メニューを開く
アスタリフト;

デリケートな肌の化粧品選び!やさしく保湿するものがおすすめ

アトピー 化粧品
「デリケートな肌にはどんな化粧品を使えば良いんだろう?」と、お悩みではないでしょうか?

肌がデリケートだと、化粧品選びにも気を遣いますよね。
肌が荒れてしまったり、使用感が物足りなかったり、なかなか気軽に購入できるものがなかったり…

でも化粧品を選ぶときは、これからお伝えするちょっとしたポイントに気を付けてみましょう。

またそのポイントを押さえたおすすめの化粧品や、使う上でのポイントもご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

自信の持てる肌に近づくために、化粧品を上手に選んで活用しましょう!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1. デリケートな肌の方が化粧品を選ぶポイント

デリケートな肌の方が化粧品を選ぶ際、何を基準にすれば良いのかわかりにくいですよね。

ここでは、デリケートな肌の方が化粧品を選ぶ際、特に気を付けていただきたいポイントを挙げていきます。

そのポイントとは、
①しっかりうるおう化粧品を選ぶ
②やさしい使用感の化粧品を選ぶ

の2つです。

1-1. しっかりうるおう化粧品を選ぶ

水
デリケートな肌の方は、肌にしっかりとうるおいを与えてくれる化粧品を選びましょう。

肌がデリケートになりやすい原因は、様々な影響により肌が敏感になることだと考えられています。

そのような肌には、丁寧にうるおいを与えるお手入れがとても大切です。
化粧品を活用して、肌のうるおいをしっかりとキープしましょう。

例えばヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどの保湿成分があります。

1-2. やさしい使用感の化粧品を選ぶ

女性 化粧品
デリケートな肌の方は、使い心地がやさしい化粧品を選びましょう。

例えば「アレルギーテスト済み」、「敏感肌の方へ」(※)というような表示のある化粧品が、一つの目安になります。
(※全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。不安な方は顔に使用する前に、腕などでパッチテストをすることをおすすめします)

またサンプルやトライアルで実際に試してみて、使い心地を確認することも大切です。

2. デリケートな肌におすすめ!肌らぶおすすめ化粧品

【1. デリケートな肌の化粧品選びで意識するポイント】でご紹介したポイントを押さえた化粧品を、2つご紹介します。
どれもトライアルセットがありますので、気になる方はまず肌に合うかどうかお試しいただくことがおすすめです。

■decencia(ディセンシア)つつむ

つつむ トライアルセット
つつむ トライアル
価格:1,360円(+税)
内容:(約2週間分)クレンジング1.3g×14回分、洗顔石鹸10g、洗顔クリーム1回分、化粧水14mL、クリーム10g、クリームS1×1回分、クリーム R1×1回分、日中用クリーム1回分
※アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)

デリケートで乾燥の気になりやすい肌を、やさしく保湿するスキンケア化粧品です。

ヒト型ナノセラミド(保湿成分)が肌にやさしくうるおいを与えます。

化粧水のとろみやクリームの肌なじみの良さも、デリケートでかさつきやすい肌にはうれしい感触です。
心地よいテクスチャーで水分・油分を補い、肌のきめを整えます。

また、アルコール・香料・紫外線吸収剤は配合していません。
うるおいを与えながら、デリケートな肌にやさしく使えます。

★decencia(ディセンシア)公式HPはこちら

■dプログラム モイストケアライン

dプログラム モイストケア セットWR
dプロ モイスト
価格:1,400円(+税)
内容:(約1週間分)クレンジングオイル2mLx2個、洗顔料20g、化粧水(医薬部外品)23mL、乳液(医薬部外品)11mL
※アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)

肌がデリケートになりがちな方におすすめのスキンケアシリーズです。

また濃グリセリンやワセリン、BG、ヨモギエキスなどの保湿成分が肌をやわらげてくれます。
肌をやさしく保湿するので、使用後のしっとり感がうれしい化粧品です。

パラベン、アルコール、タール色素、香料、着色料を使用していません。
デリケートな肌状態にやさしい使い心地です。

★資生堂公式HPはこちら

3. デリケートな肌のための化粧品の使い方ポイント

デリケートな肌に合った化粧品を選んだら、これを機に使い方も確認してみましょう。

デリケートな肌をいたわりながらお手入れするための、化粧品を使う手順とポイントをお伝えします。

3-1. 手を清潔な状態にしておく

手 水
手には見えない雑菌が付着していることが多々あります。
せっかく肌に合った化粧品を見つけても、汚れた手のまま使っていたら良くありません。

化粧品を使う前には一度手を洗うなどして、きれいな状態にしましょう。

3-2. 適量を使用する

化粧品の力は、正しい量を使用することでより良さを感じることが出来ます。
化粧品ごとに異なるメーカー推奨の量を目安に、使いはじめてみることがおすすめです。
説明書や本体に表示が見当たらないときは、次にご紹介する一般的な目安量を参考にしてみてください。

・化粧水:500円硬貨大
・美容液:1円硬貨大
・乳液:10円硬貨大

3-3. 肌になじませてハンドプレスする

ハンドプレス
化粧水などを、こすらないように顔全体になじませていきます。
刺激に弱いデリケートな肌には、とにかくやさしくなじませるように気を付けましょう。
人差し指は力が入りやすいと言われているので、中指と薬指でつけるのがおすすめです。
最後に両方の手のひらでやさしく押さえてハンドプレスします。

4. 【その他】デリケートな肌の方が注意すべきポイント

デリケートな肌の方は、これまでにお伝えしてきたことに加えて以下のポイントにも意識していきましょう。

そのポイントとは、
①ベースメイク化粧品にも気を配る
②肌状態がひどければ病院を受診する

の2つです。

4-1. ベースメイク化粧品にも気を配る

デリケートな肌の方は、今回ご紹介してきたスキンケアはもちろん、日中使用するベースメイクアイテムにも気をつかえるとさらに良いですね。

気になる方は、日焼け止めや化粧下地は紫外線散乱剤を使用しているものを選ぶと良いでしょう。
ファンデーションは、付け心地がやさしく肌に負担がかかりにくいパウダータイプやルースタイプをおすすめします。

【おすすめファンデーション】
レイチェルワイン ミネラルファンデーション

レイチェルワイン ファンデーション
軽い付け心地がうれしい、ルースタイプのミネラルファンデーションです。
気になる肌悩みもやさしくカバーすることが出来ます。

★レイチェルワイン公式HPはこちら

4-2. 肌状態がひどければ病院を受診する

病院
肌の状態がひどいときは、皮膚科の受診も視野に入れましょう。

例えば強いかゆみが収まらないときや湿疹がひどいときなどは、お医者さまに相談するのがおすすめです。

薬を処方して頂くだけでなく専門の先生に直接相談できるので、状態がひどければ受診を検討してみてください。

このような情報サイトを参考にするのもおすすめです。

あとぴナビ
医師や専門家の方を取材した記事や、デリケートな肌で悩む方への情報を紹介しています。
お悩みの方が意見交流できる場やQ&Aコーナーなどもあるので、一度覗いてみてください。

4. まとめ

デリケートな肌の方が化粧品を選ぶときに注意すべきポイントや使う上での注意、化粧品以外で気を付けるべきポイントなどをお伝えしました。

デリケートな肌にはとにかく「やさしくする」ことが大切です。
毎日使うものなので肌に合うものをしっかり選んで、使っていけると良いですね。

デリケートな肌の悩みが少しでもやわらぐように、化粧品の力を借りて前向きに取り組んでいきましょう!

※この記事は2016年1月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る