メニューを開く

足指広げるとむくみ解消♪5つの効果と3つの方法をご紹介♪


Pocket
LINEで送る

足指 広げる 効果
足指を広げるのは健康によいです。美容にもとてもよいです。

足指を広げて、足指の動きが良くなれば、足の筋肉もうまく使えるようになり、全身の姿勢にまで影響すると言われています。

5つの主な効果と、3つの方法をご紹介します。

ぜひ、この機会に足指を広げることを習慣にしてみてはいかがでしょうか?



1. 足指を広げる5つの効果

足の指は本来、一本一本の間に間隔があるものです。
しかし現代人の足は靴のなかで縮こまっている状態のまま、固まってしまっていることがあります。
これはつまり、足全体をしっかり使えてない状態にあるということです。
そのせいで疲れやすかったり、影響が広がると姿勢が悪くなったりします。
むくみ
そんな時に足の健康を取り戻す方法として、足指を広げることはとても効果的です。

足指を広げることの代表的な効果を、5つご紹介します。

①冷えの改善

足指を広げることによって、足の先の血行がかなりよくなります。
ひとによってはドクドクと血が流れるのを感じられるくらいです。
血行がよくなると、足先の冷えが改善されます。

また、血行が改善することによって、皮膚が感じる冷たさなどを伝える神経が正常な働きを取り戻します。
正常な体温調節機能を取り戻せば、ただ外から温めるよりも効果的に冷えの改善に貢献できます。

②むくみの解消

足指を広げて血行がよくなることによって、滞っていたリンパ液などが流れ出し、老廃物も流れていきます。
結果、むくみが解消されます。

③疲労回復

足指にはさまざまなツボ・反射区があります。
足指を広げることでそれらのツボが刺激され、疲労回復に効果があります。
足指には頭や目、耳などの反射区が特に多くあり、また、足指の付け根にはリンパの反射区もあるからです。
足裏足指

④外反母趾・内反拇趾予防

足指を広げて、足指の付け根の関節の動きをよくすることは、外反母趾・内反拇趾の予防の第一歩になります。

外販母趾などは靴の影響も大きいですが、足指の関節が硬くなり足指を動かす足裏の筋肉が低下することの影響も大きいのです。
予防の第1歩として、まず足指を広げることはおすすめです。

※すでに痛みがあるほどの外反母趾などの場合は、無理矢理広げたりせず、専門家に相談しましょう。

⑤姿勢の改善

足は身体の土台です。

足指をほぐすことによって、足の歪みが改善されれば、より負担の少ない状態で立つことができるようになります。

また、足指が広がってよく動くようになると、足が地面をしっかりつかむことができるので、バランスよく立てるようになります。
つまり、わずかな変化ではありますが、姿勢が改善されるのです。

結果、長時間立ったり歩いたりすることが楽になると言われています。
また、しっかりと踏ん張って体を支えることができるようになるので、膝などの故障が減るとも言われています。
女ウォーキング (2)
わずかな変化かもしれませんが、長期的視点で考えると、足指を広げる効果はあなどれません。
ぜひ、とりいれることをおすすめします。

2. 足指を広げる3つの方法

足指を広げる基本の方法を3つご紹介します。

はじめの2つは何も道具はいりません。
両方やるのが理想ですが、最初は試してみて気持ちの良い方だけ行うのでもよいでしょう。
手を使って行うのが面倒だという方は、3つめの道具を使う方法がおすすめです。

2-1 手と握手して広げる

足の指の間に、手の指を一本ずつ入れていき、手と足で握手する方法です。

足指がかたまっているひとは、指先を少しいれただけで痛いかもしれません。
そんな場合は無理に指を押し込まず、気持ちいい範囲で行いましょう

握手をしたら、足の指で手を強く握るようなイメージで、ぎゅっと力を入れてみましょう。
足_広げる
「開く(5~10秒くらいキープ)」→「ぎゅっと握る(5~10秒くらいキープ)」
この動きを3セットほど行いましょう。

慣れてきたら、お互いの指をより深く絡ませて、指の付け根あたりで挟みあうようにしていくようにしましょう。

2-2 足指を1本ずつ丁寧に広げる

足指をただ広げるだけではなく、より、関節の動きを柔らかくしていく方法です。
足の指を一本ずつつまみ、やさしく引っ張るようにしながら、くるくると回します。回す方向も変えながら、各指数回ずつ、気持ちいい範囲で行うようにしましょう。
足首`むくみ05

2-3 トゥセパレーターを使って広げる

①トゥセパレーターの種類
様々なタイプのトゥセパレーターが販売されています。

足のネイルをするときのためのものもあれば、健康のためにしっかり足指を広げる目的のものもあります。
もちろん、足指の健康を取り戻すために効果的なのは、よりしっかりと足指を広げるものです。

ただ、あまりに指が硬くなっているひとは、いきなり硬いゴム製のものなどだと痛くて無理だと思います。
そういう方は、ネイル用のスポンジ素材のもの等から始めて少しずつ広げていくとよいでしょう。

②トゥセパレーターの使用法
トゥセパレーターは我流も含めて様々な使用法が広まっています。
しかし、足指を広げるためのトゥセパレーターは、基本的には安静にしているときに、10分~30分つける程度がよいとされています。

足の指にものをはさんだ状態で歩き回ったりするのはNGです。
足指の関節に思わぬ負担がかかることがあるからです。

また、つけたまま眠るのもNGです。
中足骨(ちゅうそくこつ)という足の骨の間が広がり過ぎて、骨を支えるじん帯が傷つく恐れがあるからです。

↓ネイル用のトゥセパレーター
足指 広げる 効果

↓もう少ししっかり広げるためのトゥセパレーター
母趾用トゥパッド
母趾用トゥパッド
アカイシ

↓ふくらはぎのむくみまで一気になんとかしたい場合のトゥセパレーター
スリムウォーク 足指セラピー
スリムウォーク 足指セラピー
スリムウォーク
※履いたまま寝ることはできません。ご注意ください。

ほんのちょっとしたことなのに、足指を広げるといいこと尽くしです。
ぜひ今日から、足と手の握手、はじめてみることをおすすめします。

 

この記事は2015年7月27日時点での情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る