メニューを開く

黒ニキビの芯が取りたい!黒ニキビを防ぐケア、3つのポイント

黒ニキビ 芯

「黒ニキビの芯を取りたいんだけど、どうすれば良いの?」と思っている方はいませんか?

黒ニキビは、まるで鉛筆の芯が肌に刺さっているかのように目立ちやすく、メイクでは隠しづらいので、1つでもできてしまうと気になって仕方がないですよね。

その上黒ニキビは痛みを伴わないため、気づかないうちに顔だけでなく背中や胸、首などにできていた…なんてこともあります。

そこで今回は、気になる黒ニキビの原因と、黒ニキビのケア方法、黒ニキビをこれ以上できにくくするためにできる対策などをご紹介します。


1. 黒ニキビについて

まずは、知っているようで意外と知らない、黒ニキビについて詳しく知ることから始めましょう。

1-1. 黒ニキビとは?

黒ニキビ 芯⑤黒ニキビを含めたニキビ全般は、毛穴に皮脂や汚れが詰まることで生じるケースが多いですが、ニキビの中でも「黒ニキビ」と呼ばれるニキビは、増え過ぎた角栓が毛穴を押し広げ、皮膚の表面に飛び出してしまった状態のことを主に指します。

角栓は、毛穴から飛び出し空気に触れることで酸化反応を起こし、黒く変色するという特徴を持っていると言われています。
そのため黒ニキビには、鉛筆のような黒い芯に見えてしまうのです。

この黒い芯のような角栓が特徴的なため、「黒ニキビ」と呼ばれるようになったと考えられています。

みなさんは「いちご鼻」という言葉をご存知でしょうか。

「いちご鼻」とは、小鼻周りの毛穴が黒ずみ、イチゴの種のように見えてしまう鼻のことを指しますが、この「黒ずんだ毛穴」も、黒ニキビ同様、毛穴に詰まった皮脂や汚れが酸化し、黒ずんでしまっている状態にあると言われています。

黒ニキビ 芯11

1-2. 黒ニキビの芯?できてしまう原因について

黒ニキビ 芯21黒ニキビの芯のように見えるものの正体は、毛穴に詰まった角栓が、酸化して黒ずんでしまったものだと考えれています。
では、なぜ毛穴に角栓が詰まってしまうのでしょう。

その原因はいくつかありますが、今回はその中でも、代表的なものを2つ、ご説明します。

① 肌リズムの乱れ

黒ニキビ 芯12
肌の古い角質がはがれ、新しい肌がつくられるリズムが乱れると、角栓が生じやすくなり、黒ニキビの芯(角栓)へと発展してしまう可能性があります。

肌リズムが乱れてしまった肌は、新しい肌がスムーズに作られなくなるといわれています。

本来ならば剥がれ落ちるはずの古い角質がいつまでも肌表面に残り続けることで、古い角質と皮脂が混ざり合い、毛穴に詰まってしまうことがあります。

② ホルモンバランスの乱れ

黒ニキビ 芯
ホルモンのバランスが崩れることでも、角栓が生じやすくなり、黒ニキビの芯へとつながってしまうことがあります。

ホルモンのバランスが崩れると、肌の油分・水分の量が変化し、過剰に皮脂が出たり、反対に皮脂が減少し、肌の乾燥が加速したりすることがあるとされています。

皮脂が出過ぎても少なすぎても、角栓ができやすい肌環境へと導いてしまう可能性があるのです。

2. 黒ニキビの芯(角栓)は取って良いの?

黒ニキビ 芯⑥
黒ニキビは、角栓の量が増えてはいるものの、ニキビとしては比較的初期の段階だといえます。

しかし、黒ニキビの状態をそのまま放っておくと、毛穴の中の角栓によって、痛みを伴うニキビへと悪化してしまう可能性もあると言われています。

そのため、黒ニキビにお悩みの方の中には、「黒ニキビの芯(角栓)を取ってしまおう」と考える方もいるでしょう。

実際、黒ニキビの芯の部分(角栓)を取る、という手段は、黒ニキビの治療法として皮膚科で採用されていることもあります。

【黒ニキビの芯(角栓)出しの方法の例】

黒ニキビの芯(角栓)出しには、「コメドプッシャー」という道具を使用することが多いようです。

黒ニキビ 芯

「コメドプッシャー」とは、1本の棒状をしており、先端部分に丸い穴が開いているものが一般的です。
穴部分の大きさや形状にはさまざまなタイプがあり、この穴の部分をニキビに押し当て、芯出しを行うとされています。

ドラッグストアなどで類似のアイテムも売られていますが、「黒ニキビの芯(角栓)を取りだす」という対処法は、肌らぶ編集部としてはあまり、おすすめしません。

なぜなら、黒ニキビの芯(角栓)を取りだすという行為は、一見するととても簡単に思えますが、実は以下のようなデメリットが考えられるのです。

◆黒ニキビの芯(角栓)出しを行うデメリット◆

◎健康な皮膚にまで不要な刺激を与えてしまうため、ニキビ跡を残してしまうことがある。

◎芯を出す際、毛穴に雑菌が入り、ニキビを余計に悪化させてしまうことがある。

◎芯を出しきれず、同じ個所にまた黒ニキビができてしまうことがある。

◎毛穴の開きを誘発してしまう可能性があり、かえって毛穴に汚れを詰まりやすくしてしまうことがある。

以上のデメリットを踏まえた上で、それでもどうしても黒ニキビの芯(角栓)出しを行いたい場合は、皮膚科の診断を受けましょう。

3. 皮膚科で行う黒ニキビの芯(角栓)出し

皮膚科で受けることのできるニキビの芯出しは、「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」と呼ばれています。

専用の器具を用い、医者の手で黒ニキビの芯(角栓)や詰まった汚れなどを取り除くという治療法で、皮膚科によっては保険が適用されることもあるようです。

ニキビを正しく治療したいのであれば、クリニックが良いといえるでしょう。

施術自体がスムーズに進む以前に、治療の前に、自分のニキビがどんな状態で、実際に「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」を受ける必要があるのか、などを確認することができるため、皮膚に必要以上の負担をかけずに済むのです。

「どうしても黒ニキビの芯が気になる」「黒ニキビの芯を今すぐ何とかしたい」という方は、自分で解決しようとせず、まずは皮膚科へ相談してみましょう。

4. 黒ニキビの芯(角栓)をできにくくする、3つのポイント

黒ニキビ 芯⑨ 黒ニキビにお悩みの方は、黒ニキビの芯の部分(角栓)が目立つことを気にしている方が多いのではないでしょうか?

黒ニキビの芯(角栓)と呼ばれる部分はメイクでも隠しにくいため、どうしても気になってしまいますよね。

黒ニキビの芯(角栓)が生じてしまう主な原因は、毛穴に収まり切らない角栓が、毛穴に詰まってしまうことです。

黒ニキビの芯のようなものができてしまうことを防ぐためには、毛穴に角栓が詰まらないよう、毎日の生活の中で、継続してケアを続けていくことが大切です。

この章では、黒ニキビの芯(角栓)をできにくくするために、毎日の生活の中で守りたい、3つのポイントをご紹介します。

◎黒ニキビの芯(角栓)をつくりにくくするためのケア①【洗顔】

黒ニキビの芯(角栓)をつくりにくくするためのケアとして、肌らぶ編集部でおすすめしているのは「洗顔の見直し」です。

毎日行うものである洗顔を通じて、毛穴に角栓が詰まるのを減らすことができれば、新たな黒ニキビの芯ができにくくすることもできるのです。

黒ニキビの芯の原因と言われている、「角栓」を詰まりにくくする、または洗い出しやすくするために、洗顔の見直しを行ってみましょう。

◆「酵素洗顔料」または「泥洗顔料」を使用してみる

黒ニキビ 芯10
黒ニキビの芯(角栓)の対策のため、まずは使用する洗顔料の見直しを行いましょう。

黒ニキビの芯の原因となる「角栓」を洗い落とすには、酵素成分が配合された、「酵素洗顔料」または、泥の成分が配合された、「泥洗顔料」がおすすめです。

「酵素」「泥」ともに、肌表面の古い角質を洗い落とすことに適した成分と言われ、酵素洗顔料や泥洗顔料で洗顔を行うことで、黒ニキビの芯(角栓)の発生を防ぐことができると考えられているのです。

しかし、酵素洗顔料と泥洗顔料は、頻繁に使用し過ぎると、肌の負担となってしまうことがあります

酵素洗顔料・泥洗顔料ともに、製品ごとに使用頻度が定められているため、使用する際は、製品に明記されている使用方法をよく読み、指定された使用頻度を守りましょう。

◆弾力のある泡で丁寧に洗う

黒ニキビ 芯(2)
黒ニキビの芯(角栓)を対策するため、洗顔の方法自体も見直してみましょう。

黒ニキビの芯(角栓)の対策の洗顔では、「弾力のある泡で丁寧に洗う」ことが重要になります。

黒ニキビの芯(角栓)にお悩みの方は、ニキビを早く治したいあまり、ごしごしと力を込めて、一生懸命肌をこするようにして洗顔を行っている方もいるのではないでしょうか?

実は、黒ニキビの芯(角栓)の対策として、この洗顔方法はNGです。

ゴシゴシと力を込めて肌を磨く行為は、肌にとって負担になりやすく、黒ニキビを引き起こしてしまう可能性があるのです。

そのため、よく泡立てた泡で、肌を撫でるような感覚で洗うことが大切です。

よく泡立てた洗顔料は、毛穴に詰まった汚れをしっかりと吸着してくれるので、黒ニキビの芯(角栓)のケアを、効果的に行うことができるのです。

肌をゴシゴシとこするのではなく、泡を顔全体に乗せて、皮膚の上に円を描くような感覚で、泡を壊さないように手を動かすことがポイントです。

◎黒ニキビの芯(角栓)を作りにくくするケア②【保湿】

黒ニキビ 芯
黒ニキビの芯(角栓)のケアには、基礎化粧品で保湿対策することも効果的です。

ニキビができやすい方は、ニキビの原因となる皮脂を減らそうと考え、保湿のスキンケアに重きを置かない方もいるのではないでしょうか?

しかし、必要な保湿をせずに肌が乾燥してしまうと、皮脂が過剰に出てしまう可能性があるため、逆効果となることがあります。

黒ニキビの芯(角栓)の対策として、スキンケアによる保湿はしっかりと行うことが理想です。

黒ニキビの芯(角栓)対策の保湿として、以下の2つのポイントを心がけてみましょう。

◆洗顔後はすぐに保湿を行う

黒ニキビ 芯
黒ニキビの芯(角栓)の対策として、洗顔後はすぐに、基礎化粧品による保湿を行いましょう。

洗顔後、基礎化粧品を何もつけないまま、洗いざらし状態で長時間を過ごしてしまうと、肌が乾燥し、毛穴の開きが生じてしまうことがあります。

乾燥することで開いた状態の毛穴は、汚れや角栓が詰まりやすくなるため、黒ニキビの芯ができやすくなってしまうのです。

洗顔後は、できるだけ素早く化粧水・美容液・乳液・クリームといった基礎化粧品を丁寧に肌に馴染ませ、肌の乾燥を防ぎましょう。

◆刺激を与えず、肌に馴染ませる

下まつげ エクステ②
黒ニキビの芯(角栓)が気になるときは、肌に負担を極力与えないようにして、肌に触れるよう心がけましょう。

肌は、刺激を受けることで、肌荒れや乾燥が生じてしまうことがあります。

例えば過度なパッティングや、かゆみを感じたときに爪でゴシゴシとかいてしまう行為などは、肌にとって負担となることがあります。

洗顔時やタオルで水気を拭くとき、かゆみを感じたときなど、肌に触れる際は、常に丁寧に触れるよう心がけ、不要な負担を与えないように注意しましょう。

また、化粧水や乳液などの基礎化粧品を肌に馴染ませる際は、パッティングで行うのではなく、ハンドプレスで行い、基礎化粧品を角質層まで浸透させるイメージで、しっかりと馴染ませるようにしましょう。

◎黒ニキビの芯(角栓)を作りにくくするケア③【生活習慣】

三軒茶屋 美容院 おすすめ
黒ニキビの芯となる角栓が気になる方は、生活の習慣の乱れにも気を配りましょう。

私たちの毎日の生活は、【食事】【睡眠】【運動】【精神】この4つの項目が満たされることが理想とされています。

食事のバランスが乱れたり、睡眠不足が慢性化したりしてしまうと、それに伴い肌の状態も乱れがちになってしまうことがあります。

例えば、身体の健康を損なうことで、角栓の元となる皮脂が過剰に出るようになり、毛穴詰まりが生じやすくなってしまうこともあるのです。

黒ニキビの芯(角栓)ができにくい肌環境を整えるために、以下の4つのポイントに注意してみましょう。

【黒ニキビの芯(角栓)の発生を防ぐ、生活習慣】

①バランスの取れた食生活

黒ニキビ 芯③ 食生活の乱れは、皮脂が多く出てしまう原因となることがあるので、バランスの良い食事を心がけてみましょう。

バランスの良い食事をするためには、全ての栄養素を偏りなく摂取することが理想的ですが、黒ニキビが気になる方には特に、以下の栄養素を含む食べ物でサポートするのがおすすめです。

【黒ニキビの芯(角栓)予防によい食べ物】

◆ビタミンB群(肌リズムを助け、肌や髪に栄養を与えてくれる):納豆・マグロ・卵・ 胚芽米・レバーなど

◆ビタミンC(美容に効果的とされている):アセロラ・レモン・ピーマンなど

◆ビタミンE(肌へ栄養が行き届きやすくしてくれる):いくら・スジコなど

②睡眠時間をきちんと確保する

黒ニキビ 芯(3)
毛穴詰まりのない健やかな肌を保つために、まずは毎日の睡眠時間を均等に取れるよう、心がけてみてください。

肌は眠っている間に新しい肌が作られるといわれており、さらにいうと、夜10時~深夜2時の4時間が、最も肌に与える影響が大きいといわれているのです。

1日の理想睡眠時間は、6~8時間程度とされています。
「毎日忙しくて、そんなに眠っていられない!」という方もいらっしゃるかと思いますが、可能な限り、睡眠時間は毎日きちんと取るよう心がけましょう。

③できるだけ身体を動かす

黒ニキビ 芯 運動量の低下もまた、毛穴詰まりが生じやすくなる原因となることがあります。

毎日の生活の中で、できるだけこまめに身体を動かすよう心がけてみましょう。

軽度の運動により身体を動かす行為は、体内の血行を良くしてくれます。

これによって肌へ栄養が行き渡りやすくなり、毛穴詰まりを生じにくくすることができるのです。

【毎日の中で取りいれたい軽度の運動】

◆通勤・通学時、一駅前で降りて一駅分歩く

◆エスカレーターを使用せず、階段を使用する

◆コピーやトイレなど、小まめな用事をまとめずにその都度、席を立つようにする

④ストレスを溜めない

黒ニキビ 芯20
健やかな肌を保つため、ストレスは溜め込まずに、その都度発散するよう心がけましょう。

ストレスが過度に溜まると、ホルモンバランスが乱れてしまうことがあり、ホルモンバランスの乱れによって、皮脂が多く出やすくなってしまうことがあります。

ストレスを溜めないため、例えば、毎日1時間だけ自分の好きなことをする時間をつくったり、寝室をお気に入りの香りで満たしたりしてみてはいかがでしょう。

ストレス発散方法には個人差がありますが、自分の好きなことをしていたり、好きなものに囲まれていたりする時間を、意識して作るよう心がけてみましょう。

5. まとめ

黒ニキビの芯(角栓)ができてしまう原因とケア方法、さらにその対策などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

黒ニキビは毛穴を無理にこじ開け、角栓が顔を出した状態にあります。
そのため、芯を無理やり取り出す行為は毛穴を余計に広げることになり、さらなる黒ニキビの発生を促してしまう場合があるので、あまりおすすめはできません。

黒ニキビ知らずの美しい肌は、手っ取り早く手に入るものではありません。
黒ニキビが気になる方は、まずは毎日の生活を健康的なものに整え、今後黒ニキビの芯(角栓)が発生しにくい肌環境を整えていくことを第一に考えましょう。

この記事は2016年10月24日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る