メニューを開く

エイジングケア研究最前線!肌老化の原因と今からでも間に合うケア方法

POLA

「最近なんだか肌が疲れて見えるけど、これって何だろう・・。」と感じたことはありませんか?

それは「エイジングサイン」が表面化してしまっているからかもしれません。

「エイジングサイン」は肌の黄ぐすみ・しわ・たるみなど様々な症状を引き起こし、肌を老化させます。

そもそも「エイジングサイン」は何が原因で起きているのか、「肌老化」は今からのケアでも改善できるのか。

今回は、肌老化の原因と今からでも間に合うケア方法についてご紹介します。

1.肌老化の3大要因

できてしまったエイジングサインは、化粧品での予防・改善も効果はありますが「何故起きてしまったのか」肌老化の要因を知ることが大切です。

まずは、肌が老化してしまう要因を理解していきましょう。

①乾燥

スキンケアの基本は「保湿」であり、美肌を維持するには「水分」と「油分」が欠かせません。

しかし肌に潤いを与える「水分」の量は、生まれたときをピークに年を重ねるに連れて減少し続けます。

さらに肌の潤いを抱え込む「油分」の量も、20代前半をピークに減少し続けるので、20代後半からは基本的な肌状態が乾燥に傾きやすくなります。

肌は乾燥してしまうと外的な刺激(紫外線や摩擦)から肌を守るバリア機能が低下してしまうため、あらゆる肌トラブルの原因となってしまったり、細胞が傷つくことによって肌の老化を引き起こします。

そのため、20代後半からのエイジングケアとしてまず必要なのは肌に不足している水分と油分を補うこと=【保湿】なのです。

高い保湿成分が配合された化粧品を積極的に取り入れていきましょう。

②活性酸素

sannka
肌老化を加速させる「酸化」とは鉄が錆びてしまったり、油が劣化するように肌の細胞が劣化してしまう現象のことです。

酸化は日々のストレスや紫外線の刺激によって、体内の酸素が悪い酸素(活性酸素)へ変化して引き起こされます。

酸化を加速させないためにも、日常生活ではできるだけストレスをためないようにしながら「日焼け止めを欠かさず塗る」などの紫外線対策を行い、悪い酸素(活性酸素)の予防・改善を行う抗酸化成分を積極的に取り入れていく必要があるのです。

主な抗酸化成分は、ビタミンC誘導体やフラーレン等です。

抗酸化成分は効果が高い半面、中には刺激を感じる方もいるので使用する際は必ずパッチテストを行いましょう。

③バーシカンの減少

4POLAイラスト
肌誕生因子のひとつ「バーシカン」は、POLAの研究機関が着目した、肌のコラーゲンやエラスチン等の細胞生成には欠かせない「皮フ誕生の土台をつくる」物質です。

「バーシカン」は初めて肌がつくられる胎児期に大量に生み出されますが、成長していくにつれてその量が激減し成人後はほとんどつくられなくなります。

そのため、大人の肌は「バーシカン」の減少によって肌の細胞生成や修復が滞り、保水力や弾力も低下して様々なエイジングサインが現れてしまうので、この「バーシカン」を増やすケアを行っていくことも、エイジングケアを行う上では重要となってきます。

2.肌老化によって引き起こされる肌トラブル

POOLAいらすと2

「肌老化」の症状が加速すると、肌表面は目に見えて全体がくすみ、透明感に欠けた状態になります。

また、肌表面だけでなく内側の見えていない部分でも細胞の老化は進みます。

ここで肌老化によって引き起こされる主な肌トラブルを2つご紹介します。

①肌がごわつき乾燥する
肌老化は肌表面を硬くしてごわつかせ、乾燥を導きます。

すると、肌表面はみずみずしさがなくなり「乾燥しわ」もできやすく、老けた印象を与えてしまうのです。

②しわ・たるみを増やす
肌の真皮部分はコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質から構成されており、肌のハリや弾力を生み出します。

しかし、乾燥や加齢(紫外線ダメージの蓄積・細胞の劣化)によって肌が老化してしまうと、細胞内のコラーゲンやエラスチンは破壊されてハリや弾力が著しく低下します。

そして、結果的に肌のしわやたるみを増やしてしまうのです。

3.今からでも間に合う!エイジングのケア方法とは?

できてしまった「エイジングケア」は、100%解消する方法が難しいとされていますが、予防・改善のケアによって症状を和らげることは可能です。

現在「エイジングケア」の予防・改善には、①外側からのエイジングケア化粧品でのアプローチと②内側からのインナーケアが最も有効とされています。

外側からのケアと内側からのケアを上手に取り入れてエイジングケアを行っていきましょう。

3-1.外側からのエイジングケア化粧品でアプローチ

高級化粧品

外側からのエイジングケアには、「エイジングサイン」の改善に特化した化粧品でのケアが効果的です。

肌に潤いを与える保湿成分や、活性酸素を除去する抗酸化成分、そして最新のエイジングケアでもあるバーシカンを増やす成分が配合されている化粧品を取り入れていきましょう。

バーシカンを増やす働きのある成分は、現在POLAのB.Aラインの中で独自成分「ゴールデンLP」として配合されています。

3-2.内側からのインナーケア

やさい

内側からのエイジングケアには、体内の活性酸素を除去する「抗酸化」効果のある食材を取り入れることが効果的です。

次の食材を食事や飲み物として積極的に摂取しましょう。

<抗酸化作用のある主な食べ物>
・ピーマン
・レモン
・アセロラ
・いちご
・芽キャベツ等

<抗酸化作用のある主な成分>
・ビタミンC
・ビタミンB郡
・ビタミンE
・リコピン

4.まとめ

できてしまった「エイジングサイン」は、100%解消する事が難しいとされていますが、予防・改善のケアによって症状を和らげることは可能です。

保湿ケア・抗酸化ケア・そして最先端のエイジングケアであるバーシカンを増やすケアを積極的に行い、未来の自分のためにも今からエイジングケアを取り入れてみてはいかがでしょうか?

【9月のおすすめアイテム】

ro-shonnmiruku

 

POLA B.Aローション・ミルク
参考:POLA

肌の細胞生成サポートを行うバーシカンに着目した成分「ゴールデンLP」を配合。胎児期の肌誕生のメカニズムを大人の肌でも再現し、ハリ・弾力感のある肌を目指します。

ro-

B.Aローション ハーフサイズ
参考:POLA

B.Aを体感したいならまずはローションから。お試ししやすいハーフサイズが初登場。

 

RED

RED B.Aモイスチャースターターセット  ※通販限定
参考:POLA

エイジングケアを始めたい方に、おすすめのB.Aのエントリーライン RED B.A。
「EGクリアエキス」配合。

RED B.Aのローションとミルクを1ヶ月お試しできる通販限定セットです。

 

この記事は2015年9月26日時点での情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。