メニューを開く
提供:株式会社イッティ

ニキビ跡の5パターンを知ろう!治療方法&事前のニキビ対策

Pocket
LINEで送る

ニキビ跡

ニキビがよくなったと思ったら赤みが出たり、クレーターのようにボコボコになったりとニキビ跡に悩んでいませんか?

今回は、ニキビ跡の種類と原因から、クリニックでの治療までご紹介します。

また、再びニキビや肌荒れを起こさないためには、毎日の丁寧な肌のお手入れが必要です。
肌をなめらかに整えて、すこやかに保つためのお手入れ方法もご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

◆肌らぶ セレクション◆

Jitte+(ジッテプラス)【医薬部外品】
jitteJitte+(ジッテプラス)」は、背中の分厚い皮膚にもなじみやすいように、大きさの異なるヒアルロン酸*とセラミド*を複合した独自の保湿成分「アクシア-トリプルヒアルロン酸」を配合しています。

気になる顔や背中のお悩みも、美白**成分(プラセンタエキス)がしっかり浸透***してサポートしてくれます。

実は、ニキビの後の肌には「保湿」が何よりも大切ということをご存知でしょうか?
「Jitte+(ジッテプラス)」は保湿だけでなく肌の油分と水分のバランスへも注目!
繰り返すニキビを防いで、うるおいのあるなめらかな肌を目指したい方におすすめです。

*うるおい成分  **日焼けによるシミそばかすを防ぐ ***浸透:角質層まで

定期コースをお申込みの方は、通常価格6,463円(税抜)のところ、初回限定908円(税抜)とお得となっています。※2016年6月時点の情報です。


1.ニキビ跡の5つの種類と原因

ニキビ跡の治療方法について早く知りたいとお考えだと思いますが、まずはニキビ跡の種類とその原因を知ってください。

自分がどのタイプのニキビ跡なのかを知ることは、自分にあった治療法を選ぶ近道になります。
間違ったお手入れを続けていると、新しいニキビができたり炎症を起こしたり、状況が悪化することもありますので、ぜひチェックしてみてください。

ニキビ跡は5パターンに分かれており、原因が異なると言われています。

1.赤くなるタイプ
2.茶色(紫色)になるタイプ
3.クレータータイプ
4.しこりタイプ
5.ミミズ腫れタイプ

それぞれについてご紹介します。

1-1.赤くなるニキビ跡

■状態

ニキビの腫れが落ち着き、盛り上がりは無くなったものの、赤みが残ってしまった状態です。

■原因

肌は、ニキビによってダメージを受けると毛細血管をたくさん形成すると言われていて、その大量の毛細血管に流れる血によって赤みが出てしまうと考えられています。

また、ニキビによるダメージで皮膚自体が薄くなっているため、赤みが目立つとも言われています。
軽度の場合は、1週間~1ヶ月で治ることもあるようです。

1-2.紫色(茶色)になるニキビ跡

■状態

ニキビの腫れが落ち着き、盛り上がりは無くなったものの、紫色や茶色のシミのようになってしまった状態です。

茶色いニキビ跡は、紫色のシミが出た後になりやすいです。

■原因

★紫色のシミ

赤み(炎症)が出た後になりやすく、肌がダメージを受けたあとに、血の色がすけて見えている状態です。
転んだときにできるアザと同じような状態が起きていると考えられています。

★茶色のシミ

紫色のニキビ跡ができているときに紫外線などを多く浴びることで、メラニンが色素沈着することが原因と言われています。

メラニン色素は、本来、紫外線などの外部刺激から肌を守る役割を持っています。紫外線をたくさん浴びると、肌は大量にメラニン色素を発生させて肌を守ろうとします。

すると、ふだんであれば時間の経過とともに排出されるメラニン色素が、量が多すぎるために全てを排出することができず、そのまま肌に残り、茶色のシミのようになってしまうことがあるのです。

1-3.クレーターニキビ跡

■状態

ニキビが悪化し、ところどころ、肌がくぼんで凸凹になってしまった状態です。

■原因

ニキビ(強い刺激)により、コラーゲン組織が破壊されてしまうことが大きな原因と言われています。

破壊されてしまった部分は、皮膚が一部なくなったような状態なので、凹んでクレーターのようにみえるようです。

ニキビになると、皮膚は、内部にあるコラーゲンを使って修復を行うとされています。しかし、角質層などの表面と違って、深いところの皮膚組織は基本的に再生されることはないと考えられています。

クレーターは、若いうちは目立たなくても、年齢とともに体内のコラーゲンが減ることに伴って、凹みが目立ちやすくなることがあります。

1-4.しこりニキビ跡

■状態

かなり酷いニキビの場合に、ニキビがあった部分がしこりのように肌表面が固く盛り上がった状態です。

特に痛みはないことがほとんどと言われています。

■原因

ニキビにより化膿し、それが肌の深くまで進んでしまい、皮膚が異常に作り出されるが原因と言われています。

通常、ニキビが治まると、皮膚は傷を修復しようとします。まれに、それが過剰になり、しこりのようになってしまうことがあるようです。

1-5.ミミズ腫れニキビ跡

■状態

かなり酷いニキビの場合に、ニキビがあった部分がミミズ腫れのように肌表面が赤みを帯びて盛り上がった状態です。
上記のしこりの時と同じように盛り上げっていますが、こちらは毛穴もなくなり、ヤケド跡のようになってしまいます。

さらに、痛みや痒みを生じる場合があります。こちらはニキビ跡の中ではあまり見られないケースです。

■原因

同じ箇所で何度もニキビができ、化膿を繰り返すことが原因と考えられています。

基本的にはしこりの時と同様、修復するときの細胞を作りすぎた結果、ミミズ腫れのような状態になると言われています。

2.ニキビ跡の治療方法

ニキビ跡を正しく速やかに対処するためには、基本的には美容皮膚科や美容クリニックなどで、専門医に相談して治療してもらいましょう。

最近のクリニックでは、治療法にもさまざまな種類があり、薬を処方してくれたり、塗り薬などで治療する場合もあります。
ニキビ跡でお悩みの方はぜひ一度相談してみてください。

※ニキビ跡の治療は基本的に自由診療です。自由診療による治療の場合、保険は適用されませんのでご注意ください。

2-1.赤色・紫色・茶色のニキビ跡の治療

1と2でご紹介した、色素沈着を起こしたニキビ跡の美容クリニックでの治療は主に3つあります。

①ケミカルピーリング

ピーリング料を塗り、肌表面の古い角質を取り除くことで、肌の再生をサポートするピーリング治療です。

★料金の目安
3,000円~20,000円/回
※使用するピーリング料や他施術のオプションにより、料金は異なります。

②カーボンピーリング(マックスピール)

肌表面に微粒子のカーボン(炭素)を塗り、その上から黒色に反応する赤外線レーザーを当てるピーリング治療です。
ニキビ跡に直接働きかけることができますし、皮膚の角質や毛穴の汚れを取り除くこともできます。

★料金の目安
30,000円前後/回
※クリニック・治療回数によって異なります。

③レーザー

レーザーを肌内部まで届かせ、再生を促すことでニキビ跡を治療する方法です。

レーザーにも複数の種類があり、金額や通う頻度・回数が異なるので、美容クリニックで確認してみてください。

★料金の目安
30,000円~50,000円/回(頬の場合)
※クリニック・治療回数によって異なります

2-2.クレーターニキビ跡の治療

クレーターになってしまったニキビ跡の美容クリニックでの治療は主に4つあります。

①ケミカルピーリング

基本的には【2-1.赤色・紫色・茶色のニキビ跡】と同様に、肌表面の古い角質を取り除くことで、肌の再生をサポートするピーリング治療です。

★料金の目安
3,000円~20,000円/回
※使用するピーリング料や他施術のオプションにより、料金は異なります。

②レーザー

基本的には【2-1.赤色・紫色・茶色のニキビ跡】と同様に、レーザーを肌内部まで届かせ、再生を促すことでニキビ跡を治療する方法です。

レーザー光を患部に当てることで、コラーゲンの再生を促します。コラーゲンが増えることで、へこみ部分を再度盛り上げることが期待できると言われています。

★料金の目安
30,000円~50,000円/回(頬の場合)
※クリニック・治療回数によって異なります。

③患部への注射

患部(真皮)へ直接、FGFと言われる細胞増殖因子の注射をすることで、皮膚細胞を増やそうとする方法です。

コラーゲンなどが増殖し、へこんでいた肌をふっくらさせることが期待できると言われています。(※施術結果には個人差があります。医師によるカウンセリングの際にしっかりと相談しましょう。)

状態により、1回で終わる場合もあれば、2~数回行うことになる場合もあるようです。

★料金の目安
10,000円~40,000円/回(ニキビ跡1ヶ所の場合)
※治療する範囲により異なります。

④皮膚移植

患部以外の皮膚をニキビ跡に移植する治療法です。
手術後、半年~1年間は経過を見ていくことに必要があるようです。

★料金の目安
350,000円~
※クリニック・治療回数によって異なります。

2-3.しこりニキビ跡・ミミズ腫れニキビ跡の治療

しこりやミミズ腫れになったニキビ跡の美容クリニックでの治療は主に2つあります。

①ステロイド注射

花粉症などでも使われているステロイド注射ですが、しこりになったニキビ跡にも使われます。治療の見極めが難しいと言われていますので、ご希望の場合は熟練したドクターのいる美容クリニックなどを探しましょう。

★料金の目安
6,000円~10,000円/回(1部位1回)

②レーザー治療

基本的には【2-1.赤色・紫色・茶色のニキビ跡】と同様に、レーザーを肌内部まで届かせ、再生を促すことでニキビ跡を治療する方法です。

★料金の目安
30,000円~50,000円/回(頬の場合)
※クリニック・治療回数によって異なります。

3.ニキビ跡を防ぐための3つのポイント

悩む 女性 鏡ニキビ跡を未然に防ぐためには、ニキビを防ぐことが大事なのは言うまでもありません。

ここでは、ニキビを防ぐための3つの大切なポイントをお伝えします。

3-1 正しいスキンケア【洗顔と保湿】

ニキビを防ぐためには、正しい洗顔で肌を清浄にしつつ、必要な水分と油分を補い肌をすこやかに保つことが重要です。
おすすめアイテムとお手入れのポイントをご紹介します。

3-1-1  洗顔

☆おすすめの洗顔せっけん☆

ノンエー【医薬部外品】
NonAキャプチャ「NonA」は、弾力のある泡で洗うことによって肌を清浄にし、ニキビを防ぎます。

せっけんというと、泡立てにくそうなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、「弾力のある泡が作りやすい」という点がこの「ノンエー」の特徴でもあり、さらに初回限定で泡立てネットがついていますので、泡立てが苦手な方にもおすすめしたいせっけんです。

保湿成分として、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアが配合されているので、潤いを保ち、肌をなめらかにします。
皮脂が多くて、ニキビに悩んでいる方におすすめのせっけんです。

☆洗顔のポイント☆

石鹸 洗顔フォーム

①清潔な手で洗顔する

手には意外と雑菌が多くついているものです。洗顔の前に、手も清潔するように心がけましょう。

②32~35度のぬるま湯で顔を洗う

汚れは落としつつも、肌に必要な皮脂まで落としてしまうのを防ぐため、洗顔はぬるま湯をおすすめします。
ニキビや多めの皮脂が気になる方は、何度も洗顔したり、ゴシゴシこすってしまったりしがちですが、必要な皮脂まで落としてしまうことは、逆に皮脂過剰を招くことがあるので気をつけましょう。

③皮脂の多いパーツから洗う

皮脂の多いパーツ、Tゾーン(おでこ・鼻)などから順に洗っていくことをおすすめします。
黒ずみになりやすい鼻は泡をクルクルと指でマッサージするように洗いましょう。

④清潔なタオルで拭く

せっかく洗顔できれいにしても、不潔なタオルで拭いていては、肌を清潔に保つことができません。
洗顔後はきれいなタオルでやさしく水滴をふきとりましょう。

3-1-2保湿

洗顔で肌を清浄にしたら、次に、肌に水分と油分を補って、肌のキメを整え、肌をすこやかに保つことが重要です。

☆おすすめのスキンケアアイテム☆

Reproskin(リプロスキン)【医薬部外品】

Reproskin(リプロスキン)は、繰り返すニキビにお悩みの方におすすめの「ニキビ後の肌」に着目してつくられた薬用化粧水です。

美白*成分プラセンタエキス、保湿成分スクワラン、ヒアルロン酸、また、肌をすこやかに保つグリチルリチン酸ジカリウムなどが、しっかりと角質層に浸透して、肌を整えます。

*日焼けによるシミそばかすを防ぐ

ノブACアクティブ フェイスローション【医薬部外品】
ノブ
敏感に傾きがちな肌の方向けのスキンケアブランド『NOV(ノブ)』の、ニキビを防ぐシリーズ『ACアクティブ』の薬用化粧水です。

保湿成分リピジュア®、ヒアルロン酸、ベタインなどを配合。うるおいを補い、肌の乾燥を防ぎます。
「保湿・ニキビや肌荒れ対策、どちらもしたい」という方におすすめです。

>>ノブACアクティブ公式HPはこちら

☆お手入れが面倒な方はオールインワンアイテムもおすすめ☆

エクラシャルム【医薬部外品】

エクラシャルム

保湿成分「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」や、整肌成分「ワレモコウエキス」「トウキエキス」を配合の薬用ジェル。

肌にたっぷりの潤いを与えながらキメを整えて、肌をなめらかにし、すこやかに保ちます。

お風呂上りなどに、化粧水代わりにささっと使うのがおすすめ。顔だけでなくボディにも使えます。

3-2 バランスのよい食事

ニキビ対策として、スキンケアとともに大事なのが「食生活」です。

食事食事は、全体のバランスを意識しながら「ビタミン類」「コラーゲン」「ミネラル」「亜鉛」などの栄養素を積極的にとるようにしましょう。

☆食材の例☆

・ビタミンA……にんじん、ほうれんそう、モロヘイヤ、卵、うなぎ、味付けのり、あなご、しそ など

・ビタミンB2……卵、納豆、まいたけ、うなぎ、たらこ、モロヘイヤ、焼きのり、とうがらし、カマンベールチーズ、アーモンド など

・ビタミンB6……まぐろ、にんにく、鶏肉、さんま、生ハム、牛肉、とうがらし、マッシュポテト、抹茶、ピスタチオ など

・ビタミンC……赤ピーマン、アセロラジュース、ゆずの皮、レモン、ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリー、カリフラワー、キウイ、ハム、焼きのり、なめこ など

・コラーゲン……手羽先、鶏の皮、豚肉、フカヒレ、うなぎ、エビ、鮭、ゼリー、プリン、杏仁豆腐 など

・ミネラル……レバー、牛肉、パセリ、きなこ、プロセスチーズ、ビーフジャーキー、煮干し、するめ、青のり など

・亜鉛…カキ、ホタテ、カニ、ウナギ、豚レバー、牛肉、玄米、納豆、卵など

外食がちでなかなか思うように食事の栄養バランスがとれない方は、サプリなどで不足を補うのもよいでしょう。

3-3 十分な睡眠

ニキビ対策として、忘れてはならないのは「睡眠」です。

パジャマ(睡眠)

肌の調子をすこやかに保つためには、寝始め3時間に質の良い睡眠をとることが大切だと言われています。
寝始めの3時間に最も多く成長ホルモンがでると言われているからです。

■夕方17時以降に仮眠を取らない
■眠る1時間前は、脳と体をリラックスさせる
■眠る環境を整える(電気を消す、漫画や携帯などを枕元に置かない など)

よりぐっすり眠れるように、このようなポイントを意識してみることをおすすめします。

また睡眠時間の目安は6時間以上と言われています。
自分が十分だと感じられる睡眠時間を確保できるように、生活リズムを整えることも忘れないようにしてください。

4.ニキビ跡を残さないための注意点

気をつけていても、ニキビができてしまうこともあるかと思います。そこで大事なのは、ニキビをニキビ跡にしないことです。
ここでは、ニキビができてしまったときに注意してほしいことを4つご紹介します。

1.ニキビを触らない

ニキビ 触れる

できてしまったニキビは、できるだけ触れないように意識しましょう。

手で触るのはもちろん、髪の毛が長い方は結ぶかピンでとめる、切るなどして、ニキビに何も触れることがないようにしてください。

2.紫外線対策をする

紫外線対策

メラニンの色素沈着を防ぐために、日々はもちろんですが、ニキビができたときは特に紫外線対策を意識してください。

日焼け止めを塗るだけでなく、日傘をする、つばのある帽子をかぶるなど、直接ニキビを日光に当てないようにすることが大切です。

3.枕カバーを毎日変える

寝具・枕

枕カバーが汚れていると、雑菌によりニキビが大きくなったり増えたりする恐れがあります。カバーを毎日変えることが難しい方は、清潔なタオルを敷くようにしましょう。

また、カバーやタオルがチクチクする場合、摩擦によりニキビがひどくなってしまうこともあるので、肌触りが悪くなったら買い換えるようにしてください。

4.パフ・ブラシを定期的に洗浄する

パフ_before_after

女性の方は、メイクで使用するパフやブラシを、最低でも週に1度は洗うようにしましょう。知らず知らずのうちに雑菌が繁殖している恐れがあります。

アイシャドウのチップなども、定期的に洗うようにしましょう。

パフの洗い方についてはこちらの記事、ブラシの洗い方についてはこちらの記事をご参照ください。

5.まとめ

今回は、ニキビ跡の種類と原因、治療法についてご紹介しました。

ニキビ跡は状態によっては、美容皮膚科医などで専門的な治療をしなくては、目立たなくすることができません。

ニキビができてしまう前の、事前の対策を大事にし、しっかりと行っていきましょう。
肌をすこやかに保つために、ご紹介したような、洗顔や保湿といった基本をおさえたスキンケアと、生活習慣の改善を心がけてください。

また、ニキビ跡などができることで精神的に不安になってしまったり、ストレスを感じてしまうと悪化してしまうこともあるので、不安に感じたら一人で悩まず、美容クリニックなどでまずは相談してみることも検討してくださいね。

※この記事は2016年9月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

6.ニキビ跡 関連記事

◆【PR】紫色や茶色に色素沈着するニキビ跡を防ぐためにできること

◆【PR】ニキビ跡に塗る薬ってある?ニキビ跡の種類と薬

◆ニキビ跡はレーザーで消える?4種類のレーザー照射を紹介

◆【PR】ニキビ跡|クレーター3タイプの特徴と原因&予防方法

◆背中のニキビ跡が気になる方へ!自宅でできるお手入れ方法とは?

Pocket
LINEで送る