メニューを開く

前髪が浮く原因と対処法!プロ直伝のドライヤーテクニック

前髪が浮く 1
「なんで前髪が浮くんだろう?」「浮いた前髪の直し方が知りたい!」と思ってはいませんか?

前髪が浮いてしまうと朝のヘアセットが大変ですし、納得のいく前髪に直しにくいことも悩み所ですよね。

今回は女性も男性も簡単にできるプロ直伝の対処法テクニックをご紹介します。また、前髪が浮く原因と前髪を浮きにくくする予防法もご紹介するので合わせてチェックしておきましょう。

「毎朝浮いた前髪直しに時間を割くのが嫌だ!」という方必見です!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.前髪が浮く4つの原因

前髪が浮くことに悩んでいる方の多くは、毎朝前髪のセットに苦労されているのではないでしょうか?
前髪が浮く原因は人それぞれ違い、その原因は主に5つあると言われています。

前髪が浮く原因を知って、前髪が浮いてしまうことへの対処や予防に役立てましょう!

原因①カットが合っていない

三軒茶屋 美容院 おすすめ
前髪のカットが自分に合っていないと、前髪が浮く原因になってしまうことがあります。

髪の毛の生え方は人それぞれ異なるため、カットの際に細かく自分の前髪のくせや髪質について美容師さんに伝える必要があります。しっかりと自分の髪の毛の特徴を伝えていないと、前髪が浮きやすい形にカットされてしまうこともあるのです。

また、前髪をすきすぎたり、短くしすぎたりしてしまうと前髪が浮いてしまうことがあります。

前髪にある程度長さや量がないと髪の重さが軽いため、前髪が浮きやすくなるのです。
さらに、前髪の量が少ないと外出先などで風などの影響を受けやすくなり、前髪が浮いてしまうこともあります。

原因②前髪が直毛またはくせがある

前髪 コテ
くせ毛や直毛が原因で前髪が浮いてしまうことがあります。

髪の毛がうねりやすいくせ毛の方は、生え際のくせが強いことが多く、生え際の髪の毛が上に向かって生えていると前髪が浮きやすくなるのです。

さらに、生え際のくせが強いと雨の日や湿気が多い日に、前髪が浮くことや割れることに繋がりやすくなると言われています。

また、直毛の方は生え際が上を向いているとそのまま上に向かって髪の毛が生えるため、前髪が浮きやすくなるそうです。

直毛の方は髪の毛が太くて硬い方が多く、前髪を下に向けて直そうとしてもなかなか直りづらいということもあります。

原因③入浴後に髪を乾かしていない

前髪 伸ばしかけ アレンジ
入浴後に髪を乾かさず寝てしまうと寝癖が付きやすく、寝癖によって前髪が浮いてしまうことがあります。

髪の毛はシャンプーやトリートメントをした後、表面にあるキューティクルという部分が開いた状態になります。

キューティクルは髪の毛が乾いていく過程で閉じていくのですが、その際に枕やベッドによって髪の毛が変な方向を向いていると、そのままその形がキープされてしまうのです。

また、ちゃんと乾かしているのに前髪が浮いてしまうという方は、頭皮や髪の毛の根元が乾かしきれていないことが考えられます。

いくら髪の毛が乾いていても、根元が乾いていないと前髪が浮く寝癖が付いてしまうことがあるのです。

原因④ドライヤーやヘアアイロンのかけ方が間違っている

前髪 伸ばしかけ アレンジ
ドライヤーやヘアアイロンのかけ方が間違っていると、前髪が浮いてしまうことがあります。

ドライヤーで乾かす際に、無意識に前髪が浮きやすいように乾かしてしまったり、自分のくせを強調して乾かしてしまったりすると前髪が浮きやすくなるのです。

また、キューティクルの閉じる向きと逆にドライヤーで風を当ててしまうと髪の毛が傷みやすくなることがあり、別の髪悩みを引き起こしてしまうこともあります。

浮いた前髪を直すためにヘアアイロンを使用する方は多いと思いますが、かけ方を間違えてしまうとさらに前髪が浮いてしまう可能性があるのです。

2.前髪が浮くときの対処法

前髪が浮く 2
前髪が浮くときに自分でできる簡単な対処法は、ドライヤーやヘアアイロンを使う方法です。

ヘアスタイルのプロに聞いた、前髪が浮くときにおすすめのドライヤーやヘアアイロンの使い方テクニックを4つご紹介します。

髪の毛は温かいと柔らかくなり、冷やすと固まる性質があるので温めて形を整えて冷やして固めるということを、意識的に行うことが大切です。髪の毛の性質を利用することで、くせ毛などで前髪が浮いてしまっているときにもある程度対処できるとされています。

それでは、前髪の浮き方ごとにおすすめのテクニックをご紹介しましょう!

▲浮いた前髪をドライヤーで直す際のポイント

浮いた前髪をドライヤーで直す際のポイントは、前髪を根元から濡らすことです。

乾いた前髪はすでにキューティクルが閉じ、形がなかなか変えにくいことがあります。そのため、水や寝癖直しミストで一度濡らすことで浮いた前髪も直しやすくなるのです。

①上に前髪が浮くときにおすすめ<ドライヤー>

生え際のくせなどで、上に向かって全体的に前髪が浮いてしまっているときに、おすすめのドライヤーでの対処法はこちらです。

~ドライヤーのかけ方手順~

1:ロールブラシを前髪に乗せる

利き手でドライヤーを持ち、反対の手でロールブラシを前髪の浮いた部分にポンっと乗せます
前髪が浮く ①

2:髪とロールブラシの隙間にドライヤーの温風を当てる

ドライヤーの温風をロールブラシと髪の毛の間に当てていきます
前髪が浮く ②

3:ドライヤーの冷風を当てる

髪の毛が温かくなったところで、ドライヤーを冷風に切り替えて当てます
(この工程は、髪の毛を自然に冷ましても大丈夫です。その場合、ブラシを乗せたまま冷ましましょう)
前髪が浮く ③

4:一度やっても浮いてしまう場合は繰り返す

一度やっても前髪が浮いてしまう場合は、ロールブラシを下に少しずつずらして1~3の工程を繰り返します
前髪が浮く ④

②ぱっくり前髪が浮くときにおすすめ<ドライヤー>

ぱっくりと分かれて前髪が浮いてしまうときに、おすすめのドライヤーでの対処法はこちらです。 

ぱっくり前髪におすすめのこちらの対処法は、自然に冷ますだけで良いのでドライヤーの冷風機能は使いません。

~ドライヤーのかけ方手順~

1:前髪を右に引っ張りながらドライヤーをかける

前髪をまとめて掴んで、右に向かって少し引っ張りながらドライヤーをかけます
前髪が浮く ⑤

2:前髪を左に引っ張りながらドライヤーをかける

まとめて掴んだ前髪を、今度は左に向かって少し引っ張りながらドライヤーをかけていきます
前髪が浮く ⑥

3:下に引っ張りながらドライヤーをかける

最後は下に引っ張りながら前髪の上からドライヤーをかけます
前髪が浮く ⑦

③少しだけ前髪が浮くときにおすすめ<ドライヤー>

前髪の浮き具合があまり激しくないときに、おすすめのドライヤーでの対処法はこちらです。

~ドライヤーのかけ方手順~

1:表面の前髪をヘアピンで留める

あまり浮いていない表面の前髪を跡が付かないヘアピンで留めます
前髪が浮く ⑧

2:内側の前髪を手で押さえながら温風当てる

浮いてしまっている内側の前髪を手でピタっと抑えながら、ドライヤーの温風を当てます
前髪が浮く  ⑨

3:ドライヤーの冷風を当てる

髪の毛が温まったら抑えたままの状態でドライヤーの冷風を当てるか、自然に冷まします
前髪が浮く ⑩

④一カ所だけ前髪が浮くときにおすすめ<ヘアアイロン>

一カ所だけくせが強く浮いてしまっている前髪に、おすすめのヘアアイロンでの対処法はこちらです。

また、こちらのヘアアイロンでの対処法は浮いてしまった前髪に分け目をつけながら直したいときにもおすすめです。
(ヘアアイロンを使用する際は、おでこをやけどしないよう気を付けましょう)

~ヘアアイロンのかけ方手順~

1:前髪を持ち上げる

前髪をまとめて持ち上げます
前髪が浮く ⑪

2:ヘアアイロンを当てる

ヘアアイロンを持ち上げた前髪の外側に当てます
前髪が浮く ⑫

3:分け目を付けたい方向とは逆に押さえて冷ます

髪の毛が熱くなったら、自分がつけたい分け目とは逆方向に前髪を手で押さえ付けて冷まします
前髪が浮く ⑬

3.前髪を浮きにくくする方法

前髪 くせ毛
ここでは、前髪を浮きにくくする方法を4つご紹介します。

朝起きて前髪が浮いていなかったらとても楽ですし、いつもより余裕のある朝の時間を楽しめそうですね♪

①美容師さんに髪質やくせを伝えてカットする

ヘアカラー 女性 美容室
ヘアサロンで髪をカットするときは、自分の髪質やくせについて詳しく美容師さんに話したうえでヘアスタイルを決めましょう。

前髪は短いと浮いてしまいやすくなり、前髪が眉毛より上の長さになるとさらに浮きやすくなると言われています。

ただ、短い前髪が好きな方もいらっしゃいますよね?そういった場合は、逆に浮きやすい前髪を生かしたスタイリングにしてもらうと良いでしょう。

男性なら浮いた前髪を生かせるようにウルフカット、女性ならオンザ眉毛で前髪にパーマをかけるヘアスタイルなどもおすすめです。

また、お気に入りの髪型がすでにある方は、前髪のカットの仕方を工夫してもらいましょう。

②ストレートパーマや縮毛矯正をかける

市販ヘアカラー⑥
ストレートパーマや縮毛矯正をかけて、前髪が浮きにくいようにしてしまうこともおすすめです。

その際は前髪が浮きやすいことが悩みであると相談し、まっすぐすぎる前髪が嫌な方はそういった希望も伝えたうえで、ストレートパーマや縮毛矯正をかけてもらいましょう。

ヘアサロンにもよりますが、前髪ストレートパーマの値段は約3,000円~約6,000円、縮毛矯正は約5,000円~約10,000円でかけることができます。

美容室によっては、部分パーマがメニューにない場合もありますし、カットとセットになったメニューの方がお得な場合もあるので、サロン選びの際には細かくメニューをチェックしておきましょう。

③眠る前にしっかりと前髪を乾かす

ロングヘア 寝るとき5
寝る前にしっかりと前髪を乾かすことも、前髪が浮くのを防ぐ方法の1つです。

1章でもご紹介した通り、濡れた状態の髪はキューティクルが開いていて、乾くと閉じていきます。閉じる過程で変な方向に向いて固まらないように、ブラシや手ぐしで整えながら乾かしていきましょう。

ドライヤーを使った対処法でご紹介した乾かし方で、前髪が浮くのを防ぐことができます。

また、髪をしっかりと乾かすことは、前髪だけではなく髪全体に寝癖を付きにくくすることも期待できます。

④前髪を固定した状態で眠る

ロングヘア 寝るとき4
帽子やヘアバンド、跡が付かないピンで前髪を固定して眠ることで前髪が浮いてしまうのを防ぐこともできます。

ヘアケアの一環としてナイトキャップなどをかぶって眠る方もいますが、ナイトキャップもおすすめです。

前髪など髪を固定して眠ることで、髪同士の摩擦を防ぐこともできます。
摩擦を抑えることで、髪のツヤ感などを保つことにも効果的です。

前髪が浮くのを防げるおすすめアイテム
◆ヘアバンド
◆跡が付かないピン
◆ナイトキャップ
◆前髪用ローラー

4.まとめ

ぱっつん 前髪 切り方
前髪が浮くときにおすすめのプロ直伝のテクニックや予防法をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

前髪が浮いてしまうとなかなか思い通りのスタイリングができず、そんな日は朝からテンションが上がりませんよね。

今回ご紹介した、ドライヤーやヘアアイロンを使ったテクニックは簡単なものばかりなので、ぜひ一度試してみてください。

前髪のセットがうまくいけば、自分の思い通りの印象も作りやすくなりますよ!

この記事は2016年10月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事