メニューを開く
アスタリフト;

お尻の吹き出物の原因は?!吹き出物をお手入れする3つの方法

お尻 吹き出物

お尻に吹き出物が出来て痛い…。吹き出物は何で出来ちゃうの?治すにはどうしたら良いの?とお困りではありませんか?

お尻に出来た吹き出物は、座る時に痛かったり、気になって触ってしまうので、早くきれいにしたいですよね。

今回は、お尻に吹き出物が出来る原因とお手入れ方法、そして新たな吹き出物を防ぐ方法についてご説明していきます。



astalift
astalift

1.お尻の吹き出物の原因

吹き出物とは、ニキビやおできなど、肌に出来る小さいできものの総称として使われています。
お尻に吹き出物が出来る原因は、主に3つあります。

・蒸れ
・お尻の血行が悪くなる
・摩擦、刺激による毛穴の詰まり

■蒸れ

お尻は、汗をかいて蒸れやすいため、吹き出物が出来やすい環境です。
お尻が蒸れてしまうのは、具体的に以下が原因になります。

・通気性の悪い下着、衣類
・汗をかいて拭かない
・生理中のナプキンをこまめに取り換えない  など
お尻 吹き出物 蒸れ

お尻はすぐに拭いたり洗うことが出来ず、常に清潔に保つのが難しいため、出来てしまった吹き出物は悪化しやすく、治りにくいのです。

汗をかいて蒸れた状態を長く放置すると、痒みが出ることもあります。

■お尻の血行が悪くなる

以下が原因でお尻の血行が悪くなると、出来てしまった吹き出物が治りにくくなります。

・長時間座りっぱなし
・サイズの合わない下着の締め付け など

座っている間は、お尻に大きな圧力がかかり血行が悪くなります。
肌の代謝も悪くなるため、古い角質(皮膚の表面)がはがれ落ちずに積み重なって、お尻の皮膚が分厚く・硬くなっていきます。

お尻の角質が厚くなると、毛穴が小さくなり、皮脂や汚れが詰まって吹き出物が出来やすくなります。

座りっぱなしのお仕事などの方は、お尻の血行が悪くなることが特に多いと言われています。

■摩擦・刺激による毛穴の詰まり

先程ご説明した血行が悪くなるのと同様、摩擦や刺激といった肌負担も、原因となります。
以下のようなことを日常生活から避けるよう心がけましょう。

・乾燥
・下着、衣類の摩擦
・執拗に体をこする洗い方
・石鹸、シャンプー、リンスの洗い流し残し  など
お尻 吹き出物 

保湿が足りずお尻が乾燥すると、摩擦・刺激のダメージを受けやすくなります。
下着の擦れや体を洗う刺激などを受けると、角質が厚くなり毛穴も小さくなっていきます。

詰まりやすくなった毛穴に、石鹸やシャンプーなどのすすぎが足りず残ってしまうと、吹き出物が出来てしまいます。

中でも特に気を付けたいのは、保湿不足です。
保湿が足りないことで、治りが遅くなったり、新たな吹き出物の原因にもなりますので、注意が必要です。

2.お尻の吹き出物をお手入れする3つの方法

お尻に出来た吹き出物を早く治すには、毎日のケアを続けていくことです。
より早くきれいにするための、3つの方法をご紹介します。

■お尻を清潔に保つ

お尻の吹き出物を良くしていくために重要なのは、出来るだけお尻を清潔に保つことです。

吹き出物ができてしまう原因の一つに、不衛生なお尻環境が挙げられます。
以下の方法などを取り入れて、お尻環境を清潔に保つよう心がけましょう。

・触らない、掻かない
・トイレの際に汗を拭いておく
・便座は拭いて、清潔にしてから使用する
・下着を毎日取り替える
・蒸れないように、定期的に立ち上がる
・生理用ナプキンを布ナプキンに変える  など
お尻 吹き出物

基本的に、出来てしまった吹き出物は、触ったり掻いたりしないようにしてください。
手に雑菌がついていると、吹き出物が悪化する可能性があります。

■しっかり保湿をする

お風呂上りはお尻も乾燥します。顔と同じように、お尻もしっかり保湿をしましょう。

充分な保湿をすると、硬くなったお尻が柔らかくなっていきますし、摩擦・刺激によるダメージも受けにくくなります。

~お尻の保湿アイテムの選び方~

・お尻専用のもの
お尻の皮膚は、顔と比べて厚いので、顔用のアイテムでは保湿が足りない場合があります。
よりしっかり保湿をするために、お尻用に作られているものを選びましょう。

・ジェルタイプ
お尻はとても蒸れやすいので、塗った後にサラサラになるジェルタイプが良いでしょう。
オイルなど油分の多いものは、ベタついて蒸れやすくなり、吹き出物を悪化させてしまうこともあります。

~おすすめのお尻用保湿ジェル~

Peach Rose
お尻 吹き出物 ピーチローズ

お尻のニキビ・黒ずみなどの対策用ジェルです。
保湿成分のヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド(表示名はステアロイルフィトスフィンゴシン)などが豊富に配合されています。

肌にすっと馴染み、塗った後はサラっとするので、蒸れの心配もありません。

≫≫詳細はこちら Peach RoseHP

■お尻のマッサージをする

硬くなったお尻をマッサージして、血行をよくしましょう。
血行が良くなると、代謝も良くなり、吹き出物も早くよくなる可能性があります。

①手を洗い、清潔な状態にする
②摩擦・刺激にならないように、保湿ジェルなどを塗る
③お尻全体を、指の腹や手の平で優しく揉みほぐす
お尻 吹き出物
お尻が温かくなってきたと感じるくらいまで優しくほぐしましょう。

吹き出物・ニキビなどを潰さないように、その部分だけ除いて、優しくマッサージしましょう。

3.お尻の吹き出物の予防方法

吹き出物を悪化させない・新たな吹き出物を作らないために、吹き出物を早く治す方法とあわせて、これから紹介する方法も取り入れていきましょう。

■お尻は優しく洗う

お尻を洗う時は、摩擦・刺激にならないように優しく行います。
シャンプー・リンスのすすぎ残しは、皮膚に刺激となりますので、体は一番最後に洗うと良いでしょう。

石鹸を良く泡立てて、お尻全体を優しく洗います。
すすぎ残しがないように、ぬるま湯(38~40度程度)でしっかり流しましょう。
お尻 吹き出物 すすぐ

綿素材の柔らかいタオルや手で洗うことをおすすめします。

また、吹き出物が痛みがある場合、石鹸などは控えてぬるま湯(38~40℃程度)のみで洗うようにしてください。(※体の汚れは、お湯だけでもほとんど落とすことが出来ると言われています)
シャワーの水圧を弱めにしたり、シャワーではなく手桶ですすぐのも良いでしょう。

お風呂上りにお尻を拭く時も、柔らかいタオルで水気を吸い取るようにしてください。

■下着を見直す

下着による蒸れ・締め付け・擦れなどは、吹き出物の大きな原因の一つです。

お尻の吹き出物に悩んでいる方は、一度下着を見直してみましょう。
吹き出物を防ぐために、以下のような下着がおすすめです。

・綿100%、シルクなどの素材
・締め付けのない自分に合ったサイズ

綿やシルクは通気性が良く、ゴワつかないので肌への刺激も少ないです。

■座る時間が長い方はこまめに立つ

座っている間は、特にお尻に負担になっています。以下を意識して、お尻への負担を軽くしましょう。

・こまめに立ち上がる
・座面にクッションなどを敷く など
お尻 吹き出物 クッション

長時間座ってお尻が硬くなっている時は、軽く揉むようにしてあげると良いでしょう。

4.お尻の吹き出物が治らない時は病院へ

お尻に出来た吹き出物が、化膿している・強い痒みや痛みがあるという場合は、一度皮膚科を受診することをおすすめします。
お尻 吹き出物 病院

膿んでしまうと、治りにくく、放っておくと跡が残ってしまうこともあります。

自分でケアを続けても、吹き出物が治らないという場合も、皮膚科で相談してみると良いでしょう。

5.まとめ

お尻の吹き出物は、清潔にすること・保湿・マッサージなどを取り入れることで、治りを早くすることも可能です。

また、悪化させない・新たな吹き出物を作らないために、お尻の刺激や負担を軽くすることを心がけて、つるつるのお尻を目指しましょう!

この記事は2016年5月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る