メニューを開く

発売からわずか5日で10万本が完売した※、伝説の限定カラー「モテライナー リキッド チェリーチーク」が、お客様からの多くのご要望を受け、遂に定番化が決定。

フローフシ
2017.08.10

株式会社フローフシ(本社:東京都港区 代表:桑島正幸)は、国内コスメアワード24冠に輝く快挙を成し遂げたことを記念して3月1日に限定発売された「モテライナー リキッド チェリーチーク※」ですが、お客様からの非常に多くの再販のご要望を受け、2017年8月26日(土)に遂に定番化が決定いたしました。

うっすらと肌が透けるように設計された、従来のカラーライナーの常識を覆す新発想カラーが、発売当初からインスタグラムやTwitterなどのSNSで話題沸騰。
くっきりとしたラインで目もとの印象を際立たせるアイライナーとは違い、内側からにじみ出るような、ナチュラルな血色感をもたらし、ひと筆で、体温が上がったような色気あふれるまなざしへと導く新発想カラーに、
「目もとにチーク。ってめちゃくちゃ可愛い!」「今までになかった発想のカラーライナー」「透け感があって肌なじみもいい」「限定にするのは惜しい」など大変多くの嬉しい投稿やコメントをいただいております。

※フローフシ史上最多となる国内コスメアワード24冠(※2)に輝く快挙を成し遂げた「モテライナー リキッド」より、“受賞記念限定カラー”としてを2017年3月1日(水)に数量限定で発売

▼MOTELINER 公式サイト
http://flowfushi.com/ml/

伝説の新色。CHERRY CHEEKが定番化
目もとにチーク。これが、最旬カラーライナー。

FLOWFUSHI史上最多、ベストコスメ24冠(※2)を記念して限定発売された、春の新色「CHERRY CHEEK(チェリーチーク)」。

「目もとにチークを。」

うっすらと肌が透けるように設計された、従来のカラーライナーの常識を覆す新発想カラー。
くっきりとしたラインで目もとの印象を強めるアイライナーとは違い、
内側からにじみ出るような、ナチュラルな血色感をもたらします。

本日よりWEB通販で先行予約を開始いたします。
※大変ご好評いただいており、本数に限りがございますので、お求めのお客様はお早めのご予約をお願いいたします

▼FLOWFUSHI ONLINE STORE
http://flowfushi-store.jp/products/detail.php?product_id=129

世界で選ばれしたった6名の匠が手揉みによって作り出す。「大和匠筆(R)」を採用
日本が世界に誇る職人が集結。
熊野と奈良の伝統的な筆作りと、先端の科学技術が出会うことで生まれた、FLOWFUSHI史上最高傑作「大和匠筆(R)」。

熊野の職人が選び抜いた、黄金比率で配合された四種類の毛を、奈良の選ばれし6人の筆職人による伝統の技「手揉み」でブレンドしました。
繊細なこの作業を担うことができるのは、熟練の筆職人の中でもたった6人だけ。
8分間で400本しか生産することのできない、まさに匠の一品です。

かつてない高級感と安定感、アルミ製八角形ボトル。
人間工学にも続いて、持ちやすさを追求。文具メーカーと共同でボトル形状やボトル径を開発し、八角形という形状にたどり着きました。
手にした瞬間に感じる、アルミの高級感と安定感。
アイライナー初心者の方でも、思い通りのラインを描くことが可能です。

いつまでも続く。決してにじまない。その答えは「建築」にあり。
モテライナー独自の革新リキッドで耐水性・耐油性ともに200%アップ(※3)。

美しいラインが持続するために欠かせないのが、耐水性を極めること。
力を貸してくれたのは、何十年間も厳しい環境下で「水に耐える」ことを求められる、建築の床用ワックスや、ビルの外壁用塗料を研究している匠でした。
匠がプロジェクトに参加したことで耐水昨日は飛躍的に向上し、水、湿気、皮脂に強く、安全性にもこだわった、高密度ハイブリッドポリマーの開発に成功しました。高温多湿な台湾、香港でのテスト済み。


====================
MOTELINER
アイライナー、最終形。

====================

モテライナー リキッド
ブラック / ブラウンブラック / ブラウン / ネイビーブラック / チェリーチーク 全5色
※新カラー チェリーチーク (2017年8月26日発売)
内容量:各0.05ml
希望小売価格:1,500円(税抜)

====================

▼詳細はこちらから
特設WEBサイト : http://flowfushi.com/ml/

(※1)2016年10月1日~2017年2月28日の売上実績による(当社調べ)
(※2)株式会社ESP総研調べ(集計期間:2016年10月1日~2016年12月31日)
(※3)従来のモテライナーとの比較

提供元:PR TIMES