メニューを開く
アスタリフト;

肌に優しい【厳選】クレンジングミルクランキング

ランキングクレンジングミルク 
「肌に優しいクレンジングミルクが欲しいけど、どれを選べば良いのかな・・」とお悩みではありませんか?

「クレンジングミルク」は、肌をいたわりながらメイクを優しく綺麗に落としてくれる優秀なアイテムですが、選び方と取り入れ方にポイントがあります。

そこで今回は肌に優しい【厳選】クレンジングミルクランキングをご紹介していきます。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.クレンジングミルクの魅力

クレンジングミルクは、ミルクをベースにしたクレンジング料です。

洗浄力はオイルクレンジグやクリームクレンジングよりも弱めですが、肌に必要な潤いを残しながら汚れを落とすので、肌への刺激も少なく負担がかかりにくい魅力があります。

特にナチュラルメイクの方や肌の乾燥・刺激が気になる人におすすめです。

2.肌に優しい!【厳選】クレンジングミルクランキング

クレンジングミルクは現在、数多くのものが存在しますが、その中でも優秀なクレンジングミルクを選ぶためには①肌に潤いを与える保湿成分を取り入れているか②肌刺激の少なさを意識することが重要です。

そこで今回は、肌らぶスタッフが次の基準で総合的に選んだ肌に優しい!【厳選】クレンジングミルクランキングをご紹介します。

【判断基準】
■肌に潤いを与える保湿成分を取り入れているか
■肌刺激の少ない成分を取り入れているか

1位ヒフミド クレンジングミルク

ヒフミド

会社:小林製薬
価格:3240円(税込) トライアルセット980円(税込)

特徴: すっきりと落とすたびにキメが整う、優しい使い心地のクレンジングミルクです。
肌に潤いを与えるヒト型セラミド(保湿成分)が配合されており、しっかりとメイクは落とすのに洗いあがりはもちもちとした肌へ導きます。

こちらのクレンジングミルクは現在トライアルセットも発売しているので、肌との相性が気になる方は是非トライアルセットからをおすすめします。

>>>ヒフミド公式HPはこちら

 

2位オラクル クレンジングミルク
おらくる

会社:株式会社 オラクル
価格:5400円(税込)/トライアルセット1728円(税込)

特徴:肌をいたわりながら、なめらかに洗い流すクレンジングミルクです。

肌に優しいヒマワリ種子油やオリーブ油を配合しており、美容液のようなテクチャーでメイクや汚れを浮かし、しっかりと落としてふっくらとした肌へ導きます。

>>>オラクル公式HPはこちら

 

3位テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルク

tekura
会社:株式会社イデアインターナショナル
価格:3780円(税込)

特徴:肌に潤いを与えながらしっかりとメイクを落とす、ぷるぷるテクスチャーの洗い流すクレンジングミルクです。

ベースとなるダマスクローズエキス(コンディショニング)や アロエベラ葉エキス(エモリエント)やカミツレ花エキス(整肌)などの植物成分がくすみのないみずみずしい肌へ導きます。

>>>テラクオーレ公式HPはこちら


4位MAMA BUTTER クレンジングミルク

シアバター ママバター

会社:株式会社ビーバイイー

内容量:130g(240g入り2,236円もあります)
価格:1,620円(税込)

精製シアバターでもご紹介したMAMABUTTERのクレンジングミルクです。

肌に優しく馴染む、ミルクタイプのクレンジングです。
保湿成分シアバター・ホホバオイルなどが配合されていて、潤いを与えながら、透明感のある肌に導きます。

>>>シンシアガーデン 公式ウェブショップはこちら

5位ペネロピムーン [エバーピンク] クレンジングミルク

ペネロピムーン

会社:株式会社マグナム
内容量:110ml
価格:3,564円(税込)

マツエクをつけている方でも使えます。
濡れた手でも使えるので、お風呂でも使えて手軽ですね。
洗い流す時もさらっと落ちてくれます。

>>>ペネロピムーン公式HPはこちら

3.正しいクレンジングミルクの方法

次にクレンジングミルクでの正しい使用方法をご紹介します。

①クレンジングを行う前に手を清潔にする

眠気を覚ますツボ 手洗い

クレンジングの前は事前に手を洗い、清潔を保つように心がけましょう。

手の平には目に見えない雑菌がついているといわれています。

そのままの手で直接顔に触れてしまうと、肌に菌が付いてしまうことが考えられるので注意しましょう。

②ポイントメイクリムーバーで先にアイメイクを落とす

ポイントメイク落とし

アイメイクをしている場合は、ポイントメイクリムーバーを使用して先にアイメイクを落としましょう。

リムーバーをコットンにたっぷり浸み込ませ、目元にのせたらゆっくり5秒待ってから、コットンを滑らせるようにして落とします。

③乾いた手のひらに適量のクレンジングミルクを出す

手のひらに泡

乾いた手のひらに適量のクレンジングミルクを出します。

少しでも手のひらが濡れていると、クレンジングミルク自体の洗浄力が落ちてその分肌に摩擦をかけてしまう恐れがあるため、必ず乾いた手で使用するようにしましょう。

④Tゾーン(額・鼻)⇒全体の順にのせて優しく馴染ませる

クレンジング Tゾーン

クレンジングミルクは、過剰に皮脂が出やすいTゾーン (額・鼻)から順に、頬やあご先へと広げていきましょう。

この時、肌に負担がかからないよう、優しくなでるような力で行うことがポイントとなります。

⑤ぬるま湯で洗い流す

洗顔 洗い流す

クレンジングミルクは30度~32度のぬるま湯で洗い流しましょう。

少しぬるすぎるかなと感じるくらいの温度が目安となります。

温度が熱すぎると肌の油分まで流れてしまい、冷水だとクレンジングミルクを十分に洗い流しきれない場合も考えられますので注意しましょう。

4.クレンジングミルクで落とせるメイクの範囲とは?

ta

クレンジングミルクは、目元はお湯で落とせるマスカラなどの軽いアイメイク、ベースメイクはパウダーファンデーションやBBクリーム等のナチュラルメイクであれば落とすことができるといわれています。

また、目元にウォータープルーフのマスカラやアイラインを使用している方でも、ポイントメイクリムーバーでアイメイクを先に落としてから、クレンジングミルクを使うと綺麗に落とすことができます。

5.まとめ

クレンジングは、美肌を味方に付けるために大切なスキンケアポイントです。

数あるクレンジング料の中でもクレンジングミルクは、肌への負担をできるだけかけずにメイク汚れを落とすことのできる優秀なアイテムです。

その時の肌状態やシーンに合わせて優秀なクレンジングミルクを選び、正しい使用方法を行って美しい素肌を維持していきましょう。

※この記事は2016年12月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る