メニューを開く
アスタリフト;

40代の生理不順、もしかしたら閉経のサイン?

閉経前の生理
40代後半になると、これまで経験したことのない体の変化が起こり、これから自分がどうなっていくのか不安を感じます。

「もしかしたら、こんなに早く更年期なのは私だけ?」と思うと、女性の友達同士でもなかなか話題にしづらいのが、この世代の女性の体の問題です。

特に生理のことは、親しい人にも相談しづらいだけに、ひとりで悩んでしまうこともあります。

ここでは、40代後半の女性なら知っておきたい、閉経前の生理の変化についてご説明します。


astalift
astalift

1.更年期の生理不順は閉経のサイン

オリゴ糖 おすすめ

40代の中頃になると、卵巣の機能が低下することで、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が急激に減少すると言われています。これによって、体調が不安定になり、様々な症状が現れるのが更年期障害です。

そして閉経が近づく40代の終わり頃になると、生理にも変化が起きます。若いときは正確な生理周期だった人でも、この時期になると生理周期が不順になり、また、経血量が急に増えたり、少なくなったりと、不安定になることがあります。

1-1.更年期の生理不順

更年期 生理周期

更年期の生理不順のパターンは人によって様々です。
最初生理の周期が短くなり、その後、なかなか生理が来なくなり、急に重い生理が来たり、生理の周期が不規則になります。

生理不順のパターンは、主に次のようなことが多いようです。

〇生理の周期が長くなる(生理の回数が減る)
〇24日以下の短い周期で生理になる(頻発月経)
〇出血量が増える。(過多月経)
〇出血量が減る。(過小月経)
〇生理ではない時に出血がある。(機能性出血) など

このような変化が、更年期の生理不順では見られるようです。

1-2.生理不順は閉経のサイン

そして、40代後半から起こる生理不順は閉経のサインとも考えられます。
「生理不順が始まってから、2年以内に閉経した」という女性が、全体の半数以上、とも言われています。

ただし、生理不順が始まってから閉経までのプロセスは、個人によって差があり、「こうなったら閉経」と言えるような、明確に断言できることはありません。

何か月も生理が来ないので閉経かと思っていたら、いきなり経血量が増えたという人や、中には1年以上生理がなかった後で妊娠をしたという人もいます。

閉経と言っても、ぴったり生理が来なくなるわけではないのです。

1-3.閉経かどうか確かめる3つの方法

病院

では、閉経が近づいているのか、あるいはすでに閉経しているのか、どのように調べればよいのでしょう?

方法は次の3つがあると言われています。

①FSH検査
FSHとは、卵胞刺激ホルモンのことです。このホルモンの濃度を測る検査です。

②AMH検査
AMHとは、「アンチ・ミューラリアン・ホルモン」の略称で、卵胞から分泌されるホルモンです。このホルモンを測定する検査です。

血液検査でこのホルモン値を測定することで閉経が近づいているかどうかが診断されます。

③基礎体温
通常、排卵日の後、徐々に基礎体温が上がり高温期がやってきますが、閉経が近づくと高温期がなくなります。

[getAjaMidstreamBody]

2.閉経前の生理

40代 洗顔

多くの人が40代後半の生理不順から、約2年以内に閉経を迎えています。日本人の閉経の平均年齢は50歳前後なので、46~48歳から生理不順が始まり、50歳前後で閉経という人が多いということです。

では、閉経前の生理不順による体調の変化はあるのでしょうか?

2-1.閉経前の生理不順による体調変化

閉経前の生理不順が始まる40代後半、多くの女性が悩まされるのは更年期障害です。
更年期では、特に下記の悩みがあげられます。

・ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ、発汗)
・動機、息切れ
・頭痛
・肩こり、腰痛
・疲労感
・不安、憂うつ

これらは、個人差はありますが、生理不順が始まる次期とは関係なく、45歳前後から現れることが多いようです。

46~48歳は、更年期の不快感が強く感じられる人が多い時期ですが、閉経前の生理不順によって、特に不快な症状が増えるということはないようです。

ただ、更年期になって生理痛がひどくなるというのは、よくあることです。日常生活に支障をきたすほどひどい場合は婦人科を受診してみてください。

2-2.閉経前の生理で気をつけること

閉経前の生理不順で、気をつけなくてはいけないのは、周期の予測がまったくできないということです。

何か月も生理が来ないと思ったら、まったく予測していなかった日に大量の出血があるというのも、めずらしいことではありません。

閉経前の生理不順は女性なら誰でも経験する自然なことなので、不規則な生理や出血量そのものは、問題はない場合が多いです。
いつ生理が始まっても対処できるように生理用品を常備しておくことをおすすめします。

ただ、生理不順の原因は更年期や閉経だけではないので、気になる人は更年期外来や婦人科に受診して相談してみてください。

3.閉経後の対策

閉経前の生理

閉経とともに、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌がなくなります。そのことで、起こる体の変化に合わせて、対策を立てておきましょう。

3-1.閉経後の変化

女性の健康と美容は、この女性ホルモン、エストロゲンの恩恵にあずかっている部分が多くあるので、エストロゲンの分泌がなくなると、体に大きな変化がおきます。
主な変化は次の9つです。

①コレステロール値が上がりやすくなる
②骨が弱くなる
③ウエストのくびれがなくなり、おなかが出やすくなる
④薄毛が進行する
⑤肌荒れしやすくなる
⑥口臭、体臭がきつくなる
⑦イライラしやすくなる
⑧攻撃的になる
⑨落ち込む、憂うつになる

このように、心身共に閉経は女性の体に大きな変化をもたらします。

3-2.閉経前の心がまえ

40代後半、生理に変化が起きたら、それは遠からぬ将来閉経があるということのサインです。
前にも書きましたように、閉経は女性の体に変化をもたらします。その変化に対応して、楽しく、前向きに生活習慣を見直していきましょう。

閉経前の心がまえとして、次のようなことを心がけるのがおすすめです。

①脂質やコレステロールを控えた食生活

②適度な運動習慣

③大豆イソフラボン(エクオール)のような、女性ホルモンに似たはたらきをするといわれる食べ物を積極的に摂る

④ひとりで落ち込まずに、相談できる相手(場所)を持つ

4.まとめ

更年期 サプリ

40代に入ると、女性は今まで感じたことのない体や心の変化を体験します。中でも閉経というのは、大きな転機です。

30代の頃と同じような生活をしていては、健康と美容を維持できなくなるので、変化に対応するように、生活習慣を見直していかなければなりません。

ある美容研究家の方は、この時期から女性の美しさはその人の心がけしだいで大きな差がつくだけに、がんばりがいがあるのだと言っています。

50代、60代の憧れの女性を見つけ、少しでもその人に近づけるように努力するのもいいですよね。
この記事は2016年3月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る