メニューを開く
アスタリフト;

日焼けによるシミに使いたい!美白化粧水おすすめ5選

シミ 化粧水最近日焼けによるシミが増えはじめた…というあなた!きちんと対策はしていますか?

もうこれ以上シミをつくりたくない!そう思ったら、美白※化粧水の出番です!

肌らぶ編集部から是非おすすめしたい美白※化粧水をご紹介します。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆


【医薬部外品】WHITISSIMO(ホワイティシモ)
薬用ローション ホワイト EX

【医薬部外品】WHITISSIMO(ホワイティシモ) 薬用ローション ホワイト EX販売会社:株式会社 ポーラ

独自美白※成分ルシノール(R)、独自複合保湿成分ブライトカプセルでうるおいを与えつつ、肌のキメを整える化粧水です。

とろみのあるリッチなテクスチャーが角層をうるおいで満たし、肌をすこやかに保ちます。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

【医薬部外品】WHITISSIMO(ホワイティシモ) 薬用ローション ホワイト EX


1.日焼けでシミはなぜできる?

日焼けとは、紫外線を浴びるによって肌本来の働きでメラニン色素が生成され、肌色が変化することです。

メラニン色素は紫外線から肌を守る役割を担っており、健やかな肌であれば、新陳代謝によって最終的に垢(アカ)となり剥がれ落ちます。

しかし、加齢やストレスなどの影響によってリズムが乱れて乾燥した肌では、メラニン色素を含んだ角質が停滞して色素沈着を起こすことがあります。これが一般的に「シミ」と呼ばれるものです。

多くの人が30代頃から日焼けによるシミが気になりはじめるのは、丁度その頃から肌のリズムが変化しはじめ、乱れていくからです。

シミを作らないためには、少しでも日焼けをしないこと、肌を健やかな状態に保つことが大切です。

2.シミ予防におすすめの美白化粧水5選

美白※化粧水に含まれる美白※有用成分は「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと」ことを目的としています。

以下は、主な美白※有用成分です。美白※化粧水を選ぶ際には、成分表で美白※有用成分を確認してみてください。

【美白※有用成分の例】
・アルブチン
・エラグ酸
・ルシノール
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸
・リノール酸
・カモミラET
・t-AMCHA

日焼けによるシミをつくらないために、肌らぶ編集部おすすめの美白※化粧水をご紹介します。

※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

【医薬部外品】WHITISSIMO(ホワイティシモ)
薬用ローション ホワイト

POLA WHITISSIMO
販売会社:株式会社 ポーラ

独自の複合保湿成分「トリプルブライトカプセル」でたっぷりとうるおいを与え、キメの整った健やかな素肌に整える薬用美白※化粧水です。

美白※有用成分ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2Kで日焼けによるシミ・ソバカスを予防します。

肌にうるおいを与えるメルティングモイストオイルA配合でとろりとしたテクスチャーは、肌に溶け込むように心地よくなじみます。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

⇒ホワイティシモ 公式HPはこちら

 

【医薬部外品】saeru(サエル)
ホワイトニング ローション クリアリスト

サエル
販売会社:株式会社decencia

美白※有用成分「アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)」、「グリチルリチン酸2K」を配合した、日焼けによるシミを防ぐ薬用美白※化粧水です。

とろっとしたテクスチャーが肌に気持ち良く伸び、潤いを与えてなめらかに肌を整えます。

※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

⇒サエル 公式HPはこちら

【医薬部外品】ASTALIFT(アスタリフト)
ホワイト ローション

アスタリフトホワイト
販売会社:株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー

美白※有用成分「アルブチン」、独自開発の保湿成分「ナノAMA(ツボクサエキス)」などを配合した、日焼けによるシミを予防する美白※化粧水です。

肌に潤いを与えて、ハリとツヤのある肌へ導きます。

※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

⇒アスタリフト ホワイト 公式HPはこちら

【医薬部外品】REVECY(リベシィ)
ホワイト ローション

revecy white販売会社:株式会社ヤクルト本社

美白※有用成分ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K配合、さらに保湿成分として乳酸菌飲料メーカーならではトリプル乳酸菌を加え、うるおいに満ちた健やかな肌へ整える薬用美白※化粧水です。

みずみずしくまろやかな使用感とフレッシュグリーンフローラルの香りで、スキンケアタイムも心地よく過ごすことができます。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

⇒リベシイ ホワイトローション 公式HPはこちら

【医薬部外品】hifmid(ヒフミド)
ホワイトニングローション

hifmid
販売会社:小林製薬株式会社

2つの美白※有用成分アルブチン、ビタミンC誘導体とこだわりの保湿成分を配合し、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎながら肌をたっぷりとうるおし、ハリある肌へ導く薬用美白※化粧水です。

保湿成分として天然型セラミドⅡと白米(米抽出物加水分解液V)や白芥子(ハクガイシ加水分解エキス)など白の植物エキスを配合、肌を健やかな状態に整えます。

乾燥でデリケートになりがちな肌にもおすすめです。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

⇒ヒフミド ホワイトニングローション 公式HPはこちら

3.シミ予防におすすめの美白化粧水の使い方

美白※化粧水の魅力をより実感するためには、正しく使用することがなにより大切です。
この章では、美白※化粧水の正しい使い方を3つのポイントに分けてご紹介します。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

①パッチテストを行う

その性質から肌への刺激になることもある美白※化粧水は、使用前にしっかりとパッチテストを行うことが大切です。

入浴後、絆創膏などのガーゼ部分に美白※化粧水を数滴含ませ、二の腕の内側等に貼布して24時間以内に赤みや腫れ、かゆみなどの肌の変化がないか確認しましょう。

二の腕のパッチテストで問題がなければ、次にフェイスラインなどに少量を塗り、再度肌の変化がないか確認してみてください。

その後24時間以内に肌の状態に大きな変化がなければ、使用による肌悩みの心配は少ないと言えます。パッチテストの段階で肌に変化が見られた場合は、医師に相談してみてください。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

②適切な量を使用する

美白※化粧水を使うときにはブランドごとの使用量を守ることが大切です。肌への刺激になる可能性もあるため、使用量以上の使用は控えるようにしましょう。

パッケージ等に特に記載のない場合は、500円玉大を目安に使いましょう。

手を使って美白※化粧水を肌にのせると、手のひらの温度で化粧水が適度に温まり、肌になじみやすくなると言われています。

美白※化粧水をとった手のひらで顔全体を押さえるようにハンドプレスし、しっかりとなじませます。乾燥が気になる部分には、その目安量を何度かに分けて肌になじませることをおすすめします。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

③保管状態に気をつける

美白※化粧水は、直射日光・高温・多湿を避け、冷暗所で保管することをおすすめします。

さらに、美白※化粧水をコットンや手に取るときには、容器の口に手が触れないように気をつけましょう。

その魅力をより効率的に実感するためにも、開封したらできる限り早い段階で使い切ることを意識するのが大切です。

保存期間の目安はブランドごとに異なるので、公式ホームページなどで事前に確認しましょう。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

4.日焼けによるシミをつくらないための対策7つ

日焼けによるシミをつくらないためには、なによりも日焼け対策が大切です。
日焼けを生み出す紫外線は5月から8月が最も多いと言われ、季節によって多少その量は変動しますが、基本的に一年中降り注いでいます。

肌に蓄積された紫外線は、日焼けによるシミ、そばかすなどの原因になるだけでなく、肌のハリを低下させる可能性があり、いきいきとした肌に大きな影響を与えてしまいます。

健やかな肌を保つためにも、年間を通して日焼け対策をしましょう。

この章では美白※化粧水に加えて、さらに日焼けによるシミをつくらないための効率的な対策のポイントを7つお伝えします。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

①シーンに合った日焼け止めをこまめに塗る

日焼け対策で気をつけるべきことは、SPF・PAの値以上に小まめな塗り直しです。

汗や皮脂の影響で落ちる可能性があるので、朝につけるだけで満足しないようにしましょう。

また、使用量が少なすぎるとムラになりやすいので、適量(顔全体だと約0.8g、500円玉大目安)を顔全体に広げるようにしましょう。

長時間のレジャーやスポーツにはSPF 50・PA+++以上、通勤や買い物などのちょっとしたお出かけにはSPF 35・PA++程度など、シーンに合わせて選びましょう。
SPF PA 選び方

〈長時間の外出におすすめの日焼け止め〉

【医薬部外品】WHITISSIMO(ホワイティシモ)
UVブロック シールドホワイト(SPF50 PA++++)

ホワイティシモ
販売会社:株式会社 ポーラ

美白※有用成分「ビタミンC誘導体」や保湿成分「ブライトカプセル」「S-ヒアルロン酸」を配合、肌にハリを与える薬用美白※美容液です。

SPF50・PA++++、ウォータープルーフで肌を保護します。

日焼け止め特有の白浮き・ベタつきはなく、使い心地の良さを追及しています。
※日焼けによるシミやソバカスを防ぐ

Amazonへ

〈ちょっとした外出におすすめの日焼け止め〉

b.glen(ビーグレン)
ヌーディーヴェール(SPF36 PA++)

b.glen
販売会社:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲンをした化粧下地です。肌に潤おいを与えながら下地との密着性を良くし、ナチュラルに輝く肌感を演出します。

②UVパウダーを重ねる

UVパウダーは、日焼け止めやファンデーションに重ねることで肌をサラサラにして化粧崩れを防止できるアイテムです。
日焼け止めの塗り直しが難しいときにも、パウダーをサッと重ねるのであれば簡単ですね。

ノーメイクの時にも、UV美白パウダーをのせるだけで日焼け対策になるのでおすすめです。

〈おすすめのUVパウダー〉

ONLY MINERALS(オンリーミネラル)
ミネラルクールUVフェイスパウダー(SPF50+/PA++++)

ONLY MINERALS ミネラルクールUVフェイスパウダー販売会社:ヤーマン株式会社
容量:10g
価格:4,500 円(税抜)

SPF50+
コールドプレス製法で抽出したボタニカルオイルを配合し、肌のお手入れをしているような塗り心地です。
肌にのせるとひんやりする、ウォーターinパウダーを採用。暑い季節にぴったりの使い心地です。

アルガンオイル、マカデミアナッツオイル、シアバターなどで肌をうるおし、ビタミンA・C・E (パルミチン酸レチノール、アスコルビン酸、トコフェロール)、アロエベラ葉エキスでキメを整えます。

Amazonへ

【全成分】マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、水、コハク酸ジヘプチル、ステアリン酸亜鉛、酸化鉄、ラウロイルリシン、カプリロイルグリセリン、アルガニアスピノサ核油、トコフェロール、シア脂、グリセリン、アスコルビン酸、トリ (カプリル酸/カプリン酸) グリセリル、水添ホホバ油、マカデミア種子油、結晶セルロース、アロエベラ葉エキス、パルミチン酸レチノール、カプリロイルグリシン、ウンデシレノイルグリシン

☆UVパウダーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください

③紫外線が多い時間に出歩かない

紫外線を肌に直接当てたくないからといって、ずっと部屋に閉じこもっているわけにはいきませんね。
ただ、紫外線が多く日焼けしやすい時間帯を避けることは可能です。

もっとも紫外線が強いといわれているのは、午前10時~午後2時です。この時間帯に1日の紫外線量の約50%が降り注ぐと考えられています。

午前10時~午後2時の間は、できる限り外出を避けましょう。
外出する場合は、日焼け止めのほか日傘やカーディガンで日差しの対策をした上で日陰を選んで歩きましょう。

④肌を露出しない

紫外線を直接肌に当てないためには、肌の露出を控えましょう。

外出時は黒など濃い色の長袖の衣類を着用するようにしましょう。さらに厚い生地で目の詰まったものだと紫外線を通しにくくなります。

ただしこのような衣類を着用する場合、真夏は熱中症になる恐れがあるので、季節やシーンに応じて通気性や吸収性が良いものを選ぶようにしましょう。

近年紫外線の影響についての認知が高まり、効率的に紫外線対策ができるアイテムも増えてきています。

衣類の紫外線保護係数「UPF」表記があるものを選ぶのもおすすめです。

⑤小物でおしゃれに肌を守る

衣類だけでは覆いきれない部分は、小物でおしゃれに紫外線対策しましょう。
おしゃれに見せながら紫外線対策ができるおすすめのアイテムは、日傘・ストール・帽子です。

日傘は地面からの照り返しのことも考え、外側の色以上に内側の色に気をつけて選びましょう。内側の色が黒か紺のものがおすすめです。

ストール・帽子もやはり濃い色で、肌の面積をより多く覆えるものを選ぶと効率的に紫外線を遮ることができます。

また、紫外線は角膜からも吸収されてメラニン色素が生み出されるため、紫外線対策のためにサングラスを積極的にかけましょう。顔にフィットし、ある程度の大きさのあるものがおすすめです。

⑥屋内でも紫外線対策する

紫外線は屋内でも窓際の日の当たる場所で約80%、日の当たらない場所でも反射によって約10%が入り込んでくると言われています。

窓ガラスをUV対策ガラスに変えることが効率的に紫外線を抑制できる方法ですが、即日の対策としては紫外線対策できるカーテンをかけるか、紫外線防止フィルムを窓に張って紫外線の侵入を防ぎましょう。

⑦生活習慣を改善する

シミの原因となるメラニン色素をためないためには肌リズムを整えることが大切です。
生活習慣を見直して、バランスの良い食事と適度な睡眠時間を確保しましょう。

〈おすすめの食材〉

ビタミンA…鶏レバー、うなぎ蒲焼き、卵、牛乳、プロセスチーズなど
ビタミンC…小松菜、ピーマン、キウイ、イチゴ、レモン、カリフラワーなど
ビタミンE…かぼちゃ、うなぎ、大豆、ニラ、アーモンド、ごまなど
コラーゲン…鶏の皮、手羽先、豚バラ肉など
ポリフェノール…赤ワイン、緑茶、大豆、蕎麦、ブルーベリーなど

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
気になる日焼けによるシミは、しっかり予防することが大切です。

自分自身の肌を今まで以上に意識して気に掛け、いつまでも健やかで美しい肌を保ちましょう。

この記事は2016年9月23日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る