メニューを開く
アスタリフト;

ニキビが出来やすい方必見!自宅でできるニキビケア化粧品ランキング

ニキビケア ランキング

繰り返しできやすいニキビを予防するためのセルフケア化粧品をお探しではありませんか?

今回はニキビを自宅でケアする!年代別【おすすめ】化粧品ランキングとニキビを予防するための化粧品の選び方についてご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.ニキビが出来やすい方必見!【年代別】ニキビケア化粧品ランキング

自宅でニキビの予防を行う際、大切なポイントのひとつが「肌に合わせたニキビ予防のお手入れを行うことのできる化粧品を選ぶこと」です。

ここで肌らぶスタッフが選んだ、自宅でできる!ニキビケア化粧品ランキングをご紹介します。

今回ご紹介する化粧品は、全てのブランドがトライアルセットを販売しているので、初めての方や肌との相性を確認したい方は是非トライアルセットから試してみてください。

選び方の詳細は「2.【年代別】ニキビを予防する化粧品の選び方」でご紹介します。

1-1.10代におすすめ!自宅でできる【ニキビケア化粧品ランキング】

まず初めに10代におすすめの自宅でできる!ニキビケア化粧品ランキングをご紹介します。

<判断基準>
■油分が少なく、肌へ潤いを与える保湿成分は含まれているか

1位オルビス薬用クリアシリーズ【医薬部外品】

オルビスクリア

会社:株式会社オルビス
トライアルセット:あり/1200円(税抜)
保証:記載なし

特徴:肌に過剰な油分を与えない、100パーセントオイルカットの薬用化粧品です。

保湿成分「コラーゲン」が肌に潤いを与えながらハリやツヤのある状態へと導きます。

 

2位プロアクティブベーシック【医薬部外品】

pろ

会社:ジーアールジェイ有限会社
トライアルセット: 4537円(税抜)
保証:あり/60日間返金保障

特徴:ニキビの予防に着目した薬用化粧品です。

肌を健やかに保ちながらニキビをできにくくするためのお手入れを行います。保湿成分「ブドウエキス」や「オウゴンエキス」を配合しています。

肌に必要な潤いをしっかりと与えます。

 

3位薬用ネクア【医薬部外品】

ne

会社:株式会社フィシコ
トライアルセット: 5160円(税抜)
保証:なし

肌をひきしめて、健やかに保つ薬用化粧品です。天然由来の保湿成分「ユズセラミド」「カモミラエキス」が肌に必要な潤いを与えます。

1-2.20代以降におすすめ!!自宅でできる【ニキビケア化粧品ランキング】

ここでは20代以降の自宅でできる【ニキビケア化粧品ランキング】をご紹介します。

<判断基準>
■肌への潤い力が高い保湿成分が含まれているか

1位dプログラム アクネケア【医薬部外品】

dd

会社:株式会社資生堂
トライアルセット:あり/1512円(税抜)
保証:30日間返金保障あり

特徴:外的な刺激から肌を守りながらお手入れする薬用化粧品です。

保湿成分「グリセリン」「トラネキサム酸」を配合。

肌荒れを防ぎながら、必要な潤いをたっぷりと与えます。

2位NOV ACアクティブ【医薬部外品】

NOV
会社:常磐薬品工業
トライアルセット: 1500円(税抜)
保証:記載なし

特徴:臨床皮膚医学に基づいて開発された薬用化粧品です。

大人ニキビに着目し、潤い力のある保湿成分「セラミド」や「ヒアルロン酸」「リピジュア」を配合しています。

 

3位持田ヘルスケア B.K.AGE【医薬部外品】

mo
会社:持田ヘルスケア
トライアルセット:あり/900円(税抜)
保証:記載なし

特徴:潤いのある肌を目指す方のための薬用化粧品です。保湿成分「ヒト型セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」が配合されています。

2.【年代別】ニキビを予防する化粧品の選び方

ニキビができる主な原因は年代によって異なることが多いため、ニキビを繰り返し出来にくくするためにも年代に合わせた化粧品を選ぶことをおすすめします。

ここで「年代別」に、自宅でできるニキビケア化粧品の選び方をご紹介します。

2-1.【10代】ニキビを予防する化粧品の選び方

乳液 ニキビ

10代の方が化粧品を選ぶ際は、油分量が少ない化粧品を選ぶことをおすすめします。

なぜなら、10代の肌は元々油分量が多いため、油分が多すぎる化粧品だと「過剰な油分」としてニキビを引き起こす原因となりうるからです。

油分が少なく、肌に潤いを与える保湿成分が含まれたものを選ぶようにしましょう。

2-2. 【20代以降】ニキビを予防する化粧品の選び方

はちみつ 美容 肌荒れ対策

20代以降はニキビケア化粧品を選ぶ際、しっかりと潤う保湿成分が配合されたものを積極的に取り入れることをおすすめします。

なぜなら、20代以降の肌は10代と異なり、水分と油分が共に減少しやすく乾燥しやすいからです。

肌は乾燥すると表面が硬くなり毛穴が詰まることでニキビができてしまう可能性があるので、肌に必要な水分と油分を与えるためにも20代以降はしっかりと潤う保湿成分が配合されたものを選びましょう。

おすすめの保湿成分は次の通りです。
■保湿成分
セラミド/ヒアルロン酸/コラーゲン/スフィンゴ脂質/ワセリン/リピジュア/リン脂質等

3.ニキビの予防ケアを行うために意識すべき3つのお手入れポイント

保湿 クリーム

①正しい洗顔を行う

クレンジング・洗顔を行う際は、適量を意識して皮膚が引っ張られないよう優しい力で丁寧に行いましょう。

何故なら、クレンジングや洗顔の際に過度な力を入れてしまうと肌に負担がかかってしまいニキビに悪い影響を与える原因のひとつとなるからです。

また、熱いお湯も肌に負担がかかります。クレンジング・洗顔の際は必ずぬるま湯(30~35度)で洗い流すようにしましょう。

②「適量」を意識してスキンケアを行う

スキンケアを行う際は、「適量」を使用するようにしましょう。

それは、各メーカーが推奨している適量よりも使用する化粧品の量が少ないと、せっかく肌へのせても必要な成分が肌全体にまんべんなく角質層まで浸透しない可能性があるからです。

③  年間を通して紫外線対策を行う

紫外線は「美肌の大敵」であり、肌は紫外線を浴び続けると、日焼けやシミだけでなくニキビを誘発させる要因のひとつにもなります。

ニキビを予防ケアするためにも、年間を通して紫外線対策を行うようにしましょう。

※日焼け止めの詳しい選び方については、「もう迷わない!日焼け止めの正しい選び方徹底解説」をご覧ください。

4.まとめ

肌悩みの代表であるニキビは、年代によって主な原因が異なる可能性が高いため、予防するためにも、肌に合わせた化粧品を取り入れてお手入れることがおすすめです。

繰り返し発生しやすいニキビをできにくくするためにも、自身に合わせたケアを行っていきましょう。

この記事は2016年1月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る