メニューを開く
アスタリフト;

顔のたるみの原因は3つ!原因に合わせたたるみ対策!

顔のたるみ 原因
「顔のたるみが気になり始めた…」「顔のたるみの原因って何?」と、顔のたるみにお悩みではありませんか?

顔のたるみの主な原因は、加齢による肌の変化や、普段の習慣が関係していると言われています。

そこで今回は、顔のたるみの具体的な原因と、顔のたるみの原因に分けた対策方法などをご紹介します。

顔のたるみは、気になり出すまえに対策を始めましょう!



astalift
astalift

1.顔のたるみ 3つの原因

顔のたるみは、以下の3つのものが主な原因だと言われています。

原因① 肌弾力の低下
原因② 表情筋の衰え
原因③ 姿勢

たるみの原因について、順にご紹介します。

原因① 肌弾力の低下

肌の弾力が低下すると、皮膚の重みを支えることができず、顔のたるみにつながることがあります。

肌の弾力を保持しているのは、肌の真皮層に存在する「コラーゲン」と「エラスチン」という繊維だといわれています。

コラーゲンやエラスチンを生成する働きは、年齢とともに衰えていくため、加齢によりコラーゲンやエラスチンの減少と劣化が進んでしまうのです。

その結果、皮膚を支えられるだけの肌のハリがなくなり、皮膚が垂れてしまい、顔のたるみが生じてしまうことがあるのです。
ほうれい線03

肌の弾力は、加齢に加えて紫外線によって負荷がかかることで、さらに低下しやすくなるとも言われています。

原因② 表情筋の衰え

顔のいたるところに存在する表情筋は、筋力が低下すると顔のたるみの原因となることがあります。

表情筋は、皮膚を支える働きを持っているため、衰えると皮膚がたるみやすくなってしまいます。また、表情筋があまり使われていないと、顔に脂肪がつきやすくなる原因にもなるのです。

顔に脂肪がつけば、さらに皮膚は重くなるため、よりたるみが引き起こされることは、想像しやすいですよね。

表情筋は、体にある筋肉と比べて薄いとされており、意識的に使わないでいると低下しやすい筋肉だと言われています。

笑うことの少ない方や、口をあまり動かさない方は、表情筋が衰えやすいので気をつけましょう。

原因③ 姿勢

猫背や前かがみの姿勢がクセになっていると、顔のたるみの原因となることがあるようです。

長時間のデスクワークやスマートフォンの利用が原因となり、顔のたるみを引き起こしやすい姿勢になっている人が増えていると言われています。

悪い姿勢が習慣化したり、長時間同じ姿勢でいたりすると、肩や首の筋肉が凝り固まってしまうだけでなく、顔のたるみにもつながってしまうのです。

猫背だとあごが前に突き出るため、首の前の筋肉が下に引っ張られ、首の後ろにある筋肉が縮み、後頭部の皮膚も下に引っ張られやすくなります。

たるみ

すると、互いに皮膚が引っ張り合うので、顔の皮膚も一緒に下へ下へ引っ張られ、顔がたるんでしまうといわれています。

こうすることによ顔のたるみはもちろんのこと、首のシワにもつながることがあります。

2.原因別 顔のたるみの対策方法

顔のたるみの原因をご紹介したところで、それぞれの原因に対し、具体的にどのような対策を行っていくかをお話しします。あなたの顔のたるみの原因に合わせて、対策方法を参考にしてみてください。

既にできてしまった顔のたるみを解消するには、基本的に、美容クリニックで治療を受ける必要があります。既にたるんでしまった皮膚は、化粧品などで持ち上げることができないからです。

美容クリニックでの治療を検討している方は、【5.顔のたるみの治療方法】をご覧ください。

ここでは、顔がたるみにくくするための対策法をご紹介します。

2-1.肌弾力の低下|顔のたるみの対策

保湿スキンケア
顔のたるみが肌弾力の低下によるものである場合、加齢によるものは基本的にお手入れで防ぐことができません。
しかし、乾燥や紫外線などの外的な影響により、肌のハリ・ツヤが失われるのを防ぐことはできるでしょう。
外的な影響による肌のハリ・ツヤ対策をご紹介します。

・肌にうるおいを与える

いつものスキンケアは、肌にうるおいとハリを与えることを意識しながら行うようにしましょう。

肌に十分なうるおいを与えることは、肌の乾燥による小ジワを防ぐことにつながります。乾燥による小ジワは、はじめは肌の表面で起こっていても、放っておくと深いシワとなり、さらにはたるみにつながることがあると言われています。

保湿とハリを意識したスキンケア化粧品を選ぶ際には、どのような成分が配合されているのかなど、成分表記を確認するのも良いでしょう。

化粧品の後ろやパッケージ、商品のホームページなどの成分表示欄を見て、目的の成分が配合されているか確認してみてください。
化粧品に含まれる成分の中には、一般的な通称と表記名が異なる場合もあります。

例えば「ビタミンC誘導体」は、
・APPS(アプレシエ・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
・FuncosC-IS(VCP-IS-2Na・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
・APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
・リン酸アスコルビルMg(APM)
・リン酸アスコルビルNa(APS)
・アスコルビン酸グルコシド

などといった成分名で記載されているので、確認の際は気をつけましょう。

・紫外線を防ぐ

日焼け止め SPF
UVカット機能のある化粧品や日焼け止めを使い、紫外線対策を行いましょう。

紫外線を必要以上に浴びすぎると、肌の弾力を保つ、肌内部の「コラーゲン」や「エラスチン」の劣化の原因になることがあるといわれています。

紫外線は基本的に、天気や季節に関係なく降り注いでいるので、油断せずにしっかり紫外線対策をしましょう。また、家の中でも、窓際では日の光が差し込んでいるので、外出しない日も紫外線対策は必要といえます。

顔にはUVカット機能のある下地やファンデーション、日焼け止めなどを塗り、日常的に紫外線対策をするようにしましょう。

・肌に摩擦を与えない

肌には摩擦による負担を与えないように心がけましょう。肌への摩擦は、たるみだけでなく様々な肌悩みの原因になることがあります。

スキンケアの度にゴシゴシと肌をこすったり、引っ張ったり、さらにはクレンジング料や洗顔料を長時間肌にのせておくようなことがないようにしましょう。

スキンケアは毎日行うことなので、正しく丁寧なケアを意識することが大切です。

2-2.表情筋の衰え|顔のたるみの対策方法

衰えがちな表情筋を鍛えるための簡単なエクササイズを、3種類ご紹介します。

・舌回しエクササイズ

舌を回すことで、頬、あご、首の筋肉をバランスよく動かすことができると言われています。

①口を閉じ、舌は唇と歯との間に置きます。
②歯の表面を舌でなぞるように、ゆっくりと舌を回します。だいたい20回くらいが目安です!
ほうれい線_エクササイズ01
③今度は、反対周りに回します。
ほうれい線_エクササイズ01

※それぞれの方向に、20回ずつを1セットとし、1日3セットを目標にしてみましょう。
※きついと感じたらやめましょう。

テレビを観ているときやお風呂に入っているときなど、何かをしながらでもできるのが嬉しいですよね。

・あいうえおエクササイズ

あいうえお体操
口を「あいうえお」の形にするエクササイズです。口を大きく開いたり、引き延ばしたりすることで、表情筋を動かすことができます。

大げさに感じるくらいにやることで、より効果的に表情筋を動かせるので、鏡でチェックしながら口を動かしてみましょう。その際、声は出さなくても大丈夫です。

・ペットボトルエクササイズ

ペットボトルを口で支えて、表情筋を鍛えるエクササイズです。
ペットボトルをくわえた女性
①空の500mlペットボトルに、100ml程度水を入れてフタをしめます。
②ペットボトルをくわえます。10秒を目標にしましょう。
③3回を1セットとし、朝と夜の2回を目安としてください。

※あごの調子が悪い方や、歯の治療を行っている方は避けてください。
※無理のない範囲で行いましょう。

2-3.悪い姿勢|顔のたるみの対策方法

悪い姿勢を続けていると、顔のたるみの原因になることがあります。意識的に、正しい姿勢でいるように心がけましょう。

・正しい姿勢を身に付ける

正しい立ち方のポイント
背中 ダイエット 気をつけ
①壁を背に立ったとき、後頭部・肩甲骨・おしり・かかとの4点が壁に付くようにする。
②背筋と頭をまっすぐに伸ばす。
③あごを引く
④おなか(おへそのあたり)に力を入れる。

※糸で頭のてっぺんを吊られているのをイメージすると分かりやすいでしょう。

正しい座り方のポイント
骨盤歪み
①椅子に深く腰かける。
②膝の高さが腰よりも高くなるようにする
⑤足の裏が床につくようにする
③背筋をまっすぐに伸ばす
④おなか(おへそのあたり)に力を入れる。

・「猫背矯正グッズ」を使う

猫背の改善が難しいと感じる方は、一般に「猫背矯正グッズ」と呼ばれているアイテムを活用してみるのもひとつの手段です。下着のようなものや、コルセットタイプのものなど、種類もさまざまです。

猫背の姿勢に慣れてしまうと、正しい姿勢を長時間キープできなかったり、無理をして体を痛めたりする可能性があるとも言われています。

自分に合いそうなグッズがあれば、取り入れてみてはいかがでしょうか。

3.顔がたるみにくくするための生活習慣のポイント

妊娠 つわり 
顔がたるみにくくするために意識したい、生活習慣のポイントを3つご紹介します。基本的なものばかりですので、今日からさっそく気をつけてみてください。

3-1.よく噛んで食べる

食べ物を食べるときは、意識的によく噛んで食べるようにしましょう。習慣的によく噛むことで、あごの筋肉が鍛えられ、たるみや二重あごの対策にもつながります。

噛むときは、左右の歯を均等に使うことが大切です。
片側だけに偏って噛んでいると、使っていない側の筋力が低下し、顔の片方だけたるんでしまうことがあるといわれています。

また、噛む回数だけではなく、硬いものを食べるということも意識してみましょう。

3-2.栄養バランスの整った食事を摂る

毎日の食事の栄養を、バランスよく摂るように意識しましょう。私たちの健康な体や肌は、毎日の食事から得る栄養でできていると言っても過言ではありません。

無理な食事制限や、偏った情報を鵜呑みにした食生活などは避け、5大栄養素をベースに、バランスよく栄養を摂りましょう。

5大栄養素とは、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルのことで、私たちの体にはどれも欠かせない栄養素です。肌の健康に気を遣いたい方は特に、「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」「コラーゲン」といった栄養素も不足しないように心がけましょう。

それぞれの栄養素が豊富な、代表的な食べ物をいくつかご紹介します。参考にしてみてください。

ビタミンA…レバー、うなぎ、あなご、卵、チーズ、バター など
ビタミンC…赤パプリカ、ピーマン、アセロラジュース、キウイ など
ビタミンE…いわし、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、モロヘイヤ など
コラーゲン…フカヒレ、うなぎ、手羽先、豚肉 など

3-3.十分な睡眠時間の確保&睡眠の質を高める

美白
すこやかな肌を保つためにも、6~8時間くらいを目標に睡眠を取りましょう。

諸説ありますが、健康な体と肌を保つためには、毎日6~8時間くらいの睡眠が適していると言われています。

睡眠中は、すこやかな肌を保つために大きな関わりがあるとされています。睡眠時間だけではなく、睡眠の質を高め、ぐっすり眠ることも大切だといわれています。

睡眠の質は、寝る前の行動でも変化するとされています。眠る前は、下記のポイントを意識してみましょう。

・17時以降の仮眠を控える
・最低でも就寝1時間前のスマートフォン、パソコン、テレビの使用を控える
・眠る直前の暴飲暴食を避ける
・ぬるめのお風呂にのんびり浸かる
・軽いストレッチを行う

4.顔のたるみをカバー!メイクのポイント

ミニマム メイク
顔のたるみは、メイクを工夫することでも目立ちにくくすることが可能です。顔のたるみを目立ちにくくするメイクテクニックを、普段のメイクにも取り入れてみてください。

ポイント1 ファンデーションは薄塗りする

ファンデーションを顔のたるみの部分に塗る際は、薄く塗りましょう。ファンデーションを厚く塗りすぎると、ひび割れが起きてたるみが目立ってしまうことがあります。

また、肌に密着しやすいテクスチャーの、リキッドかクリームタイプのファンデーションを使うのがおすすめです。

ポイント2 視線をたるみから逸らす

顔のたるみから視線を逸らすためにも、ちょっとしたメイクテクニックが活躍します。

まず、アイシャドウを華やかにすることで、視線を目元に集めることができます。肌なじみも良い、イエロー系のライトベージュや、パール感のあるゴールドのアイシャドウがおすすめです。

逆に、茶系のアイシャドウは、目元に影を演出しやすいため、目元のたるみが気になる方は避けましょう。

また、頬の高い位置にチークをのせることでも、視線を上に持っていくことができます。頬の、笑ったときに一番高くなる位置にチークをのせましょう。こめかみに向けて斜めにいれるのがコツです。派手になりすぎない、コーラルピンクやナチュラルベージュのチークがおすすめです。
顔 たるみ チーク

ポイント2 ハイライトで顔に立体感を出す

ハイライトを使うことで、塗った部分を立体的に見せることができるため、たるみを目立ちにくくカバーすることができます。

ハイライトは肌の色に合わせて、自分の肌色よりワントーン明るいものを選びましょう。肌色に合わせて、白色や白に近いピンク、ゴールド系のものなどを使い分けるのがおすすめです。

ハイライトは、額と鼻(Tゾーン)に、ブラシでサッと払うようにしてのせます。ファンデーションの後に使いましょう。
顔 たるみ ハイライト

5.顔のたるみの治療方法

たるみを確実に解消したい方や、治療を検討している方は、美容クリニックで行われている治療を検討しましょう。主な顔のたるみ治療の方法をご紹介します。

料金や詳細な治療の内容に関しては、クリニックによって異なる可能性があるため、興味のある方は、実際に美容クリニックに問い合わせてみましょう。
治療の結果には個人差がありますので、信頼できる医師とリスクなどについてもしっかり話すことをおすすめします。
※自由診療の場合、保険は適用されません。

5-1.フェイスリフト

フェイスリフトは、たるんだ皮膚を持ち上げて、たるみをなくす治療です。糸を使うものと、皮膚を切るものの、大きく分けて2種類の方法があるようです。

本格的な治療になるため、時間が経過してもたるみが再発しにくいと考えられています。

5-2.注射

「プラセンタ」や「ヒアルロン酸」といった成分を皮膚に注入する治療法です。注射を使うことで、たるみに有用と言われる「プラセンタ」や「ヒアルロン酸」が、皮膚に直接届きやすいというのがポイントです。

・プラセンタ…コラーゲンの生成をサポートするなどし、肌にハリを与えてくれると言われています。

個人差はありますが、プラセンタ注射は、継続的に行うことで、徐々にハリ感を実感できるようになると言われています。

・ヒアルロン酸…ヒアルロン酸は保水性があるとされ、皮膚に注射することで、たるんだ皮膚をふっくらとさせてくれるそうです。

ヒアルロン酸注射は、すぐにハリを感じられるのが特徴ですが、一方で長く効果が持続しにくいという点もあると言われています。

5-3.レーザー治療

皮膚に特殊な光を当てて、皮膚を活性化させることを目的とした治療法です。皮膚が活性化されることで、コラーゲンを生成する働きが活発になると言われています。

レーザー治療と一口に言っても、レーザーにもさまざまな種類があり、その効果や持続性にも違いがあるそうです。

6.まとめ

顔のたるみの原因や、原因別のたるみ対策についてお話ししました。

たるみの原因はさまざまですが、正しいスキンケアや日頃から美しい姿勢を保つという行動の積み重ねが、たるみを防いでくれます。

今回ご紹介したことを参考に、できることから取り入れて、若々しいフェイスラインを保ちましょう。

この記事は2017年1月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る