メニューを開く
アスタリフト;

頬のたるみは今すぐ対策!エクササイズで若々しいフェイスラインへ

頬 たるみ
「歳のせいか、最近頬がたるんできた」「3年前の写真より、明らかに頬がたるんでる!」と、頬のたるみにお悩みではありませんか?

頬にたるみがあると、見た目年齢がグッと上がったように感じますよね。

今回は、「たるみの進行を止めたい!」あわよくば、「たるみを解消したい!」という方のために、頬のたるみの原因や、頬のたるみにおすすめの簡単なエクササイズ、たるませないための習慣などをお話しします。

たるみを進行させないためにも、参考にしてみてください。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.頬のたるみ 3大原因

頬のたるみはなぜ起きるのか、頬がたるむ原因を3つお話しします。

1-1.肌の弾力不足

加齢により、肌の弾力が低下すると、皮膚の重みを支えることができず、皮膚がたるみます。

肌の弾力には、肌の真皮層にある「コラーゲン」「エラスチン」が深く関わっていると言われています。「コラーゲン」「エラスチン」は、肌を守るため、皮膚の弾力を保つ働きを持っています。

しかし、加齢とともに、コラーゲンとエラスチンは劣化したり、数が減ったりしてしまうのです。これは、加齢とともにコラーゲンやエラスチンを作る働きが低下していくためだと言われています。

弾力を失った皮膚は、重力に逆らうことができず、下に引っ張られ、頬のたるみが引き起こされるのです。

ほうれい線03

1-2.表情筋の衰え

表情筋の衰えも、頬のたるみにつながることがあります。表情筋は、目の周りや口の周りなど、顔のさまざまなところにある筋肉です。

体にある筋肉と同様、使わなければ衰えていく筋肉ですが、比較的薄い筋肉なため、体の筋肉よりも衰えていきやすいとも言われています。

表情筋が衰えると、皮膚を支える力が低下するため、皮膚がたるんでしまい、頬のたるみにつながってしまうのです。

笑ったり、人と会話をしたりすることの少ない方は、表情筋が衰えやすい傾向があると言われています。

1-3.悪い姿勢

悪い姿勢が、たるみを引き起こすことがあると考えられています。

特に、猫背の方や、前かがみの姿勢でいることが多い方は、首の前側の筋肉が下に伸び、首の後ろ側の筋肉が縮みます。それにより、首の前と後ろの皮膚が引っ張り合い、顔の皮膚が下へたるんでしまうのです。

たるみ

2.頬のたるみを防ぐエクササイズ

頬のたるみの原因である、表情筋を鍛えるエクササイズを3つご紹介します。どれも簡単なエクササイズなので、ぜひやってみてください。

2-1.舌回しエクササイズ

テレビを観ながらや家事の合間などにもできるエクササイズです。舌回しエクササイズをすると、頬や首、あごなどの筋肉を動かすことができると言われています。

①口は閉じ、唇と歯との間に舌をスタンバイさせます。
②歯の表面を舌で沿うように、ゆっくりと回します。20回を目安に回してみましょう!
ほうれい線_エクササイズ01
③同様に、舌を逆回しで回します。こちらも20回を目標にしましょう。
ほうれい線_エクササイズ01

④両方向に20回ずつ回すのを1セットとし、1日3回くらいを目標にするとよいとされています。

※初めのうちは、辛いと感じることもあるようなので、無理なく行いましょう。

2-2.あいうえおエクササイズ

口を「あ・い・う・え・お」の形に動かすエクササイズです。普段使うことの少ない表情筋も、バランスよく動かせると言われています。

必ずしも発音しなければいけないわけではないので、家族に隠れてこっそりと行うことも可能です!
あいうえお体操

イラストのように、少し大げさにやるのがポイントです。初めは加減が分からないので、鏡の前で確認しながらやってみるのがおすすめです。

2-3.ペットボトルエクササイズ

このエクササイズでは、空の500mlサイズのペットボトルを使います。水の入ったペットボトルを口にくわえ、表情筋を鍛えるエクササイズです。

①空の500mlペットボトルに、5分の1くらいの量(約100ml)の水を入れ、フタをします。(ペットボトルを落としたときのために、必ずフタをしめる)
②ペットボトルをくわえ、そのまま10秒ほどキープします。

ペットボトルをくわえた女性
③3回を1セットとして、朝と夜に1回ずつやってみましょう。慣れてきたら、少しずつ水の量を増やしていくのもよいかもしれません。

※歯の治療中、またはあごが痛む方は避けてください。
※無理のない範囲で行いましょう。

3.頬のたるみを解消する!?5つの美人習慣

頬のたるみを防ぐために、今日からでも取り入れたい美人習慣を5つご紹介します。どれもすぐにできるものばかりなので、今日から始めてみてください。

5つの美人習慣
①よい姿勢をキープする
②よく噛んで食べる
③表情を豊かにする
④栄養をバランスよく摂る
⑤睡眠を十分に取る

3-1.よい姿勢をキープする

日頃から、よい姿勢をキープするようにしましょう。よい姿勢を保つことで、筋肉が正常に使われ、首の筋肉に無理な力がかかるのを防ぐことができます。

同じ年齢でも、姿勢が悪い人と、背筋がシャキッとした人とでは、後者の人の方が若々しい印象を受けるはずです。

正しい姿勢を身に付け、できるだけ美しい姿勢を保つように意識してみましょう。

【美しい立ち方】
背中 ダイエット 気をつけ

①背筋、首、頭をまっすぐにする
③後頭部、肩甲骨、おしり、かかとの4点を壁につける
④おへその辺り(お腹)に力を入れる
⑤あごを引く
※頭のてっぺんを、糸でつられているのをイメージしてみましょう

【美しい座り方】
骨盤歪み

①椅子に深く座る
②膝の高さが腰よりも高くなるようにする
③背筋を伸ばす
④おへその辺り(お腹)に力を入れる
⑤足の裏を床につける

3-2.よく噛んで食べる

食事の際は、よく噛んで食べるように意識してみてください。頬のたるみは、日々の食事でも防ぐことができます。

左右均等によく噛み、硬いものも積極的に食べるように意識してみるのもよいでしょう。

あごを使ってよく噛む習慣は、口の周りの筋肉を使うため、頬のたるみや二重あごの予防にもつながります。

3-3.表情を豊かにする

笑顔 練習
普段から、表情を豊かにするように心がけてみましょう。楽しいときは、思い切り頬をあげて笑ったり、びっくりしたら大きな口をあけてみたりなどのようにやってみてください。

大人になると、心から笑えることが少なくなるだけでなく、よほどのことがない限り驚かなくなっていくかもしれません。

しかし、表情と心は実はつながっているという説があり、悲しいときでも笑顔を作ると楽しい気分になることもあると言われています。

何も面白くなくても、まずは豊かな表情を作ることから始めてみてはいかがでしょうか。

3-4.栄養をバランスよく摂る

食事の栄養をバランスよく摂るように心がけましょう。すこやかな体はもちろん、肌にも食事から摂る栄養が重要になります。

太るからと、炭水化物や肉を食べないなど、極端に偏った食事も避けたいものです。

健康な体と美肌には、栄養のバランスが大切です。5大栄養素と言われる、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどを基本に、バランスよく摂るようにしましょう。

中でも、「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」や「コラーゲン」など、美肌に重要な栄養素が不足しないように意識してみてください。

【食べ物の例】
ビタミンA:レバー、うなぎ、あなご、卵、チーズ、バター など
ビタミンC:赤パプリカ、ピーマン、アセロラジュース、キウイ など
ビタミンE:いわし、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、モロヘイヤ など
コラーゲン:フカヒレ、うなぎ、手羽先、豚肉 など

3-5.睡眠を十分に取る

美白
毎日6~8時間くらい睡眠を取るように心がけましょう。健康な体と肌を保つためには、毎日6~8時間くらい睡眠を取るのが望ましいとされています。

夜寝ている間は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が行われます。ターンオーバーでは、その日に受けたダメージが修復されるほか、古くなった皮膚(角質)が垢となってはがれ落ちます。

ターンオーバーを促すのは、睡眠中に分泌される成長ホルモンです。つまり、しっかり眠って成長ホルモンを分泌することが、ターンオーバーには欠かせないということになります。特に、成長ホルモンが活発になるのは、深く眠っているタイミングだと言われています。

そのため、睡眠時間とともに、睡眠の質も意識するようにしましょう。

睡眠の質を高めるためには、就寝前のスマホやパソコンの使用を控え、心も体もリラックスすることがポイントです。

4.頬のたるみを予防するスキンケアのポイント

アラフォー スキンケア
頬のたるみは、筋肉や姿勢などが主に関係していますが、たるみの予防にはスキンケアも大切です。頬のたるみを予防するために守っていただきたい、スキンケアのポイントを3つお話しします。

4-1.肌にうるおいとハリを与える

スキンケアの際は、肌にうるおいを与えることを、特に意識するようにしましょう。肌が乾燥すると、シワの原因になることがあります。さらに、ただのシワだと放っておくと、それがたるみにつながることもあるのです。

たるみの進行を抑えるためにも、しっかり肌の保湿をして、肌の乾燥を防ぎましょう。

また、ハリを与えてくれる化粧品を選ぶことも、エイジングサインの気になりはじめた肌には大切です。

・おすすめの成分は?

肌にハリを与えるには、「レチノール」「ビタミンC誘導体」「コラーゲン」などの成分がおすすめです。肌のハリ感アップに期待ができる成分です。

・成分が含まれているかは「成分表示」を確認

「レチノール」「ビタミンC誘導体」「コラーゲン」の含まれるスキンケア化粧品を選ぶために、成分表示の欄を確認しましょう。成分表示は、商品の裏側やパッケージ、または商品のホームページなどに記載されていることが多いです。

成分表示は、含まれている成分が多い順に記載されているので、成分名とともに、その成分が含まれている割合も確認してみるのもよいでしょう。

ちなみに、「ビタミンC誘導体」は、ビタミンC誘導体ではなく、

・APPS(アプレシエ・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
・FuncosC-IS(VCP-IS-2Na・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
・APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
・リン酸アスコルビルMg(APM)
・リン酸アスコルビルNa(APS)
・アスコルビン酸グルコシド

などの成分名で記載されていますので、確認する際はご注意ください。

・おすすめの成分は美容液で補う

「レチノール」「ビタミンC誘導体」「コラーゲン」といった成分は、化粧水や乳液などに含まれていることもありますが、美容液で取り入れるのがよいと言われています。

というのも、美容液は他のスキンケア化粧品に比べ、成分が凝縮されており、その分肌に効率的に栄養を届けることが期待できるからです。

これを機に、肌へのハリが期待できる成分を配合した美容液を、日頃のお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか。

4-2.紫外線を防ぐ

口元 しわ_紫外線対策
UVカット機能のある化粧品や日焼け止め、日傘などを活用し、紫外線を防ぐようにしましょう。

紫外線は、シワやシミなど、皮膚の老化を進ませると言われています。紫外線を浴びすぎると、活性酸素というものが皮膚で発生するからです。

活性酸素が発生すると、皮膚が酸化(老化)し、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどがダメージを受けることがあると言われています。紫外線がシワの原因だと言われるのは、このためです。

・紫外線対策はくもりの日でも冬でも行う

紫外線は、天気や季節に関わらず、私たちのもとに降り注いでいます。さすがに太陽が沈んだ夜は紫外線の心配はありませんが、逆に太陽が出ている限りは、紫外線を肌に浴びる可能性があるということです。

天気が悪い日でも、紫外線が弱そうな冬の日でも、特に顔の紫外線対策は忘れないようにしましょう。

・家の中でも油断しない

外出のない日でも、窓に近いところでは、紫外線対策をしっかりしましょう。紫外線は家の中であっても、窓際などでは差し込んできていることがあります。

無防備な肌が紫外線にさらされることがないよう、家の中でもUVカット機能のある化粧品や、日焼け止めを使い、紫外線を防ぐようにしましょう。

4-3.肌への刺激を防ぐ

普段の洗顔やスキンケアの際も、肌に刺激を与えないよう、丁寧に行うように意識しましょう。

肌は、摩擦や刺激を受けると、皮膚で活性酸素が作られます。肌をゴシゴシこすったり、合わない化粧品を使ったりすることでも、肌に刺激となることがあるようです。

洗顔の際はよく洗顔料を泡立て、フワフワの泡を使い、指と肌との摩擦を防ぐようにしましょう。

また、フェイスマッサージをする際は、摩擦を減らすため、マッサージクリームを適量使用して行うことをおすすめします。

5.頬のたるみはメイク術で隠す

ミニマム メイク
頬のたるみは、メイク術で目立ちにくくすることも可能です。ここでは、頬のたるみを隠すメイクのテクニックをいくつかご紹介します。しかし、一度に全部やるとやり過ぎ感が出ることがあるので、少しずつ取り入れてみてくださいね。

①シェーディングで立体感を演出

シェーディングは肌より暗い色なので、顔に影ができているように見せ、立体感が演出できます。顔に立体感が出ると、たるみが目立ちにくくなるのです。

シェーディング専用のパウダーもありますが、肌より暗いパウダーファンデーションでも代用が可能です。シェーディングを塗るときに使うブラシは、大きめのものだと、自然な立体感を出すことができ、おすすめです。

【手順】
STEP 1 ファンデーションを塗った後、Uゾーンにシェーディングを入れます。顔をブラシでサッサと、2往復くらい払うように塗りましょう。
顔 たるみ シェーディング
STEP 2 仕上げにフェイスパウダーをはたいたら完成です!

②ハイライトで立体感を演出

ハイライトは、肌より明るい色なので、光が当たっているように見え、立体感が演出できます。

色白な方は白っぽいハイライト、暗めの肌色の方は、ゴールドやベージュのハイライトがよいと言われています。

【手順】
ファンデーションの後に、ブラシを使ってTゾーンにハイライトを入れます。顔をブラシでサッサと、2往復くらい払うように塗りましょう。
顔 たるみ ハイライト

③チークで視線を口元から外させる

チークを高めにのせると、目線を上の方に持っていくことが期待できます。チークの色は、コーラルピンク、ナチュラルベージュのチークが、年齢を問わず使え、肌へのなじみもよいとされています。

【手順】
STEP 1 頬を持ち上げるようにして、笑顔を作ります。
STEP 2 頬が上がったとき、一番高くなった頬骨の上にチークをのせます。
★こめかみに向かって斜めに入れるのがポイントです。シャープな印象を演出してくれます。
チーク_塗り方02

④口角の上がった唇を作る

上がった口角をメイクで演出することで、たるんで垂れ下がった頬の印象をやわらげることが期待できます。

コンシーラー(クリームorリキッドタイプ)と、リップライナー、お手持ちの口紅の3点を準備しましょう。

【手順】
STEP 1 図のように、コンシーラーを口角の下に塗り、なじませます。
口角 上げる メイク
STEP 2 リップライナーで、口角の上がった唇の形を作ります。
STEP 3 リップライナーで囲った部分を塗りつぶすようにして、口紅を塗っていきます。

⑤華やかな目元に視線を集める

華やかな印象になるアイシャドウを使うと、たるんだ頬ではなく、目元へ視線を集めることが期待できます。

使うアイシャドウは、明るい印象に仕上げてくれ、肌へのなじみもよい、イエロー系のライトベージュのものがおすすめです。特に、粒子の細かいパールが配合されているものを選ぶと、自然なツヤ感が出て、上品な印象を演出できます。

★ブラシで、アイホール全体にふんわりとのせましょう。

6.美容クリニックでの頬のたるみ治療とは?

病院
頬のたるみは、美容クリニックで治療が可能です。特に、今ある頬のたるみを、早急になんとかしたいという方には、手っ取り早いかもしれません。

化粧品やスキンケアだけでは、たるみの予防はできても、たるんでしまった皮膚を元に戻すことは難しいと考えられているためです。
また、エクササイズも、今日やったら明日はたるみが消えているということは考えにくいです。

6-1.たるみの治療は「美容外科」「形成外科」「美容皮膚科」へ

たるみの治療は、美容外科や形成外科、美容皮膚科などに相談しましょう。

たるみは病気ではないので、たるみの治療は美容目的の治療になります。病院を選ぶ際は、アクセスのしやすさや、口コミ、症例数、治療のリスクなどを確認し、納得して治療が受けられそうかどうかを判断しましょう。

※自由診療の場合、保険は適用されません。また、治療の結果には個人差があります。

6-2.たるみ治療の種類

頬のたるみの治療として行われる主なものを、3つご紹介します。

・レーザー治療

皮膚にレーザーを当て、皮膚を活性化させるたるみ治療です。活性化されると、肌の弾力には欠かせない、コラーゲンの生成が促されると言われています。

レーザーといっても、照射する光の種類には色々なものがあり、効果や治療にかかる金額も変わってくるようです。

・注射

たるみに有用な成分を直接肌に与えるのが、注射によるたるみ治療です。

頬のたるみには、「プラセンタ」や「ヒアルロン酸」などの成分が使われることが多いと言われています。

プラセンタやヒアルロン酸を直接注入することで、肌の弾力がアップすることが期待できるようです。

・フェイスリフト

皮膚のたるんでいる部分を持ち上げる治療です。皮膚を切り、たるんだ部分を持ち上げる方法や、皮膚は切らずに糸を使って持ち上げる方法などがあると言われています。

7.まとめ

頬のたるみの原因や、たるみを予防するためのエクササイズなどについてお話ししました。

頬にたるみがあると、見た目年齢が上がったように見え、鏡を見る度に気持ちまで下がってしまうという方も多いのではないでしょうか。

気持ちが下がれば、表情まで暗くなってしまいます。明るい表情や美しい姿勢を心がけて、たるみの進行を食い止めましょう!

この記事は2016年8月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る