メニューを開く
アスタリフト;

タイプ別!クマのできる原因とその対策法

クマ 原因

目のクマができる原因が知りたい、目元のお手入れをしたいと思っていませんか?

目元が暗いと疲れている印象になったり、老けた印象を与えてしまうので嫌ですよね。

今回は、クマのタイプ別に、クマができる理由とその対策法を紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 実はクマには3種類のタイプがある!

クマには3種類のタイプがあります。タイプによってクマの対策方法が変わってくるので、まずは自分がどのタイプのクマなのか確認してみましょう。

■クマのタイプの調べ方

では、このイラストを参考にしながら、自分のクマのタイプがどれか調べてみましょう。
小さな鏡を準備してやるとわかりやすいですよ。
クマ_確認方法

青クマの場合

あっかんべーをする時のように、目の下の皮膚を下にひっぱったときに、クマの色が薄くなった人は青クマだと考えられます。

黒クマの場合

鏡を持って上を向いたときに、クマの色が薄くなった人は黒クマだと考えられます。

茶クマの場合

青クマと茶クマの方法を両方試してもクマの色が薄くならなかった人は茶クマだと考えられます。

2 クマができてしまう理由とは?

では、自分のクマのタイプがわかったところで、タイプ別のクマの理由について詳しくみていきましょう。

2-1 青クマができる理由 血行が悪い・生まれつき皮膚が薄い

青クマ

青クマの主な理由は血行が悪くなっていることが考えられます。
皮膚が薄い目の下は血行が滞っているサインが出やすく、青クマとなってしまうのです。
そのため、生まれつき皮膚が薄かったり、色白の方の場合、余計に目立ちやすくなります。

青クマの理由である血行の悪さは、睡眠不足や疲れなどによる体調不良、不規則な生活によるホルモンバランスの乱れなどによって引き起こされます。

また、パソコンで作業している方や常にスマホで何かを見ている方は、目を酷使することによる眼精疲労やドライアイなども目元の血行を悪くしてしまうことがあります。

2-2 黒クマができる理由 加齢によるたるみ

黒クマ

黒クマの主な理由は加齢による目元のたるみが考えられます。
目元のたるみにより、肌に凹凸ができ、それが影になってクマのように見えます。
そのため、元々涙袋が大きい方や、はっきりとした顔立ちの人ほど、黒クマがわかりやすいです。
また、顔がむくんでいる日はさらに目立ってしまいます。

年齢を重ねたことによる目元の筋肉の衰えや肌の水分不足が目の下のたるみの原因になります。

そのため、目元の保湿や紫外線対策といったケアが足りていないと、黒クマができてしまう可能性が高いです。
また、目の筋肉は瞬きの回数が減ると衰えていってしまいます。パソコンやスマホなどを長時間集中してみている方は、青クマだけでなく黒クマができてしまうこともあります。

2-3 茶クマができる理由 メラニンの色素沈着

茶クマ

茶クマの主な理由は目のこすり過ぎなどによるメラニンの過剰分泌による色素沈着です。
紫外線や摩擦による刺激を受けると皮膚を守ろうとして、メラニンが増加してしまうのです。

メイクを落とすとき自分では優しく触っているつもりでも、皮膚が薄い目元にとってはゴシゴシとこすられていて、大きな負担になっている場合もあるのです。
シートタイプのメイク落としも、皮膚を無意識にこすりやすいので注意が必要です。

また、落としきれなかったメイクや、かきむしりなども皮膚の負担となり色素沈着を引き起こします。

肌が乾燥し新陳代謝が鈍くなると、肌のリズムの乱れによりメラニン色素の排出がスムーズにできなくなるので、目元の乾燥対策をしていなかった場合も茶クマができやすくなります。

3 目のクマのお手入れ方法

目の下にクマができる理由はそれぞれですが、するべきお手入れは一緒です。
お手入れはクマの予防にもつながるので、しっかり実践していきましょう!

3-1 血行を良くする

クマの理由のひとつは血行がわるくなることですから、血の巡りをよくしてあげましょう。
ホットタオルで目元を温めたり、身体全体が冷えないように冷たい飲み物は避けるなど、血行を良くしていきましょう。

また、クマは体調不良などでも出てくる場合があるので、身体に負担がかかる生活を送っているのであれば、生活習慣も見直していきましょう。

3-2 目元を刺激しない

目元をよくこすってしまう方は、できるだけ優しく触るように意識しましょう。
また、クレンジングや洗顔の際に、しっかり落とそうと無意識にこすってしまっているケースも多いので、気をつけましょう。
こすらずに目元のメイクを落とせるアイメイクリムーバーを使うのといいでしょう。

3-3 紫外線対策&ビタミンCを摂る

クマには紫外線対策も必要なので、美白化粧品(※)でスキンケアするのもおすすめです。
※美白とは日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと

おすすめのスキンケア商品を紹介します。

■アスタリフト ホワイト ローション【医薬部外品】
アスタリフトホワイト

独自の保湿成分ナノAMAが肌の角層まで届きうるおいを与える美白化粧水(※)です。
※美白とは日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと

先行美容液、ローション、エッセンス、クリームがセットになったトライアルキットがあるので、まずはこちらから試してみてはいかがでしょうか。

なお、メラニンの色素沈着もクマの理由のひとつなので、メラニンの生成を抑えると言われるビタミンCも摂ると良いでしょう。

赤パプリカ、黄パプリカ、ゆず、菜の花、ブロッコリーなどに多く含まれていますよ。

4 目元を輝かせるスペシャルケア方法

最後に目元を輝かせるスペシャルケア方法をふたつ紹介します!

4-1 アイクリームで保湿ケア

目元を乾燥や紫外線から保護するため、目元用のアイクリームを使って対策していきましょう。
目元はとてもデリケートなので、優しく塗るのがポイントです。

■おすすめのアイクリーム

おすすめのアイクリームをふたつ紹介するので、参考にしてみてください。

①POLA サインズショット【医薬部外品】
サインズショット

目元や口元など顔の中でもよく肌が動く部分を引き締める美容液です。
ワセリン、グリセリンのほか、POLAオリジナル複合保湿成分「サインズコアリキッド」が配合され、肌にうるおいとツヤを与えます。

②AGOSリフトアイクリーム
アゴス

美容大国フランス生まれのアイクリームです。
保湿成分であるセラミドヒアルロン酸Naを配合し、肌の角質層までしっかり浸透していきます。

4-2 目元の筋肉を鍛える

目元の筋肉を鍛えることでも、肌のハリ感を出していけるので、目元の筋トレもおこなっていきましょう。

■簡単な目元筋トレの方法

①薄目を開けた状態を10秒間キープ
体操1

下まぶたが、目を開けた状態に比べて2~3mm上がった状態にします。
最初は鏡で確認するといいでしょう。

②指先で目尻の少し上のあたりを斜め上に引っ張り押さえる
この状態で10秒間目を閉じる
体操2

いわゆるキツネ目の状態です。
指で押さえるときは強く抑え過ぎないよう注意してください。

5 まとめ

クマのタイプ別にその理由と取り方をみてきました。
みなさんのクマはどのタイプでしたか?

クマには保湿や紫外線対策をはじめとしたケアをしていきましょう!
また、血行が良くなるように、健康的な生活を心がけてくださいね。

この記事は2016年2月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る