メニューを開く
アスタリフト;

いびきの原因は6つ!いびきをかきにくい寝方&対策グッズを紹介

いびきの原因

「いびきの原因ってなんなんだろう?」、「病気かもしれないから、いびきの原因を知りたい!」と、お考えではありませんか?

いびきの原因は、主に6つあると言われています。

原因によっては、健康な毎日の生活の妨げとなることがあるので、原因を知り、正しく対策を行いましょう。

今回は、いびきの原因や心配ないびきの特徴、いびきの予防方法などをご紹介します。



astalift
astalift

1.いびきの仕組み

いびきは、なんらかの原因で気道が狭くなることで発生します。

狭くなった気道に大量の空気が通過すると、気道の粘膜が振動し、音が鳴ります。その音が、いびきの正体と言われています。
いびきの原因1

2.心配ないびき

いびきの中には、病気や日常生活への支障をともなうものがあります。睡眠中になんらかの理由で呼吸が止まる、「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれるものです。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まることや、いびきが大きいことだけでなく、熟睡感が得られない、日中の集中力が落ちる、突然強い眠気に襲われる、といった症状が出ることがあります。

きちんと寝ているはずなのに、起床時の気分がすぐれない方や、寝ている間に呼吸が止まっていることを指摘された方は、すぐに病院(耳鼻咽喉科)に行くようにしましょう。

いびきの治療を行う病院例:銀座コレージュ耳鼻咽喉科

3.いびきの原因

いびきの原因には、下記のような6つのことが考えられます。

・肥満
・口呼吸
・疲労
・体の構造
・寝る前の飲酒
・呼吸中枢の異常

それぞれ、どのようにいびきを引き起こすのか、お話しします。

3-1.肥満

いびきの中でも、肥満によるいびきは、よく見られます。太っていることで、のどのまわりなどに脂肪がつき、気道が狭くなってしまうことで起こります。

3-2.口呼吸

鼻呼吸に比べ、口呼吸はいびきをかきやすくなります。

口呼吸をしているときは、上あごの奥部分(軟口蓋)と、舌の根本部分がのどの方に落ち込みやすく、気道が狭くなります。

口呼吸になるのは、鼻炎や風邪などで鼻呼吸が苦しかったり、筋肉が弱っていたりという理由が考えられます。

3-3.疲労

疲労回復 マカ 効果

寝ているときは、基本的に筋肉がゆるんでいる状態ですが、疲れているとさらに筋肉のゆるみが大きくなります。また、疲れていると普段より多く空気を取り入れようとするため、空気の抵抗が大きくなり、いびきが起こります。

3-4.体の構造

体の構造的に、いびきをかきやすい人もいると言われています。

・舌が大きい
・鼻が曲がっている
・下あごが小さい

など

無呼吸症候群を引き起こすなど、日常生活に支障をきたす場合は、病院へ行って医師に相談するようにしてください。

3-5.寝る前の飲酒

寝る前にお酒を飲むと、筋肉がゆるみ、気道がせまくなることがあります。アルコールには、筋肉の緊張をゆるませる働きがあるからです。
便秘ツボ 飲酒後

3-6.呼吸中枢の異常

呼吸が止まる、「睡眠時無呼吸症候群」には、気道が狭くなっていないのに呼吸が止まってしまうものがあります。

これは、呼吸中枢になんらかの異常が出ており、呼吸の司令がうまく出ないことが関係していると言われています。

4.いびきをかきにくくする方法

普段からできる、いびきをかきにくくする方法を、4つご紹介します。

4-1.横向きで寝る

横向きで寝ることで、舌の根元や軟口蓋の下がる方向が変わり、気道に落ちるのを防ぐことができると言われています。

この際は、抱きまくらを使うと体への負担が軽くなるでしょう。

4-2.寝る前の飲酒を控える

寝る前にお酒を飲む方は、寝る直前に飲むのを控えるのがおすすめです。

4-3.口まわりの筋肉を鍛える

口呼吸は、口周りの筋肉の衰えが関係していると言われています。

口周りの筋肉を鍛え、口がぽかんと開きやすくなることがあります。

下記の「あいうべ体操」は、口の周りを鍛えるのにおすすめの体操です。ぜひやってみてください。

【あいうべ体操】
口を「あ」「い」「う」と動かし、「べ」の時に舌を出します。
いびきの原因

しっかり発音し、口の動きを意識しながらやってみてください。

4-4.体重を落とす(肥満気味の方)

肥満気味の方は、体重を落とすことを心がけましょう。日頃から、間食や暴飲暴食を避け、体を動かすのがおすすめです。

気道のまわりについた脂肪を減らすことで、いびきをかきにくくすることが期待できます。

5.いびきの防止グッズ

いびきを予防するために、睡眠時に取りいれることのできるグッズをご紹介します。

いびきの原因によっては、お使いいただいても、実感できないことがあるので、原因に合わせたグッズを選ぶようにしましょう

【横向きの姿勢をサポートする枕】
YOKONE




毎日使うのに、あまり頻繁に変えることのない枕は、いびきを考える上で大切です。

横向きで寝る際に、体に負担をかかりにくくしてくれる枕です。「リラックスウレタン」
素材が、柔軟にフィットします。

ほどよい重みのある枕なので、寝返りの度に枕がずれるのも防いでくれます。

 

・鼻腔拡張テープ
ブリーズライト

(画像引用:ブリーズライト SPECIAL SITE)

鼻詰まりがあり、口呼吸してしまう方におすすめです。鼻の表面に貼り、鼻腔を広げるサポートをしてくれます。

 

【鼻詰まりがなく、口呼吸してしまう人向け】
・マウスピース
いびきくん

(画像引用:amazon)

寝ている間に口呼吸をしていて、起きた時に口の中やのどが乾いている方におすすめです。
いびき対策として使う、マウスピースです。上と下の奥歯につけて、寝ている間に口が開くのを防ぎ、いびきを予防します。

 

・テープ
ネルネル

(画像引用:amazon)

鼻づまりがなく寝ている間に口呼吸をしてしまうのを防ぐテープです。鼻呼吸のクセをつけたい方におすすめです。

唇にダイレクトに貼り付けて使います。

 

6.まとめ

いびきの原因や、いびきの予防グッズ、予防方法などについてお話ししました。

いびきは、一緒に寝ている人が困るだけでなく、場合によってはご自身の健康な毎日にも影響を与えることがあります。

予防グッズや対策を行っても、実感が得られないという場合は、一度病院に相談してみましょう。

この記事は2016年3月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る