メニューを開く
アスタリフト;

加齢臭は他人事じゃない! 女性の加齢臭の原因と対策方法を紹介

加齢臭 女性
「もしかして、これって加齢臭?」「女性でも、加齢臭ってあるの?」、と心配になったことはありませんか?

加齢臭は、男性のものと思われがちですが、女性にも見られるものです。ただホルモンの性質上、加齢臭のにおいの強さは男性よりも弱いのは事実です。

しかし、年齢が40代に差しかかり、かいだことのないようなにおいを感じた場合は、加齢臭を疑ってみてください。

今回は、自身の加齢臭を疑う女性のために、加齢臭の原因や加齢臭を予防する方法などをご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.女性の加齢臭の原因

加齢臭は一般的に、40代から強くなるといわれています。これは、年齢と共に、「脂肪酸」や「過酸化脂質」の分泌が増えることに原因があります。また、脂肪酸は別名「パルミトオレイン酸」とも呼ばれています。
加齢臭 原因1

過酸化脂質とは、脂質(中性脂肪・コレステロールなど)が酸化したものを指します。

パルミトオレイン酸(脂肪酸)が、皮膚に存在する菌なの影響により酸化することで、「ノネナール」という物質が発生します。これが、加齢臭の元だといわれています。
加齢臭 原因2

皮脂分泌は、女性ホルモンで抑えることができるといわれています。そのため、男性に比べて女性は加齢臭がしにくいとされています。しかし、40代くらいになると女性ホルモンの分泌が低下し、過酸化脂質が発生しやすくなります。

さらに、脂質の多い食べ物を過剰に摂取したり、過度にストレスがかかる環境にあったりすることで、加齢臭のにおいが強くなるといわれています。

40代を超えても、においがさほどしない人と、強い人の違いは、普段の生活が大きく関わっています。

2.自分の加齢臭を確認する方法

「なんとなくにおう気がするけど、気のせいかもしれない」、「加齢臭かどうか分からない」という方は、朝起きたら「枕カバー」のにおいを嗅いでみてください。

枕カバーは、強い加齢臭が出やすい、「うなじ」や「頭皮」が寝ている間中接している部分になるので、服のにおいを嗅いだりするよりもにおいを感じやすいです。

ほんの一例ではありますが加齢臭は、ろうそく、古本、新聞紙、酸化した油、ブルーチーズなどのようなにおいがします。
チーズ

3.女性ホルモンを増やせば加齢臭はしなくなる?

女性ホルモンは加齢臭を抑える働きがありますが、自力で女性ホルモンを摂取するだけでは、加齢臭を抑えることは難しいです。

更年期対策のひとつである、「ホルモン補充療法」を受けると、加齢を抑えられると言われています。

しかし、女性ホルモンは40代から分泌が大きく減少し始め、閉経を迎える50代くらいからは、ほとんど分泌されなくなります。そのため、40代以降は、食べ物から摂れる程度のホルモン量では、加齢臭を抑えるほどの働きは期待できません。

4.加齢臭の予防方法

加齢による自然な体質の変化が加齢臭の原因なので、ある程度あるのは仕方がないですが、日頃の生活で注意すれば、加齢臭を抑えることができます。

加齢臭を抑えるための方法を、5つご紹介します。

4-1.脂質を控える

脂質を摂り過ぎると、加齢臭の元となることがあります。そのため、肉類や油っこい食べ物は、食べすぎないように注意しましょう。「加齢臭」という言葉は、2000年頃から言われ出した、比較的新しい言葉です。

昔とは違い、食が欧米化したことで、加齢臭が強くなったことも、深く関係していると言えます。ファストフードを始めとする欧米の食事や油っこい食事を控え、野菜や魚などといった、脂質の少ないものを中心として食することをおすすめします。

4-2.ストレスをためないようにする

ストレスが角に溜まることで、分泌が増えるとされる過酸化脂質は、加齢臭の原因となります。ストレスをためないようにしてください。ストレスは加齢臭のにおいを強くしてしまうことがあります。

加齢臭が出始める40代というと、仕事や家庭でのストレスが多くなると思いますが、リフレッシュする時間を取って、ストレスをためないようにしましょう。

4-3.こまめに汗をふく

汗をかいたら、こまめにふいて、ノネナールの発生を防ぎましょう。加齢臭の元である脂肪酸は、汗をかくことで分泌されます。一度分泌されてしまっても、定期的に拭き取ることで、匂いを最小限に留めることはできます。

頭皮、うなじ、ワキの下など、加齢臭の発生しやすい場所を重点的に拭き取るようにしましょう。

〈加齢臭の発生しやすい場所〉
加齢臭 女

4-4.洗い残しに注意する

入浴の際には、加齢臭が特に出やすい部分は特に丁寧に洗うようにしてください。加齢臭の元を洗い残してしまうと、どんな予防方法も意味がありません。

また、反対に丁寧に洗い過ぎることでも、皮脂が過剰に分泌されてしまう場合があります。力を入れてゴシゴシとこするのはやめましょう。スポンジなどは使わず、手で泡をすべらせるようにして、優しく洗ってください。

スポンジなどを使って洗うと、皮膚に住む常在菌の中の善玉菌が洗い流されてしまいます。においの原因となる物質は、しっかりと泡立てた泡でなでるだけでも、充分に洗い落とすことが可能なのです。

4-5.洗濯

しっかり皮脂を洗い流すために、衣服を選択する際は、洗剤を使用しましょう。

洗濯用洗剤は数多くありますが、中でも商品のキャッチコピーなどで、皮脂汚れに対するアプローチがあるものを選ぶようにしましょう。
ナノックス

ナノックスの詳細はこちら

5.加齢臭に香水は使わない

加齢臭を隠すために、香水を使うのはやめてください。香水は、本来においを消すものではなく、においをつけるものです。

加齢臭のにおいを消さずに香水をつけると、加齢臭と香水のにおいが混ざって、余計に悪臭を発生させてしまいます。加齢臭のにおいは強いため、香水のにおいでごまかそうとすると、周囲に迷惑がかかるほど香水のにおいがきつくなります。

香水を使う方は、しっかり加齢臭を落としてからの使用が鉄則です。

加齢臭に香水はおすすめできないので、香水以外の加齢臭の予防グッズを、次の章でご紹介します。

6.加齢臭の予防グッズ

加齢臭のにおいを防ぐためにおすすめの商品を、3つご紹介します。

6-1.防臭の働きがある下着

・汗取り付き2分袖インナー/グンゼ
グンゼ 女 インナー

抗菌防臭加工がされているため、すぐに汗が渇きます。紫外線対策機能もついているので対策したい方にも、カラーは4種類あるので、毎日着たい一枚です。

汗取り付き2分袖インナー(婦人)の詳細はこちら

・さらっとヒンヤリタンクトップ(汗取りパッド付き)/GU
GU 加齢臭インナー

嬉しい抗菌防臭機能がついたタンクトップです。汗をかいてもすぐに乾きやすい素材であるうえ、汗取りパッドが脇の下に付いているので、衣服に汗じみができることを防ぐこともできます。590(税別)と手頃です。

さらっとヒンヤリタンクトップ(汗取りパッド付き) GUの詳細はこちら

6-2.ミョウバン水

ミョウバン水は、ミョウバンと水で作るもので、服や体にふきかけて使います。市販の制汗剤が、制汗と、汗臭さを抑えるものなのに対し、ミョウバンの腹滝には、制汗、においを中和し、肌のニオイを防ぐというものがあります。

ミョウバン水は、汗自体を抑える働きの他、加齢臭・ワキガといった気になるニオイを抑える事もできるのです。弱酸性となっています。

ミョウバンは、スーパーや薬局、100円ショップなどで販売されています。漬物の材料(ぬかなど)売り場の近くに陳列されることが多いので、ぜひ探してみてください。

■ミョウバン水の作り方
〈材料〉
ミョウバン……20g
水道水(緑茶だとさらに効果大)……500ml
500mlペットボトル(中身が空のもの)
霧吹き型容器

〈手順〉
ペットボトルに水道水とミョウバンを入れて、フタをしっかりと閉めてから、上下に振ってください。しっかり振ってから冷暗所で保管しておき、ミョウバンが全て溶けたら完成です。

作ったミョウバン水は、霧吹きに入れて使います。冷蔵庫で保存すれば、1カ月くらい使えますが、時間が経つと肌に良くないため、一度に使う量だけ作るようにしましょう。

※かぶれなど、肌に合わない時は、水道水を増やしてみてください。それでも肌にトラブルが起こる時は、使用を停止してください。

6-3.ボディーソープ

体を洗うボディーソープは、柿渋(カキタンニン)を含んだものがおすすめです。柿渋は、消臭・殺菌を期待できます。柿渋と、程よい保湿成分を含んだおすすめの商品をご紹介します。

「颯香力」(そうこうりょく)【医薬部外品】

颯香力B&H SATO
柿・ルイボスなどに含まれるとされる「ポリフェノール」が配合された石鹸です。佐藤製薬が開発した商品です。

>>「颯香力」公式HPはこちら

DEORA【医薬部外品】

DEORA&GINO
消臭成分に、茶葉、柿、ミョウバンなどを使用しています。パッケージは男性向けのように見えますが、しっとりとした肌に仕上がり、女性にもおすすめです。

>>「DEORA」公式HPはこちら

7.まとめ

女性の加齢臭の原因や、加齢臭を防ぐ方法などについてお話ししました。一度気づいてしまうと、つい気になってしまうにおいは、日頃からケアしてにおいを防ぐようにしましょう。

※この記事は2016年5月2日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る