メニューを開く
アスタリフト;

ブライダルチェックとは?未婚でも妊娠力が気になる方必見!

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックとは、将来的に子どもを望める体かどうか、おおよその状態を把握することができる検査です。

近年は晩婚化も影響し、不妊に悩む方が増加傾向にあるため、自分の妊娠力はどれくらいなの?と気にされる方が、男女ともに増えています。

そのため、未婚の方でも妊娠力を検査できるブライダルチェックを受けることは、パートナーに対するエチケットとして注目が集まっているのです。

今回は、ブライダルチェックとは何なのか、検査を受けるメリット、男性・女性共通の検査項目や費用、不妊検査との違いなど、ブライダルチェックについて詳しくご紹介します。

ブライダルチェックは、自分だけでなく、かけがえのないパートナーや、未来の赤ちゃんのために受けるものであり、家族に対する愛の証です。
ブライダルチェックの受診にお悩みの方は、どうぞ参考にしてみてください。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1. ブライダルチェックとは

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックとは、元気な赤ちゃんを授かるために、妊娠や出産に影響を及ぼすような疾患がないかどうかを検査するものです。
(近年、耳にする機会が増えた不妊検査がありますが、ブライダルチェックと不妊検査の違いについては、9章で詳しくご紹介します。)

ブライダルチェックでは、がんや貧血・肝炎などの治療が必要な病気、パートナーや子どもにうつる可能性のある病気、流産のリスクを高めるような疾患や性感染症…といったものが無いかを調べて検査します。

たとえば、子宮内膜症や子宮筋腫のような病気があると、不妊症の原因になりかねません。
クラミジア感染症や淋病のような感染症にかかっている場合、パートナーにうつしかねず、妊娠できたとしても、赤ちゃんの流産や死産を招きかねません。

風疹などの病気に対して抗体がなく、妊娠してから風疹にかかってしまった場合、胎児に影響を及ぼしてしまうことがあります。

これらのリスクがなく、元気な赤ちゃんを迎える準備が整った体かどうかを調べる検査が、ブライダルチェックなのです。

ブライダルチェックは、その名の通り、結婚を目前に控えた女性の婦人科的な検診が主流でしたが、近年では、パートナーがいない方や既に結婚されている方、男性の受診者も増加傾向にあります。

2. ブライダルチェックを受診する3つのメリット

ブライダルチェックを受診するメリットは、3つあります。

ブライダルチェック受診のメリット① 自分の体の状態を確認できる

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックを受診することで、今の自分の体が、妊娠できる状態にあるかどうか、確認することができます。
異常がなかった場合も、生活習慣の見直しや、セックスや妊娠、避妊などの相談をすることができます。

ブライダルチェック受診のメリット② 問題があった場合、早期に治療開始

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックの受診で、もしも問題が見つかった場合、検査を受けなかった場合よりも、早く治療を開始することができます。

たとえば、ブライダルチェックで風疹の抗体が無いとわかれば、風疹の予防接種を受けられます。
自覚症状が出にくい子宮や卵巣の病気をはじめ、性感染症の有無がわかれば、治療を始められます。

つまり、体に症状や異変が出てから病院にかかるより、早期発見・早期治療が可能なのです。

もちろん、結婚前に問題が見つかった場合、不安を覚えるに違いありません。
しかし、表面的なつながりだけでは、結婚は続きません。お互いを理解し、支えあうことが、結婚には求められます。

問題が発覚したときも1人で抱えず、パートナーにしっかり打ち明け、話し合うようにしましょう。

ブライダルチェック受診のメリット③ 安心感を得られる

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックを受診して問題がないことが分かることで、安心感を得られます。
日常生活や毎月の月経に、特に異常を感じていなかったという人でも、診療で医師から「お墨付き」をもらうことで、より安心できるはずです。

3. ブライダルチェックの検査項目、検査の流れ

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックの検査項目は大きく分けて6つあり、①③⑤⑥については、男性も共通の検査となります。

① 問診
② 内診(視診・触診)
③ 分泌物検査
④ 超音波検査(エコー検査)
⑤ 血液検査
⑥ 尿検査

ブライダルチェックの検査項目は、パックになっていたり、さまざまなオプションの選択式になっていたりする場合もあります。

検査項目によっては、会社などの定期健診で既に受けたものや、保健所にて無料で受けられるものが含まれていることがあります。
このような場合、ブライダルチェックの検査項目の中から、自分に必要なものだけ選べることがあります。

ブライダルチェックの検査項目は、病院やクリニックによって異なりますので、受診を決めた方は、各病院やクリニックへお問い合わせください。

① 問診

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックを受ける前に、問診表に記入をします。ここでの回答をもとに、医師や看護師による問診が行われるので、問診表には正直に答えましょう。
問診表の内容には、次のようなものがあります。

■ 健康状態

現在の体の状態、持病やこれまでにかかった病気、便秘の有無、アレルギー、現在服用中の薬、がんや遺伝性の病気を持つ近親者の有無、など

■ 生活習慣

職業、ストレス、運動量、睡眠時間、食の嗜好、飲酒、喫煙、など

■ 生理やおりものの状態(女性のみ)

初潮を迎えた年齢、月経周期、経血が出る日数や量、最終月経の開始日、不正出血の有無、月経痛の有無や痛みの度合い、おりものの異常の有無、など

■ 妊娠の経験(男性の場合は、相手女性)

妊娠、出産、流産や人工中絶の経験、など

■ 結婚の予定

セックスの頻度、パートナーの健康状態、など

② 内診:視診・触診(女性のみ)

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックの内診では、医師が膣内や子宮、卵巣の状態を調べます。

視診では、性器ヘルペスのような性感染症に感染してはいないか、外陰部や膣の状態を見て調べます。続いて、膣内に器具を入れて、ただれやポリープ、出血の有無を視診します。

触診では、医師が無菌の手袋をつけ、指2本に潤滑剤をつけて膣内に入れ、反対側の手で腹部を軽く押さえ、子宮の状態を調べます。
内外から子宮を押すことで、子宮内膜症や子宮筋腫のような腫瘍の有無を把握できます。

内診の時間は、異常がなければ3分程度です。

婦人科検診の内診を不安視されている方は多いと思いますが、とても大事な検査です。

内診台は腰の辺りにカーテンがかけられ、医師とは顔が合わないように配慮されています。これがかえって不安を煽られるという方は、カーテンを開けて欲しいと、希望を伝えましょう。

③ 分泌物検査

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックの分泌物検査では、女性の場合はおりものが採取され、カンジダやクラミジア・淋病などの性感染症をはじめ、膣炎などの病気の有無を調べます。

続いて、子宮の入口部分を綿棒で軽くこすり、細胞を採取し、子宮頸がんの疑いがある細胞の有無を検査します。

男性の場合は、精子が採取され、質や量、運動率や形状などを調べて検査することがあります。(こちらは不妊検査としてオプション設定されていることが多いです。)

④ 超音波検査:エコー検査(女性のみ)

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックの超音波検査(エコー検査)では、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣嚢腫や卵巣の癒着の有無について、観察します。

超音波検査は、内診台にあがった状態で、膣の中へ棒状のプローブという器具を入れて、画像に映して調べるものです。
X線を使用していないので被爆の心配もなく、妊婦さんにも使用されているほど体に優しいものです。

超音波検査では、リアルタイムで自分の子宮や卵巣の画像を見ながら、説明を聞くことができます。

緊張していると、器具の挿入に痛みを感じることがあります。できるだけ力を抜いて、リラックスして臨むようにしましょう。

⑤ 血液検査

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックでは血液を採取し、以下の項目について調べて検査します。

■ 性感染症の有無

HIV(エイズ)やクラミジア、カンジダや梅毒、B型肝炎やC型肝炎に感染していないか調べて検査します。
性感染症に感染していると、不妊や流産、先天性の胎児異常などの悪影響を及ぼす可能性があるので、注意が必要です。

■ 風疹の免疫(抗体)の有無

風疹のウイルスに対して、免疫となる抗体があるかどうかを検査します。
妊娠初期に風疹にかかってしまうと、胎児に感染し、心臓の奇形や聴力障害などの先天性異常が起きる可能性があるからです。

昭和54年4月から昭和62年9月生まれの方は、予防ワクチンの接種率が低く、風疹への免疫がない人が多いと言われているので、特に注意しましょう。

■ 貧血の有無

貧血の有無を検査します。妊娠すると、胎児の成長に血液がまわり、貧血が悪化する傾向があるため、貧血検査の結果が悪い場合は、貧血治療が必要です。

■ ホルモンバランスの異常や、甲状腺の病気の有無

妊娠に影響を及ぼすホルモンバランスの乱れがないか、甲状腺に異常はないか、調べて検査します。

⑥ 尿検査

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックの尿検査では、糖尿病の有無など腎臓に異常がないか、性感染症のクラミジアに感染していなかなどを調べます。

4. ブライダルチェックにかかる費用

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックは健康保険が適用されず全額自己負担となり、男女とも一般的に2~5万円くらいの費用がかかります。

医療機関によって検査項目や費用が異なりますので、まずは検査項目を決めてから費用を比較するのがおすすめです。

5. ブライダルチェックの受診場所

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックを行っているのは、産婦人科や検査設備の整っている病院、不妊治療を専門とした病院やクリニックです。

病院やクリニックのホームページを確認するほか、直接電話にて、ブライダルチェックを実施しているかどうか、検査項目や費用について問い合わせをしてみてください。

ブライダルチェックで問題が見つかった時のために、治療で通院することを想定して選ぶのもおすすめです。

また、HIVやカンジダ、クラミジアなどの性病や、糖尿病、子宮がんなどの検査については、自宅で行うセルフキットもあります。
自分でできますので、多忙で病院やクリニックの受診が難しい方などは、セルフキットの利用を検討してみてください。

6. ブライダルチェックを受診するタイミングは?

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックを受診しようと決心された方は、既婚・未婚に関わらず、できるだけ早めに受けるようにしましょう。

ブライダルチェックで妊娠・出産に関わる何らかの疾患が見つかった際には、早期に発見できれば、治療も早く開始することができます。

たとえば、風疹の抗体がないと分かった場合は、ワクチンを接種できます。このワクチンには生ワクチンを使用するため、およそ3ヶ月間は避妊する必要があります。

これはほんの一例で、疾患によっては、数ヶ月から数年にわたるものもあるため、家族計画にも影響を及ぼします。

健康な体で、大切なパートナーとの間に元気な赤ちゃんを授かるためにも、できるだけ早く受けるようにしましょう。

7. ブライダルチェック受診時の5つの注意点

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊

① 膣の中を洗わない(女性のみ)

受診の前に、ビデなどを使用して、 膣の中を洗わないようにしましょう。
膣内の細胞や細菌がきれいに洗い流されてしまうと、正しい検査結果が出ないことがあります。

② 着脱しやすい服装で臨む(女性のみ)

内診台にあがる際に下着を外すので、着脱しやすい服装が楽です。
ブライダルチェックの受診には、ズボンよりスカートやチュニックの着用をおすすめします。
スカートやチュニックの場合、完全に脱がなくても、まくり上げれば内診に問題ないので、着替えがスムーズです。

③ 受診直前にトイレへ行かない

尿検査があるので、ブライダルチェック受診の直前に、トイレへ行かないようにしましょう。
どうしても我慢できず、病院やクリニックに着いてからトイレへ行く際には、看護師さんに確認し、指示に従うようにして下さい。

④ 問診には正確に答える

問診には、正確に答えましょう。質問によっては、性体験や流産・中絶体験などに触れることもあります。しかし、これらはとても大切な情報です。偽りなく、正直に回答してください。

⑤ 素直な気持ちで臨む

ブライダルチェックには、素直な気持ちで臨みましょう。
もしも問題などが見つかった場合、医師とのコミュニケーションがとても大切になります。自分の気持ちを、しっかり伝えるようにしてください。

8. ブライダルチェック受診時の持ち物

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊

健康保険証

健康保険証は、ご本人確認のために必要となります。ただし、ブライダルチェックの費用は、健康保険適用外で全額自己負担です。

問診表

病院やクリニックによっては、ブライダルチェックの問診表を、ホームページからダウンロードでき、自宅で記入することができます。

健康面で気になることは、メモしておく

医師に気になることの確認漏れがないよう、事前にメモしておくことをおすすめします。
日常生活において健康面で気になることがあれば、ブライダルチェック受診前に記録して、持参しましょう。

基礎体温表(女性のみ、つけている場合)

女性の方で基礎体温をつけている場合は、基礎体温表を持参しましょう。
検査結果とあわせて、妊娠などのタイミング指導を受けられることがあります。

生理用ナプキン(女性のみ)

内診などで、まれに出血される方がいらっしゃいます。気になる方は、念のため生理用のナプキンを持参しましょう。

清浄綿

内診や触診で、医師に性器を触られますので、気になる方は、性器を拭けるように清浄綿を持参しましょう。
ブライダルチェックの内診前に性器を洗っておく必要はありませんが、洗わないことで恥ずかしさが増す方は、清浄綿を使ってトイレで拭くようにしましょう。

9. ブライダルチェックと不妊検査の違い

ブライダルチェックとは 検査内容 妊娠 費用 不妊ブライダルチェックと不妊検査は、検査の目的が違います。

■ ブライダルチェック:妊娠や出産をするのに問題がないかを調べる検査
■ 不妊検査:妊娠しない原因を解明するための検査

近年は晩婚化の影響もあって、男女ともに自分の妊娠力があるのか否かを気にされている方も多いと思います。

ブライダルチェックと不妊検査とは、検査項目には同一のものが多く、ブライダルチェックの受診で生殖機能に問題がないかどうかは概ね検査できます。
しかし、ブライダルチェックで、不妊検査のときに行うすべての検査を実施してくれるわけではありません。

具体例を挙げると、AMH検査や卵管造影検査は、ブライダルチェックには含まれていないことが多いです。
病院やクリニックによっては、オプションで受けることが可能ですが、詳細な検査を行う場合、費用は必然的に高くなります。

不妊検査は原則として既婚者を対象としており、パートナーの同意を得て、一緒に検査を受けてもらうことが重要となるのに対し、ブライダルチェックは未婚で受診できます。

これらのお悩みについても、お電話でのお問い合わせで、丁寧に答えてくださる病院やクリニックもあります。費用のかかることですので、是非、ご自身の疑問や悩みを打ち明けてみてくださいね。

10. おわりに

ブライダルチェックについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。
健康は、お金では買えません。

自分の健康状態を把握することは、パートナーを思いやることです!
未来を築くための基礎づくりに、ブライダルチェックの受診をご検討ください。

この記事は2016年9月30日(金)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る