メニューを開く

秋はファンデーションも衣替え!潤うベースをつくる3つのポイントとは?

美肌研究ラボ②

だんだんと秋めいてきて、肌寒くなってくる10月。「ファンデーションのノリが悪くなってきた気がする・・」と感じる方も多いのではないでしょうか?

外的な環境も春夏と異なり「乾燥」が気になりはじめたこの季節は、肌に合わせたファンデ-ションの切り替えにおすすめの時期でもあります。

そこで今回は、秋にファンデーションを切り替えるべき理由と選び方、そして美肌に魅せるベースづくりのポイントをご紹介いたします。

1.ファンデーションを季節によって切り替えるべき理由

PPPPP

大手化粧品メーカーは、およそ1年に2回(春夏と秋冬)季節に合わせたファンデーションを提案しています。

何故なら、肌の状態は季節環境によっても大きく左右されるため、その時期に合わせたファンデーションを選ぶ必要があるからです。

春夏のファンデーションは、基本的に皮脂・汗崩れに強い設計となっており、紫外線から肌を守るUVカット効果(SPF・PA)も比較的、高めとなっています。

しかし、秋以降になると紫外線は徐々に弱まり皮脂・汗の分泌量も減少して空気はどんどん乾燥します。

そのため、春夏に特化したタイプを使い続けていると、皮脂崩れを防止する成分が肌の必要な皮脂まで奪ってしまうため、カサカサで粉を吹いたような肌になってしまったり小じわが目立ってしまうのです。

秋冬は「皮脂・汗崩れ」や「紫外線カット」機能が高いものではなく、肌変化に特化した「保湿効果や乾燥崩れに強い設計」のものを選ぶようにしましょう。

2.秋冬のファンデーションの選び方

fannde

■秋ファンデーションの選び方■

①保湿力の高いものを選ぶ

ファンデーションの本来の役割は、素肌をより美しく見せたり、欠点をカバーして綺麗な肌に仕上げることです。

秋冬のファンデーションは、春夏のファンデーションと比較しても確実に「保湿力」に適しており、さらに乾燥しやすい肌に対して化粧ノリや持ちもよくなるように設計されています。

仕上がりの好みに合わせた保湿性に優れたファンデーションを選びましょう。同時に化粧下地も秋の肌に合わせた保湿成分が配合されものをおすすめします。

②なりたい仕上がりで選ぶ

matuya
※左マット/右ツヤ

秋冬のファンデーションは、保湿力を重視したうえで自身のなりたい仕上がりの質感を選ぶようにしましょう。肌の仕上がりの質感は、大きく【ツヤ】か【マット】の2つに分かれます。

ツヤ肌とは、みずみずしく潤いに満ちた質感のつややかな肌で、いきいきとした健康的なイメージを与えます。

マット肌は、きめが細かくマシュマロのようなふわっとした質感の肌で、上品で知的なイメージを与えます。

なりたい質感は、主にファンデーションによって左右されるため、なりたいイメージに合わせたものを選ぶことをおすすめします。

3.美肌に魅せるベース作りのポイント

3-1.スキンケア+下地で肌の土台を整える

いくら秋冬用にファンデーションを購入しても、土台であるスキンケアやの保湿がおろそかになってしまったり、下地の塗り方にムラがあると、肌とベースメイクの密着度が弱まりメイクが崩れやすくなってしまいます。

ファンデーションの化粧持ちを良くする為にも、スキンケア+下地の段階で肌の土台を整えましょう。

3-2.厚塗りにならないよう適量を意識する

ファンデーションは厚塗りにならないよう適量を意識しましょう。

何故なら、ファンデーションの適量を意識せず、肌悩みを隠そうと厚く塗りすぎてしまうと、全体の透明感が失われ、さらに崩れやすくなります。

できるだけ、適量を意識して均一に塗るようにしましょう。

3-3.ファンデーションを塗った後はスポンジで全体を馴染ませる

種類に関わらず、ファンデーションを塗った後は必ず肌全体をスポンジかパフで、軽く抑えるようになじませましょう。

これにより、ファンデーションが首と綺麗に馴染んで、よりナチュラルで自然な仕上がりになります。

また、余分な油分をオフすることができるので、化粧崩れを起こしにくくします。

4.ファンデーションの消費期限

化粧品の消費期限は基本的に未開封で3年、開封後は1年です。

しかし、ファンデーションのように顔全体に使うものは、特に雑菌がたまりやすく、酸化した油分によってニキビや黒ずみ等肌トラブルを招く可能性もあります。

美肌を維持するためにもワンシーズンもしくは半年に1回は変えることをおすすめします。

5.まとめ

気温の低下と共に、空気も乾燥してくる10月。

季節に合わせて、身にまとう洋服を変化させるように、肌を包み込むスキンケアやファンデーションにもその季節に合わせたものが存在します。

ファンデーションの切り替えこそ美しいベースメイクを維持するためには必要不可欠なので、自分の美肌を維持するためにも積極的にベースメイクの衣替えを行っていきましょう!

【10月おすすめアイテム】

BAせらむ

BAザ デイセラム
肌の凹凸をなめらかに整え、つやのある質感に仕上げる下地美容液です。

POLA独自の保湿成分が紫外線や乾燥などの外的環境から肌を守り、化粧のりを高めながら、透明感が溢れ出るような輝く肌の土台づくりを行います。

 

PPPPP

BAザクリーミィファンデーション
大人の肌を乾燥から守り、一日中つややかに整えるクリームタイプのファンデーションです。

B.Aスキンケア共通の美容成分配合に加え、新たに保湿成分「モイストアップポリマー」を配合し、まるでスキンケアクリームのような感触で、みずみずしくうるおった輝く肌に仕上げます。

PPP

BAザパウダリィファンデーション
適度なカバー力としっとり感を兼ね備えた、大人の肌を美しく演出するパウダーファンデーションです。

軽やかに肌に広がるきめ細かなパウダーがなめらかにフィットし、スピーディなひと塗りで、発光つや感のある肌に仕上げます。

この記事は2015年10月20日時点での情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。