メニューを開く
2016年10月19日 更新

さりげないのに魅惑的!日常使いしたい猫目メイク術

猫目 メイク

目尻がキュッと上がった猫目メイクは、強さと可愛さを併せ持つキュートな目元が作れると人気です!

猫目メイクの最大の特徴は、何と言ってもはね上がった目尻のアイラインではないでしょうか?

大人可愛いキャットラインは、学校やオフィスなど日常でも気軽に取り入れたいもの。

ここでは、日常使いにおすすめしたい猫目メイクをご紹介します。




1.目のタイプ別・猫目メイクの方法

猫目メイクの一番の特徴は、はね上がった目尻のアイラインの存在。

日常使いする時は、強さを残しつつも、柔らかいニュアンスが漂う仕上がりがおすすめです。目のタイプに合わせてアイラインを引くと、さらに魅力がアップしますよ。

では早速、目のタイプ別・猫目メイクの方法を3つご紹介します。

1-1.猫目メイクの方法・手順-二重編-

まずは、二重の方におすすめしたい猫目メイクの方法をご紹介します。

【1】 アイシャドウをのせる
ややパール感のある、明るいブラン系のアイシャドウを、アイホール全体にブラシで薄く広げます。
→目尻側が濃くなるように意識しましょう

nekome01

【2】 アイラインを引く
上まぶたの際に、リキッドアイライナーの黒で、細く引きます。目の形に沿って引きますが、目尻だけは、2~3㎜目よりも伸ばし、跳ね上げます。

nekome02

【3】 ラインにアイシャドウを重ねる
小さなブラシに濃いブラウンのアイシャドウを取り、アイラインの上をなぞるようにのせます。
→全体的に細く入れますが、目尻に行くにつれやや太くなるようにしましょう。

nekome03

【4】 アイシャドウで目元に奥行きを出す
下まぶたに、明るいブラウン系のアイシャドウを、目の形に沿わせて入れます。さらに、濃いブラウンのアイシャドウで、目尻側3分の1程度に薄く入れいます。

nekome04

【5】 マスカラをつける
ビューラーを使ってまつ毛をカールした後、マスカラを根元から毛先に向かってスッと抜くようにつけていきます。

1-2.猫目メイクの方法・手順-一重編-

次に、一重の猫目メイクで押さえたいポイントをご紹介します。

【1】 アイシャドウをのせる
アイホール全体に、ブラウンもしくはグレー系で普段よりも濃いめのアイシャドウをブラシを使ってのせます。
→アイシャドウをのせる時は、目の横幅を出すために、目尻よりも長めにのせていきます。

nekome02_01

【2】 アイラインを引く
上まぶたのキワに、黒のリキッドアイライナーでラインを引いていきます。アイラインは目の幅よりも長めに引いて、目尻をはね上げます。
はね上げた先から目頭に向かってラインを引き、内側を塗りつぶします。

nekome02_02

【3】 ラインをアイシャドウで締める
細めのブラシで、【1】で使ったアイシャドウより濃い色のアイシャドウを取り、【2】で引いたラインの上に重ねます。

nekome02_03

【4】 下まぶたにラインを入れる
黒のアイシャドウを使い、黒目の終わりから目尻を囲むように、「くの字」にラインを入れます。

nekome02_04

【5】 ハイライトで立体感を出す
目頭と目尻にハイライトをプラスして立体感を出します。

nekome02_05

【6】 涙袋に陰影をつける
アイボリーよりやや濃いめのブラウンのアイシャドウを使って、涙袋に影をつけます。

nekome02_06

1-3.猫目メイクの方法・手順-奥二重編-

最後に奥二重の猫目メイクで押さえるべきポイントをご紹介します。

【1】アイシャドウをのせる
アイホール全体に、ベージュ系のアイシャドウをブラシを使ってのせていきます。目頭から目尻にかけて太くなるように、ブラウンやグレーの濃い目のアイシャドウをのせます。
→アイシャドウをのせる時は、目尻側が最も濃くなるようにぼかしていきます。

nekome02_07

【2】アイラインを引く
上まぶたのキワに、黒のリキッドアイライナーでラインを引いていきます。アイラインを目尻まで引いたら、一度下げてからはね上げます。
はね上げた先から目頭に向かってラインを引き、内側を塗りつぶします。

nekome02_08

【3】ラインをアイシャドウで締める
細めのブラシで、【1】で使ったアイシャドウより濃い色のアイシャドウを取り、【2】で引いたラインの上に重ねます。

nekome02_03

【4】下まぶたにラインを入れる
黒のアイシャドウを使い、黒目の終わりから目尻を囲むように、「くの字」にラインを入れます。

nekome02_04

【5】ハイライトで立体感を出す
目頭と目尻にハイライトをプラスして立体感を出します。

nekome02_05

【6】涙袋に陰影をつける
アイボリーよりやや濃いめのブラウンのアイシャドウを使って、涙袋に影をつけます。

nekome02_06

2.つけまつげでさらに猫目度アップ

猫目メイクをさらに魅力的に仕上げてくれるアイテム、それはズバリ「つけまつげ」です!

猫目メイクは、目尻をキュッとはね上げたラインが肝になるメイク。くるんと上がったまつ毛を追加すると、目尻のラインをさりげなく強調できて、より魅惑的な目元が作れちゃうんです。

この時、目尻側だけにまつげをつけてあげると、猫目っぽさを自然に演出してくれるのでおすすめです。

3.濃い目のアイシャドウで仕上げるのもアリ

キャットラインを描く際、リキッドアイライナーでスッと跳ね上がったキレイなラインを引くのに自信がない方もいるのでは?

また、リキッドアイライナーだとラインに存在感があるため、もう少し柔らかい印象で仕上げたい方もいますよね。

ソフトな印象のキャットラインで仕上げたい場合は、濃いめのアイシャドウをライン代わりに使うのがおすすめです。

<手順>
【1】 アイシャドウをのせる
アイホール全体に、ブラウン系のアイシャドウをブラシを使ってのせていきます。目のキワは濃く、アイホールのキワは薄くなるように、内側から外側に向かってグラデーションになるようにぼかしていきます。

【2】 アイラインを引く
上まぶたの目のキワの目尻側から3分の1の部分に、濃いブラウンのアイシャドウを細めのブラシもしくはチップにとり、目尻から2~3ミリ上げ気味にのせます。

4.おわりに

キュートな中にも女性の色気を感じさせ、魅惑的な目元を作ってくれる猫目メイク。日常使いしない手はないですよね。

猫目メイクを日常使いする時は、強さを残しつつも柔らかいニュアンスを残して自然に仕上げることが大事です。

アイラインの太さを変えれば、パーティーなど華やかなシーンでも使えますよ。自分らしい猫目メイクで、印象的な目元を演出しちゃいましょう。

この記事は2016年4月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。