2016年10月20日 更新

アサイーでダイエットはできるのか知りたい方へ

アサイー ダイエット
「アサイーを摂っている人にはなんとなく美人が多い。。。」
なんて思ったりしませんか?
確かにセレブや有名人には「毎朝アサイー摂ってます」なんて方が多いかもしれません。

では、彼女たちのスレンダーな身体はアサイーのおかげなのでしょうか?
今回はアサイーとダイエットサポートの関係アサイーの取り入れ方ダイエットのサポート力を活かすヒントについてご紹介します。



1. アサイーとは

アサイーは、南米ブラジル原産のヤシ科の植物の木の実です。

収穫後の酸化が早いので、日本で生のアサイーの実を味わうことは基本的にできません。
日本で口にできるのは、現地ですぐに冷凍処理またはフリーズドライ加工などされたものを利用した、ピューレやパウダー、ジュース、サプリなどが中心です。

ハワイ発で話題になったアサイーボウルなどは、アサイーピューレなどを利用して作られているものが多いと言われています。
アサイー効果

2. アサイーでダイエットサポートができるか?

セレブや有名人が取り入れていることでも一時話題になったアサイーですが、アサイーでダイエットサポートはできるのでしょうか?
アサイー ダイエット
答えは、「上手く取り入れれば、ダイエットサポートになる」です。

アサイーそのものには、食べれば痩せるといった直接的な作用はありません。
ただ、アサイーには、ポリフェノールやビタミン、鉄分、オレイン酸、アミノ酸、食物繊維など美容健康に良い成分がたくさん含まれていると言われています

ですので、摂取カロリーを減らす・運動するなどを実行しつつ、サポートとして取り入れるならアサイーはおすすめです。
ダイエット中は栄養バランスを崩しがちで、お肌の悩みも起きやすいからです。アサイーのバラエティに富んだ美容成分はぜひ取り入れたいものなのです。

では、上手く取り入れるとは、どういう方法でしょうか?

残念ながらアサイーボウルではありません。
アサイーボウルはとてもおいしいですが、糖分のあるヨーグルトやグラノラを加えるので、ダイエット中なら注意が必要な食べものです。

おすすめは、アサイースムージーで置き換えるサポート方法です。
アサイースムージー
摂取カロリーをカットしつつ、美容成分を取り入れられておすすめです。

3. ダイエットサポートにいいアサイーの取り入れ方

先ほどの章でご紹介したように、ダイエットサポートにアサイーを取り入れるなら、アサイースムージーで置き換える方法がおすすめです。
アサイーボウルよりカロリーオフが期待できますし、ジュースよりスムージーのほうが腹持ちがよいと言われているからです。

ダイエットサポート用に販売されているアサースムージーなら、カロリー計算も簡単なので、ダイエットライフをスムーズにサポートすることができるでしょう。

アサイースムージーで置き換える方法でのダイエットサポートについてご紹介します。

①アサイースムージーを1か月分用意する。

置き換えによるダイエットサポートは、急激に痩せる方法ではありません。
普通は、だいたい1か月から数か月かけて少しずつ変化が現れるものです。

途中で投げ出さないために、できれば最初に1か月分、せめて半月分は用意することをおすすめします。
手元にあることで、「これが終わるまでは」という気持ちが芽生え、がんばれることがあるからです。
また数週間取り入れることで習慣として馴染むので、より続けやすくなることが考えられます。

アサイースムージーを作るには、冷凍ピューレを使って毎日自作してもよいですが、パウダータイプのものが手軽で経済的なのでおすすめです。
携帯性にも優れますし、賞味期限や保管場所の心配も少なくてすみます。

②1日1食をアサイースムージーに置き換える

置き換えるのは習慣にしやすい朝食がおすすめです。

カロリーカットのためには昼食や夕食がインパクトが大きそうですが、このタイミングは働いている人などは外食が多いので置き換えの継続が難しいことが考えられます。

継続こそが重要なので、いつもの朝食をアサイースムージーに置き換えることをおすすめします。

1日のトータルで見て、カロリーがカットできていることが大事と言われているので、その他の食事は、今まで通りで過ごします。
(その他の食事量・カロリーが増えないように注意しましょう)

置き換えのダイエットサポート方法はこれだけです。簡単ですね。

摂取カロリーをカットするという最初のハードルはこれで乗り越えられたのではないでしょうか?

合わせて次に紹介する運動などを取り入れて、ぜひダイエットを成功させましょう!
酵素ドリンク ダイエット

4. ダイエットサポートの力を活かす

ダイエットの基本は摂取カロリーを減らすことと、運動して脂肪を燃焼させることです。(※あわせてバランスの良い食生活が大事です)
アサイースムージーに置き換えてカロリーがカットできたら、ダイエットサポートを無駄にしないために、運動を取り入れましょう

おすすめの運動は【5~10分の筋トレ+20分以上の有酸素運動】です。
ドローイン
軽い筋トレで筋肉をつけることで、基礎代謝をUPさせ、リバウンドしにくいからだをつくり、同時に、有酸素運動で脂肪燃焼を目指しましょう。
できれば毎日行うのがおすすめです。

それぞれについて簡単な例をご紹介します。

①5~10分の筋トレ

腹筋背筋、腕立て伏せ、スクワットなど、簡単な筋トレを5~10分程度行いましょう。

1回に1種類でかまいません。
筋トレをすると、鍛えた部位の組織が修復されるまでに数日かかると言われているため、筋トレの種類を日替わりでローテーションさせると効率的です。

今日腹筋・背筋をしたら、明日は腕立て伏せ、明後日はスクワット、といったふうにローテーションさせるのがおすすめです。
スクワット

②20分以上の有酸素運動

1回に20分以上継続して、有酸素運動を行いましょう。

運動の種類は、好みや日替わりで選んで構いません。

代表的な有酸素運動は、ウォーキング、サイクリング、マラソン、ゆったりした水泳などです。

家でできる有酸素運動もあります。
踏み台昇降運動、ラジオ体操、縄跳び、ヨガなどです。
踏み台
少し息がはずむ程度のペースで20分以上連続して行いましょう。
有酸素運動は同じペースで行うのがコツです。
音楽などを聞きながら行うのもおすすめです。

5. まとめ

今回はアサイーとダイエットサポートの関係、アサイーの取り入れ方、ダイエットサポートを活かすヒントについてご紹介しました。

アサイースムージーを上手く利用して、きれいにダイエットサポートしていきましょう。
運動を続けるのは少し大変ですが、できる範囲でとりいれることがたいせつです。
あきらめず、チャレンジしましょう♪

この記事は2016年8月9日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。