メニューを開く
2017年4月27日 更新

加齢臭対策をしたい方へ! おすすめシャンプーについて

加齢臭 シャンプー
「加齢臭対策のひとつとしてシャンプー選びも大切って本当?」、「ニオイ対策におすすめのシャンプーってどんなものがあるの?」と、お困りではありませんか?

俗に言う「加齢臭」をはじめ、頭皮のニオイが気になるときは、ポイントを抑えた対策が大切になります。

今回は、加齢臭対策をお考えの皆さまに、シャンプーの選び方や肌らぶ編集部おすすめのシャンプーについてご紹介します。




1.加齢臭対策シャンプーの選び方

若ハゲ
加齢臭の対策をしたいという方は、いくつかのポイントを抑えてシャンプーを選んでみましょう。

不要な皮脂や汗などの汚れをさっぱりと洗い流すことが加齢臭の対策として大切だと言われています。
そう聞くと、シャンプー選びにもこだわってみたくなりますよね。

加齢臭対策に使うシャンプーを選ぶ際に知っておいていただきたい、3つのポイントについてお話しします。

①ニオイ対策を目的に作られたシャンプーを選ぶ

シャンプーを選ぶ際は、ニオイ対策を目的に作られたシャンプーを選んでみましょう。

パッケージを見るだけでは分からないという場合には、商品の公式HPなどに記載がある場合があるので、チェックしてみてください。

②自分の頭皮や髪に合うシャンプーを選ぶ

頭皮がピリピリしたり、洗髪後に髪がキシキシするような、自分の髪には合っていないシャンプーを使い続けると、頭皮に負担を与えてしまい、ニオイが発生しやすくなるとも言われています。

気になったシャンプーを試してみて、「自分に合わないかも」と思う場合は使用し続けるのは控えましょう。

③使い続けられる価格のものを選ぶ

加齢臭対策は、1日だけ何かすれば良いというものではありません。

継続して頭皮をすこやかに保つことが大切です。

そのため、使用するシャンプーは使い続けられる価格のものを選びましょう。

コンスタントに使い続けるのが現実的な価格かどうかを、お財布と相談しながらしっかり判断してください。

肌らぶ編集部おすすめシャンプー
ここでは、肌らぶ編集部おすすめのシャンプーをご紹介します。
今回は、頭皮や毛髪を清浄にし、すこやかに保つシャンプーを選びました。

柿のさち スカルプケアディープクリアシャンプー(医薬部外品)
柿のさち スカルプシャンプー

頭皮のニオイにお悩みの方のことを考えて作られた、スカルプケアシャンプーです。
洗浄成分として「炭」を、保湿成分として「カキタンニン」「茶エキス」「クマザサエキス」「セージエキス」を配合。頭皮のニオイの元になる不要な皮脂や汗などの汚れを、さっぱりと洗い流して清浄にします。

公式HPはこちら(オレンジ)

2.加齢臭対策の第一歩!髪のお手入れポイント

間違った髪のお手入れをしていると、気になるニオイがより出やすくなってしまうことがあると言われています。

セルフケアはポイントを掴んで、頭皮の加齢臭対策を行いましょう。

・シャンプーは1日1回

縮毛矯正 カラー
シャンプーは、目安として1日1回程にとどめておきましょう。

不要な皮脂や汚れをしっかり洗い流すことは大切ですが、シャンプーのし過ぎは、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があるためあまりおすすめできません。

頭皮の皮脂を洗い流しすぎてしまうと、皮膚はみずからうるおいを保とうとして、皮脂を過剰に出してしまうことがあると言われているからです。

汗だくになったり、加齢臭かな?と感じたりする場合のみ、1日1回のシャンプーとは別にシャンプーをしても構いませんが、少しずつ回数を減らしていくようにしてみましょう。

・シャンプーは夜に行う

アホ毛 対策 睡眠シャンプーを行うタイミングとしては、夜寝る前がおすすめです。

夜は、髪が成長するタイミングと言われているので、頭皮を清潔に保っておきましょう。

頭皮の不要な皮脂汚れは、そうした髪の成長を妨げてしまうと言われています。

また、日中活動した後は、汗や不要な皮脂汚れが頭についている状態です。雑菌が増え、加齢臭が発生しやすい状況であることが考えられるので、1日の終わりにシャンプーをするように心がけましょう。

・しっかり泡立ててから頭皮につける

毛穴 おでこ
シャンプーは、きちんと泡立てないで頭皮につけると、毛穴につまりやすくなると言われています。

毛穴がつまると、頭皮の負担になるだけではなく、加齢臭を強めてしまう場合もあるそうです。

・洗い残しがないようにする

メンズシャンプーおすすめ
シャンプーをすすぐ際は、洗い残しがないようにしましょう。頭皮や髪の毛にぬめりがなくなるまでを目安にすすいでください。

洗い流しきれなかったシャンプーが毛穴につまると、こちらもまた加齢臭の元となってしまう可能性があるようです。

・ドライヤーできちんと乾かす

頭皮 臭い 対策
髪や頭皮に水分が残った状態は、雑菌が繁殖しやすいと言われています。

自然乾燥ではなくドライヤーを使って、生乾きにならないようにしっかり乾かしましょう。

3.日常でできる加齢臭の対策方法

加齢臭は、シャンプーや石鹸でニオイの元を洗い流すことだけでなく、生活習慣を見直すことも大切です。

加齢臭対策で知っておきたい、基本的な習慣を3つご紹介します。

3-1.脂質を控える

加齢臭 シャンプー 食べ物
油の多い食べ物を食べ過ぎると、皮脂の量が増えてしまうことがあります。

油っこい食事を控え、野菜や魚中心の料理を食べるようにしてみてください。
和食などもおすすめです!

3-2.ストレスを溜めない

加齢臭 どんな臭い 男性
ストレスでホルモンバランスが崩れてしまうと皮脂が増えてしまう可能性があるので、ストレスをためないようにしましょう。

年々、さまざまな責任や心配事が増えていくかと思いますが、リフレッシュする時間を取るよう、心がけてみてください。

3-3.マメに汗をふく

日焼け止め メンズ
汗がでたら、こまめに拭き取りましょう。

汗を放置すると、汗が雑菌に分解され汗臭が発生するとされています。加齢臭と汗臭が合わさると、加齢臭がより強く出ているように周りの方が勘違いしてしまうかもしれません。

4.まとめ

加齢臭 どんな臭い①
加齢臭対策をお考えの方におすすめの、シャンプーの選び方などをご紹介しました。

40代を過ぎたら、男女問わず体調の変化も感じると思いますし、多少なりとも自分のニオイが気になる場面があるでしょう。

しかし、日頃から対策していれば、気になるニオイを周りの方に感じにくくさせることはできるかもしれません。

※この記事は2017年4月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。