗顔方法のポイント

40代 洗顔③

40代になって肌が今までと変わった、と感じたら洗顔の方法についても再確認してみましょう。

ここからは意識してほしい洗顔方法のポイントについてご紹介します。

2-1.洗顔料をたっぷりと泡立てる

洗顔料はたっぷりと泡立ててから使用しましょう。

40代は、日々忙しく過ごしている方の多い年代です。仕事では役職に就いている方もいれば、家庭で子育てに追われている方もいるでしょう。

しかし、忙しいから、疲れているからといってあまり泡立てずに洗顔料を使用してしまうと、摩擦による肌への負担が大きくなってしまいいがちです。

早く泡立てたい場合は、洗顔ネットを利用するなどしてもいいでしょう。

2-2.やさしい力加減で洗顔する

洗顔するときは、やさしい力加減で洗顔するようにしましょう。

中には、洗顔やクレンジングの際に、力をこめてマッサージするように肌になじませている方もいるかもしれません。

しかし、洗顔料など汚れを洗い流すことを目的としている化粧品は、一般的に肌にずっとつけっぱなしにしていたり、力強くなじませることには適していません。

場合によっては肌に必要な皮脂まで洗い流してしまって、肌が乾燥しやすくなってしまうこともあります。

洗顔料は泡で洗い流すことを意識して、やさしい力加減で肌になじませ、手早く洗顔するようにしましょう。

きめの細かい泡をクッションにして、こすらないように、指の腹を使いクルクルと転がすように丁寧に洗うのがポイントです。

3. 40代におすすめの洗顔後のスキンケア

40代 洗顔④

40代の肌は乾燥しやすいといわれています。そのため、洗顔後のケアも重要です。

ここからは、洗顔後のスキンケアのポイントをご紹介します。

3-1.保湿のお手入れをする

洗顔後は、化粧水、乳液・クリームなどを使い、たっぷりと保湿のお手入れをしましょう。

洗顔後は肌の水分が蒸発しやすい状態です。できるだけすぐに保湿のお手入れをして、肌の乾燥を起こしにくくしましょう。

また、保湿のお手入れも丁寧に、ソフトタッチで行いましょう。

強い力でのパッティングなどは、肌に負担を与えやすいので気をつけましょう。保湿アイテムを肌になじませたあとは、そっと押し込むようにハンドプレスをするのがおすすめです。

3-2.エイジングケア(※)化粧品を取り入れる

40代の洗顔後のケアとして、エイジングケア(※)ブランドの化粧品を取り入れてみるのもおすすめです。

化粧品メーカーは、それぞれのブランドに特徴を持っていて、ブランドごとにおすすめしたい性別・年代を意識して作られていることが多いです。

エイジングケア(※)を意識したブランドの化粧品は、肌にハリやツヤを与えることを意識した化粧品が多いため、40代の肌におすすめできるのです。

テクスチャーや肌へのなじみやすさ、香りなど、自分の好みにそって、お気に入りのアイテムを探してみるのも楽しいですよね。
(※年齢に応じたうるおいのお手入れのこと)

3-3.紫外線対策をする

季節にかかわらず、紫外線対策をするようにしましょう。

日差しの多い夏だけではなく、紫外線はいつでも降り注いでいます。

紫外線はあらゆる肌悩みの原因になるといわれているため、日常的に対策するのを忘れないようにしましょう。

また、日焼け止めなどの紫外線対策のアイテムは、季節やその日の過ごし方によって使い分けるのがおすすめです。

海やプール、一日中太陽のもとで過ごすとき用に作られたアイテムを日常的に使うと、肌が乾燥しやすくなってしまう場合があります。

今日はあまり外出をしない日、一日中外出する日など、日によって使い分けるのもいいでしょう。

4. まとめ

40代になって、肌にハリがなくなった、乾燥しやすくなったなど肌悩みを感じる方もいらっしゃるでしょう。

誰もが加齢とともに肌の衰えを感じるものですが、そこで諦めてしまう人と、そうではない人がいます。

もう40代だから仕方ない、と諦めてしまうのではなく、洗顔やスキンケアアイテムなどに気を配り、年齢に応じてすこやかな肌を保つようにしていきましょう。

この記事は2016年9月9日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。