メニューを開く

ベビーオイルでクレンジング?!正しい方法とその魅力に迫る!

ベビーオイル クレンジング1
赤ちゃんにも使えるスキンケアアイテム、ベビーオイルがクレンジングにも使えるといま、オトナ女子たちの注目浴びているのをご存知でしたか?

ベビーオイルクレンジングは、正しい方法で行えばメイクも落とせて、肌の保湿もできちゃうすぐれものなんです!

そこで今回は、ベビーオイルクレンジングの魅力と、正しいやり方をお伝えしつつ、ベビーオイルの活用法6選をご紹介いたします。


astalift
astalift

1.ベビーオイルクレンジングの魅力

ベビーオイル クレンジング2

ベビーオイルクレンジングの魅力は、肌の負担を考慮しながら汚れを落として、肌の乾燥を防ぐことができるということです。

ベビーオイルの主成分となるミネラルオイルは、分子が大きいという特徴を持っているので肌に浸透せず、「肌の表面に油の膜を張り肌内部の水分が外に逃げないようにする」という働きがあります。

そして、ミネラルオイルとは石油を精製したオイルのことです。

石油と聞くと肌によくないイメージを持つかもしれませんが、現在の高い精製技術により不純物が取り除かれた純度の高いオイルとして、ベビーオイルのほかにもクレンジング料やファンデーションなど様々な商品に使われているのです。

しかし、ベビーオイルが赤ちゃんの肌に使えるからといって、すべての肌質に合うというわけではありません。

ベビーオイルクレンジングを行う前にパッチテストをすることを、おすすめします。

★パッチテストのやり方
ベビーオイルクレンジングパッチテスト
パッチテストのやり方について説明いたします。

【パッチテストに必要なもの】

・ベビーオイル
・絆創膏1枚
・綿棒1本

【パッチテストの手順】

①絆創膏のガーゼ部分にベビーオイルを染み込ませます。

②ベビーオイルを染み込ませた絆創膏を、二の腕の内側など皮膚の柔らかい部分に貼る

③24時間様子をみて、腫れやかゆみ、赤みが出ていないかを確認する。

④二の腕のテストで問題なければ、フェイスラインなどに少量を塗って、再度赤みなどが出ないか確認する。

2.ベビーオイルクレンジングの方法

上記でお伝えしたようにパッチテストで問題がなかったら、ベビーオイルクレンジングを試してみてください。

ベビーオイルクレンジングは、肌への負担がかかりにくいと言われていますが、正しく行わないと、肌に負担をかけてしまいますので注意しましょう。

それではここから、ベビーオイルクレンジングの方法についてご説明いたします。

1)ベビーオイルを手に取る

ベビーオイルクレンジングやり方0
使用量の目安は100円玉硬貨くらいの大きさです。

2)Tゾーンになじませる

ベビーオイルクレンジングやりかた1
ベビーオイルは皮脂量の多い部分である、Tゾーンからなじませます。力を入れすぎず、軽く触れるように広げていきましょう。
ベビーオイルクレンジングやりかた2 -
小さな円を描くようにくるくるとなじませるのがポイントです。

3)Uゾーンになじませる

ベビーオイルクレンジングやりかた4
再度、100円玉硬貨サイズのベビーオイルを手に取り、あごや頬を中心としたUゾーンに素早く伸ばします。

4)目元や口元は「やさしく」を意識してクレンジングする

ベビーオイルクレンジングやりかた3
目元や口元は、皮膚が薄いので優しく丁寧にベビーオイルをなじませましょう。

汚れが残りやすい鼻の横や唇の下の凹んだ部分などの細かい部分も忘れないように心がけましょう。

5)ティシュペーパーで拭き取る

ベビーオイルクレンジングやり方5
メイクが浮かび上がったら、テッシュペーパーで吸い取りましょう。

ベビーオイルは水になじみにくいので、ぬるま湯で洗い流すのではなくティッシュやコットンを使って押さえるようにして拭き取ります。

拭き取った後は、洗顔石けんを使ってしっかり洗顔しましょう。

3.ベビーオイルクレンジングの注意点

ここでは、ベビーオイルクレンジングの魅力をより実感するために、注意してほしいポイントを2つお伝えします。

①ポイントメイクは専用リムーバーで落とす

ベビーオイル クレンジングポイントメイク
マスカラ・アイラインなどの落ちにくいアイメイクは、先にポイントリムーバーを使用してある程度落としておきましょう。

ベビーオイルはクレンジング用に作られたものではないので、ウォータープルーフなどのしっかりメイクを落とすほどの洗浄力は備わっていません。

②クレンジング後はきちんと洗顔する

ベビーオイルクレンジング洗顔きちんと
ベビーオイルクレンジングだけに限った話ではありませんが、クレンジングを行った後は、きちんと洗顔するようにしましょう。

その理由は、そもそもクレンジングと洗顔の役割が異なるからです。

クレンジングの役割は、メイクや日焼け止めなどの油溶性の汚れを落とすこと、洗顔の役割は、肌に付着している皮脂やほこりなどの水溶性の汚れを落とすことです。

油性の汚れと水性の汚れ、どちらもしっかり落とすという意味で、クレンジング後の洗顔はしっかり行う必要があります。

4.ベビーオイルの活用法6選

ベビーオイルはクレンジング以外にも使える万能アイテムです。

ここでは肌らぶ編集部がおすすめするベビーオイルの活用法を6つご紹介します。

ぜひ、試してみてくださいね。

①洗顔料に混ぜる

ベビーオイルクレンジング洗顔きちんと
洗顔料にベビーオイルを混ぜると、洗顔後の顔のつっぱりを防止することができると言われています。

洗顔料にベビーオイル2、3滴を混ぜることで泡立ちもきめ細かくなり、優しく洗顔することができるようになります。

洗顔後のつっぱりが気になるという人はこの方法を試してみるとよいでしょう。

②全身の保湿

ベビーオイル保湿
ベビーオイルは全身の保湿としても使えます。

入浴後は水分が失われやすいです。

入浴後の濡れたままの体にベビーオイルを塗り、その後タオルで軽くおさえるようにしましょう。

濡れた肌にベビーオイルを塗ることで、水分を閉じ込め乾燥を防いでくれます。

③頭皮マッサージ

ベビーオイルクレンジング 頭皮
ベビーオイルは頭皮マッサージとしても使えます。

シャンプー前の乾いた頭皮に、ベビーオイルをなじませ円を描くように軽くマッサージしましょう。

マッサージをすることで、頭皮の血行を促進し、普段落としきれない頭皮の汚れを浮かび上がらせてくれるので、頭皮をすこやかな状態に保てます。

④ヘアオイル

ベビーオイルヘアオイル
ベビーオイルはヘアオイルとしても使えます。

タオルドライをした後、水分の残った状態の髪に少量のベビーオイルをつけます。

たくさんつけすぎるとベタベタしてしまうので、毛先だけにつけるのがポイントです。

その後は、いつものようにドライヤーで乾かしてください。髪のパサつきがおさえられて指とおりが良くなると言われています。

⑤バスオイル

ベビーオイル クレンジング3
ベビーオイルはバスオイルとしても使えます。

小さじ1杯程度のベビーオイルと、お気に入りのアロマオイル5滴ほどを混ぜて湯船に垂らしてみましょう。

お肌に膜が張られ、水分の蒸発を防いでくれます。ベビーオイルの力で全身がしっとりとしますよ。

⑥マッサージオイル

ベビーオイルマッサージ
ベビーオイルはマッサージオイルとしても使えます。

ベビーオイルはデリケートに傾きやすい赤ちゃんの肌にも使えるほど刺激の少ないオイルです。

伸びもよいので、マッサージにも適したテクスチャーをしています。

5.まとめ

ベビーオイルクレンジングについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ベビーオイルは、赤ちゃんだけではなく大人にも使える万能保湿アイテムです。

「最近、顔の乾燥が気になる…」という方は、ベビーオイルクレンジングを取り入れて、

乾燥知らずの赤ちゃんのようなもっちりうる肌を目指しましょう♪

この記事は2016年10月24日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る