メニューを開く

【クレンジングオイルは本当に肌に悪いのか?】クレンジングのダメージを最小限に抑える方法

Pocket
LINEで送る

クレンジングオイルは本当に肌に悪いのか、またどのくらい悪いのか不安に思ったことはありませんか。
そもそも、クレンジングオイルに限らず、クレンジングをすることは肌に大きな負担をかけているということを知らなかった人もいるかもしれません。
驚く 女性
メイクが落とし易くても肌に悪いのであれば、このまま使い続けてもよいのか…もしかしたら、肌荒れがなかなか治らないのは、クレンジングオイルのせいなのか…不安になりますよね。今クレンジング選びにちょうど悩んでいる人も、クレンジングオイルはやめた方がいいのかなと思ったのではないのでしょうか。

そこで今日は、クレンジングオイルはなぜ悪いといわれているのか、実際にクレンジングをするときに肌では何が起きているのかについてあわせてみてみましょう。

クレンジングオイルの選び方や使い方をマスターすれば、クレンジングにによる肌へのダメージを最小限に抑えることも可能になります。



1.なぜ肌に悪いと言われているのか?

クレンジングオイルは、肌状態に対して洗浄力の強すぎるものを選んだり、使い方を間違えてしまったりすると、肌の皮脂を必要以上に落としてしまったり肌負担になることもあります。
そうなると、お肌の潤いが失われ、乾燥肌や敏感肌の原因となってしまうと考えられています。

これが、クレンジングオイルが肌に悪いと言われている理由です。

一方で、クレンジングオイルはメイクとなじみ易く、メイクの汚れや余分な皮脂をしっかり落としてくれます。

クレンジングオイルについて正しく理解することができれば、問題なく使うことができるでしょう。

クレンジングオイルのメリットを最大限に生かしつつ、肌に優しい使い方ができれば理想ですよね。

では、クレンジングオイルが肌に悪いといわれる理由をもう少し詳しくみていきましょう。  

2.クレンジングオイルが肌に悪いといわれる3つの理由

2-1.界面活性剤が多く含まれているから
2-2.肌に摩擦を与えてしまうから
2-3.敏感肌が増えてきたから

2-1.界面活性剤が多く含まれているから

クレンジング料に含まれる油分は、油性のメイクを浮き上がらせて落としてくれます。界面活性剤は、その油分(クレンジング料やメイクアップ料)の汚れを肌から落とす働きをしています。クレンジングオイルは油分が多いことから、界面活性剤も多く必要になります。

しかし、界面活性化剤の中でも洗浄力の強いものは皮膚への刺激が強く、皮脂膜をこわすことが知られています。界面活性剤の種類や量によっては、皮膚膜がこわされて肌荒れや乾燥を引き起こしてしまうことがあるといわれているのです。

皮脂膜とは、肌から分泌される皮脂(油分)と汗(水分)で構成された膜のことです。この皮脂膜が、外界の刺激に対するバリア機能を果たす角質層を保護してくれているといわれています。角質層が健全に保たれることで、肌の水分を保持し、肌のキメが整えられているのです。

その他のクレンジング料との比較

オイルクレンジングは界面活性剤が多いというけれど、他のクレンジング料とはどのくらい違うのでしょうか。

クレンジングの種類と界面活性剤の関係性をみてみましょう。(※種類別に大きく分けられています。商品によっては前後することもあります。) クレンジングオイルクレンジングには様々な種類がありますが、油分と界面活性剤、水分などの割合の違いや、構造の違いによって、大きく3つに分けられています。

  • W/O(Water in Oil) :油に馴染む   …オイル
  • O/W(Oil in Water) :水に馴染む   …クリーム・ミルク・ジェル
  • バイコンティニュアス:油と水に馴染む…リキッド・ローション

油分の多いクレンジングは、クレンジング料の油分を落とすために界面活性剤が多く含まれていることはお伝えした通りですね。一方、油分の少ないクレンジングでも、メイクアップ料の油分を落とすために界面活性剤は含まれています。

そうです、クレンジングオイルだけに界面活性剤が多く含まれているのではないのです。 クレンジングの本質は、油性のメイクアップ料を落とすことです。そのために、クレンジングの油分、もしくは界面活性剤の洗浄力で落としているということですね。

2-2.肌に摩擦を与えてしまうから

クレンジングオイルはサラサラとして粘度が低いことから、指と肌の間のクッションにはなりにくいです。そのため、肌に馴染ませるときに指の力が加わることで肌への摩擦が大きくなりやすいとされています。

あなたはアイメイクを落とす際に、何度も目元を擦って擦り落とそうとはしていませんか。また、クレンジングオイルには、角栓も落としてくれるようなものもありますが、角栓を取りたいあまりに、時間をかけてクルクルとマッサージを続けてはいませんか。

ついついやってしまったり、すぐには大きな変化が見えないことから、どのくらい悪いのか実感がわかないかもしれませんが、摩擦は肌に大敵です。

2-3.敏感肌が増えてきたから

あなたは、自分が敏感肌であると思いますか?
約4割ほどの女性が「自分は敏感肌である」と感じているとされるデータを見かけることがあります。 「かさつき」や「肌荒れ」に悩んでいる方が多いようです。

悩む 女性 鏡敏感肌であれば、日々のクレンジングによる肌のダメージも感じやすいということですね。

「敏感肌」とは、強い洗剤・化粧品を使ったときや、衣類や髪の毛が肌に触れたとき、精神的なストレスや食生活、住環境の変化によって、肌に赤みが出たり、肌が荒れてしまったりと、普通の人よりも反応しやすい肌のことをいいます。

しかし、医学的には「敏感肌」という病名はなく、判断はあくまで症状で対策をすることとなるのです。

敏感になりやすい肌質の方は、共通して肌が乾燥しているといわれています。

これは、間違ったスキンケアや栄養不足などが原因で、皮脂膜が剥がれたり、角質層が健全に保たれていないことで、肌が乾燥してしまっている場合が考えられます。
そして、乾燥した肌の状態では、肌のバリア機能が弱く、外界の刺激を受けやすくなるといわれています。そのため、化粧水がしみたり、かゆくなったり、化粧水に含まれる少量のアルコールでもかぶれて赤くなってしまうことがあるのです。

3.クレンジングの選び方

3-1.メイクの濃さで選ぶ

女性 横顔あなたのメイクによって、クレンジングオイルが合う場合と、他のクレンジング料の方が合う場合もあるでしょう。クレンジング料は、メイクの濃さに合わせて使うことも大切です。

あなたのメイクの濃さとあなたの要望に合わせてクレンジングを選んでみましょう。メイクの濃さは「ばっちりメイク派」と「ナチュラルメイク派」を参考にしてみてください。

ただし、ウォータープルーフのファンデーションや日焼け止めは、クレンジングオイル以外のクレンジング料では、きれいに落としにくいので、プールや野外スポーツなどでこのようなベースメイクをした日は、クレンジングオイルで落としてあげてくださいね。

ばっちりメイク派
・リキッドファンデーション
・ウォータープルーフのマスカラ・アイラインを使用
・マスカラは二度塗り、アイラインは上下に引く

ナチュラルメイク派
・ベースメイクはパウダー・BBファンデーション
・マスカラはしないか、ぬるま湯で落とせるものを使用
・アイラインはしないか、上だけに引く

「ばっちりメイク派!落とし易いものを使いたい」

→オイル・リキッド・ローション
洗浄力の高いクレンジングです。これらは界面活性剤が比較的多く含まれ、さらには摩擦も大きくなりがちなので、使い方に気を付ければいけないということを意識して使いましょう。 「3.クレンジングによる肌のダメージを最小限に抑えるには」をしっかり読んでくださいね。

「ばっちりメイク派!でも、肌に優しいものを使いたい」

→クリーム・リキッド
クリームは他のクレンジング料に比較して、油分と水分、界面活性剤のバランスが良いとされていて、摩擦は小さくメイクもそれなりに落としてくれます。

リキッドは、油分と水分の中間の性質を持ったクレンジングとされています。摩擦は起きやすいですが、油性と水性の良さを持ち合わせておりメイクはしっかり落とせます。

「ナチュラルメイク派、とにかく肌に優しいものを使いたい」

→クリーム・ミルク・ジェル
肌への刺激が弱いクレンジングの種類を使いましょう。ナチュラルメイクであれば、どのクレンジングでもしっかりメイクを落とすことはできるでしょう。使用感で選ぶのもよいかもしれません。

「ばっちりメイク派だけど、とにかく肌に優しいものを使いたい」

→オイル・ローション・アイメイクリムーバー + クリーム・ミルク・ジェル
敏感肌だけどアイメイクはばっちりしたいという人は、できれば2個使いをしてほしいですね。ポイントメイク落としや洗浄力の高いクレンジングでアイメイクを先に落としてから、肌全体には肌への刺激が弱いクレンジングを使うのが理想的です。

3-2.クレンジングオイルで選ぶ

クレンジングオイルで選ぶなら、価格は一つの指標です!
安価なクレンジングオイルは、界面活性剤の配合数や配合量が多いことがあります。また、価格によっては界面活性剤の質(種類)も異なることもあります。

①   界面活性剤の量

実際に、価格帯の異なる3つの人気クレンジングオイルを比較してみました。

商品A
価格:1,000円以下
成分:ミネラルオイル、ラウリン酸PEG-12、イソドデカン、水、パルミチン酸イソプロピル、シクロメチコン、イソステアリン酸ポリグリセリル-2デシルグルコシドポリソルベート85オレイン酸グリセル、イソステアリン酸、イソステアリルグリセルイソステアリルグリセルペンタエリスリチル、ミリスチルアルコール、エタノール、クエン酸、リン酸、BHT、香料、トコフェロール

商品B
価格:2,000円前後
成分:エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、メドウフォーム油、(ベヘン酸/エイコサンニ酸)グリセル、緑茶葉、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ローズヒップ油、ジパルミチン酸アスコルビル、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/べヘニル)、トコフェロール、ステアリン酸イヌリン

商品C
価格:5,000円以上
成分:トウモロコシ胚芽油、パルミチン酸エチルへキシル、ミリスチン酸イソプロピル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、オクチルドデカノール、トリカプリル酸ポリグリセリル-6、フェノキシエタノール、スクワラン、ホホバ種油、サフラワー油、ユチャ種子油、ジカプリルエーテル、炭酸ジカプリリル、リナロール、トコフェロール、ゲラニオール、水、ショウガ根エキス、オレアミドオクタデカンジオール、香料

赤い文字で書かれた成分が、界面活性剤です。
商品Aでは7種類、商品Bは3種類、商品Cには2種類の界面活性剤が含まれていました。また、商品A、商品B、商品Cの順に、界面活性剤が前に表示されていますよね。成分表示はその商品の配合量が多い成分から順に記載するようになっています。
このように、価格は一つの指標になることもあります。

成分表示を見たときに、最低限どれが界面活性剤であるのかを見分けられるくらいになれれば、界面活性剤の数や量を見て選ぶことができるでしょう。

②   界面活性剤の種類

しかし、すべての界面活性剤が肌への刺激が強いわけではありません。 界面活性剤には種類がたくさんあり、何千種類もあるといわれています。大きく分けると4つに分けられます。

  • 陽イオン界面活性剤 :リンスや殺虫剤などに使われる
  • 陰イオン界面活性剤 :洗剤や石鹸などに使われる
  • 両面界面活性剤 :シャンプーや化粧品に使われる
  • 非イオン界面活性剤 :化粧品や食品添加物に使われる

また、4つの中でも原料によって、さらに細かく分けられます。 植物など自然由来のアミノ酸系・脂肪酸系・ベタイン系と、石油など化学物質由来の硫酸系・高級アルコール系があります。

陽イオン界面活性剤や石油由来の界面活性剤は刺激が強いものが多いといわれており、非イオン界面活性剤や自然由来の界面活性剤は、比較的低刺激なものが多いとされています。
しかし、そもそも肌の刺激が強すぎるものが化粧品に使われていることはあまりありませんので、これを一つ一つ覚える必要はありません。

ちなみに、商品A、商品B、商品Cの界面活性剤は、すべて非イオン界面活性剤です。

4.クレンジングによる肌のダメージを最小限に抑える方法

4-1.クレンジングは約1分間で終わらせる

砂時計クレンジングの時間が長ければ、肌の角質層がよりダメージを受けやすくなるといわれています。
どのクレンジングであってもできるだけ手早く終わらせてほしいです。クレンジングオイルならなおさらです。

クレンジングオイルで角栓を取りたい人も、一回ですべての角栓は絶対に取れませんので、少しずつ回数を分けて取るようにしてください。

4-2.目元は初めから擦って落とそうとしてはいけない

「アイメイクの洗い残しが色素沈着を起こすため、目元は擦ってでもしっかり落とさなければならない」と思っていませんか。これは間違った認識です。アイメイクの洗い残しが色素沈着を起こすのではありません。擦ることによるメラニン色素の生成が色素沈着を起こしてしまうのです。

また、擦ることによる摩擦や界面活性剤によって角質細胞も剥がれてしまいます。 そこで、アイメイクリムーバーを使用する…ことが一番の近道なのですが、肌のことは考えていても、中々そこまでできない!という方にやってほしい方法を少しお教えますね。

それは、肌全体を落とす前に、オイルクレンジングをたっぷり染み込ませたコットンを目元(マスカラ)に当てて約10秒間待つことです。ここで完全には落とせなくても、全体を落とすときに確実に落とし易くなります。そのあとは、いつも通りにクレンジングをするだけです。
ポイントメイク落とし

また、肌摩擦を極力小さくするためには、クレンジング料はたっぷり多めの量を使用することもポイントです。あなたの肌は小さな節約とは比べられないほどの価値がありますよ。

4-3.ぬるま湯ですすぐ

クレンジングぬるま湯で顔を洗うことは何が良いのでしょうか。冷水では冷たすぎるし、熱湯ではしわが増えると言われるし…と思いませんでしたか。ぬるま湯にもきちんとした理由があります。それは、外界の刺激から肌を守るバリア機能を保護することです。

33℃のぬるま湯(人肌より少し低めの温度)は肌のバリア機能の維持には適していると考えられています。逆に言えば、この温度を大幅に下回る冷水や、上回るような熱湯ではバリア機能が最適な状態に保つことができないことが考えられますよね。

「あれやっちゃだめ」「これやっちゃだめ」のスキンケアではなく、そうするとなぜ良いのかについて知ることで、もっと自分の肌をいたわるこができるでしょう。

5.まとめ

クレンジングオイルが一概に肌に悪いわけではなさそうですよね。

もともとクレンジングオイルは、ナチュラルメイクの人よりもばっちりメイクの人のために作られています。濃いメイクの日だけ使うなどの工夫も良いですね。

クレンジングに伴う肌へのダメージについて、なんとなくからしっかり理解することで、クレンジングに対する意識も変わったのではないでしょうか。 クレンジングによる肌のダメージを最小限に抑えることで、クレンジングオイルでも肌への負担を軽くすることができるでしょう。

界面活性剤、摩擦、時間、ぬるま湯ですすぐ、というポイントを理解して、あなたのクレンジングを見直してみましょう。

この記事は2014年7月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る