メニューを開く

憧れの透明感をベースメイクでつくる方法♡

透明感 メイク
「透明感のある肌をメイクで演出するにはどうすればいいの?」と、お考えではないですか?
女性ならば一度は憧れる「透明感」のある肌、メイクで演出できたら嬉しいですよね!

今回は透明感を演出するメイクの方法についてご紹介していきます。

メイクを味方につけて、憧れの透明感あふれる肌を目指しましょう。


1. 透明感を演出するメイクの方法

自分が嫌い

透明感のある肌に見せるためには、「ナチュラルで薄づきなのに、肌悩みはしっかりカバーできている」仕上がりを意識することが大切です。

ここでは、透明感を演出するベースメイクの手順などについてご紹介していきます。

◆透明感メイク【用意するもの】

・化粧下地
・フェイスパウダー(おしろい)
・パウダーファンデーション
・(必要に応じて)コンシーラー

◆透明感メイク【手順・方法】

①スキンケア後、化粧下地を顔全体にムラなくのばす

透明感
ファンデーションなどを使う前に、化粧下地でベースメイクの土台を作りましょう。
化粧下地をしっかりつけておくことで、肌をなめらかに整え、透明感のあるメイクをきれいに仕上げやすくなります。

【使用量の目安】
若返り メイク 下地 ファンデーション
使用量はメーカー推奨の量が基本ですが、特にない場合はパール1粒大が目安量です。
ムラにならないように、適量をきちんと使いましょう。

②気になる肌悩みをコンシーラーでカバーする

ロゴあり:コンシーラー使い方

この手順は必須ではありませんが、カバーしたいシミやニキビ跡がある場合はこのタイミングでコンシーラーを使ってカバーします。
ファンデーションを厚塗りにしない分、気になる肌ムラなどはここでしっかり隠しましょう。

③フェイスパウダーを顔全体にしっかりつける

ルースファンデーション

ここが特に重要なポイントです!

ファンデーションの後に使うことの多いフェイスパウダーですが、今回はその前に使います。

パフにパウダーを取ったら、揉みこむようにしてなじませ、肌になじませていきます。

手の甲で顔を触ってみて、サラサラとした感触になるくらいにしっかりつけることがポイントです。

【ファンデーションの前にフェイスパウダーを使う理由】
下地の後にフェイスパウダーをなじませておくことで、パウダーファンデーションの厚塗りを防ぎやすくなります。

また、粒子の細かいフェイスパウダーを主役にすることで、きめ細かい透明感のある肌を演出することができます。

④パウダーファンデーションを気になる部分にのみのせる

フェイスパウダーをベースメイクの主役にするので、ファンデーションを塗るのは最低限にとどめましょう。
ファンデ塗る位置 透明感

パウダーファンデーションを、頬などの広い部分(上の画像の▽の部分)にのみのせましょう。

どの部分も、内側から外側に向かって軽い力で滑らせるようにつけていきます。

やわらかめのスポンジ、またはブラシを使うことをおすすめします。

これで、ナチュラルな透明感のある肌の完成です。

2. 肌らぶ編集部おすすめ!ベースメイクアイテム

ここでは、【1. 透明感を演出するメイクの方法】でお伝えした内容を踏まえ、肌らぶ編集部がおすすめしたいファンデーションをご紹介します!

メイクがしやすい大きめパフのフェイスパウダーを選びました。

B.A ザ フィニッシングパウダー
BAザフィニッシングパウダー

販売会社:株式会社POLA(ポーラ)
容量:20g
価格:12,960円(+税)

粉雪のように微細なパウダーが肌になじみ、仕上げたての美しさが持続しやすいおしろいです。

肌表面がサラサラにしてベースメイクを崩れにくくするので、ふんわりした透明感を演出することができます。

色はルーセントに近い明るめのベージュなので、肌悩みはカバーしつつ、どんなシーンにも使いやすいナチュラルな仕上がりが魅力です。

大きめでやわらかいパフが使いやすく、簡単に上品な肌をつくりだすことができます。

POLA公式HPはこちら

3. 透明感を演出するメイク+αポイント

ここでは、透明感のあるベースメイクをより引き立てるための、+αのポイントを2つご紹介します。

3-1. スキンケアで肌にしっかりうるおいを与える

マツエク クレンジング
どんなにきれいにベースメイクを仕上げても、大切なのは土台となる素肌です。
乾燥した肌と比べて、うるおってキメの整った肌のほうが、メイクをしたときにより透明感のある印象を与えることができるでしょう。

ファンデーションをよりきれいに仕上げるためにも、事前のスキンケアでしっかりと肌を保湿しておくことを意識しましょう。

3-2. ポイントメイクは自然な血色感をイメージする

二日酔いメイク

チークやリップなどのポイントメイクでは、透明感を演出した肌に映える「ナチュラルな血色感」を意識しましょう。

特におすすめしたいのが、レッド系のポイントメイクアイテムです。
レッド系の色味は、肌にもなじみやすく、表情に自然な赤みをプラスすることができます。

ベースメイクの後は、レッド系のポイントメイクをさりげなく取り入れ、より透明感のある肌に見せましょう。

4. まとめ

女性ならば一度は憧れる「透明感」は、ベースメイクの方法や手順、アイテムの選び方を意識することで、つくり出すことができます。
スキンケアやポイントメイクにまで気をつかうことができれば、なおよいですね。

メイクを味方につけて、透明感のある肌を演出しましょう!

この記事は2017年4月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る