メニューを開く
2017年2月16日 更新

腕のニキビ4つの原因と予防方法!腕にもお手入れが必要だった!

腕 ニキビ

「腕にニキビなんてできるの?」とお悩みではないですか?

腕のニキビは、肌を出す季節は特に人の目につきやすいため、気になりますよね…。

腕は、ニキビができるイメージが少ないため、なかなか原因が思い浮かばない方もいるでしょう。

そこで今回は、腕にニキビができる原因と、その予防方法について詳しくご紹介します。


1.腕にニキビができる4つの原因

腕 ニキビ

腕にニキビができる原因のひとつとして、肌の乾燥があげられます。

肌が乾燥する原因は複数ありますが、はじめに乾燥についてまとめてご紹介した後で、その他の原因について順番にお伝えしていきます。

ぜひ、参考にしてください。

腕にニキビができる原因①「乾燥」について

肌が乾燥するとニキビができやすくなる要因は二点あります。

一点目は、乾燥すると毛穴部分の皮膚が固くなりやすいことにあるとされています。

毛穴部分の皮膚が固くなると、皮脂が毛穴から排出されにくくなり、毛穴詰まりに繋がると言われています。

二点目は、肌が乾燥することによって、皮脂量が増え、毛穴詰まりを起こしやすくなるという点です。

肌は乾燥すると、それ以上の水分の蒸散を防ぐために、皮脂量が増えると言われています。

そんな悩ましい肌の乾燥の要因は以下の通りです。

≪擦りすぎ≫

肌を強く擦りすぎて、乾燥を招いてしまうことも考えられます。

身体を洗う際に固いスポンジやボディタオルで、腕や身体を強く擦って洗っていませんか?

擦りすぎ、力の入れ過ぎなどによる肌への過度な摩擦は、乾燥に繋がると言われています。

≪お風呂やシャワーの温度が高い≫

お風呂やシャワーの温度が高くても、肌の乾燥に繋がりやすいと言われています。

熱いお湯を使うと、肌に必要な保湿成分や皮脂まで流れやすくなってしまうとされているのです。

≪紫外線≫

紫外線を浴びることも、肌の乾燥に繋がりやすいと言われています。

腕に日焼け止めを塗らず炎天下で過ごしたり、汗をかいたのに日焼け止めを塗りなおさなかったりしていると、日焼けをして、肌の乾燥を招くとされているのです。

腕にニキビができる原因②ボディソープのすすぎ残し

腕にニキビができる原因のひとつとして、ボディソープのすすぎ残しも考えられます。

十分にボディソープをすすがないと、それが毛穴に詰まってニキビの原因となることもあると言われています。

また、洗浄成分が残ることで肌に負担がかかり、ニキビなどの肌荒れに繋がる可能性もあるのです。

腕にニキビができる原因③汗による蒸れ

腕にニキビができる原因のひとつとして、汗をかくことによって肌が蒸れてしまうことも考えられます。

例えば、冬に着込み過ぎて汗をかいてしまった時、夏に日焼けを恐れ汗をかきながらカーディガンを着ている時などです。

汗をかくことによって蒸れて湿度が高くなり、ニキビの原因となる雑菌が増殖しやすくなると言われています。

腕にニキビができる原因④生活習慣の乱れ

他の部位のニキビにも共通することですが、生活習慣の乱れもニキビの原因になると言われています。

睡眠不足やストレス、食生活の乱れは、ホルモンバランスが崩れることにも繋がりやすくなり、正常な代謝を妨げるとされているのです。

2.腕のニキビ5つの予防方法

腕 ニキビ次に、腕にできるニキビの予防方法についてご紹介します。

普段、できていそうで実はできていないことがあるかもしれません!
ぜひチェックしてみてくださいね。

腕のニキビ予防①優しい力加減で洗う

腕のニキビ予防として、たっぷりの泡を使って優しい力加減で洗いましょう。

身体の汚れは、手のひらで丁寧に洗うことで洗い流せると言われています。

腕のニキビ予防②シャンプーやボディソープをしっかりすすぐ

腕のニキビ予防として、シャンプーやボディソープをしっかりすすぎましょう。

シャンプーやボディソープ、洗顔料などを肌に残さないためにも、頭、顔、身体の順番で洗うことをおすすめします。

腕のニキビ予防③紫外線対策をする

腕のニキビ予防として、紫外線対策をしっかり行いましょう。

汗をかいたら、日焼け止めをこまめに塗り直し、日射しの強い場所であれば、カーディガンなどを羽織ってUV対策を行うことをおすすめします。

洗濯物を干したり、近所にお出かけをしたりするような少しの時間でも、日焼け止めを塗るようにしましょう。

腕のニキビ予防④手を洗う際に腕も洗う

腕のニキビ予防として、汗をかく季節は、手を洗う際に腕まで洗うのも良いでしょう。

汗や皮脂をキレイに洗い流すだけでも、ニキビ予防に繋がると言われています。

身体の他の部位に比べて、腕は洗うことが容易にできますよね。

その特徴を生かしてニキビ予防を行いましょう。

腕のニキビ予防⑤清潔な衣服を着用する

腕のニキビ予防として、清潔な衣服を着用するようにしましょう。

一度着用した衣服は洗濯をし、汗っかきな方は着替えを持ち歩くのも良いでしょう。

汗をかいた衣服を洗濯せずに着用していると、汗や皮脂を好む雑菌が繁殖しやすいと言われいています。

3.腕のニキビ予防・生活習慣を整える

腕 ニキビ腕のニキビ予防として、生活習慣を整えましょう。

できることから始めてみてくださいね!

①質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠をとって心身の疲れを癒し、肌の代謝をサポートしましょう。

特に午後10時から午前2時は、肌の代謝が活発になるとされている、ゴールデンタイムと呼ばれる時間です。

その時間に深い眠りにつけるよう、意識しましょう。

例えば、アルコールや食事は、できる限り眠る直前にとらないことをおすすめします。

眠る直前に食事をとると、腸が活発に働いている状態になるため、眠りが浅くなりやすいと言われているからです。

またアルコールも、就寝前は避けた方が良いでしょう。

②バランスのとれた食事をとる

バランスのとれた食生活を心掛けましょう。

食事からとり入れる栄養は、良くも悪くも、肌に影響を与えると言われているからです。

まずは主食、主菜、副菜をバランスよく食べることを心掛けてください。

また、脂っぽい食事や、糖分の多い甘いものは皮脂量が増えやすいと言われています。

ニキビの原因になりかねないため、毎日のようにとるのは控えるようにしましょう。

③ストレスを緩和する

ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れやすくなり、肌荒れを招きやすいと言われています。

ストレスを解消するのは難しいですが、ちょっとしたことで緩和することはできるはずです。

自分なりのストレスを緩和する方法を見つけて、実践してみてくださいね。

例えば、学校や職場であれば、好きな香りのハンドクリームを塗ってみたり、お昼は外の空気を吸いにいったりなど、小さなことでも気分が変わるでしょう。

ぜひ、自分なりのストレスを緩和する方法を見つけてみてください。

4.まとめ

今回は、腕のニキビについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

意外な原因や予防方法もあったのではないでしょうか。

腕も、顔と同じように紫外線対策や保湿のお手入れをすることによって、すこやかに保ちましょう。

また、もしも腕のニキビが長引いたり、広がったりするようなことがあれば、皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。

この記事は2017年2月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る