メニューを開く
アスタリフト;

大人の肌の保湿って?ベビーオイルについてとおすすめオイル2選

ベビーオイル 保湿

露出の多い季節も、肌寒い季節も、「オイルを使って肌を保湿してみようかな?」という女性は多いのではないでしょうか。

最近、ベビーオイルで肌の保湿をしている大人の女性も多いようです。

そんな中、ベビーオイルで保湿をするか、大人向けのオイルで保湿をするか、迷っている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ベビーオイルについてと、大人向けオイルの魅力、おすすめの保湿オイルをご紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.ベビーオイルについて

ベビーオイル 保湿

ベビーオイルとは、赤ちゃんの肌を保護するために作られたオイルです。

ベビーオイルにも色々ありますが、ほとんどのベビーオイルは「ミネラルオイル」を主成分としています。

ミネラルオイルとは鉱物油のことで、石油を精製し、不純物を取り除いたオイルを指します。

鉱物油の特徴は、「温度や湿度で変質しにくく、肌に浸透しない」というところで、ベビーオイルは赤ちゃんの肌表面を保護して、乾燥から守ってくれるオイルなのです。

2.大人の肌もベビーオイルで保湿できるの?

ベビーオイル 保湿
ベビーオイルは、赤ちゃんの肌だけでなく、大人の肌も保湿することができます。

そのため、ベビーオイルも魅力的ですが、大人の肌は、大人向けのオイルでお手入れすることを、肌らぶ編集部はおすすめします。

なぜなら、ベビーオイルは鉱物油なので、肌表面の保護はできますが、肌の水分保持をしたり、柔らげることは難しいとされているからです。

人の肌の水分量は、生まれた時をピークに減少しつづけます。

そのため、大人の肌には肌表面を保護するベビーオイルだけでは、潤いが足りないと考えられます。

一方で、大人向けの保湿オイルは、肌への馴染みも良く、肌を柔らげ、しっとりと保湿できるといわれています。

更に、大人向けのオイルは美容成分が含まれているものが多いので、自分の肌悩みに合ったオイルを選んでお手入れができるところも魅力です。

年を重ねるにつれ乾燥する大人の肌には、大人用の保湿オイルで肌を柔らげて保持することをおすすめします。

3.肌らぶ編集部おすすめ保湿オイル

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい大人向けのオイルをご紹介します。

顔も含めた全身に使用できるオイルを選びました。

コディナ マッサージオイル リラクサン
ベビーオイル 保湿

販売会社:株式会社musabi

容量:100ml

価格:4,200円(+税)

コディナマッサージオイルの主成分は、アルガンオイルです。

アルガンオイルは、数年間、一滴の雨さえ降らなくても枯れないといわれているアルガンツリーの実から採れるオイルです。

サラッとした馴染みの良いテクスチャーでベタつきが無く、肌をしっかりと柔らげて乾燥を防ぎます。

基本はマッサージオイルですが洗い流し不要なので、しっかりと肌を保湿することができます。

10mlのお試しサイズ1,200円(+税)もあります。

<全成分>
●9種の植物油
ゴマ油、アンズ核油(杏仁油)、ヤシ油(ココナッツオイル)、マカデミアナッツ油、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、ヒマシ油、アボカド油、ルリジサ種子油

●8種の精油
オレンジ果皮油、ラベンダー油、ビターオレンジ葉/枝油、マンダリンオレンジ油、ベルガモット果実油、ニオイテンジクアオイ花油、メボウキ油、イランイラン花油

ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル

ナチュラルオーケストラホホバオイル

販売会社:株式会社ナチュラルオーケストラ

容量:お試し34ml

価格:2,778円(+税)

ナチュラルオーケストラのホホバオイルは、多めに使ってもべたつかずにしっとりと保湿ができます。

クレンジング、頭皮マッサージ、日焼けした肌のお手入れなど、様々なことに使用ができる万能なオイルです。

お手入れによってはオイルを塗った後に流すこともありますが、洗い流しても、しっとりと潤いを保ち、肌にハリとツヤを与えてくれます。

ナチュラルオーケストラのホホバオイルは、オーガニック認定を受けています。

(参照:ナチュラルオーケストラ公式HP)

<全成分>

ホホバ油

4.オイルを使ったおすすめの保湿方法

ベビーオイル 保湿
ここでは、オイルを使ったおすすめのお手入れ方法をご紹介します。

ボディソープに混ぜて使う

普段使っているボディソープに、オイルを2滴程垂らして身体を洗うと、しっとりとした滑らかな洗い上がりが期待できます。

お風呂上がりに塗る

オイルは、お風呂上がりに塗るのもおすすめです。

温かい肌につけることで、非常に伸びが良く、広がりやすくなります。

そのまま脚などのむくみやすい部分をマッサージすると、指の滑りが良く気持ち良いですよ。

ヘアケアとして使う

オイルは、ヘアケアとして使うのもおすすめです。濡れている状態で毛先にだけ付けてドライヤーをすると、潤ってまとまりが出ます。

頭皮の乾燥を防ぎたい時には、手にオイルを馴染ませて頭皮マッサージをしてみましょう。

頭皮を優しく揉みこみ、終わったらシャンプーで洗い流します。頭皮がしっとりして、髪のクシ通りも良くなります。

④ヘアセットに使う

普段使っている整髪料に、オイルを混ぜてスタイリングをすると、乾燥した髪に濡れたようなおしゃれなツヤ感が出るのでおすすめです。

5.保湿オイルを使う際の注意点

オイルを使う前には、肌に合うかどうか必ずパッチテストを行い確認しましょう。

ここではパッチテストのやり方をお伝えします。

■パッチテストのやり方

二の腕などの目立ちにくい場所にオイルを1~2滴塗り、丸1日様子をみます。

顔に使用する方は、さらにフェイスラインなど顔の目立ちにくい部分に1~2滴塗って丸1日様子をみましょう。

※パッチテストでかゆみや赤みなどを感じたときは、すぐにオイルを洗い流し、そのオイルの使用は控えるようにしましょう。

6.まとめ

今回はベビーオイルについてだけでなく、大人向けのオイルのご紹介もしましたが、いかがでしたか?

肌に嬉しい大人向けのオイルで保湿をして、キレイなツヤ肌を手に入れましょう!

この記事は2016年5月23日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください

 


Pocket
LINEで送る