メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社ポーラ

ボディソープのおすすめ★あなたはどれを選ぶ?

ボディソープボディソープって、どれが良いのだろう?ボディソープ選びに迷っているから、おすすめが知りたい!など、今回はボディソープ選びにお悩みの皆さんへ、目的別に合わせて本当におすすめできるボディソープを、肌らぶ編集部員が選びました!

ボディソープは毎日使う、大切なアイテムですので、せっかくならお気に入りのボディソープで体を洗いたいですよね。

それでは、どんなボディソープがあるのかを一緒に見ていきましょう。

花の香りのボディシャンプーでうっとりバスタイム『オードフルール』はこちら>>>

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

オードフルール
オードフルール花の香りがするボディシャンプー「オードフルール
香りは2種類、清々しくさわやかで上品な香りの「カサブランカ」・みずみずしく甘い優雅な香りの「ローズ」に分かれています!

保湿成分コラーゲン配合で、洗い上がりの肌はしっとりなめらか!
まるで摘み立ての花のような、香りに包まれるバスタイムを過ごすことができます。

洗練されたデザインは、プレゼントにもおすすめです!
オードフルール(ボタン)


1.ボディソープを選ぶ基準

皆さんは、何を1番重視してボディソープを選んでいますか?ボディソープはたくさんの種類があるので悩んでしまいますよね。

ですが、1番重視したいポイントを押さえてボディソープを選べば、満足できるピッタリのボディソープが見つかります。

①バスタイムを楽しみたい→【香りの良いボディソープ】を選ぶ
②体が乾燥しやすい→【保湿成分配合のボディソープ】を選ぶ
③体の汚れをしっかり落としたい→【すっきり洗えるボディソープ】を選ぶ

このように、ポイントを押さえて絞れば、自分の買うべきボディソープの種類がハッキリします。

2.目的別、おすすめのボディソープ

では、それぞれどのようなボディソープがあるのでしょうか?今からこのカテゴリー別に、おすすめのボディソープをご紹介します!

目的に合わせて、ご自身に合ったボディソープを選んで下さいね!

2-1.香りの良いボディソープ

バスタイムを楽しみたい!癒されたい!という方は、香りがしっかりと広がるボディソープを選ぶと良いでしょう。

ロクシタン ローズシャワージェル
ロクシタン ローズ ロクシタンと言えば、ローズ!

とても泡立ちが良く、しっかりと香るローズの香りで優雅な気分になれます。

女性らしい、華やかな香りが好きな方におすすめです。

>>ロクシタン 公式ホームページはこちら

みつばちマーチ シャワージェル
みつばちマーチ泡立てた瞬間から、とっても甘~いはちみつの美味しそうな香りが、お風呂全体に広がります!

甘い香りに満たされたい方には是非1度試してほしいボディソープです。

>>ラッシュ 公式ホームページはこちら

2-2.保湿成分配合のボディソープ

体がカサカサと乾燥するのがお悩みの方は、保湿成分の配合されたボディソープを選ぶことをおすすめします。

ロート製薬 ケアセラ
ケアセラケアセラのボディソープは、保湿成分「セラミド」が配合されています。

セラミドは、保湿成分の中でも水分を逃がしにくいといわれているため、保湿を重視したい方におすすめです。

フワフワの泡で出てくるのも魅力的ですね!

>>ロート製薬 公式ホームページはこちら

牛乳石鹸共進社 バウンシア
バウンシア

バウンシアのボディソープは、保湿成分「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」が配合されています。

濃密な泡立ちが特長で、しっとりとした使用感です。

>>牛乳石鹸共進社 公式ホームページはこちら

2-3.すっきり洗えるボディソープ

肌の汚れをしっかり落としたいという方には、すっきりとした洗い心地のものが多い、固形石鹸がおすすめです。

ハウスオブローゼ マリンハーブスパ バスソープ
ハウスオブローゼ バスソープ2種類の潤い成分が配合された、ほのかでさわやかな香りの固形石鹸です。

余分な皮脂や汚れを落として、潤いを与えながらすっきりと洗い上げてくれます。

>>ハウスオブローゼ 公式ホームページはこちら

ヴェレダ ローズマリーソープ
ヴェレダこちらは、ローズマリーの香りで泡立ちも細やかな固形石鹸です。

使い心地はさっぱりですが、乾燥を防ぎ、汚れをしっかりと落としてくれます。

この他にも、使い心地の異なるタイプがあります。

>>ヴェレダ 公式ホームページはこちら

3.体を洗うときの2つのポイント

皆さんは、体をどのように洗っていますか?

体の洗い方は、肌をすこやかに保つ上でとっても重要です。せっかく良いボディソープを使っても、洗い方を守らないと肌はダメージを受けやすくなります。

体を洗うときは、次の2つのポイントを意識しましょう!

3-1.体は1番最後に洗う

体は、お風呂に入って1番最後に洗いましょう。

シャンプーなどをする前に体を洗ってしまうと、体についてしまったシャンプーやリンスが、肌に残って肌荒れの原因になることがあります。

体を1番最後に洗うことで、体についてしまったシャンプーやリンスなども、綺麗に洗い流すことができます。

また、体を洗う前は、まずシャワーを浴びて汚れをしっかりと浮かせてから、ボディソープで洗うことをおすすめします。

3-2.体はゴシゴシ洗わない

体を洗うときに1番意識したいのが、力を加えて硬いスポンジやタオルでゴシゴシと洗わないことです!

血行が良くなり皮膚が柔らかくなっている状態の体を、ゴシゴシと洗ってしまうと、肌は傷ついてしまうことがあります。

肌表面が傷つくことで、乾燥の原因となることもあるため、柔らかいタオルやスポンジで、優しく丁寧に体を洗ってあげましょう。

ボディソープは、ゴシゴシと肌をこすらなくても、汚れを落とすことができます。

4.まとめ

いかがでしたか?

選ぶ基準がわかりにくいボディソープも、1番重視したいポイントを押さえることで、ピッタリのボディソープを見つけることが出来ます。

自分に合ったボディソープで、優しく丁寧に体を洗って、清潔ですっきりとした肌を保ちましょう!

この記事は2016年5月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

花の香りのボディシャンプーでうっとりバスタイム『オードフルール』はこちら>>>



Pocket
LINEで送る