メニューを開く
2017年5月12日 更新

エイジングケアって?!ケアを始めるタイミング&方法

エイジングケア TOP「エイジングケア*って何?いつから?どうやってやるの?」と、エイジングケア*についてよく分からないことが多いですよね。

エイジングケア*は、年齢によって変化・老化していく肌や体のお手入れを指す言葉として使用されることが多くあります。
年齢を重ねるにつれて体や肌に変化があるのは仕方のないこと、しかし、できるかぎり対策をとっておきたくなるのも女心ですよね!

そこで今回は、老けた印象の肌の主な原因からエイジングケア*を始めるタイミング、体をすこやかに保つ方法や具体的なエイジングケア*方法についてご紹介していきます。

*年齢に応じたうるおいのお手入れ


1.エイジングケア*って?

ほくろ 原因“エイジングケア*”とは、年齢に応じたケア(お手入れ)を指す言葉だと言われています。

年齢を重ねていくにつれ、肌や体が変化していくことは分かりますよね。

~加齢に伴う代表的な変化~
(例)
・シミ
・シワ
・たるみ
・くすみ
・体型が変わってきた
・疲れやすくなった  など

エイジングケア肌にシミやシワなどができると、見た目の年齢も上に見られてしまいがちになることも…。
さらに、体に元気がないと疲れたような印象に見えやすくなってしまうことも考えられます。

*年齢に応じたうるおいのお手入れ

2.エイジングケア*はいつから始めるのか

加齢臭 女性いつからエイジングケア*を始めればよいの?と思う方も多いと思いますが、肌タイプや体質に個人差があるように、何歳から!という明確な決まりはありません。

『なんとなくシワやくすみが気になってきた…』
『口角が下がってきた』
『よく、顔が疲れてると言われるようになった』
『体が疲れやすくなった・風邪をひきやすくなった』

など、自分が気になることが増えたタイミングなどにエイジングケア*を始めてみましょう!
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

3.エイジングケア*方法

スキンケア 化粧水 女性ここでは、肌のうるおいを保ちすこやかに整えるお手入れ方法をご紹介します。
エイジングケア*の基本にもなりますので、ぜひご覧ください。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

①紫外線対策

老け顔 特徴_紫外線対策紫外線は、老けた印象の肌を作る原因の1つだと言われています。

紫外線は、肌の乾燥やシミ・そばかす、たるみなどにも関係するとされています。

夏に限らず紫外線はありますので、夏以外の季節でも日焼け止めを塗るなど、1年通して紫外線対策をしておきましょう。

②保湿ケア

40代 保湿肌の乾燥も、様々な肌悩みに繋がる原因になり得ると考えられています。

乾燥が原因で肌がくすんで見えるときなどにも、しっかりと保湿ケアを行うことが大切なのです。

化粧品に配合されることが多い代表的な保湿成分は以下の通りです。
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン など

保湿ケアをしているのに、乾燥が気になりだした…という方は、『保湿成分』に注目して美容液や化粧水、乳液などを選んでみてはいかがでしょうか。

とくに乾燥しやすい部分には、乳液や保湿クリームを重ねづけすることをおすすめします。

③ピーリング洗顔をしてみる

ピーリング肌をすこやかに保つ1つの手段として、ピーリング洗顔を行ってみてもよいでしょう。

ピーリング洗顔を行うことで、古くなった不要な角質を洗い流すことが期待できると言われています。

~ピーリング洗顔料の選び方・使い方ポイント~

■自分に合ったピーリング洗顔料を探す

スクラブタイプやジェルタイプ、ピーリング洗顔料にはさまざまな種類があります。
自分の用途に合わせたピーリング洗顔料を選びましょう。

■肌がすこやかな状態の時に使用する

過度に乾燥しているときや、肌荒れがあるときなどにはピーリング洗顔を行うのは控えましょう。

また、生理前や生理中・妊娠中・出産直後の方も、ホルモンバランスの乱れの影響で肌リズムなどが乱れやすいと言われているため、肌がすこやかな状態で使用することを覚えておいてください。

■使用頻度は守る

商品ごとに目安が異なりますので、商品に記載されている頻度で行いましょう。

かゆみ・赤みなどが異変が生じた場合は、すぐに使用を中止してください。

4.エイジングケア*と併せて行いたい!生活習慣の整え方

夏までに痩せたい肌のエイジングケア*にプラスで行いたい、すこやかな体を保つための対策方法をご紹介していきます。

すこやかな肌は、すこやかな体があってこそ保つことができるでしょう!
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

①栄養バランスのよい食事を心掛ける

グルコサミン ランキング体をすこやかに保つために普段から栄養バランスのよい食事を心掛けましょう。

一般的に言われている、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン群・ミネラルの5大栄養素は意識して摂取したいですね。

これらの栄養素は、「エネルギー源」「体の組織をつくる」「生理作用の調整」などに関わるとされています。

どうしても、外食などが多く不足しがちな栄養素があるという方は、サプリメントなどで補うのも1つの手です。

~肌らぶ編集部おすすめのサプリメント~
ここでは、不足しがちな栄養を補うことを目的としたサプリメントをご紹介します。

■パセノール(粒)
エイジングケア パセノール 粒通常価格:120粒(約30日分)5,000円(+税)

“パセノール™”というポリフェノールを配合、「毎日と向き合う女性」のことを考えて作られました。パセノール™とは、パッションフルーツの種子に含まれているポリフェノールを抽出した素材です。
原材料にポリフェノールを豊富に含んだパッションフルーツを使用しています!さらにビタミンCやプラセンタなどの成分や、ナイアシン・金時生姜などの美容成分が配合されています。

公式ホームページに記載の原材料名:パッションフルーツ種子エキス、しょうが粉末、デキストリン、豚プラセンタエキス、ビタミンE含有植物油、サイクロデキストリン、ビタミンC、HPC、ステアリン酸Ca、酸化ケイ素、ナイアシン、加工デンプン、光沢剤、セルロース、カロテン、グリセリン脂肪酸エステル、葉酸(原材料の一部にゼラチンを含む)
エイジングケア パセノール初回限定で、15日分926円(+税)でお試しできます。※2017年3月時点の情報です
パセノールが気になる方は、ぜひ試してみてください!
公式HPはこちら(オレンジ)粒タイプが苦手な方には、ドリンクタイプもあります。

■パセノールドリンク
エイジングケア パセノールドリンク通常価格:125ml×24本4,500円(+税)
初回限定価格:125ml×12本926円(+税)※天使の健康シリーズを初めて購入の方
味:パッションフルーツの爽やかな風味

こちらはパセノール™に加え、ローヤルゼリーやシトルリン、リンゴ酢などが配合されています。1本15kcalとカロリー控えめな美容ドリンクです。パッションフルーツの爽やかな風味で、すっきりと飲みやすいところもポイント!
軽くて持ち運びにも便利な紙パックを採用。密封包装で常温での保管も可能です。毎日続けて飲むことが大切なので、自分の生活リズムに合わせて飲み続けやすい時間帯に飲んでみましょう。さっぱりめの味なので、朝飲む方も多いんだとか…♡

公式ホームページに記載の原材料名:パッションフルーツ果汁、エリスリトール、パッションフルーツ種子エキス、砂糖、りんご酢、ドライトマトエキス、シトルリン、ローヤルゼリー粉末、香料、ビタミンC、メタリン酸Na、サイクロデキストリン、甘味料(スクラロース)(原材料の一部にゼラチンを含む)
公式HPはこちら(オレンジ)
※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

②質のよい睡眠をとる

コエンザイムQ10睡眠が充分にとれていないと、肌リズムの乱れ・遅れを引き起こすことがあると言われています。

肌をすこやかに保つためには、質のよい睡眠も大切なのです。
良質な睡眠を取るポイントはこちらです。

・最低限6時間以上の睡眠を取る
・就寝前にスマートフォンやTVを見ない
・就寝前には心も体もゆったり落ち着ける
・照明を暗くする   など

③適度な運動をする

黒酢にんにく ランキング体をすこやかに保つためには、適度な運動も大切です。

運動することで血行がよくなったり、体の巡りがよくなったりすると考えられています。

また、運動を行うことが習慣化している人は、若々しい印象を持たれやすいのも分かりますよね。

ランニングやウォーキング、筋力トレーニングなど自分ができる運動からでよいので適度に運動する習慣をつけてみましょう。

④タバコ・アルコールを控える

育毛過剰な飲酒やタバコは控えましょう。

我慢をしすぎてストレスになってしまうようであれば、適度に楽しめる範囲でいつもより量を減らせるように心掛けることから初めてみてください。

5.老化を印象付けてしまう主な原因

コットンパック加齢によって肌や体にはさまざまな変化があると言われています。その中でも、老けた印象の肌に見えやすくなる原因をご紹介していきましょう。

■肌のくすみ

シミ 種類加齢に伴い肌リズムが遅れたり、乱れたりしやすくなることは、老けた印象の肌の原因になる可能性があると言われています。

肌リズムの乱れが原因で古くなった不要な角質が肌に残ってしまうと、くすんだ印象に見えてしまうことがあると考えられているのです。

■肌のシミ

シミ取り レーザー肌のシミが原因で老けた印象に見えてしまうこともあるようです。

紫外線を受けると肌にシミができやすくなるというのは、一般的にも広く知られていますよね。他にも、ニキビや虫刺されの痕がシミに繋がることもあると考えられています。

中でも長年紫外線を浴び続けたことでできると言われている『老人性色素斑』という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

■肌のシワ・たるみ

ほうれい線 原因肌のシワやたるみがあると、実年齢よりも老けて見えてしまうこともありますよね。

シワやたるみは、加齢に伴い肌にあるコラーゲンなどが減ってしまうことで、できやすくなると言われています。

ただ乾燥が原因で目元にシワができることもあるので、一概には言えませんが、加齢も一要素と考えてよいでしょう。

6.まとめ

40代 パウダーファンデーション (2)今回は、エイジングケア*や体をすこやかに保つ具体的な方法、エイジングケア*を始めるタイミングなどについてお伝えしました。

エイジングケア*の方法は、そんなに難しいことではなく、普段のお手入れが大切です。

始めるのに明確な年齢はないと言われているので、エイジングケア*が気になり始めたタイミングで意識してみるといいかもしれません。

何らかの変化を感じていたり、「エイジングケア*が必要かも?」と思っている方は、今回の内容を参考にエイジングケア*を始めていきましょう!

*年齢に応じたうるおいのお手入れ

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

この記事は2017年4月5日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。