2017年5月15日 更新

頬のニキビを防ぎたい!自宅でできるお手入れ方法とは?

頬ニキビ

「メイクをしても目立ちやすい頬のニキビ。どうしたら防げるのかな・・」とお悩みではありませんか?

頬のニキビはメイクをしても目立ちやすい部分なので、1つでもできると気になってしまいますよね。

しかし、頬のニキビは、さまざまな方法で防ぐことができるとされています。

そこで今回は、繰り返しできる頬を含むニキビの原因と、防ぐ為のお手入れ方法についてご紹介します。



1.頬にニキビができやすい原因

にきびago
頬にニキビができやすい原因は主に3つあります。

①肌の乾燥
頬にニキビができやすい原因のひとつは肌の乾燥です。

頬はもともと皮脂腺が少ないので、加齢や季節・環境の変化によって水分と油分が共に減少し、乾燥を生じやすい部分とされています。

肌は水分と油分が失われて乾燥を生じると表面が硬くごわつき、毛穴も柔軟性を失って皮脂が詰まりやすくなるので結果的にニキビを誘発してしまうのです。

②外部刺激
外部からの刺激も頬のニキビを引き起こす原因のひとつといわれています。

頬は特に寝具類(枕・シーツ等)と接触する機会が多くあります。接触する部分の衛生状態が良くないと寝具の雑菌によって、ニキビができやすくなります。

また、チークやファンデーションを塗る際に用いる、メイク用品のブラシやパフの雑菌も、頬などのニキビを誘発するといわれています。

③ホルモンバランスの乱れ
頬にできるニキビは、「ホルモンバランスの乱れ」も原因のひとつとされています。

「ホルモンバランス」は、①睡眠不足②過度のストレス③食生活④生理周期など複数の影響によって乱れます。

「ホルモンバランス」が乱れると、皮脂が過剰に分泌される傾向にあるため、ホルモンバランスの影響を受けやすいとされる頬や顎(あご)などはニキビができやすくなるといわれているのです。

2.ニキビを防ぐためのお手入れ方法

頬などのニキビを防ぐお手入れ方法の1つとして「ニキビを防ぐ」成分を配合した薬用化粧品でのお手入れが挙げられるでしょう。

医薬部外品に分類される薬用化粧品には、ニキビを防いで肌をすこやかに保つ役割を持つものがあります。

そのような薬用化粧品で肌のうるおいのお手入れを行い、ニキビを防ぎましょう。

【肌らぶ編集部がおすすめする3つの薬用化粧品】

肌にうるおいを与えてニキビを防ぎ、肌をすこやかに保つ化粧品を3つご紹介します。

ノブ ACアクティブトライアルセット※すべて医薬部外品

ノブACアクティブトライアルセット

 

トライアルセット:「クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液」
価格: 1,500円(税抜)「送料無料」

保湿成分:セラミド・ヒアルロン酸・リピジュア等

【肌らぶ編集部コメント】
ACアクティブは敏感肌・乾燥肌の方向けに作られた薬用化粧品です。
肌にうるおいを与えつつニキビを防ぎ、肌をすこやかに保ちます。
約7日間使えるトライアルセットもあるので、気軽に試してみることができるでしょう。

公式HPはこちら(オレンジ)オルビス クリアミニセット※すべて医薬部外品 

オルビスクリア

トライアルセット:「洗顔料・化粧水・保湿液」
価格:1,200円(税抜)「送料無料」
(30日以内は返品・交換可)

保湿成分:浸透型コラーゲン、ヨクイニンエキス等

【肌らぶ編集部コメント】
オルビスが大人になっても気になるニキビに目を向けてつくった薬用化粧品です。洗顔はすっきりと洗い上げ、余分な皮脂を洗い落とし、化粧水・保湿液でしっかり角質層までうるおい与えることができます。約3週間分使えるトライアルセットは、肌に合うかじっくり試すことができるでしょう。

公式HPはこちら(オレンジ)アクポレス※すべて医薬部外品

アクポレスシリーズ

トライアルセット:「アクネソープ、クリアローション、モイストバランスミルク、アクネスポッツクリア、ディープモイスチュアローション」
価格:1,400円(税抜) 【送料無料】
保湿成分:ライスパワーNo.11エキス、ライスパワーNO.1エキス

【肌らぶ編集部コメント】
アクポレスは保湿化粧品「ライスフォース」のラインから出ている、ニキビを防ぐ薬用化粧品です。ニキビだけではなく、皮脂のべたつきにお悩みの方にも嬉しいシリーズでしょう。無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用。約1週間分のトライアルセットは嬉しいフルラインになっています。

公式HPはこちら(オレンジ)

3.頬ニキビを日常で防ぐ方法

3-1.頬に触れるものを清潔に保つ

メイク道具

ニキビは外部刺激によって引き起こすことがあります。寝具やメイク用品などは、特に頬に接触するものなので意識的に清潔を保ちましょう。

■寝具(枕・シーツ)
枕やシーツは雑菌が繁殖しやすい部分でもあります。できるだけ頻繁に洗濯をして清潔なものを使いましょう。

特に肌に直接触れる枕や枕カバーは1番顔に近く、髪の雑菌や汗が付着しやすいため毎日でも洗濯することをおすすめします。

■メイクブラシやスポンジ
頬に直接触れるメイクブラシやスポンジは雑菌が溜まりやすいためニキビを誘発させないためにも定期的に洗うことが大切です。

メイクブラシは3週間~1ヶ月に1度、スポンジは3日~1週間に1度は洗うことをおすすめします。

洗う際はメイクブラシやスポンジ用のクリーナー、もしくは石鹸を使うと良いですね。

※メイクブラシの種類によってはクリーナーでのお手入れができないものも存在するので事前に確認しておきましょう。

3-2.生活習慣を整える

有酸素運動 効果

ニキビを防ぐためには規則正しい生活週間も大切です。

ニキビをできるだけ作らせないためにも生活習慣を整えるような意識をします。

日常生活の中で、次の3つを心がけてみましょう。

■睡眠

ニキビは、肌本来の水分と油分のバランスが崩れた時にできることが多いようです。

睡眠が不足してしまうと肌リズムが乱れがちになり、水分と油分のバランスが保てなくなってしまいます。

美容と健康のためにも睡眠は6時間以上を意識してとるようにしましょう。

■ストレス

人は、仕事の忙しさや人間関係で緊張状態が続いてストレスを感じると心身ともにに負担になります。

できるだけストレスを溜め込まないように意識しましょう。

普段の生活の中に気分転換できる趣味や運動を取り入れたり、好きな香りを楽しむなど上手にストレスを発散させていきましょう。

■バランスの良い食事

ニキビを防ぐには食生活も大切なポイントになります。

1日3食バランスよく食べることや適当な量や栄養を摂ることは、健康な身体のベースになり、すこやかな肌を維持するためにもつながります。

主食・主菜・副菜を意識しつつ、栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

4.頬のニキビを上手に隠すメイク方法

konn

頬のニキビは、比較的目立ちやすい部分です。上手にメイクでカバーしたい時は、下地やファンデーションでなんとかしようとせずコンシーラー(部分用ファンデーション)を使用しましょう。

コンシーラーにはいくつか種類がありますが、ニキビに使用する際はイエローやベージュ系のカラーをおすすめします。

■使い方
1・コンシーラーをブラシ等で取り、手の甲で量を調整します。
2・気になる部分・カバーしたい部分より2周り位大きめにコンシーラーをのせます。
3・コンシーラーの周りの部分と肌の境目を、よくなじませます。

コンシーラーの選び方や詳細に関しては下記をご参照ください。

【もう悩まない!自分に合ったコンシーラーの選び方】
【キレイに隠す!部分別コンシーラーの使い方】

5.まとめ

頬にできるニキビはさまざまな原因が混在していますが、ニキビを防ぐためのお手入れや、生活習慣などでできにくくすることが可能です。

できることから意識して、ニキビをしっかりと防げるようにしていきましょう。

この記事は2016年5月15日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。