メニューを開く
アスタリフト;

ごぼう茶を飲んでみた!リアル口コミ10人分♪

ごぼう茶 口コミ
今回は、健康志向の方ならきっと気になっている“ごぼう茶”を取り上げます。

ごぼう茶は西洋ハーブの世界では“バードックティー”と呼ばれたりして、昔から存在していたようです。
食の歴史が長いということは信頼感があってうれしいですよね。

とはいえ、味やにおいなど気になりませんか?
話題のごぼう茶を2種類飲んでみたリアルな口コミを10人分ご紹介します。
ぜひ参考になさってください。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1. ごぼう茶はどんなひとにおすすめ?

ごぼう茶の口コミに入る前に、そもそもごぼう茶はどんな方におすすめと言われているのか、ちょっとだけご紹介します。

・お通じに悩んでいる
・ぽっこりお腹が気になっている
・ノンカフェインのお茶を飲みたい
・食物繊維がとりたい
・ポリフェノールがとりたい

年齢による変化や、疲れやストレスによるからだの働きの低下など、さまざまな理由から上記のようなポイントにうなずく方は多いはずです。
ぜひ、次章で紹介する口コミを参考になさってください。

2. 話題のごぼう茶を2種類飲んでみた~口コミ10~

ごぼう茶はどちらかというとマイナーなお茶の部類に入るかもしれませんが、それでも、幾つかのメーカーからこだわりのごぼう茶が販売されています。

今回はそのなかでも、ごぼう茶と検索すれば必ずと言っていいほど目にする「株式会社あじかん」から出ているごぼう茶を2種類取り寄せて試飲、肌らぶ編集部員10名に感想を聞いてみました。

今回試飲したごぼう茶
ごぼう茶 口コミ1

右:国産あじかん焙煎ごぼう茶
左:つくば山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶

取り寄せたのは、はじめての方限定のお試しサイズ(7包入り)です。

「国産あじかん焙煎ごぼう茶 お試しサイズ」お試し価格371円(+税)
「つくば山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶 お試しサイズ」お試し価格556円(+税)

2-1 2種類飲んでみた!10人分のリアル口コミ

今回試す2種類は、どちらもティーバッグタイプの商品です。
原料となるごぼうが異なることで、どのくらい風味に違いが表れるのかがポイントです。
ごぼう茶 口コミ2 パッケージ裏面にあるお召し上がり方に従い、沸騰したお湯を注ぎ2分待つかたちでごぼう茶をいれ、肌らぶ編集部員10人に飲んでもらいました。

※以下、国産あじかん焙煎ごぼう茶を【A】つくば山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を【B】としてご紹介します。(順不同)
ごぼう茶 ①Aは意外と普通のお茶っぽい、Bはごぼう感(香り)が高い。Bはいかにもごぼう、甘みがある気がする。

②(Bを先に飲んで)「うわぁ!ごぼう!」って感じ、香りも味もトータルで。Aは少し苦味を感じる

③Aは後味すっきり。Bは香りがすごい、ごぼうらしさが出てる、飲んで最後までしっかりごぼうの主張が残る。

④Bのほうがすっきりしてる気がするけど、違いがよくわからない…。

⑤違いがよくわからないけど、買うならBかな…。Aは少し苦いかも。

(※【A】国産あじかん焙煎ごぼう茶、【B】つくば山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶)

⑥ごぼう感を求めるならA、ごぼうくさくないのがいいならBがいいかも。Aの方が濃い感じがする、Bは麦茶の香ばしさに似ている気がする。

⑦Aは香りがおいしそう、味が濃い。Bは苦味がなくて飲みやすい、さっぱりした感じで後味がいい。Bの方が香りがやんわりしている気がする。

⑧Aはまろやかで飲みやすい、マイルドな気がする。Bは飲んでる途中で味に変化がある気がする、後味にごぼうらしい苦味を感じる。

⑨Aが飲みやすい。Bはすごいごぼう。

⑩Aはふつうのお茶って感じ。Bがごぼうっぽいから好き。(もともとのごぼう好き)

(※【A】国産あじかん焙煎ごぼう茶、【B】つくば山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶)

2-2 2種類飲んでみた!口コミまとめ

今回飲んでいただいた10名の感想をざっくりまとめると、もとからのごぼう好きを中心に【B】つくば山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶が、香りと香ばしい感じ、甘みで人気のようでした。

【A】国産あじかん焙煎ごぼう茶は、もとからのごぼう好きにはさらっとしたふつうのお茶のように感じられるようです。
食事で食べるほうのごぼうにより近い風味なのかもしれません。

ふだん食べているごぼうの風味から始めたいという方は、【A】国産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめかもしれません。

いずれにしても「意外と飲みやすい」という好意的な感想が多数でしたので、筆者としては、どちらかだけを“おすすめ”とは言いきれないというのが正直なところです。

結局、お茶は本来、嗜好品ですから、最後は個人の好みでしかないのかもしれません。

今回試飲したあじかんのごぼう茶はどちらもお試しサイズがとてもリーズナブルなので、みなさんもぜひご家族やまわりのお友達と飲み比べてみてはいかがでしょうか?

「国産あじかん焙煎ごぼう茶 お試しサイズ」
初めての方限定 お試し価格371円(+税)


「つくば山崎農園産あじかん 焙煎ごぼう茶 お試しサイズ」
初めての方限定 お試し価格556円(+税)


3. ごぼう茶の口コミ おまけ

今回あじかん焙煎ごぼう茶を試飲してみたところ、2種類に共通の、いくつかの気づきがありました。
4つのポイントでの感想をお伝えします。

①開封時

パッケージを開けるとすぐに、ごぼうチップスのような香ばしい少し甘みのある香りがふわっと広がりました。
なんだか食欲をそそられるようないい香りでした。

②お湯を注いだ2分後

カップに顔を近づけるまでもなく、テーブルの上に注ぎたてのごぼう茶のカップがあればふんわりまわりにごぼう茶の香りがただよい、周囲の人間が「わぁ、ごぼうの香りがする~」思わず声にしました。

③少し冷めてしまった後

どちらのごぼう茶も、冷めると、ごぼう独特の風味のくせが強まったように感じました。

④2煎目

2煎目は、どちらも、色はわりとはっきり出るものの、味と香りはぐっとごぼうのクセが抜けてさらっと飲みやすくなる印象でした。

4. まとめ

今回はごぼう茶を実際に飲んでみた感想をご紹介しました。

口コミサイトなどで「ごぼう茶は飲みにくい」などの口コミをたまに見かけますが、今回、あじかん焙煎ごぼう茶を実際に10人に飲んでもらった結果では、そういった声は少数派と言ってよいのではないかという結論に達しました。

ほとんどのひとが、「思ってたより普通のお茶だね」という反応だったのです。

(もちろん、あじかん焙煎ごぼう茶のこだわりの焙煎方法なども飲みやすさの大きな理由のひとつに違いありません。)

健康を意識した生活を送りたい方、食物繊維やポリフェノールを効率よく取り入れたいという方は、ぜひ一度ごぼう茶を試してみてはいかがでしょうか?

この記事は2016年2月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る