メニューを開く
アスタリフト;

美肌とは?美肌を目指すための基本の知識

美肌とは2「美肌」とは、どんな肌のことなのか、具体的に考えたことがありますか?

大抵は、「化粧品の広告に出ているような女優やモデルの肌が美肌」だと感じている方も多いのではないでしょうか。

そして、それを目指すのはすごく大変なことだと、諦めている方もいるでしょう。

しかし、美肌の定義を、「今の自分が自分の肌で叶えることができる、一番良い状態の肌」のことだと考えてみたら、どうでしょうか?

それが美肌ならば、スキンケアや生活習慣によってコツコツと努力をすれば、目指すことができる気がしてきませんか?

今回は、肌らぶ編集部がおすすめする目指すべき美肌の定義、美肌を目指すためのスキンケアや生活習慣についてご紹介します。

今の自分が手に入れることのできる限りで、一番美しい肌を目指しましょう。


astalift
astalift

1.美肌とは? 美肌の定義

美肌とは美肌とは、具体的にどんな肌のことなのでしょう。

今回、肌らぶ編集部では、以下の三点が揃っていることを、美肌の定義とし、それを目指すために必要なことをご紹介していきます!

美肌の条件①キメが整っている肌
キメが整った肌は、毛穴悩みが目立ちにくく、ふっくらと柔らかい印象を与えると言われています。

美肌の条件②うるおいのある肌
うるおいのある肌は、みずみずしい印象を与えると言われています。

美肌の条件③ハリのある肌
ハリのある肌は、すこやかで若々しい印象を与えると言われています。

2.美肌を目指すために覚えておきたい!スキンケアの基礎知識

美肌とはここでは、すこやか美肌を目指すのであれば欠かすことのできない、スキンケアの基礎知識をご紹介します。

すこやかな肌への近道は、毎日正しく基本的なスキンケアを行うことです。

肌に水分と油分を補い、お手入れによってサポートしましょう。

≪基本的なスキンケアの流れと重要性≫

①クレンジング

すこやか美肌のためには、クレンジング料でメイクをきれいに落とし、肌をすこやかで清潔に保つことが大切になります。

その後に行う洗顔やスキンケアのためにも、まずはしっかりとメイクを落としきりましょう。

メイクが肌に残っていると、メイク汚れが毛穴に詰まり、ニキビなどの肌荒れへと繋がりやすくなると言われています。

そのため、メイクを落とさないで寝る、ということは避けましょう。

それがたった一日だとしても、繊細な肌にとっては大きな負担になりえます。疲れていてもメイクは落とすよう心がけましょう。

②洗顔

クレンジング後は、正しい洗顔を行いましょう。

メイクをした日は、クレンジングと洗顔を両方行うことが基本になります。(クレンジング料によっては、クレンジングと洗顔が同時にできるものもありますので、確認してから使用し始めるようにしましょう。)

クレンジング料はメイクを落とし、洗顔料は汗やほこり、余分な皮脂、古い角質などを洗い流すという、それぞれ別の役割があるからです。

さらに、洗顔には肌に残っているクレンジング料を洗い流すという役割もあると言われています。

しっかり洗顔をすることによって、肌が清浄な状態になり、次の保湿のお手入れをする準備が整います。

③保湿のお手入れ

洗顔をすることで清浄な状態になった肌に、保湿のお手入れを行いましょう。

キメの整った美肌のためには、お手入れで肌にうるおいを与え、水分と油分を補うことが重要です。

化粧品には、化粧水、乳液、美容液、クリーム、ジェルなど、さまざまな種類があります。

自分の肌質を理解し、肌に合う組み合わせを見つけましょう。

例えば、保湿成分に着目して選ぶことも1つの選び方です。

≪保湿成分一例≫

セラミド
セラミド配合の化粧品は、肌の水分を補い保ってくれます。

セラミドの中でも、「ヒト型セラミド」は、人間の体内に存在するセラミドと似た作りであると言われています。ヒト型セラミドは、成分表記において「セラミド」の後ろに数字かアルファベットが表記されています。(例:セラミド1)

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸配合の化粧品は、肌にうるおいを与えてくれます。

体内のヒアルロン酸の量が減少すると、肌のうるおいが低下し、カサつきの原因になると言われています。

ヒアルロン酸は成分表記において、「ヒアルロン酸Na」「加水分解ヒアルロン酸」「アセチルヒアルロン酸」などと表記されていることがあります。

④紫外線対策をする

うるおい美肌を目指すには、紫外線対策を行うことも重要です。

紫外線は、肌の乾燥など、さまざまな肌悩みの原因になると言われています。

3.美肌とは?生活習慣との関係

美肌とは美肌を目指すのであれば、スキンケアをするだけでなく、生活習慣も整えることが大切です。

生活習慣が乱れてしまうと、もしスキンケアに力を入れていても、肌悩みが続いてしまうこともあります。

肌は日々の生活によって積み重ねられていくため、肌と生活習慣は切っても切れない関係なのです。

質の良い睡眠

美肌を目指すのであれば、質の良い睡眠を取るよう心がけましょう。

睡眠中の身体は、成長ホルモンが出ていると言われています。

成長ホルモンは身体の代謝に関わり、肌の働きをサポートすると言われているため、とても重要と言えます。

したがって、睡眠が不足すると、さまざまな肌悩みへと繋がってしまうと言われています。

とは言っても、一般的に理想だと言われている7時間~8時間の睡眠時間をとるのは、忙しい現代人には難しいかもしれません。

そこで、「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間に質の良い睡眠をとることが重要になるのです。

肌のゴールデンタイムとは、入眠後、約3時間~4時間のことを指し、成長ホルモンにの量が増えると言われています。

この時間に深く質の良い睡眠がとれるよう、食事は眠る2時間前までには済ませておくなど、身体の状態や環境を整えるようにしましょう。

バランスのとれた食生活

美肌を目指すのであれば、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

食事から取り入れる栄養は、良くも悪くも、肌に影響を与えると言われているからです。

まずは主食、主菜、副菜をバランスよく食べることを心がけてください。

その上で、なるべく肌に良いとされる食材を意識して取り入れていくようにしましょう。

肌に良いとされる食材の中から、代表的なものをご紹介します。

肌のバランスを整えると言われているビタミンB2の含まれている食材
レバー、チーズ、アーモンド、ヨーグルト、納豆、卵

肌や髪の毛を作るサポートをすると言われているビタミンB6の含まれている食材
緑黄色野菜、魚類、レバー、豚肉、いも類

これらの食材を活用し、できる限り自炊するのがおすすめです。

逆に、脂っぽい食事や、糖分の多い甘いものは、皮脂量が増える原因のひとつになると言われているため、可能な限り控えるようにしましょう。

適度な運動

美肌を目指すのであれば、適度な運動をしましょう。

適度な運動は血行が良くなり、すこやかな肌をサポートすると言われているからです。

慢性的に運動不足な状態は、めぐりが悪くなる原因になりかねません。
だからといって、身体に負担がかかるようなハードな運動をする必要はなく、ウォーキングなどの軽めな有酸素運動がおすすめです。

ストレスの緩和

美肌を目指すのであれば、自分なりのストレス緩和方法を見つけましょう。

ストレスを感じることでホルモンバランスが乱れると、皮脂量が多くなると言われています。

それによって毛穴が詰まり、ニキビなどの肌悩みに繋がる可能性もあるからです。

ストレスを解消することは難しいですが、ゆっくりお茶をしたり好きな音楽を聴いたりなど、自分なりのストレス緩和法を実践することで、軽減していきましょう。

4.まとめ

今回は、美肌についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

美肌を目指すためのスキンケアや生活習慣は基本的なことばかりですが、その基本がちゃんとできているか振り返ると、なかなかできていないことも多いのではないでしょうか。
基本的なスキンケアや生活習慣の意味を理解することで、それらを毎日続ける意義も感じやすくなりますよね。

毎日の積み重ねによって、すこやかな美肌を目指しましょう。

この記事は2017年1月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る