メニューを開く
アスタリフト;

アーモンドアイメイクで正統派美人!憧れの愛され目元の作り方

アーモンドアイ メイク「アーモンドアイメイクが気になる」「アーモンドアイのメイク方法が知りたいな」と思ったことはありませんか?

アーモンドアイは美人の条件とも言われ、綺麗な顔立ちの女性に多い切れ長で目力のある目のことを言います。

目の形を変えることはできませんが、アーモンドアイメイクはポイントさえ押さえれば、誰でもマスターすることができます。

今回は、日本人の特徴を活かしたアーモンドアイメイクについてご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.アーモンドアイに見せるメイク方法

では、早速アーモンドアイメイクの方法をご紹介します。

1−1.アーモンドアイメイクで用意するもの

まず、アーモンドアイメイクをする前に、メイクアイテムを用意します。

目の横幅を広げること・目の縦幅も丸みを意識しながら大きくするために、今回は「アイシャドウ」・「ペンシルアイライナー」・「リキッドアイライナー」の3つを使ってメイクしていきます。

それぞれ、次のようなメイクアイテムを参考に用意するとよいでしょう。

(1)アイシャドウ

アーモンドアイメイクには、自然な立体感を演出する多色パレットが活躍します。

ブラウン系のカラーで陰影を出しやすい、アイシャドウパレットがオススメです。

《肌らぶ編集部おすすめペンシルアイシャドウ》

■オンリーミネラル
ミネラルプレストアイシャドウ ベージュブラウン

 

ミネラルプレストアイシャドウ

価格:3,800円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
ひと塗りで肌に溶け込むようなツヤ感と、ナチュラルな立体感が演出できるアイシャドウパレットです。アイシャドウベース付きで、美しい目元を塗った瞬間の発色のままキープしてくれます。

>>>オンリーミネラル公式HPはこちら

(2)ペンシルアイライナー

自然なアーモンドアイに仕上げるために、今回はペンシルアイライナーを使います。

目の印象をはっきりさせたい方は黒、ナチュラルに見せたい方はブラウンを選ぶとよいでしょう。

おすすめ商品のようにチップとアイライナーがセットのものは、自然にぼかしてなじませるのに便利です。

《肌らぶ編集部おすすめペンシルアイライナー》

■ POLA(ポーラ)
ミュゼル ノクターナル アイライナー ペンシル BR

ミュゼル ノクターナル アイライナー ペンシル

全2色

価格:2,000円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】

クレヨンのようになめらかな質感のペンシルアイライナーです。

反対側のチップで軽くなぞると、ふんわりぼかすこともでき、テクニック要らずで思い通りのアイラインを描けます。

>>>POLA公式HPはこちら

(3)リキッドアイライナー

アーモンドアイに見せるための小ワザとして、目頭のキワに極細ラインを入れることで、切れ長な目のフォルムを美しく見せることができます。

ブラウンのアイライナーリキッドはナチュラルに見せることができるので、使いやすいでしょう。

《肌らぶ編集部おすすめリキッドアイライナー》

■AYURA オーラフィールリキッドアイライナー BR01
オーラフィールリキッドアイライナー
全2色

価格:1,200円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】

持ちやすいグリップで描きやすく、目のフォルムをさりげなく引き立ててくれるリキッドアイライナーです。

綺麗な発色でにじみにくく、コシのある筆なので太さの調整も思いのままにできるでしょう。

>>>AYURA公式HPはこちら

2.アーモンドアイメイクの方法

では、早速アーモンドアイメイクの方法をご紹介します。

アーモンドメイクの方法で重要なのは、目の奥行き感と切れ長な目のフォルム作りを意識してメイクしていくことです。

(1)上まぶたのキワにアイラインを引く

アイライン キワ

上まぶたのまつ毛の隙間を埋めるようにキワに、アイラインを描いていきます。

切れ長な目を演出するために、目尻は平行に2~3mm長めに入れます。

たれ目がちな方は、目尻を気持ちあげて描くとすっきりとした印象に仕上がるでしょう。

(2)下まぶたの目尻から黒目の下までアイラインを引く

アーモンドアイ メイク

次に下まぶたの目尻から黒目の下までアイラインを描きます。

上のアイラインと合わせて「くの字」になるようなイメージです。自然に見えるように、アイラインを引いたら綿棒やチップなどでぼかします。

アイラインを描き始めるときは、目尻に0.5~1mmくらい空けて描くと目のフォルムが自然に見えるのでおすすめです。

この上下のアイラインによって、目の長さがワイドに見えます。

(3)アイシャドウで立体感を出す

アーモンドアイ メイク グラデーション

ここからアイシャドウを使って、自然な陰影をつけてアーモンドアイを仕上げていきます。

アイホール全体にはハイライトを入れます。ここでは、パール感のあるベージュのような淡い色を使います。

二重の幅にブラウンやゴールドなどをのせて自然になじむグラデーションをつくります。二重の部分に影をつくり、立体感を演出します。

(4)アイシャドウで目尻の奥行き感をプラスする

ブラウンのアイシャドウも上まぶたの目尻側にのせて、まぶたの奥行きをプラスします。自然な影で薄く重ねづけしましょう。

(5)最後にリキッドアイライナーで目頭にラインを入れる

目頭 メイク

最後に極細のリキッドライナーで、目頭部分にくの字を描きます。

アーモンドアイの特徴である美しい目のフォルムに仕上げましょう。

自然な仕上がりがお好みの方は、上の目頭に切りこみラインを入れるだけでも

よいでしょう。

(6)ナチュラルなアーモンドアイの完成です!

アーモンドアイ メイク

3.アーモンドアイメイクを引き立てるポイント

ここでは自然な陰影のアーモンドアイを引き立てるメイクのポイントをご紹介します。

3−1.目尻を強調するまつげメイク

マスカラ
まつげメイクは目を大きく見せ、女性らしさをアピールします。

目の幅をワイドに見せるために、まつげの目尻側にポイントをおきましょう。

まつげ全体をカールさせ、マスカラで塗った後目尻側には重ね塗りします。

まつげが短かったり、ボリューム感が足りない方は部分用のつけまつげをプラスするのもよいでしょう。

まつげの目尻側のボリューム感を意識するだけで、ぐっとアーモンドアイメイクが引き立ちます。

3−2.可愛い系の要素をプラスする

メイクアイテム
アーモンドメイクは、キリッとした強いまなざしを感じさせるためクールビューティな印象を与えます。

そこに、どこか1つだけ可愛い要素を投入することで柔らかい印象をプラスするのもおすすめです。

例えば、パール感のあるアイライナーで涙袋を演出して可愛らしく見せたり、甘めのピンクをチークやリップで取り入れる、グロスでぷっくりした唇に見せるなどもよいでしょう。

洗練された美しさやかっこよさの中に、可愛さが1つ入り混じるだけで女性をより魅力的に見せることができます。

3−3.透明感を活かした白磁のような肌を作る

美肌

白磁のような透明感のある肌は、立体感のあるアーモンドアイメイクを引き立てます。

日本人の肌は、きめ細やかで透明感のあるところが長所だと言われています。

この魅力的な素肌感を活かしたメイクで、アーモンドアイの似合うアジアンビューティな女性を目指すのもいいでしょう。

ベースメイクには、BBクリームやCCクリームがおすすめです。

BBクリームやCCクリームは、気になる肌悩みをしっかりカバーしつつ、透明感のあるピュア肌を演出することができます。

《肌らぶ編集部おすすめBBクリーム・フェイスパウダー》

■D.if Story(ディーイフストーリー)
美肌メイクセット(選べるファンデーション・フェイスパウダーのセット)

D if Dtory美肌メイクセット
通常価格:8,100円(税抜)
期間限定価格:6,100円(税抜)

(※2016年6月時点での情報です)

【肌らぶ編集部コメント】

軽い質感のBBクリームと、上質で繊細なパウダーがやわらかい肌を簡単に演出するベースメイクのセットです。

肌にとけこむようになじんで、自然なツヤ感と透明感を演出します。

>>D.if Story公式HPはこちら

4.まとめ

今回は、美人の条件とも言われているアーモンドアイのメイクについてご紹介しました。

アーモンドアイメイクは、ポイントさえ押さえれば誰でも簡単に楽しむことができます。

早速、トライしてみてはいかがでしょうか。

この記事は2016年6月20日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る