メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社ザ・ケア

頬ニキビの原因って何?ニキビを防いで美肌を目指す方法!

頬 ニキビ 原因 1
「頬のニキビの原因ってなんだろう」とお悩みではありませんか?

頬のニキビの原因は複雑ですが、正しいスキンケアや生活習慣などによって防ぐことができます。
今回は、頬にできるニキビの原因と対策についてご紹介します。




astalift
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

セラムデュー薬用アクネクレンズ(医薬部外品)
セラムデュー薬用アクネクレンズ

ニキビを防ぐノンオイル薬用クレンジング

これひとつでクレンジングと洗顔が完了!
微粒子アミノ酸(洗浄成分)が毛穴に詰まったメイク汚れや不要な皮脂、古い角質まですっきり落して、ニキビのできにくいすこやかな肌へ導きます。

さらに整肌有用成分グリチルリチン酸ジカリウムや、保湿成分ダイズエキス・クマザサエキス・ユーカリエキスなどを配合。
うるおいを与えてくれるので、洗い上がりの肌がつっぱりにくくなめらかになるのもうれしいポイントです。

初回限定で、アクネお試しコースを通常価格よりも1,830円(税抜)お得にお申込みできます。(※2016年10月時点、定期便トライアルでの申込みに限る)
まずは繰り返すニキビ対策にお試しください。

公式HPはこちら(オレンジ)

1. 頬にニキビができる主な原因2つ

頬にニキビができる原因は様々ありますが、主に次の2つが考えられます。

①頬の乾燥

乾燥肌 敏感肌
頬の乾燥が進むと、肌が紫外線などの外的影響を受けやすくなり、不要な皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなります。

この毛穴に詰まった不要な皮脂がニキビを引き起こす原因となり、ニキビを作り出します。

頬は、もともと顔の中において皮脂の分泌が少ない部分なのです。

肌自体がうるおい不足になりやすく、乾燥によるニキビができやすい部分でもあります。

②ホルモンバランスの乱れ

毛穴 パック2
繰り返しできる頬のニキビは、顔と同様に「ホルモンバランスの乱れ」も原因と考えられています。

睡眠不足やストレス・食事などによってホルモンバランスが乱れると、体内の皮脂分泌を促す「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が過剰に分泌されます。

そのため、ニキビができやすくなってしまいます。

③外部からの肌負担

メイクブラシ 洗い方
頬に直接触れるものが、清潔でないこともニキビができる原因になります。

枕カバーなどの寝具・フェイスタオル・化粧スポンジやブラシなどのメイク道具など、直接肌に触れるものは雑菌が付着しやすいものです。

また、頬づえをつくなどして無意識に触ってしまったり、頬に髪がかかっていると肌に負担を与えてしまい、ニキビの一因となります。

2. 肌らぶ編集部おすすめ!頬ニキビを防ぐ化粧品3選

頬は乾燥しやすい部分です。頬ニキビの主な原因である乾燥には、皮膚の水分や油分を補い保つ化粧品を使うと良いでしょう。

肌にうるおいを与える保湿成分として「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」などがあります。

ここでは、頬のニキビを防ぎたい方におすすめの化粧品を3つご紹介します。

持田ヘルスケア B・K・AGE(ビーケーエイジ)


bkage1
トライアルセット:化粧水(医薬部外品)・乳液(医薬部外品)・クリーム(医薬部外品)・下地、約1週間分
価格:953円(+税)、送料無料

保湿成分:セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなど

特徴
皮膚科学研究の技術をもとに開発されたスキンケアシリーズです。

化粧水・乳液・クリームのシンプルなスキンケアで肌にうるおいを与え、すこやかに保つことができます。

⇒持田ヘルスケア 公式HPはこちら

ORBIS(オルビス) 薬用クリアトライアルセット

オルビスクリア
トライアルセット:洗顔フォーム・化粧水・保湿液(すべて医薬部外品)、約3週間分
価格:1,200円(+税)、送料無料

保湿成分:ヒアルロン酸など

特徴
ベタつかず、さっぱりとした使い心地のスキンケアシリーズです。

ニキビ・肌荒れを防ぎながら肌をひきしめ、うるおいを与えるトライアルセットです。
乾燥を防ぎ、肌の柔軟性を保ってくれます。

⇒ORBIS 公式HPはこちら

NOV(ノブ) ACアクティブ

NOV
トライアルセット:クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液(すべて医薬部外品)、約1週間分
価格: 1,500円(+税)、送料無料

保湿成分:セラミド・ヒアルロン酸・リピジュアなど

特徴
臨床皮膚医学に基づいて開発された、ニキビを防ぐスキンケアシリーズです。
ニキビができやすい大人の肌のことを考え、「セラミド」や「ヒアルロン酸」「リピジュア」などの保湿成分を配合しています。

⇒NOV 公式HPはこちら

3. 頬のニキビを防ぐために見直すべき生活習慣

頬のニキビを防ぐためには、日常の生活習慣も重要です。
できるところから意識をしていきましょう。

■髪型や頬杖に気をつける

髪 はねる 女性
髪が頬にかかる場合は、髪をまとめたり耳にかけるなど工夫しましょう。
また、頬杖など手で頬に触れることにも気をつけましょう。

■頬に触れるものを清潔にする

洗濯物 室内
頬に雑菌が付着することでもニキビを誘発します。
寝具やメイク用品など直接肌に接触するものは清潔に保つようにしましょう。

■睡眠をしっかり取る

中学生 毛穴_睡眠
睡眠不足は肌の免疫を低下させてしまうことがあります。
美容と健康のためにも睡眠は6時間以上8時間以内を意識して確保するようにしましょう。

■ストレスを溜めない

ストレスためない
できるだけストレスを溜め込まないようにしましょう。
普段の生活の中に気分転換できる趣味や運動を取り入れたり、アロマテラピーなどで上手にリフレッシュするのもおすすめです。

■バランスの良い食生活を心がける

ダイエット 朝食
食事は栄養のバランスを意識してバランスの良い食生活を心がけましょう。

また、「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」などがおすすめです。
できるだけこれらのビタミンを意識的に摂取していくと良いでしょう。

4. まとめ

今回は頬ニキビの原因と対策方法についてご紹介しました。

原因を知って頬ニキビのできにくい肌をつくるためにも、身近にできることから意識をし、自信が持てるすこやかな肌を目指しましょう。

※この記事は2016年10月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る