“お尻のざらつき”に悩む割合は、毛穴や小顔より多数だった!

株式会社シーズ・ラボ
2017.01.12

プロのケアでマシュマロ尻を目指す「ヒップざらつきコース」

シーズ・メディカルグループ(理事長 城野親徳、東京都渋谷区、美容皮膚科シロノクリニックを全国で5院展開)のサロン事業部 クリニカルサロン シーズ・ラボ(本社 東京都渋谷区、全国で21店舗展開)では、一般的な悩みとされる「毛穴」や「小顔」より「お尻のざらつき」で悩まれている方が多数いることが分かりました。他人と比較しづらいパーツだからこそケア方法にも悩まれており、プロのケアとして人気の高い「お尻ニキビ改善コース」をご提案いたします。

■悩みが深い、隠れトラブルパーツ“お尻”

【最適な解決法が身近になく、理想のヒップに辿り着けない】
 シーズ・ラボでは、アンチエイジングからダイエットケアまで幅広くコース提供をしている中、2016年にスキンケアとしてお問い合わせを頂いたお悩み相談件数のうち、「お尻のざらつき」は一般的に口にしやすい“しみ・毛穴・小顔”の合計数より上回っていることが分かりました。その背景には“どのようなケアがいいのか分からない”“セルフケアでは解決できない”など、お尻トラブル解消を模索したり、長年悩み続けている方が多い印象を受けました。
 また、来店時に撮影した自身のお尻の写真を見て「自分で覗いて見るお尻とで印象が違う、もう少し綺麗だと思っていた」と今まで自身で丁寧に見たことがないという人が多いのも特徴の一つです。

【お尻を見られる時期は夏だけではない】
海やプール、温泉やスパだけでなく、海外旅行にも気軽に行ける昨今では、リゾート地で年中水着になるシーンがあり、お尻が人の目に触れる機会は夏だけとは言えません。お尻のトラブルは、可愛い水着もショートパンツで隠さなければいけない、温泉も後ろ姿を見られないように気を付けて歩いたりするなど、リフレッシュしたい気持ちもうやむやにさせてしまいます。

■お尻トラブル分析

【原因】
・代謝不良(ターンオーバーの乱れ)・血行不良(栄養不足、乾燥)
・汗っかきで不衛生・食事の偏り(野菜不足・小麦粉が多い)
・角質肥厚や骨盤の歪みで不必要な摩擦による色素沈着
・加齢による筋力の低下で皮膚の摩擦面の増加
・手つかずにして放置(お手入れの優先順位が低い) など

【対策】
生活習慣からトラブルを招くケースが目立ち、取り組みやすい対策がある反面、長期間放置してしまっているために、改善期間には細胞の生まれ変わるサイクルとして3ヶ月程度は必要とする場合がほとんどです。

■マシュマロ尻を目指す「ヒップざらつきコース」

STEP1:ボディ用ピーリング剤で、角質ケア/殺菌/新陳代謝アップ

3万以上の症例数を誇るピーリング剤は、皮膚科医が日本人の肌質に合わせて作ったオリジナル基材。フルーツ酸を用いてニキビの状態に合わせて濃度や浸透時間を設定します。ジェル・クリームと異なる基材を組み合わせて即効性を高めます。

STEP2:ビタミンCのイオン導入で、炎症抑制/ニキビ跡予防/美白効果

皮膚のバリアゾーンを通過させ、有効成分を浸透させるイオン導入。皮膚内部からの働きを高めることで、ニキビの改善やニキビ跡を予防します。ビタミンCの効果で、炎症が強いニキビにも有効です。

STEP3:海藻パックで、保湿・鎮静・引締め効果

仕上げに、ミネラル成分豊富な海藻エキス配合パックでしっとり保湿します。ひんやり心地よい海の香りがありながら、肌や細胞の修復を助け、本来の健康的な肌へ導きます。

【コース概要】
「ヒップざらつきコース」https://www.ci-z.com/solutions/arm/hips.html
50分/18,360円 → 初回限定:5,400円
実施店舗:全国21店舗
営業時間:10:00~20:00(一部店舗によって異なる)
電話番号:0800-111-4116

【こんな方におすすめです】
・ざらつきがある
・生理周期によって肌荒れをお越しやすい
・触り心地が他の肌と違い滑らかでない
・色素沈着がある
・透明感のある美尻になりたい

提供元:PR TIMES