メニューを開く

雰囲気美人の特徴から学ぶ!美人オーラの作り方♡

雰囲気 美人

「雰囲気美人ってどんな美人?モテるみたいだけど、本当なのかな…私にもなれるのかな…」と気になっていませんか?

雰囲気美人とは外見を整えるだけではなく、内面や仕草まで美しく振る舞う女性のことです。

雰囲気美人とは、決して不美人をバカにした造語ではありません。

実際に雰囲気美人は、時には本物の美人より可愛く、美しく見えることもあるのです。

今回は、雰囲気美人とはどんな女性なのかについて、詳しくご紹介します。

雰囲気美人の特徴である仕草や、心構え、ヘアメイク、ファッションについてもお伝えするので、美人になりたい方、モテたい方必見です♡


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.雰囲気美人とは

雰囲気 美人

「雰囲気美人」という言葉を耳にし、それがどんな美人のことなのか想像する時、恐らく、その答えは人それぞれ違うでしょう。

今回ご紹介するのは、本当の雰囲気美人である「努力による雰囲気美人」についてです。

美人と雰囲気美人は良く比較されますが、雰囲気美人にも2種類あり、「元々雰囲気美人」と「努力による雰囲気美人」がいます。

元々雰囲気美人の女性は、顔の作りは少しアンバランスでさえあるのに、自分自身が元々持っている独特の雰囲気で、男性のハートを掴みます。

結局、美人も元々雰囲気美人も、幼い頃から良くモテており、同じようなものなのです。

その点、努力による雰囲気美人が頭角を現すのは、メイクも覚えて大人になった頃からです。

努力による雰囲気美人は、自分自身に惜しみなく手間をかけ、自己プロデュースすることによって、本物の美人と同じような雰囲気をまとっています。

外見だけでなく、内面や仕草も美人として振る舞う雰囲気美人は、時には本物の美人より可愛く、美しく見えることもあるのです。

美人に生まれなくても、美人は作ることができる。

美人に生まれなくても、美人と同じ土俵で、美人として過ごすことができる。

それが雰囲気美人であり、努力することで手の届く美人なのです。

今回は、この努力を惜しまない素敵な女性を、雰囲気美人としてご紹介していきます。

2.雰囲気美人の特徴

雰囲気 美人

まずは一番重要な、仕草や雰囲気についてご紹介します。

雰囲気美人は、女性らしい余裕や気遣いができて、朗らかで優しい雰囲気を心がけています。

①ゆったり動く

雰囲気 美人

雰囲気美人は、ゆったりと動きます。

チャキチャキしている美人はいても、チャキチャキしている雰囲気美人はいません。

ゆったりとした、物腰の柔らかい雰囲気も含めて、雰囲気美人だからです。

雰囲気美人は人から物を受けとる時は両手で受け取ったり、何かを考える時はアゴの下に手を添えたりなど、ゆったり上品な仕草が自然に出てきます。

これも、はじめから身についていたのではなく、心掛けることでクセになっていったのかもしれません。

雰囲気美人は、激しく「ターーーン」とパソコンのエンターキーを押す、固定電話の受話器を投げるように置く、資料を叩きつけるようにデスクに置く、といった勢いのある仕草は決して行いません。

②ゆっくり喋る

雰囲気 美人

雰囲気美人は、ゆっくり喋ります。

ゆっくり喋ることで、ついつい男性はそれを聞き取ろうと女性の話に全身で耳を傾けてしまいます。

落ち着いてゆっくり話しながら、ゆったりと髪の毛をかき上げたり、ゆったりと脚を組み替えたりするのも得意です。

そんな色っぽい姿も、雰囲気美人がおしゃべりしている際の魅力的な仕草です。

雰囲気美人は早口でまくしたてたり、必要以上に大きな声で話したりしません。

③笑顔で過ごしている

雰囲気 美人
雰囲気美人は笑顔で愛想よく過ごしています。

目が合ったらニコッと笑ってくれて、呼びかけた時に、振り返った顔がすでに笑顔なのが雰囲気美人です。

本当の美人であれば、たまに笑った顔がキレイ・可愛いと男性に喜ばれるかもしれませんが、雰囲気美人は笑顔を出し惜しみしません。

朗らかな柔らかい雰囲気こそが、雰囲気美人だからです。

笑顔で過ごすといっても、「あーはっはっ!」と、オフィスやカフェ中に響き渡るような大声で笑ったり、両手をバシバシ叩きつけたりは決してしません。

④口角が上がっている

雰囲気 美人

雰囲気美人は、真顔でも口角が上がっています。

口を開けていると、だらしない雰囲気になり、雰囲気美人とかけ離れてしまうため,
唇はキュッと閉まっているのです。

不満げに口角が下がっていると、本物の美人であっても不美人に見えますよね。

雰囲気美人はメイクも駆使して、口角が上がっている状態を保っています。

⑤姿勢が良い

雰囲気 美人

雰囲気美人は姿勢が良いです。

正しい姿勢でいるだけで自信がある女性に見え、スタイルも良く見えるため、美人度は一気に上がります。

姿勢が良くなると、歩き方も自然と美しくなるので、颯爽と歩く姿が目を引くでしょう。

猫背やガニ股で歩く女性より、姿勢が良い女性の方がずっと前向きで魅力的に見えるのです。

3.雰囲気美人の特徴♡ヘアメイク編

雰囲気 美人

次は、雰囲気美人のヘアメイクについてご紹介します。

自分の顔の作りや、元々持っている魅力を生かしつつ、参考にしてみてくださいね!

①キレイな髪の毛

雰囲気 美人

雰囲気美人の大きな特徴として、キレイな髪の毛があげられます。

キレイな髪の毛のロングヘアは、七難隠すのではないかというほど、美人オーラを演出できるため、雰囲気美人には、ロングヘアの方が圧倒的に多いです。

雰囲気美人は基本的に髪の毛をおろして、輪郭や顔の大きさをあまりハッキリとさせません。

前髪も長めで、かきあげ前髪やセンターパーツにして、雰囲気を変化させています。

食事をするときだけ髪型をアップにする姿もセクシーです。

手入れの行き届いたキレイな髪の毛さえあれば、髪の毛がボサボサで顔立ちが整っている女性より、ずっと華やかで魅力的に見えるものなのです。

②ナチュラルでツヤのある肌

雰囲気 美人

雰囲気美人の特徴として、ナチュラルでツヤのある瑞々しい肌があげられます。

肌のツヤは、大人の女性でも「新鮮で瑞々しい女性」をイメージすることができ、魅力的に見せることができます。

赤ちゃんのようなマシュマロ肌や、CGのように欠点を隠した肌も女性の憧れではあるものの、男性から見ると厚塗りに見え、すっぴんへの疑念を抱いてしまうと言われています。

③ナチュラルに見えるしっかりアイメイク

雰囲気 美人
雰囲気美人は、ナチュラルに見えるしっかりアイメイクが上手です。

アイライナー・アイシャドウはブラウンで統一して、目元のメイクをしっかり行っています。

肌から浮くようなカラーメイクは行いません。

ブラウンでアイメイクをすることで、優しい目力が出ます。

そのため、しっかり化粧をしているにも関わらず、「ナチュラルメイクでもキレイな女性」の雰囲気ができあがるのです。

マスカラも細く長くセパレートしており、ゴテゴテしたまつげにはなっていません。

④潤いのある唇

雰囲気 美人

雰囲気美人の特徴として、思わずキスしたくなるような、潤いのある唇もあげられます。

男性は女性と対面したとき、目を見るのが恥ずかしいため、唇を見る傾向があると言われています。潤った唇は女性の武器になるのです。

いつ口紅を塗り直しているのかと不思議になるほど、濡れたような質感が長持ちしている雰囲気美人。

普段から唇のケアも入念に行っているからこそ、リップがとれても魅力的な唇でいられるのでしょう。

⑤手入れの行き届いた爪

雰囲気 美人

雰囲気美人は、手入れの行き届いた爪も特徴です。

ここでも、長いネイルや派手なネイルは行いません。

料理もできるよう爪は短めに切りそろえられており、その日の気分やファッション、お目当ての男性の好みに合わせて変えられるよう、セルフネイル派も多いです。

指先は人の印象に残るとわかっているからこそ、どれだけ忙しくても不思議なくらいに、キレイなネイルで過ごしています。

⑥良い香りがする

雰囲気 美人

雰囲気美人は、思わず女性もクラッとしてしまう良い香りがします。

この人に抱き着いて深呼吸したいな、と思うような香りです。

キツイ香水などではなく、シャンプーやボディクリーム、柔軟剤のような自然な匂いです。

4.雰囲気美人の特徴♡ファッション編

雰囲気 美人

次に、雰囲気美人のファッションについてご紹介します。

自信のない部分は目立たせず、自信のある部分はしっかりアピールする雰囲気美人をお手本にしましょう。

①3首見せ

雰囲気 美人

雰囲気美人の特徴として、「3首見せファッション」で華奢な身体とセクシーさを演出していることもあげられます。

3首とは、「首・手首・足首」のことで、身体の中で細くて華奢な部分です。

袖や裾を少しまくり細い部分のみ出すことによって、身体全体がほっそりしている印象を与えることができます。

雰囲気美人はその中でも特に、首から鎖骨までを出していることが多いです。

少し深めのVネックや、広い襟ぐりのトップスで華奢さとセクシーさをアピールしています。

②シンプルで上品なファッション

雰囲気 美人

雰囲気美人はシンプルでいて、女性らしさも感じられる上品なファッションを心掛けています。

デニムなどのカジュアルなファッションも楽しみますが、足元は、スニーカーではなくパンプスが基本です。

トップスかボトムスのどちらかは、ボディラインがわかるものを着用し、さりげない女っぽさが感じられます。

トップスはシンプルな形で、鎖骨が見えるネックラインのものが多いです。

揺れるピアスや華奢なネックレスなど、男性の目を引くアクセサリー使いも欠かせません。

雰囲気美人は、フリルが多いアイテムや、個性的でエッジの効いたアイテムなどをファッションに取り入れることはないでしょう。

5.雰囲気美人になるための心得♡モテより人望

雰囲気 美人

雰囲気美人になりたいのであれば、モテより人望を得る素敵な女性を目指したほうが良いでしょう。

人生は恋愛だけではありません。

一時のモテより、モテも含めた人望のある女性の方が魅力的です。

これからご紹介する雰囲気美人の心得を大切に、自分磨きに励みましょう。

雰囲気美人の心得①ひがまない

雰囲気 美人

雰囲気美人は、周りの女性が良い評価をされているとき、ひがまないように心がけましょう。

ひがむ気持ちは、意外と顔に出てしまっているものです。

素敵だと感じるのなら素直に相手を褒める女性であるべきですし、そうは思わないのであれば、うっすらほほえんでいれば良いのです。

雰囲気美人の心得②マウンティングをしない

雰囲気 美人

雰囲気美人は、マウンティングをしてはいけません。

さりげないマウンティングのつもりでも、相手や周囲に与える恐ろしいインパクトは大きく、雰囲気美人とはかけ離れています。

自分と他の女性を比べて、自分の方が優位に立とうとする行為は誰も楽しくなく、誰の笑顔も生まれません。

雰囲気美人の心得③どんな人にも同じように接する

雰囲気 美人

雰囲気美人は、どんな人にも同じように接しましょう。

誰に対しても誠意をもって丁寧に接することで、男性・女性関係なくモテることでしょう。

6.まとめ

今回は雰囲気美人について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

雰囲気美人になりたければ、内面と外見の両方がキレイになるよう頑張りましょう。

雰囲気美人には、内面から出てくる朗らかで優しいオーラが欠かせません。

しかし、外見にも気を使うことで、内面の美しさはさらに際立ちます。

外見と内面のどちらもキレイにして、本当の雰囲気美人になりましょう。

この記事は2016年11月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事