メニューを開く
アスタリフト;
提供:健栄製薬株式会社

アトピー性皮膚炎と正しく付き合うための知識と5つの行動

アトピー性皮膚炎
なかなか治らない、または治ったと思ったら繰り返しやってくる痒みや湿疹‥ご自身、またはお子様のアトピー性皮膚炎にどう向き合ったら良いか、お困りではないでしょうか?

もちろん病院での治療、薬も大切です。ですが、それだけに頼るのではなく、日々の行動を見直すなど、自らの意識もとても重要になります。

そこで本日は、アトピー性皮膚炎との正しい付き合い方についてお伝えいたします。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.アトピー性皮膚炎とその症状

アトピー性皮膚炎は、 慢性的な皮膚のかゆみと炎症(湿疹)をともなう病気です。
以前は、乳幼児に多く見られているものでしたが、最近では大人になっても
なかなか治らない、大人になってから急になってしまった、というケースも見られます。

湿疹はほとんど左右対称に表れ、乳幼児は皮膚の薄い顔と耳の後ろにできやすく、成長するにつれて首・肘や膝の裏などの関節部分から広範囲に広がっていきます。
アトピー性皮膚炎の1番の特徴であり、多くの方を悩ませているのが、非常に強いかゆみです。
このかゆみを我慢できずに掻きむしってしまうと症状を悪化させてしまい、さらにかゆみを強くさせるという悪循環が生まれてしまいます。

2.アトピー性皮膚炎の2つの原因

アトピー性皮膚炎の原因は、これ!と断言できるほど簡単ではないのですが、「元々の体質」と「皮膚のバリア機能の低下」のいずれかが関係している、または両方が絡み合っていることが大半です。それぞれ説明します。

【1】元々の体質(遺伝)

最も考えられるのは、親のアトピー性皮膚炎を受け継いだということです。親がアトピー性皮膚炎だからといって必ずしも子どももなるというわけではありませんが、確率としては高くなります。

【2】皮膚のバリア機能の低下

アトピー性皮膚炎の方は、皮膚表面(角層という部分)にある「バリア機能」という、皮膚を守る機能が低下しています。
正常な肌とバリア機能が低下した肌 バリア機能が低下することで、少しの刺激でもダメージを受けてしまったり、水分が逃げやすくなって乾燥が悪化することで、発症しやすくなります。

バリア機能を悪化させる要因はたくさんありますが、代表的なものが下記です。

■不衛生な環境
■アレルギー(食べ物、花粉、動物など)
■保湿不足
■栄養の偏りによる腸内環境の悪化
■ハウスダスト
■紫外線
■過度のストレスや過労
■化学物質(洗剤・化粧品など)
■傷や摩擦による刺激

何か一つ致命的なものが関係している場合もありますし、それぞれの影響は微々たるものでも、積み重なって症状として表れる場合もあります。

具体的に気をつけていただきたいことを次でご紹介しますが、まずは自分やお子様の生活を振り返り、特に当てはまっていると感じたところから改善していくようにしましょう。

3.アトピー性皮膚炎を治すために気をつけたい5つの基本

実際、アトピー性皮膚炎に一度なってしまうと、根本的に100%治すということは非常に難しいです。ですが、日常生活に支障をきたす症状が出ないようにする、または症状を軽くさせることは可能です。

病院・薬と合わせて、日常生活で特に意識してほしい5つをご紹介します。

【1】身の回りを清潔に保つ

汗や皮膚の汚れは、症状を悪化させる要因となりますので、まずは次の4つを意識して、身体・環境を常に清潔に保つことが基本です。

①入浴(シャワー)は朝晩2回

シャワー
夜はもちろんですが、必ず朝もシャワーだけでも良いので洗い流すようにしましょう。寝ている間にも汗や菌等で肌は汚れてしまっています。

また、熱すぎる温度はさらに乾燥を招くため、少しぬるめ(37~39℃程度)にしましょう。強くこすらず、手の平を優しくすべらせてカラダを洗います。しみたり、かゆみを感じる場合は石けんを使う必要はありません。

②汗は小まめに拭き取る

汗をかいたときはできるだけシャワーで洗い流しましょう。
シャワーをすぐに浴びれない場合には、タオルなどで拭き取ります。
濡れタオルやウェットティッシュを使うと、汗をしっかりと拭うことができます。

③寝具は小まめに変える

人は寝ている間にもっとも汗をかくといわれています。そのまま着続けていると菌がどんどん繁殖してしまうので、パジャマは毎日洗うようにしましょう。

ベッドカバーなどのリネン類も、できるだけの頻度で変えましょう。週に1度はシーツを洗い、布団は干すようにしましょう。

布団対策についての詳細は「布団にいるダニは32万匹! ダニの正しい対策はこの2ステップだけ」でご確認ください。

④部屋(家)を常に清潔にする

掃除
換気は毎日おこない、床には掃除機・雑巾がけをしてホコリとダニを追い出しましょう。
じゅうたんよりもフローリングの方が、ダニが発生しにくいといわれています。

【2】正しい保湿で保護をする

腕 クリーム
皮膚のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎の方にとって、これ以上悪化させないためにも、皮膚を保護する保湿がとても大切です。正しい保湿のポイントは3つです。

①症状に応じて外用薬と保湿剤を使い分ける

塗り薬
病院で処方されるステロイドなどの外用薬は、炎症を抑えるものであって保湿をするものではないので、外用薬と保湿剤の両方を上手に使いましょう。

炎症部分には外用薬の後に保湿剤を重ねて塗り、少しカサつきがある程度の乾燥部分には保湿剤だけを塗りましょう。

②自分に合った保湿剤を選ぶ

保湿剤の種類と特徴

皮膚を保護する保湿剤は、大きく分けると「ワセリン」、「ヘパリン類似物質」、「尿素」の3種類がありますが、働きが異なるため、ご自身の症状に合わせて使い分ける必要があります。

この3つの中で、どのアトピー性皮膚炎の症状の方でも比較的安心して使用できるのが「ワセリン」です。
ワセリン
「ヘパリン類似物質」、「尿素」は炎症部分に使用すると刺激や痒みが出ることがありますが、ワセリンは肌内部には浸透しないため、炎症部分でも使用することができます。

バリアのように肌表面に留まることによって、主にホコリや化学物質などの刺激から肌を守る膜を作る働きをしてくれるのです。

ワセリンの種類と特徴

ワセリンと言っても大きく2種類あります。アトピー性皮膚炎の方は選び方に注意が必要ですので、それぞれご説明いたします。

■黄色(おうしょく)ワセリン

黄色味の強いワセリンは、黄色ワセリンとよばれています。比較的精製度が低く、ドラッグストアや雑貨店で気軽に安価で購入できる魅力があります。
一方で、アトピー性皮膚炎の方が使用すると刺激が強いことがあります。

【代表的な黄色ワセリン】
黄色ワセリン商品名:ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー
販売元:ユニリーバジャパン

■白色(はくしょく)ワセリン

「医薬品」として販売されていることも多い白色ワセリンは、精製度が高いのが特徴です。
皮膚科やドラッグストアで取り扱われ、アトピー性皮膚炎の方に処方されることも多い種類です。

【代表的な白色ワセリン】
白色ワセリン商品名:日本薬局方 白色ワセリン
販売元:健栄製薬株式会社
第3類医薬品
日本薬局方(医薬品医療機器法に基づき、厚生労働大臣が定める医薬品の規格基準書)の規格に基づいて製造された白色ワセリンです。

【使いやすいチューブタイプの白色ワセリン】
チューブタイプの白色ワセリンは、直接指が触れることがないため衛生的に優れているだけでなく、元々精製度が高い白色ワセリンの中でもさらに精製度が高くて柔らかく、より不純物が少ないのが特徴です。
プロペトホーム 丸石製薬プロペトホーム 丸石製薬
商品名:プロペトホーム
販売元:丸石製薬株式会社
第3類医薬品

さらに、強酸や強アルカリを伴わない精製方法による製造で、不純物がより少なく肌への刺激がほぼないのが下記の白色ワセリンソフトとベビーワセリンです。
アトピー性皮膚炎の方だけでなく、お肌がデリケートな赤ちゃんにもよりおすすめとなっています。

白色ワセリンソフト商品名:日本薬局方 白色ワセリンソフト
販売元:健栄製薬株式会社
第3類医薬品

ベビーワセリン60g商品名:ベビーワセリン
販売元:健栄製薬株式会社
化粧用油
ワセリン・その他の保湿剤について、詳しくは「ワセリンは誰でも使える保湿剤!効果的な使い方と選び方」でご確認ください。

③保湿剤は入浴(シャワー)後、5分以内に塗る

保湿剤は、朝晩の入浴後、まだ肌に水分が残っているうちに塗りましょう。量が少ないと広げる時にこすって刺激になってしまうので、気持ち多めの量を、やさしく手のひらを使って全体に広げます。

また、朝晩に関わらず、乾燥が気になった場合は都度塗るようにして、肌がカサカサしている状況をできるだけ作らないよう心がけましょう。上でご紹介したチューブタイプのワセリンでしたら持ち運びもしやすいので、カバンに一つ入れておくと良いでしょう。

【3】紫外線対策

ホホバオイル 効果 直射日光
紫外線は肌の負担になるので、アトピー性皮膚炎の方はしっかりと対策をするようにしましょう。
日焼け止め成分は、肌が敏感に傾きやすい方にとっては刺激になってしまうこともあります。

以下のように対策して、できるだけ日を浴びないようにしましょう。
・日傘をさす
・外を歩くときは長袖を着る
・つば広の防止をかぶる
・UVカットのカーテンにする

【4】食べ物で腸内環境を整える

食生活を見直して胃の負担を軽くし、腸内環境を整えてカラダの内側から肌のちからを高めましょう。

胃に負担をかける以下の食べ物は、食べ過ぎに注意しましょう。

■脂分の多い食べ物
揚げ物・サラダ油・マーガリン・スナック菓子など
■糖分の多い食べ物
白砂糖・ケーキ・菓子パン・チョコレート・ジュースなど
■身体を冷やす食べ物
アイスクリーム・コーヒー・ファストフードなど

食べたいものを我慢するとストレスになるので、「食べ過ぎない」ことを心がける程度にしてみてください。
えごま油ダイエット
油に関しては、全てを断つのではなく、えごま油・亜麻仁油・オリーブオイルでしたら血液をサラサラにする働きがあるので、これらの良い油を積極的に摂り入れましょう。

【5】ストレスをためすぎない環境作り

笑顔 子ども
アトピー性皮膚炎はストレスも大きく関係しているので、いかにストレスをためすぎないようにするかも大きく関係しています。

特にお子様がアトピー性皮膚炎の場合、周囲の大人からの意見がストレスになることもあります。
掻きむしりを叱るなど、「してはいけない」ことに目を向けすぎず、ポジティブな発言を心がけるようにしましょう。
親御さんのイライラはすぐお子様に伝わってしまうので、笑顔でいられるような考え方をしてみてください。

また、大人の場合は、悩みを家族や友人、担当医に打ち明ける習慣をつくってください。
リフレッシュできる趣味をつくることもとても大切です。

4.掻きむしりを防ぐ対策方法

掻きむしり
何度もお伝えしているように、アトピー性皮膚炎の1番の敵は「痒み」です。ご紹介したことを意識していても、痒みはすぐにはなくなりませんし、だからといって常に掻きむしっていたのであれば悪化してしまいます。掻きむしりを防ぐための対策をご紹介します。

■冷やす

日焼け 冷やす
思考を「痒い」から「冷たい」に切り替えることで、痒みを紛らわせる方法です。保冷剤を当てたり、水を流したり、できるだけ冷たいものを肌に当てましょう。

温かい環境は痒みをより促進させるので、冬など部屋が暖かすぎる場合は暖房を切ったり、一度外に出るなども必要です。

■寝る時は包帯をする

掻くことが癖になって、痒くもないのに寝ている間に無意識に掻きむしってしまうことを防ぐために、寝る時は炎症部分や痒みが出ている部分に包帯を巻いて、掻けないようにしましょう。

保湿剤を塗った後にすぐ包帯をすれば、保湿が長持ちしますので、乾燥による痒みを防ぐこともできます。

手袋をはめるというのも簡単で良いですが、無意識にはずして掻いてしまうこともあるので、朝起きて外れているようであれば、包帯にしましょう。

■爪を短くする

気をつけていても掻いてしまうことはあります。そこで、例え掻いてしまっても肌へのダメージが少なくて済むよう、爪は常に短くしておきましょう。爪切りで切った後は、必ず最後にやすりで丸くして尖りをなくしてください。

■熱中できるものを見つける

親子 遊び
何もすることがなくなると、痒みに意識が集中してしまいますので、例えばスポーツ・読書・料理など、熱中できるものを作りましょう。お子様の場合、パズルやゲームなども有効ですが、できるだけ時間を作って一緒に遊んであげることが良いです。

5.アトピー性皮膚炎の治療

5-1.病院の選び方

病院
アトピー性皮膚炎の治療のためには、病院選びもとても重要です。

処方される薬や治療方法は病院によって異なります。
ただ薬や保湿剤を処方するだけで、塗り方・使い方の説明が不十分という病院もあります。

根本的なアトピー治療は自分自身で治すという意識を持って行動する事が必要なので、アトピーに関しての相談が出来たり、アドバイスをもらえるような病院を探す事をおすすめします。

病院
病院の選び方は、以下の点が目安になります。
・アトピー診療の予約が必須の病院
・大学病院など医師が複数いる病院

アトピーの初診は、診察や薬の使用方法などの説明で時間がかかってしまう事が多くあります。

予約が必須で時間がきちんと設けられていたり、複数の医師がいる病院はじっくり診てもらえる目安になります。

初診の際に、処方した薬や保湿剤など使い方をきちんと説明してくれるというのも大事なポイントです。

5-2.アトピー治療に使われる外用薬は正しく使う事

アトピー治療に使われる外用薬は、医師の指示に従わず自己判断で勝手に使用を止めたり、正しく使用しないと症状が悪化する事もあります。

アトピー治療薬で多く処方されるのが、ステロイド外用薬です。
5段階の強さがあり、炎症の状態によって処方される強さ(レベル)が変わります。

正しく使用していないと副作用(皮膚の委縮・皮膚が薄くなる・免疫の低下・色素異常など)が出る事がありますので、医師の説明をしっかりと聞いてから使用しましょう。

しかし、人によってはステロイド依存(塗っていないと落ち着かないような心理的状態)になってしまうこともあり、塗り続ける事で色素異常を含む副作用が出てしまいます。

どこまでいっても、ステロイドの目的は完治ではなく抑える事です。
目的をしっかりと理解し、正しく使用していきましょう。

6.最後に

アトピー性皮膚炎は、原因がたくさんありますが、裏を返せば、1つずつ意識していけば、少しずつ改善されていくということになります。

あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ、と悲観的になるのではなく、自分にできることから前向きに取り組んでみましょう。

※この記事は2015年10月20日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る