メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社イッティ

背中のニキビ跡が気になる方へ!自宅でできるお手入れ方法とは?

背中 ニキビ跡
「目立ってしまう、背中のニキビ跡。できにくくするためには、どうしたら良いのかな・・・。」とお困りではありませんか?

背中のニキビ跡は、できる前の予防が何よりも大切です。

そこで今回は、背中のニキビ跡ができやすい方へ!背中のニキビ跡を予防する方法と対策についてご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.背中のニキビ跡の種類

まずはじめに、背中のニキビ跡の種類をご紹介します。自分のニキビ跡がどのようなタイプかを確認しましょう。
ニキビ跡背中

①ニキビ跡が赤みとして残ってしまったタイプ

背中のニキビの腫れは落ち着いているのに、赤みとして残ってしまっているタイプです。

何もしなければ痛みなどはありませんが、強く押したり刺激を与えると多少の痛みが生じることもあります。

背中のニキビ跡が赤みとして残ってしまったタイプは、肌にうるおいを与え、ニキビ跡の赤みが落ち着くのを待ちましょう。

②ニキビ跡がシミとなって茶色く色素沈着してしまったタイプ

ニキビ跡ができてしまった後に日焼けをしてしまい、メラニン色素が沈着してしまったことで茶色く残ってしまったタイプです。

背中のニキビ跡がシミとなって茶色く色素沈着してしまったタイプは、これ以上濃いシミにならないよう「美白成分※」と「保湿成分」が配合された化粧品でのセルフケアがおすすめです。

さらに紫外線対策は必ず行い、これ以上シミを悪化させないように注意しましょう。※美白成分:日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

③ニキビ跡が凹凸化してクレーター状になってしまったタイプ

背中のニキビに過度な刺激を与えることや、無理やり潰すことなどの誤った自己処理によって、ニキビ跡がへこんでしまい、クレーター状になってしまったタイプです。

クレーター状になってしまったタイプは、化粧品や自宅でのお手入れが難しいとされています。

気になる方は、美容皮膚科などで、専門医に相談することをおすすめします。

2.背中ニキビの予防セルフケア

背中にニキビ跡を残さないためにも、背中ニキビの予防が大切です。

自宅でお手入れするために大切なポイントは、「古い角質を取り除くこと」「皮脂が過剰に出ないようにすること」。

次に具体的なお手入れ方法をご紹介します。

①定期的なピーリングを行う

ピーリングによるお手入れは、不要な角質や皮脂汚れ等を、洗ったり拭き取ったりすることによって取り除く角質ケアのひとつです。

自宅で行う場合は、背中など広範囲の部分にも体を洗う感覚で手軽に使用することができるピーリング石鹸がおすすめです。

使用方法は各メーカーによって異なりますが、まずは様子を見ながら週に一度から始めると良いでしょう。

②「保湿成分」配合の化粧品を使う

背中ニキビ予防のセルフケアには「保湿成分」配合の化粧品を使用しましょう。

なぜなら、ニキビは肌のうるおいが不足してしまい、肌が硬くなることで毛穴が詰まりやすくなってできてしまうこともあるからです。

「保湿成分」配合の化粧品は、肌を柔らげ水分を肌に与えてくれるため、すこやかな肌を保ちやすくなります。

背中のニキビ予防には、化粧水もしくは比較的油分が少なめの美容液やジェルなどを使用しましょう。

<オススメ化粧品>

Jitte+(ジッテプラス)【医薬部外品】
jitte
「気になる背中」から「見とれちゃう背中」に!
背中ニキビのお手入れをする際のお助けアイテム「Jitte+(ジッテプラス)

お洒落が大好きな方、体型維持に気を使っている方…
そんな方にとっても「背中」はお手入れするのが難しい場所ですよね。

ニキビは、主に過剰な皮脂によって毛穴がつまることでできると言われています。
気付いたときにはひどくなっている!ということがないように、できる前に防ぐことが大切です!

定期コースをお申込みの方は、通常価格6,463円(税抜)のところ、初回限定908円(税抜)とお得となっています。※2016年10月時点の情報です。

ぜひこの機会にお手入れを始めて、見とれてしまうような背中をゲットしましょう!

⇒Jitte+(ジッテプラス)公式HPはこちら

ETVOS  薬用アクネ VCローション【医薬部外品】
eee
保湿成分として「ヒアルロン酸」や「アルギニン」などが配合されています。
肌にうるおいを与えて、なめらかにする薬用化粧水です。

⇒ETVOS公式HPはこちら

資生堂 アクアレーベル アクネケア&美白水【医薬部外品】
アクアレーベル
肌をすこやかに保ち、なめらかな肌に整える薬用化粧水です。
みずみずしくさっぱりとした使用感ですが、角質層にしっかりとうるおいを与えます。

⇒資生堂公式HPはこちら

3.背中にニキビができてしまう4つの原因と対策

背中ニキビ
背中は、体の中でも顔の次に皮脂腺がたくさんある部位であり、皮脂の分泌が多いことからニキビができやすい部分といわれています。

背中にニキビができてしまう原因を改めて理解し、背中のニキビ跡をつくらせないための対策を行いましょう。

3-1.過剰な皮脂

背中は頭皮と顔の次に皮脂腺が多く、皮膚そのものが厚くできています。

そのため、過剰な皮脂がでやすく、特に汗をかく夏場はニキビができやすくなる場所なのです。

背中は丁寧に洗うことを心がけ、皮脂や汗をしっかり洗い流すように意識をしましょう。

3-2.外部からの摩擦や刺激

外部からの刺激や乾燥が引き起こされると、背中ニキビができる原因のひとつになります。

特にお風呂で体を洗う際、ナイロンタオルで強くこする行為などは、刺激によりニキビができやすくなるだけでなく、ニキビがさらに悪くなることもあります。

また、チクチクするような肌触りの良くない素材の衣類も、肌への負担になりやすいです。

体を洗う際は、綿素材のタオルを使用したり、衣類は化学繊維のものを控えたりするなど対策を行いましょう。

3-3.すすぎ残し

シャンプーやリンス、ボディソープ等の成分は、洗い流されずに背中に残ってしまうと、背中ニキビの原因となる可能性があります。

体を洗う際はしっかりと隅々まで洗い流し、すすぎ残しがないようにしましょう。

3-4.ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスとは、体内のバランスを整える役割を持ち、①過度のストレス②睡眠不足③生理などの影響によって乱れてしまうと、皮脂が過剰にでやすくなります。

ホルモンバランスを整えるためにも、①6時間以上の睡眠をとる②過度な糖質と脂質を控える③できるだけストレスを溜めないことなどを意識しましょう。

4.まとめ

「背中のニキビ跡」は、できる前の予防がなによりも大切です。

ご紹介したセルフケア方法を是非、毎日のお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事は2016年10月21日時点(最終更新日)での情報になります。
また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る