メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社イッティ

背中がかゆい?掻いちゃダメ!原因と対処法について

背中 かゆい
ムズムズと背中がかゆいと、落ち着かないですよね。

あまり露出しない部分だからと、ボリボリと掻きむしったりしていませんか?
睡眠中などに無意識のうちに掻いてしまって、状態を悪化させてしまうこともよくあります。

今回は、“背中のかゆみの主な原因”と“背中がかゆい時の対処法”についてご紹介します。
掻くのはNGです。
何事も、原因を知って対処することが大切です。
今日から正しい対処を行って、かゆみ対策しましょう。


astalift
astalift

1. 背中がかゆい5つの主な原因

背中がかゆい原因は、ざっくりと5種類に分けることができます。
1 肌が敏感に傾いてしまっている
2 外的刺激またはアレルギー
3 ノミ・シラミ
4 ストレス
5 なんらかの病気
この5つです。
ほとんどの方は1の【肌が敏感に傾いてしまっている】が原因と考えられますが、まれに、その他の原因のこともあります。
第3章で紹介する肌のお手入れをしてもよくならないという方は、他の原因を疑ってみましょう。

1-1 肌が敏感に傾いてしまっている

背中 ザラザラ
肌が敏感に傾いてしまっている状態というのは、肌の一番外側にある角質層が整っておらず、隙間だらけになっている状態といえます。

すこやかな肌の表面は、隙間なく整って角質層が構成されていて、肌を保護したり、水分の蒸散を防いだりしていると言われています。
しかし水分や油分が不足したりすることで、角質層が隙間だらけになってしまうことがあります。角質層が隙間だらけになってしまうと、肌はデリケートな状態に傾いてしまい、外部刺激に敏感な状態になります。

そして、ちょっとした外部刺激でもかゆみを感じることがあると言われています。

肌が敏感に傾いてしまう主な要因をざっくりまとめると、以下のようなものが考えられます。

・間違ったスキンケアによる肌の乾燥
・過剰なスキンケアによる皮脂の落としすぎ
・ダイエットなどによる栄養不足
・加齢による代謝の低下、皮脂不足
・夏の紫外線ダメージ
・寒さによる血行不良・代謝の低下
など。

冬になると背中がかゆいというケースは、こういった要因によりもともと肌がデリケートに傾いてしまっているために、肌が“本来保つべき水分”を“冬の空気の乾燥から防ぐ”ことができず、肌表面の角質層からさらに水分が奪われるという悪循環に陥るため、発生しやすいと言うことができるでしょう。

第3章で紹介する肌のお手入れを行うことをおすすめします。

1-2 外的刺激またはアレルギー

石鹸
次に考えられる背中のかゆみの原因は、外的刺激またはアレルギーなどです。

せっけんやシャンプー、入浴剤、柔軟剤などが合わないことで起きてしまうものと、貴金属、植物、動物などの特定のものでアレルギー反応が起きるものなどがあります。

また、物質によるものではなく、体が温まることによって起こるじんましんの一種「温熱じんましん」であるパターンもあると言われています。

乾燥・保湿の対策をしてもかゆみが治まらない時は、病院に行ってきちんと調べるようにしましょう。
原因を知って対策することが大事です。

1-3 ノミ・シラミ

アラフォー スキンケア
ペットを飼っている家庭などは、ノミシラミがかゆみの原因のこともあります。

薬などを塗ってかゆみを抑えるだけでなく、掃除や衣服の洗濯などを念入りに行うなど、原因の根本の見直しを心がけましょう。

1-4 ストレス

PMDD 症状5
ストレスなどが原因でお肌が敏感になっていることもあります。

日ごろから、ストレスをため込まないで解決していくように合わせて心がけることはお肌のために大事です。

1-5 なんらかの病気

アボカドオイル 効能 生活習慣病
1~4の原因に心当たりがない場合は、なんらかの病気の可能性も考えられます。
他にも体の不調があったり、心当たりのある場合は、一度病院を受診してみるとよいでしょう。

2. 背中がかゆい時の2つの対処法

背中がかゆいと、睡眠中を含め、ほとんど無意識に手が伸びて掻いてしまっている方も多いのではないでしょうか?
でも本当に掻くのはよくないのです。皮膚を傷つけることになるからです。
かゆい
ではどうすればよいのでしょうか?
背中がかゆい時の対処法は主に2つあります。

1 肌を保湿する
2 薬局または病院に行く

かゆみが、乾燥によって肌が敏感に傾いてしまっていることきっかけで起きているなら、肌の保湿を行いましょう。
かゆみの原因が乾燥でない場合、かゆみががまんできないほどである場合、既に掻き壊してしまっている場合などは、2です。薬局で薬剤師さんに相談してかゆみどめを手に入れるか、病院を受診してみましょう。

3. 背中の保湿の方法

ボディクリーム プチプラ
“冬になると背中がかゆい”などの場合は、肌が乾燥によりデリケートに傾いていて、刺激に敏感な状態にあり、それがかゆみを引き起こしている場合がほとんどです。

この場合には、肌を保湿するお手入れを毎日のなかに取り入れましょう。

背中のかゆみが気になる方におすすめしたい保湿方法ついてご紹介していきます。
ファーストステップは、“保湿アイテムで背中の肌に水分・油分を補うこと”です。
そこに加えて、“乾燥を防ぐこと”を意識的に行うのがおすすめです。

①保湿アイテムで背中の肌に水分・油分を補う

今すぐできるのは保湿クリームを塗ることですが、その他にも日常的に取り入れたいポイントも合わせてご紹介します。

・保湿クリームを塗る

保湿性を重視したボディ用のクリームなどを背中にぬりましょう。
べたつきが気になる方は、ボディミルク、ローションなどでもよいでしょう。

塗るタイミングはお風呂上りすぐがよいと言われています。

背中は塗りにくいため、家族に手伝ってもらったり、背中に塗るための棒のついた商品などを利用するとよいでしょう。伸びの良いアイテムを選ぶことも大事なポイントです。

自分の手で行う時は、肩甲骨の間あたりが一番むずかしいかもしれません。そういった部位に塗る際は、指をそろえて、手指の甲の側を使って塗るなどの工夫をしましょう。

~おすすめ商品~

ポーラ シンフリー ボディモイスチャー(医薬部外品)

ポーラ シンフリー ボディモイスチャー
乾燥からくるかゆみが気になる方におすすめしたい、うるおいをしっかり与えてくれるまじめ系ボディクリームです。

うるおい成分の植物性アミノ酸配合。
伸びの良さとお手頃価格が人気の薬用クリームです。
公式HP

尿素10%ボディクリーム(指定医薬部外品)

資生堂ジャパン株式会社 尿素10%ボディクリーム(指定医薬部外品)
粉がふくくらい乾燥に悩む肌におすすめしたいボディクリームです。肌にうるおいを与え、すこやかに保ちます。
なめらかにのびてなじみやすい乳液状がうれしいですね。
公式HP

・保湿成分の含まれた洗浄力の程よいボディソープ/せっけんを使う

クリームを塗るのが面倒という方には、これがおすすめです。
いつも使うボディソープ/せっけんを保湿系のものに変えましょう。

選ぶ際は洗浄力の強すぎないものがおすすめです。
ボディクリーム プチプラ_やさしく体を洗う
また、しっかり洗い流すことも大切です。
肌表面にシャンプーやボディーソープ、石鹸カスが残っていると、刺激になってかゆみの原因になることがあるからです。
しっかり洗い流すようにしましょう。

~おすすめ商品~
保湿せっけん 養麗潤(ようれいじゅん)

ゲルクリームとセットになったお試しセットがお得でおすすめです。
公式HP

・保湿成分の含まれている入浴剤を使う

クリームの塗りにくい背中のお手入れには、入浴剤を活用するのもおすすめです。
“刺激が少ないもの”“保湿成分/うるおい成分配合”などのものを選ぶようにしましょう。
お風呂
★お風呂の中で洗い流すタイプのからだ用保湿ローションというものもあります。塗るのが面倒という方は、洗い流すタイプのボディローションを活用するのもありでしょう。

~おすすめ商品~
薬用入浴剤DRアロマバス スキンケア(医薬部外品)
DRアロマバス
合成香料やタール系色素不使用。
乾燥が気になるとき、肌のかさつきが気になる方におすすめの薬用入浴剤です。
公式HP

②肌の乾燥を防ぐ

保湿のお手入れを無駄にしないために、肌の乾燥を防ぐための3つの心がけをご紹介します。

・熱すぎるお湯やシャワーを避ける

肌表面を守っている皮脂を奪いすぎる可能性があるため、乾燥が気になるときは温度設定に注意しましょう。
お湯の温度は38~40℃くらいがよいとされています。

背中にはもともと皮脂腺が少なく乾燥しやすい条件がそろっていますので、皮脂の奪いすぎには特に気をつけることをおすすめします。
シャワー

・ゴシゴシと強すぎる力で洗わない

肌は想像以上にデリケートです。肌を傷つけてしまうこともあるため、乱暴なゴシゴシ洗いはせず、優しく洗いましょう。
タオルで拭く時も、ゴシゴシとこすらず、押し当てるようにして水分を取り除くのがおすすめです。

・お風呂上りはすぐにタオルで水分を取り除く

水分が蒸発する時に、肌に必要なうるおいも奪われると言われています。お風呂上りはすぐにタオルで優しく水分を取り除きましょう。

汗をかいた時も同様に、肌のうるおいが奪われると言われていますので、こまめにタオルで吸い取るようにするとよいでしょう。

4. 背中のかゆみ その他の対策

永久脱毛 自宅 
からだへの直接のお手入れ・対策と合わせて、1点気をつけていただきたいことがあります。

肌への不要な刺激をできるだけ避けましょう。
具体的には衣類などに気をつけるとよいでしょう。

清潔なものを身につけるのはもちろんですが、洗濯の際、よくすすぐということも大事です。
洗剤が残っていると、肌に触れたときに刺激になることがあると言われているからです。洗濯ものは十分にすすぎましょう。

5. まとめ

背中 美人
背中のかゆみの原因は、主に乾燥から肌がデリケートな状態になっていることにあることが多いです。
かゆみに振り回されないために、ぜひ、ご紹介した肌の保湿を日常に取り入れて、すこやかな肌を目指しましょう。

合わせて、食べ物などにも気をつけて内側からすこやかなからだを目指すのもたいせつです。
乾燥肌対策には、皮脂腺や汗腺の働きを助けるビタミンA、コラーゲン生成をサポートするビタミンCなどを上手く取り入れるとよいと言われています。普段の食事に意識的にとりいれてみてください。

この記事は2016年11月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

~関連商品~
Jitte+(ジッテプラス)(医薬部外品)
jitte

顔はもちろん、首や背中などのニキビも防ぎたい方に便利なアイテム『Jitte+(ジッテプラス)』(医薬部外品)
「ニキビを防ぐには肌に油分と水分を補って、保湿することが大切」という点に注目して開発されました。

背中など、顔に比べて厚めの皮膚にも浸透*しやすいように、大きさの異なるヒアルロン酸**とセラミド**を複合した独自の保湿成分「アクシア-トリプルヒアルロン酸」を配合しています。

気になる顔や首などのお悩みも、美白***成分(プラセンタエキス)が角質層まで浸透してサポートしてくれます。

ニキビを防いで、うるおいのあるなめらかな肌を目指したい方におすすめです。
*角質層まで **うるおい成分 ***日焼けによるシミそばかすを防ぐ

公式HPはこちら(オレンジ)


Pocket
LINEで送る