メニューを開く
提供:ヤーマン株式会社

キャビテーションを自宅でしたい!おすすめキャビテーション

キャビテーション
「エステでできるキャビテーションって、自宅でもできないのかな…?」と思ってはいませんか?

キャビテーションは、ボディメイクをサポートしてくれる機器として注目を集めています。
これまではエステで施術を受けるのが一般的でしたが、近年では家庭用のキャビテーションマシンも登場し、自宅に居ながら本格的なお手入れを楽しめるようになりました。

そこで今回は、キャビテーションについて詳しく解説!おすすめの機器から魅力まで、まとめておつたえします。
ぜひ参考にしてみてください。



1.自宅で行うキャビテーションの魅力

キャビテーションとは、超音波の力を利用してマッサージをサポートするボディトリートメント方法のことです。

二の腕や腰周りなど、お肉がだぶついてメリハリのなさに悩む方にキャビテーションはおすすめのボディトリートメント法のひとつです。

自宅で行うキャビテーションは、次のような魅力があります。

■いつでも好きなときにできる

自宅用のキャビテーションマシンは、自分の好きなときに使用することができます。

エステサロンの場合は、予約がなかなか取れなかったり、サロンに行く時間がなかったり、通うのが面倒ということもあるかもしれません。

しかし、自宅用のキャビテーションマシンは好きなタイミングで使用することができるので、忙しい方でもすきま時間でボディトリートメントを行うことができます。

また、エステサロンは勧誘がしつこくて苦手と感じていたり、他人に身体を見られるのが恥ずかしいという方も、自分のタイミングで他人に気を遣うことなく行うことができるので、リラクゼーションのひとつにもなるでしょう。

■コストパフォーマンスが良い

何度かに分けて継続的に使用することがおすすめされるキャビテーションは、購入すればエステサロンに通うことなく繰り返し使用することができます。
そのため、長い目で見るとコストパフォーマンスも良いのでおすすめです。

2.肌らぶおすすめ!自宅用キャビテーション

■キャビスパ
キャビスパ

価格:29,800円(税抜)
カラー:オニキスブラック、パールピンク(2色)
搭載モード:キャビテーション、ラジオ波、EMS
仕様:防水機能、コードレス
企業:ヤーマン株式会社

RFボーテキャビスパは、エステで人気のトリートメント「キャビテーション」「EMS」「ラジオ波」の3機能を搭載した美容機器です。

まず、「ラジオ波」によって肌を温め、効率的にお手入れができる肌環境を整えます。

さらに、「キャビテーション」で肌を振動させ、「EMS」で筋肉トレーニングを行うことによって気になる部分をお手入れすることができます。

RFボーテキャビスパならこの3機能を同時に使うこともできるので、より簡単に短い時間でケアが可能です。

通常、エステではこれらの施術は別のコースとなっている場合が多いため、このように一度にトリートメントを行うことができるのは自宅用ならではです。

防水仕様で、お風呂で温まりながらトリートメントしたり、半身浴の時間を有効活用できることもおすすめの理由です。

⇒RFボーテ キャビスパ 公式ホームページはこちら

3.キャビテーションをする際の注意点

ここでは、キャビテーションの魅力を感じるために、気をつけたいポイントを3つご紹介します。

①トリートメント前に水分補給をする

キャビテーションを行う前には、必ず十分に水分補給を行いましょう。

②施術直後はカロリーの高いものは摂らない

キャビテーションの施術直後は、高カロリーのものを食べたり飲んだりすることは控えましょう。

最低でも、1~2時間は時間を空けてから飲食することをおすすめします。

③マッサージや運動を取り入れる

キャビテーションに加え、さらにリンパマッサージや適度な運動を行うこと、筋肉を鍛えることが大切です。

キャビスパでは、「EMS」モードを使うことにより筋肉を刺激することが可能です。

また、入浴等で身体を温めることもおすすめなので、キャビテーションと一緒に取り入れてみましょう。

4.まとめ

キャビテーションは、ボディラインに気になる部分がある方にはぜひおすすめしたいトリートメント方法です。

自宅で手軽に行うことのできるキャビテーションマシンを使用して、メリハリのある美しいボディラインを目指しましょう!!

※この記事は2016年2月16日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る