メニューを開く
アスタリフト;

ニキビの場所には意味がある?知っておきたい原因と予防方法

ニキビ 場所 原因
「ニキビの原因は、できる場所によって違うのかな?」「この場所にできるニキビって、何か特別な原因があるの?」と気になっていませんか?

基本的にニキビのできる仕組みは同じとされていますが、原因はできる場所によって異なる可能性もあります。

その原因を理解し、ニキビの出来にくい肌を目指しましょう。

今回は、ニキビの出来る場所を「Tゾーン」「Uゾーンなど(その他の場所)」の2つに分類して、考えられる原因や予防方法、おすすめの基礎化粧品などをお伝えしていきます。



astalift
astalift

1. Tゾーンニキビの原因・予防対策【おでこ、鼻、眉間など】

Tゾーン 大人ニキビ
この項目では、Tゾーンにできるニキビの原因・予防対策・おすすめの基礎化粧品などをご紹介していきます。

「Tゾーン」とは、画像のようにおでこや鼻を中心とした場所一帯のことを指します。

1-1. Tゾーンニキビの原因

おでこや鼻などの「Tゾーン」と呼ばれる箇所に出来るニキビに考えられる原因は、皮脂分泌が活発なことだと考えられます。

そのため思春期などに良く見られますが、大人の方でも皮脂の多い脂性肌(オイリー肌)の方などは、この部分にニキビが出来やすくなります。

また洗顔や入浴の際にすすぎ残しがあると、雑菌が繁殖してニキビにつながる可能性も少なくありません。

高校生の方はこちらも参考にして下さい!⇒「ニキビを作りたくない!高校生でも自宅でできるお手入れ方法

1-2. Tゾーンニキビの予防対策

おでこや鼻などのTゾーンニキビを予防するために必要なお手入れは2つあります。
「洗顔時のすすぎをしっかり行うこと」「化粧水や乳液をしっかり使うこと」の2つです。

洗顔や入浴の際は、顔のすみずみまでしっかりすすぐことが大切です。
お風呂での洗顔は髪を洗った後に行うなど、小さな工夫も取り入れましょう。

そしてTゾーンのニキビを予防するためには、化粧水や乳液による基本のお手入れを大切にしましょう。
それによって肌の水分と油分を補って保つことが期待できます。

1-3. Tゾーンニキビの予防におすすめのスキンケア

上記の原因と予防対策のポイントを押さえたおすすめの基礎化粧品シリーズを、2つご紹介します。

【Tゾーンニキビ予防におすすめのシリーズ】
ne’kur(ネクア)薬用アクネ(医薬部外品)

ネクアスキンケア
販売会社:株式会社Fisiko

肌の水分と油分を補い保ちながら、ニキビを防ぐスキンケアシリーズです。

さらっとした感触で、べたつきの気になりやすい肌にも気持ちよく使うことが出来ます。

パラベン・シリコン・エタノール・合成香料・鉱物油・着色料は配合していません。
Tゾーンに出来やすいニキビをやさしく予防します。

★ne’kur(ネクア)公式HPはこちら

プロアクティブ ベーシックライン(医薬部外品)
プロアクティブ
販売会社:株式会社プロ・アクティブ

Tゾーンなどの、繰り返しやすいニキビを予防するスキンケアシリーズです。
軽くなめらかな使い心地で、すーっと肌になじみます。

ノンコメドジェニックなので、Tゾーンニキビを予防したい方にうれしいスキンケアシリーズです。
(※ニキビのもとになりにくい成分で作られた製品。すべての方にニキビができないというわけではありません)

肌をすこやかに保ちながら、Tゾーンに出来やすいニキビを予防します。

★プロアクティブ公式HPはこちら

2. Uゾーン等のニキビの原因・予防対策【フェイスライン、顎、口元、頬など】

顔 Uゾーンなど
この項目ではUゾーンなど、その他の場所に出来るニキビについて、原因・予防対策・おすすめの基礎化粧品などをご紹介していきます。

例えばフェイスラインや顎、口元、頬などにニキビが出来やすいという方は、こちらをご覧ください。

2-1. Uゾーン等のニキビの原因

Uゾーンなどに出来るニキビには、様々な理由が考えられます。

・乾燥などで肌の水分・油分のバランスが崩れがちである
・頬に髪が触れ、刺激になっている
・雑菌が繁殖している
・化粧水や乳液などが付けきれていない
・生活習慣の悪化(特に口周りにできやすい)
…など

普段の生活などに、上記につながるような習慣の心当たりはありませんか?

Tゾーンのニキビのように、決まった原因がないことが多いのがUゾーンなどに出来るニキビの特徴です。
今一度、ご自身の普段の生活を振り返ってみましょう。

2-2. Uゾーン等のニキビの予防対策

女性鏡
Uゾーンなどのニキビ予防をする上で、大切にしていただきたい点は大きく3つあります。

それは、「化粧水や乳液でしっかり保湿すること」「清潔にすること」「体内環境を整えること」の3つです。

基礎化粧品はうるおい力に優れたものを選んで、丁寧にお手入れしましょう。

お手入れの前には手を洗い、パフやポンジなどのメイク用品もこまめに洗浄するなど、清潔を保つことが大切です。

洗顔や入浴時のすすぎもしっかり行いましょう。
フェイスラインのニキビが気になる方は、すっきりしたヘアスタイルがおすすめです。

また健康的な生活を心がけることがとても大切です。
食生活の乱れや体調不良、冷え、ストレス、疲労などに心当たりのある方は、少しずつ生活習慣を見直すことから始めましょう。

2-3. Uゾーン等のニキビ予防におすすめのスキンケア

上記の原因と予防対策のポイントを押さえたおすすめの基礎化粧品シリーズを、2つご紹介します。

【Uゾーン等のニキビ予防におすすめのシリーズ】
NOV(ノブ)ACアクティブシリーズ(医薬部外品)

NOV
販売会社:常盤薬品株式会社

Uゾーンなどに出来やすいニキビを予防しながら、うるおいをしっかり補給できるスキンケアシリーズです。
(保湿成分:リピジュア、ヒアルロン酸、セラミド3など)

無香料・無着色・ノンコメドジェニックです。
肌をやさしくいたわりながら、ニキビを予防します。
(※すべての方にニキビが出来ないというわけではありません)

さっぱりしているのに角層にしっかり浸透して、うるおいを与えます。

★NOV(ノブ)公式HPはこちら

オルビス 薬用クリアシリーズ(医薬部外品)
オルビスクリア
販売会社:オルビス株式会社

肌にたっぷりうるおいを与えながら、Uゾーンなどに出来やすいニキビを予防するスキンケアシリーズです。
(保湿成分:コラーゲン、ヨクイニンエキスなど)

継続して使うことで肌をすこやかに保ち、繰り返すニキビを防ぎます。

無香料・無着色・無油分・ノンコメドジェニックです。
肌をやさしくいたわりながら、ニキビを予防します。
(※すべての方にニキビが出来ないというわけではありません)

★オルビス公式HPはこちら

3. 【全ての場所共通】ニキビができる仕組み

最後にどの場所にも共通する、ニキビができる仕組みを簡単にご紹介します。

ニキビが出来る基本的な仕組みは、角質(肌表面の層)が厚くなり毛穴がふさがりやすくなることです。
ニキビ メカニズム
毛穴がふさがると皮脂が詰まり、それをエサにするアクネ菌(ニキビの元になる菌)が増えることで、ニキビができると考えられています。

ニキビの出来る場所ごとの原因がこのような状態を引き起こすことで、ニキビが作られている可能性があります。

基本的な仕組みは同じでも原因が場所によって異なるとされているので、ご自身のニキビに適した予防対策を行っていきましょう。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。
ニキビのできる原因とその予防対策、おすすめのスキンケア化粧品などをご紹介してきました。

多岐に渡るとされるニキビの原因ですが、一つひとつの原因に丁寧に向き合うことが、ニキビの予防につながります。

普段の習慣などにも同時に気を遣えるとさらに良いですね。

ご自身のニキビに合った予防対策を行い、あこがれの美肌に近づきましょう!

この記事は2016年1月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る