メニューを開く

秋からは保湿が勝負!潤い力の高い保湿ケアを行う2つのポイントとは?

美肌研究ラボ10月①

10月に入り、だんだんと朝晩も冷え込んできましたが、同時に「肌がごわついて乾燥してきたな・・・」と感じてはいませんか?

乾燥は表面的なカサつきだけなく「肌荒れ」や「くすみ」等の様々な肌トラブルを引き起こす美肌の大敵ですが、特に乾燥しやすいこの時期は自らが積極的に「潤い補給」を行う必要があります。

そこで今回は、「潤い力の高い保湿成分」と「賢く取り入れる3つのポイント」をご紹介していきます。

1.10月は「肌乾燥」が深刻化しやすい時期である

外気の乾燥や冷えが急速に加速する10月は、肌表面の水分と油分が共に減少し、乾燥が深刻化しやすい時期です。

さらにこの時期は夏の間に受けた紫外線ダメージも蓄積されている状態なので、春夏のスキンケアでは潤い不足に陥りやすいのです。

肌の乾燥は深刻化してしまうとあらゆる肌トラブルの原因となってしまうため、この時期の乾燥をそのままにせず、少しでも「乾燥しているかな」と感じたら保湿力を重視したスキンケア化粧品に切り替えてお手入れを行っていく必要があります。

2.肌の乾燥によって引き起こされる肌トラブル

polapola

肌の乾燥は、表面的なカサつき感だけでなくあらゆる肌トラブルを引き起こします。

何故なら、肌の乾燥はバリア機能(角層の状態)を低下させてしまうからです。

バリア機能(角層)は本来、保湿成分を肌内部に閉じ込めて潤いを保持するだけでなく紫外線や摩擦等の外部刺激から肌を守る働きがあります。

このバリア機能が低下することで、肌は外部からのダメージを受けやすくなりトラブルを引き起こす原因となるのです。

■乾燥によって引き起こされる肌トラブル

①  肌がごわついてくすむ
肌は水分量と油分量が不足して乾燥するとバリア機能が低下します。

バリア機能が低下した肌は、水分が更に蒸発してしまうため硬くごわつきを引き起こして肌全体をくすませてしまいます。

②  ニキビを引き起こす
肌表面が硬くごわつくと皮膚は柔軟性を失います。

皮膚が柔軟性を失うと毛穴はわずかな皮脂でも詰まりやすくなり、この詰まりがニキビを作る原因となってしまうのです。

③  たるみ・しわ等の肌老化を加速させる
肌の細胞はコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質から構成されておりハリや弾力を生み出していますが、乾燥が悪化してバリア機能が低下すると外部ダメージを受けやすくなり肌の老化を加速させてしまいます。

肌の老化が加速すると、細胞内のコラーゲンやエラスチンもどんどん劣化・減少してしまうため、ハリや弾力も著しく低下して「しわ・たるみ」等を生み出してしまうのです。

3.潤い力の高い保湿ケアを行う3つのポイント

肌のトラブルを回避して美肌を保つためにも、この時期の保湿ケアは欠かせません。次の3つのポイントを意識して普段のお手入れを行っていきましょう。

①潤い力の高い保湿成分を取り入れる

uruoi

「保湿成分」にも様々な種類がありますが、その中でも特に潤い力の高い保湿成分は大きく下記に分かれます。積極的に意識して取り入れていきましょう。

■水分を挟み込む保湿成分
セラミド・スフィンゴ脂質・ステアリン酸コレステロール・リン脂質

■水分を抱え込んで逃がさない成分
ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン

■水分を掴む成分
天然保湿因子・NMF・PG・ブチレングリコール

■バリア膜を形成する成分
スクワラン・ワセリン

■角層を整えて潤いを保持する成分
サクラエキス・オウレンエキス

※上記は代表的な保湿成分です。

②  「適量」を意識する
スキンケアを行う際、最も大切なのは「適量」を意識することです。

それは、各メーカーが推奨している適量よりも化粧品の使用量が少ないと、せっかく肌へのせても必要な成分が肌全体にまんべんなく角質層まで浸透せずスキンケアそのものの効果が半減してしまうからです。

スキンケアの効果を最大限に引き出すためにも必ず適量を使用するようにしましょう。

③  目元や口元などの乾燥しやすい部分には重ねづけをする
目元や口元など、肌の中でも特に乾燥しやすい部分には化粧品を重ねづけしましょう。

なぜなら、目元・口元は元々皮脂腺が少ないため、特に秋冬は乾燥が深刻化してしまうからです。

目元や口元の保湿は、乾燥しわの予防にもなるので肌を乾燥させないためにも意識的に化粧品の重ねづけをしましょう。

4.まとめ

乾燥は表面的なカサつきだけなく「肌荒れ」や「くすみ」等、さまざまな肌トラブルを引き起こす「美肌の大敵」です。

特にこの時期の保湿ケアが冬の美肌には欠かせません。

ちょっとの「乾燥」を無視せず、意識的に十分な潤い補給を心がけていきましょう。

【10月のおすすめ】

 

ro-shonn

モイスティシモ ローション
とろみのあるリッチな感触の高保湿化粧水です。

乾燥して硬くゴワついた肌に、たっぷりの保湿成分であり角層を整える「サクラエキス」「オウレンエキス」等が肌のすみずみまで浸透し、内側から潤って吸いつくようなもっちり肌へと導きます。

miruku

モイスティシモ ミルク
とろりとした感触の伸びのよい美容乳液です。化粧水と同様に保湿成分「サクラエキス」「オウレンエキス」や「グリセリン」等が肌を柔らかく潤し、長時間キープします。

 

moisuthishimo

モイスティシモ トライアルセット
潤いにこだわった高保湿スキンケアのトライアルセットです。

単に与えるだけでは終わらない、細胞レベルから潤う力をつけ、うるおいに満ちたもっちり若々しい肌へと導きます。

クレンジングからクリームまで、肌に潤いを与えるモイスティシモライン5品が、まとめて約2週間試せるトライアルセットです。

 

この記事は2015年10月20日時点での情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。