メニューを開く
アスタリフト;

混合肌におすすめの化粧水6選♡水分と油分のバランスがポイント!

混合肌 化粧水 おすすめ
日本人に多いといわれている「混合肌」。

化粧水を選ぶときに、「さっぱりタイプとしっとりタイプ、どちらを選べばいいの?」と迷ってしまった経験はありませんか?

乾燥しやすい部分と、べたつきやすい部分が混在している混合肌だからこそ、自分に合った化粧水選びは大切ですよね。

そこで今回は、混合肌の方に肌らぶ編集部がおすすめしたい化粧水をご紹介します!

ぜひ、自分に合った化粧水を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.混合肌は2タイプある!【タイプ別】混合肌の特徴

産後 肌荒れ
「私、混合肌なの!」と自覚がある方も多いかと思いますが、実は混合肌には2つのタイプがあるということをご存じですか?

ここでは、混合肌におすすめの化粧水をご紹介する前に、混合肌の2タイプの特徴を簡単にご紹介します。

「自分はどっちのタイプかな?」と考えながら読んでみてくださいね。

①皮脂が少なく、水分が多い「みずみずしいがデリケートに傾きやすい混合肌」

キメが細かく、うるおいはありますが、皮脂が少なくデリケートに傾きやすい混合肌です。

季節や環境の変化、乾燥、紫外線などの影響を受けやすく、かゆみなどの肌荒れを感じやすいといった特徴があります。

②皮脂が多く、水分が少ない「脂っぽいのにかさつく混合肌」

Tゾーンはべたつくのに、頬はかさつきやすい、20代後半から30代に多いといわれている混合肌です。

水分と油分のバランスが崩れることで肌荒れしやすかったり、べたつきと乾燥という両極端な肌悩みが混在していることで、肌状態をコントロールしにくいといった特徴があります。

2.混合肌におすすめ!【タイプ別】保湿化粧水6選

ここでは、混合肌でお悩みの方に肌らぶ編集部がおすすめしたい保湿化粧水を、前章でお伝えしたタイプ別にご紹介いたします。

今回は、肌にうるおいを与える「保湿成分配合のもの」の中から選出しました。

自分のタイプに合わせて、好みのものを選んでみましょう!

2-1. みずみずしいがデリケートに傾きやすい混合肌におすすめ!しっとりタイプの保湿化粧水3選

デリケートに傾きやすい混合肌は、保湿成分の中でも、水分をしっかりと保持する性質がある「セラミド」や「ヒアルロン酸」などが配合されたものがおすすめです。

■ヒフミド エッセンスローション

ヒフミド
◆容量:120ml
◆価格:3,000円+税
◆保湿成分:ヒト型セラミドⅠ・Ⅱ・Ⅲ、リピジュア®、グリセリルグルコシド

体内にある保湿成分である「セラミド」と同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」の魅力を味方に付けた、保湿化粧水です。

とろみがあるのにべたつかず、しっとりとした、肌のうるおいを実感することができます。

残りを気にせず使うことができる、お得な大容量サイズ(180ml)もあります。

■エトヴォス モイスチャライジングローション

エトヴォス
◆容量:150ml
◆価格:3,200円+税
◆保湿成分:グルコシルセラミド、ヒアルロン酸、リピジュア®、POs-Ca®、ラベンダー花エキス

肌のうるおいや保水に着目した保湿化粧水です。
なめらかで肌なじみのよいテクスチャーなので、べたつかず角層にすっと浸透。

ラベンダー花水の穏やかな香りに包まれながら、肌にうるおいを与えつつ乾燥を防ぎます。

■ディセンシア つつむ ローションセラムE

つつむ
◆容量:120ml
◆価格:3,400円+税
◆保湿成分:セラミドナノスフィア、アミノコンプレックス

とろっとまろやかな美容液のコクと、すべりこむように肌になじむローションの感触をあわせ持った保湿化粧液です。

しっとりとした使用感やとろみのあるテクスチャーが好きな方におすすめです。

2-2. 脂っぽいのにかさつく混合肌におすすめ!さっぱりタイプの保湿化粧水3選

脂っぽいのにかさつく混合肌の方は、しっかりと肌に水分を補うことが大切です。

そこで今回は、「惜しみなく使える、リーズナブルな価格の保湿化粧水」をご紹介します。

■オルビス アクアフォースローション

オルビス
◆容量:180ml
◆価格:1,496円+税
◆保湿成分:ラミナリアA、ピュアアクアエッセンスなど

まるで肌がグングンと水を飲みこむように角層まで浸透し、うるおいを与える保湿化粧水です。

コスパが良いので、バシャバシャとたっぷり使えるのも嬉しいポイント。

さっぱりタイプ(L)としっとりタイプ(M)の2種類から選べるので、好みに合わせて選びましょう。

■DHC プラセンタ2 ヒアルロン酸4 ウォータージェル

DHC プラセンタ2ヒアルロン酸4ウォータージェル
◆容量:200ml
◆価格:1,300円+税
◆保湿成分:プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、エラスチンなど

化粧水と美容液の2つの役割を果たす、ジェル状化粧水です。

肌にのせると、水のようにとろけて、角層まですばやく浸透。

ぷるぷるのジェルは、さっぱりとした使い心地ながら、肌にしっかりとうるおいを与えます。

■medel (メデル) フェイスローション リラックスアロマ

メデルフェイスローション
◆容量:180ml
◆価格:1,200円 +税
◆保湿成分:グルコシルセラミド、カミツレ、桃の葉、ヘチマ、ツバキなど

スウィートなオレンジや、華やかなラベンダーなどのエッセンシャルオイルがふんわりと香る、保湿化粧水です。

肌にうるおいを与え、手に吸い付くような、もっちりした肌触りが続きます。

化粧水において重要な役割を果たす「水」にこだわり、豊かな自然に恵まれた三重県伊賀の水を使用しています。

3.化粧水をつけるときのポイント

拭き取り化粧水 おすすめ
ここでは、混合肌の方がより化粧水の魅力を実感するために、化粧水をつけるときの3つのポイントをご紹介します。

①使用量・使用方法を守る

化粧水は、使用量・使用方法を事前に確認し、守るよう心がけましょう。

定められた使用量や使用方法は、その化粧水をより効率的に使うために定められています。
まずは説明書をよく読み、正しく使用しましょう。

②ハンドプレスをする

ハンドプレス
化粧水をまんべんなくつけた後は、手のひらで顔を包み込むようにして、ハンドプレスを行いましょう。

ハンドプレスは、化粧水を肌になじませるための、大切な工程です。
力を込めて肌を圧迫するのではなく、優しく包み込むようにしましょう。

③下から上に向けてつける

化粧水をつけるときには、顔の下から始めて、上に向けて進んでいくことがポイントです。
肌の表面にあるキメは、重力で下を向きがちです。

下を向いたキメに効率的に浸透させるには、下から上に向けて送り込むことが最適なのです。

まずはあご先から始めて、頬から額というように順々に、なじませていきましょう。

4.まとめ

今回は、混合肌の方におすすめの化粧水を、タイプ別にご紹介しました。
自分の肌タイプがわかれば、化粧水を選ぶときにも迷いにくくなります。

今回の内容を参考に、自分に合った化粧水を選んで、水分と油分のバランスがとれたすこやか肌を目指しましょう!

※この記事は2016年5月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る