メニューを開く

紫色や茶色に色素沈着するニキビ跡を防ぐためにできること


Pocket
LINEで送る

ニキビ跡 色素沈着
ニキビがやっと落ち着いてきた後に、シミのように色素沈着したニキビ跡ができて困ったことはありませんか?

このニキビ跡は、痛みや痒みなどが落ちついていても、そのまま放っておくと消えにくい茶色のシミのようになってしまいます。

これらのニキビ跡は色味が強く、目立ってしまうので気になりますよね。

今回は、ニキビ跡の種類や、色素沈着させないためにできること、さらにニキビ跡が色素沈着した場合のクリニックで受けられる治療についてなどをご紹介していきます。
ニキビ跡ができたばかりの方から、ずいぶん前から気になっている方まで、ぜひ読んでみてください!

◆肌らぶ セレクション◆

Reproskin(リプロスキン)【医薬部外品】



ニキビを防ぐ化粧水「Reproskin(リプロスキン)

ニキビ跡に悩む前に、原因となるニキビの発生を防ぎましょう!一度できたニキビは目につきますし、赤くなって痛みもありますよね。

しっかりお手入れして、健やかな肌を保ちましょう!

初回限定で、うれしい60日間の返金保証がありますので、まずは使ってみたいという方にぴったりです。

私の肌に合うのかしら…?と思っている方は、不安に思う前にまずはお試しください!

>>Reproskin(リプロスキン)公式HPはこちら


1.ニキビ跡の色素沈着|自宅でのお手入れは難しい

「ニキビ跡」と呼ばれるものには、いくつか種類があります。

その中の色素沈着を、自宅でのスキンケアのみで色味を「消す」というのは難しいとされています。

ただし年齢や体質にもよりますし、まったく何もできないというわけではありません。

一番に心がけてほしいのは、色素沈着させないことと、そもそもニキビができないようにすることです。

まずは、ニキビ跡の色素沈着2タイプの特徴をご紹介します。

2.ニキビ跡の色素沈着2タイプの特徴と原因

ニキビ跡の色素沈着は「紫色(赤黒)になるニキビ跡」と「茶色になるニキビ跡」2タイプに分けられると言われています。

それぞれ、原因や特徴が異なります。

2-1.紫色(赤黒)になるニキビ跡

■特徴
ニキビの腫れや盛り上がりは落ち着いていますが、紫色の斑点のようになります。

触れたりしなければ特に痛みなどはありませんが、押したり、何らかの刺激が加わると痛みを感じる場合もあります。

■原因
皮膚の細胞のつくり①
ニキビよるダメージを肌が受け、内部で血がにじみ出てしまうことが原因と言われています。

強くぶつけた時にできる「あざ」と同じような現象が肌に起こっていると考えられます。

また、ニキビが腫れたことで、皮膚自体が薄くなってしまい、それにより肌内部の出血が目立って、紫色に見えてしまいます。

2-2.茶色になるニキビ跡

■特徴
2-1でご紹介した紫色になるニキビ跡が時間が経つと、茶色の斑点に変わることがあります。
茶色になるニキビ跡は、触れても特に痛みを感じることはなく、老化現象の1つでもある“シミ”とも呼ばれます。

■原因

皮膚の細胞のつくり②
2-1でご紹介した紫色(赤黒)のニキビ跡ができているときに、紫外線などを多く浴びたりしてメラニン色素が沈着することが原因です。

メラニン色素の本来の役割は、外からの刺激(紫外線など)から肌を守ることです。

そのため、紫色のニキビ跡がある弱った部分の肌に日差しを浴びてしまうと、メラニン色素が肌を守る働きをし、活発にメラニン色素を作り出し、日差しから肌を守ろうとします。

通常、肌が生まれ変わる際に、メラニン色素も排出されていきますが、メラニン色素が過剰に発生した場合、不要なメラニン色素をすべて排出されるのが難しく、肌の内側に残ってしまうことがあります。

それが肌内部に定着し、茶色のシミのようになってしまうのです。

3.ニキビ跡の色素沈着を防ぐためにできること

ニキビ跡の原因や特徴などを前項でお伝えしました。

ここでは、ニキビ跡の色素沈着を防ぐための方法をご紹介します。

①とにかくニキビを触らない(刺激を与えない)

②紫外線対策を心がける

③規則正しい生活を心がける

④優しくスキンケアをする

⑤スペシャルケアをする

以上の5つを、詳しくお伝えしていきます。

①とにかくニキビを触らない(刺激を与えない)

これは基本でありとても大切なことです。

色素沈着したニキビ跡をなんとかしようとする前に、まず、ニキビができたら絶対に触らず、極力刺激を与えないようにしましょう。

手で触れないようにするだけでなく、髪がニキビにかかってしまわないようなヘアスタイルにするなど、ニキビに刺激を与えないように工夫することも大切です。

また、枕などの寝具や顔を拭くタオルなども清潔に保ち、ニキビに雑菌が触れないように意識しましょう。

②紫外線対策

色素沈着を防ぐためには、紫外線対策をすることも大切です。

【2.ニキビ跡の色素沈着2タイプの特徴と原因】でもお話しました通り、茶色になるニキビ跡はこの紫色のニキビ跡の時にどれだけ紫外線を浴びたかで決まるとも言えます。

ニキビ跡の色素沈着を防ぐという目的以外でも、美容の大敵と言われる紫外線による日焼け防止は、日頃から心がけましょう。

日傘や帽子、日焼け止めなどのアイテムを駆使して、健やかな肌を保ちましょう!

資生堂サンケア パーフェクト UVプロテクション S
資生堂サンケア パーフェクト UVプロテクション S会社:資生堂ジャパン株式会社

独自開発のウエットフォース テクノロジーを採用、汗や水に反応して紫外線防御膜が変化する日焼け止めです。

肌にぴったりと密着することで、気になる日焼けを防ぎます。

ウォータープルーフ使用ながら、洗浄料でもスムーズに落とすことができます。

>>>「資生堂サンケア」公式HPはこちら

③規則正しい生活を心がける

肌は、決まったペースで新しい皮膚が作られ、古い角層は垢となってはがれ落ちていきます。

その肌の生まれ変わりのペースを整えるために、規則正しい生活を心がけましょう。

特に、睡眠と食事に気を付けましょう。夜は早めに寝て、朝はしっかりと起き、栄養バランスの取れた食事を意識することが大切です。

忙しいと睡眠時間が不足したり、栄養バランスが乱れがちです。

負担にならない程度に、できるときは自炊をしたり、少しでも早くベッドに入るようにするなど、できることから行ってみましょう。

④優しくスキンケアをする

こちらはニキビ跡になる前にニキビを防ぐことにつながりますが、私たちの肌というのは非常に繊細です。

自宅でのスキンケアも、肌に刺激を与えないように優しく行うことを心がけましょう。

肌に負担を与えることで、ニキビの原因となることがあります。

特に洗顔は、ごしごしとこすってしまいがちですが、こする行為ではなく、洗顔料の「泡」を載せるようにして汚れを落とすようなイメージで洗顔しましょう。

泡がおすすめの洗顔料

どろあわわ

健康コーポレーション どろあわわ会社:健康コーポレーション

女性ユーザーが多いこちらのどろあわわですが、男性でも気持ちよくお使いいただけます。泡立ちがよく、もちもちでふわふわの泡で洗えるので、肌への摩擦軽減が期待できます。付属のネットを使えばさらに泡立ちが簡単にできますよ。

こちらで洗うことで、不要な汚れを洗い落とし、ニキビを防ぐことができます。

>>>「どろあわわ」公式HPはこちら

メルヴィータ フラワーブーケ ホイップフォーミング フェースウォッシュ

メルヴィータフラワーブーケホイップフォーミングフェースウォッシュ
会社:メルヴィータジャポン

保湿成分である「ナルシッソス」などを配合した泡洗顔料です。

自分で泡立てなくても、自動で泡が出てくるポンプ式なので、手間が省けるのはうれしいですね!

ふわふわの泡で、すっきりと不要な汚れを洗い流し、ニキビを防ぎます。

>>>メルヴィータ 公式HPはこちら

⑤スペシャルケアをする

毎日のセルフケアにプラスしたスペシャルケアとして、酵素洗顔をおすすめします。

ニキビは、過剰な皮脂によって毛穴がつまることにより引き起こされるとされています。

酵素洗顔は、通常の洗顔では落としにくい汚れを落とすことのできる洗顔といわれているため、古い角質や毛穴の黒ずみ、角栓等のお手入れがしたい方にはお試し頂きたい洗顔です。

また、古い角質を洗い落とすピーリング洗顔も、肌の生まれ変わりを促すためにおすすめの方法です。

ただ、酵素洗顔やピーリング洗顔は、肌に合わない方もいますし、どんな方でも毎日行うことはおすすめできませんので、商品に記載されてある使用頻度や使用方法を正しく守って使いましょう。

4.美容クリニックでのニキビ跡色素沈着治療

やっぱりニキビ跡が気になってしまう・・そんな方は、美容クリニックでの治療も検討してみて下さい。

ここでは、美容クリニックでできるニキビ跡の治療についてご紹介します。

4-1.ピーリング

美容クリニックでできるピーリングの代表的なものには「ケミカルピーリング」と「カーボンピーリング」の2つがあります。

■ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、肌に専用の薬剤を塗り、肌表面に溜まっている古い角質を取り除き、肌の生まれ変わるリズムを整えていく治療法です。

■カーボンピーリング(マックスピール)

肌表面に微粒子のカーボン(炭素)を塗り、その上から赤外線レーザーを当てるピーリング治療です。

赤外線は黒色に反応する性質があるため、肌表面のカーボンは一瞬で燃えてしまいます。この時、皮膚の角質や毛穴の汚れも取り除けるのと同時に、レーザーの熱によってコラーゲンを生成してくれるのです。

4-2.レーザー

基本的なレーザー治療は、レーザーを肌内部まで届かせ、再生を促す治療法となります。

レーザー治療だけでも複数あり、レーザー治療の詳しくはこちらの記事もご覧ください!

シロノクリニック


店舗:銀座・恵比寿・横浜・大阪・池袋

ニキビやシミ、しわなどのレーザー治療が受けられるクリニックです。

コミュニケーションや、アフターケアを大切にしています。初回カウンセリングは無料なので、相談しやすいですね。

※自由診療のため保険は適用されません。

>>シロノクリニック 公式HPはこちら

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

ニキビ跡は色素沈着する前の段階で、何とか対策をすることをおすすめします。

※この記事は2016年8月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る