メニューを開く
アスタリフト;

胸にニキビを作らせない!胸にニキビができる原因&予防方法

胸 ニキビ

鎖骨周辺や胸の谷間に突如として現れてしまった胸のニキビ。一度できてしまうとなかなか解消されにくいうえに、跡として残りやすいため、とても厄介な存在でもあります。

男女問わず、この胸のニキビに悩まされているケースは少なくありません!

ここでは、胸にニキビができてしまう原因と、日常の中で実践できる予防方法をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

胸にニキビができる5つの原因

胸にニキビができてしまう主な原因は、大きく5つ考えられます。一体どのような原因が考えられるのでしょうか。

①汗や皮脂分泌の多さ

原因1_汗の多さ

胸元は皮脂腺が多く集まっており、汗や皮脂分泌の活発な部位になります。そのため、非常に汗をかきやすい場所でもあるのです。

しかし、汗を多くかく場所であるにもかかわらず、常に衣服で覆われているため通気性がよくありません。それだけでなく、すぐに汗を拭きとりにくい場所でもあります。

かいてしまった汗を放置していると雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビが生じやすくなるのです。

②衣服による摩擦

原因2_衣服の摩擦
胸周りは顔と違い、常に下着や衣服と触れ合っています。

化学繊維などチクチクとした素材の下着や洋服による摩擦が肌への負担となり、ニキビが生じてしまうケースがあります。

③ボディーソープやシャンプーのすすぎ残し

原因3_すすぎ残し
入浴する際、体や頭を洗った時のすすぎ残しにも注意が必要です。

胸元にボディーソープやシャンプーなどの洗浄料が流し切れずに残ってしまうと、雑菌が繁殖しやすくなります。

このように、胸元が不衛生な状態になってしまうとニキビができやすくなるのです。

④ホルモンバランスの乱れ

原因3_ホルモンバランス
不規則な生活や心的ストレスを抱えるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが増えるとされています。

男性ホルモンは皮脂の生成を促すといわれており、ホルモンの働きが活発になることで皮脂がつまりやすくなり、胸にニキビができやすくなってしまうのです。

またホルモンバランスが崩れると、肌が本来持っている保護機能が弱まり、角栓ができやすくなります。皮脂が作り出される量が増えるだけでなく角栓もできやすくなるため、胸にニキビが生じやすくなるのです。

⑤食生活の乱れ

原因4_食生活
普段から肉類中心の食事をとっていたり、お菓子など糖分の高い食事をとっていると、
胸のニキビができやすくなるといわれています。

これは、脂質や糖質のとり過ぎによって皮脂の生成される量が増えると、毛穴に皮脂がつまりやすくなるためです。

胸のニキビを作らせないためにすべき予防法

ここでは、胸のニキビで考えられる原因別に、ニキビを作らせないためにすべき予防法をご紹介します。

①清潔を保とう

夏場や運動した後などは大量に汗をかいてしまい、衣服が汚れてしまうものです。そんな時は、汚れていない新しい衣服に着替えたり汗をこまめに拭きとるなどして、常に清潔に保つようにしましょう。

すぐに着替えられなかったりシャワーが浴びられない時などは、汗ふきシートでサッと汗や汚れを拭きとっておくのもおすすめです。

②肌への負担を抑えた素材を選ぼう

日常生活において身体は自分が思っている以上に動いているもの。そのため、衣服と肌は常に摩擦が起こっている状態であるともいえるのです。

肌に触れる衣服は絹や綿など通気性の良い自然の素材を使った製品を選び、肌にかかる負担をできるだけ抑えるようにしましょう。

③入浴時は上から下に向かって洗い流そう

胸にボディーソープやシャンプーをすすぎ残さないためには、体に残った洗浄料を洗い流す順番が重要になります。

入浴時は、シャンプー→リンス→体の順で、上から下に向かって洗い流すようにすると、すすぎ残しを回避でき、胸のニキビの予防につながりますよ。

④規則正しい生活を送ろう

ホルモンバランスは、日頃の生活リズムが崩れると乱れやすくなるとされています。

睡眠や食事など規則正しい生活を心がけるとホルモンバランスが乱れにくくなります。
また、ホルモンバランスが整ってくると免疫力が高められるため、胸にニキビができにくくなっていきます。

もしストレスを感じたら体を動かすなど気分転換を図り、適度に発散させることも大切です。

⑤バランスの良い食事をとろう

胸のニキビを作り出す元となる、皮脂の生成量を抑えるためには、脂質や糖質を減らす必要があります。

食事をとる際は魚や野菜を適度に取り入れ、バランスの良い食生活を送るように心がけましょう。

顔とは違う?胸のニキビの正体とは

ここまで胸にできてしまうニキビの原因と予防法についてご紹介してきました。顔と同じように、胸にもニキビは生じてしまうものなのです。

では、顔にできるニキビと胸にできるニキビに違いはあるのでしょうか。ここでは、顏にできるニキビと胸にできるニキビの違いについてご紹介します。

【顔にできるニキビ】
・アクネ菌と呼ばれる常在菌によってできるニキビ。
・皮脂やアクネ菌などの雑菌によって詰まった芯を取り除くことにより、芯そのものが小さくなると静まっていく。
・一つひとつが比較的大きく、単独でできる。

【胸にできるニキビ】
・常在菌の1つである、マラセチア菌と呼ばれる真菌(カビ)によってできるニキビ。
・皮脂や雑菌による芯自体が存在しない。
・小さな吹き出物が広範囲にできる。

おわりに

いかがでしたか?
今回は、胸にできるニキビの原因とその予防法についてご紹介してきました。

胸は皮脂腺が多く集まっているため、体の中でも特に汗をかきやすく、皮脂分泌も盛んな部分になります。また、常に衣服に覆われているため、不衛生になりやすい部位でもあるのです。

絹や綿など自然の素材を使った下着や衣服に変えたり、入浴時は、胸に洗浄料や汚れを残さないように清潔に保つようにしましょう。

睡眠サイクルや食事のバランスを意識するなど規則正しい生活を心がけ、ホルモンバランスが乱れにくい状態をキープできるようにすることも大事です。

もし、なかなか治らない胸のニキビがある場合は、一度専門外来を受診してみるといいでしょう。

この記事は2016年5月16日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る