メニューを開く
アスタリフト;

【おすすめボディオイル】ボディオイルでツヤ肌を目指しましょ♡

ボディオイル おすすめ TOP
「ボディオイルってどれも一緒に見えるけれど、何か違いはあるのかな?」「自分には、どれが合うのかな?」など、ボディオイル選びでお悩みではないですか?
ボディオイルは、ベースとなる配合オイルにより、使用感や肌の仕上がりが異なります。

今回は、肌らぶ編集部おすすめのボディオイルと、ボディオイルの使い方をご紹介します!


astalift
astalift

1. 肌らぶ編集部おすすめのボディオイル

それではさっそく、肌らぶ編集部がぜひおすすめしたいボディオイルをご紹介します。

ボディオイルは、のびのよさや肌なじみのよさ、ボトル形状など、使いやすさも大事です。
じっくり選んで、お気に入りのボディオイルを見つけてくださいね。

ママバター フェイス&ボディオイル



ママバター
内容量:80ml 価格:1,700円(+税)

シアの木の実から採れる保湿成分、シア脂配合のボディオイルです。
うるおいをあたえ、ふっくらとしたみずみずしい肌へと導いてくれます。

シアはややこっくりとした重みのあるテクスチャーが特徴ですが、肌に塗ると体温により柔らかくなり、肌になじみます。
身体だけでなく顔にも使用できます。

ニュクス プロディジューオイル

プロディジュー
内容量:50ml 価格:3,000円(+税)

保湿成分としてマカダミアナッツ油、ヘーゼルナッツ種子油、ルリジサ種子油、アーモンド種子油などが配合されています。
さらっとしたテクスチャーですんなりと肌になじみ、潤いを保ちます。

オレンジブロッサム、マグノリア、バニラと香りの移り変わりが楽しめます。
顔・体だけでなく髪にも使えるマルチユースのオイルです。

ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル

ホホバオイル
内容量:34ml 価格:2,778円(+税)

保湿成分であるホホバオイルが配合されたボディオイルです。
ややとろみのあるやわらかいテクスチャーで、肌に塗り広げるとオイル特有のもっちりとした感覚があります。

ホホバオイルはオイル特有のもっちりとした重さが特徴的なオイルです。
そのため、少量を広く塗り広げるだけで、しっとりとした保湿感が続きます。

ばら園 ローズアロマオイル RX

ばら園 ローズアロマオイル RX
内容量:75ml 価格:1,800円(+税)

2層式でよく振ってから使うタイプのアロマオイルです。ティーローズ・リビングローズ(香り成分)などがみずみずしいばらの香り演出してくれます。

保湿成分としてローズヒップオイル・ホホバオイルなどをミックスして配合。上品なツヤを与えながら整えてくれます。
髪や顔にも使用することができ、ぬれた肌・乾いた肌、両方に使えます。

2. ボディオイルの使い方

ボディオイル おすすめボディオイルは、そのままボディに塗る以外にも使い方があります。
ここでは、おすすめのボディオイルの使い方をご紹介します。

2-1.お風呂上りの温かい肌につける

ボディオイルは、体が温まっているお風呂上りの肌につけるのがおすすめです。
ボディオイルは油分ですので、温かい肌の方が伸びも良く、しっかりなじませて角質層のすみずみへ浸透させやすいからです。

2-2.マッサージをしながら塗る

ボディオイル おすすめボディオイルは、セルフマッサージしながら塗るのもおすすめです。
セルフマッサージにあわせて、もみこむようにしながら塗ると、よりオイルの肌なじみがよくなることが期待できます。

あまり力を入れてしまうと逆に肌の負担になることもあるので、やさしい力加減でゆっくりとマッサージすることがポイントです。

2-3.ボディクリームとの併用をする

「ボディオイルでも乾燥が気になる」そんな方は、ボディクリームと合わせて使うのもおすすめです。
まずボディクリームを塗り、その上からボディオイルを塗りましょう。

3. ボディオイル まとめ

ボディオイル おすすめ乾燥が気になる方にぜひ使用して欲しいボディオイル。
一度使ってみれば手放せなくなるかも?!

季節関係なく一年中、ボディオイルでお手入れをして、なめらかでツヤ肌のボディを手に入れましょう!

この記事は2017年2月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る